トレース ファイルの再生 (SQL Server Profiler)Replay a Trace File (SQL Server Profiler)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

再生は、保存したトレースを開いて再実行する機能です。Replay is the ability to open a saved trace and replay it again. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler には、ユーザー接続と SQL ServerSQL Server 認証をシミュレートできるマルチスレッド再生エンジンが備わっています。features a multithreaded playback engine that can simulate user connections and SQL ServerSQL Server Authentication. 再生は、アプリケーションまたはプロセスに関する問題のトラブルシューティングを行う際に役立ちます。Replay is useful to troubleshoot an application or process problem. 問題を特定して修正を実装したら、修正されたアプリケーションまたはプロセスに対して、発生する可能性のある問題を検出したトレースを実行します。When you identify the problem and implement corrections, run the trace that found the potential problem against the corrected application or process. その後、元のトレースを再生し、結果を比較します。Then, replay the original trace and compare results.

再生を有効にするには、監視する他のイベント クラスに加えて、特定のイベント クラスをキャプチャする必要があります。In addition to any other event classes you want to monitor, specific event classes must be captured to enable replay. TSQL_Replay トレース テンプレートを使用すると、これらのイベントが既定でキャプチャされます。These events are captured by default if you use the TSQL_Replay trace template. 詳細については、「 再生を実行するための必要条件」を参照してください。For more information, see Replay Requirements.

トレース ファイルを再生するにはTo replay a trace file

  1. [ファイル] メニューの [開く] をポイントし、 [トレース ファイル] をクリックします。On the File menu, point to Open, and then click Trace File. 再生に必要なイベント クラスが含まれたトレース ファイルを選択します。Select a trace file that contains the event classes necessary for replay.

  2. [再生] メニューの [開始] をクリックし、トレースを再生するサーバー インスタンスに接続します。On the Replay menu, click Start, and connect to the server instance where you want to replay the trace.

  3. [構成の再生] ダイアログ ボックスの [再生オプションの基本設定] タブで、 [再生サーバー] を指定します。In the Replay Configuration dialog box, on the Basic Replay Options tab, specify the Replay server. [再生サーバー] ボックスに表示されているサーバーを変更するには、 [変更] をクリックします。Click Change to change the server displayed in the Replay server box.

  4. 必要に応じて、再生の保存先として次のいずれかを選択します。Optionally, select one of the following destinations in which to save the replay:

    • [ファイルに保存] : 再生の保存先となるファイルを指定します。Save to file, which specifies a file in which to save the replay.

    • [テーブルに保存] : 再生の保存先となるデータベース テーブルを指定します。Save to table, which specifies a database table in which to save the replay.

  5. [トレースされた順番にイベントを再生します。このオプションはデバッグを有効にします。] または [複数のスレッドを使用してイベントを再生します。このオプションはパフォーマンスを最適にし、デバッグを無効にします。] のいずれかを選択します。Choose either Replay the events in the order they were tracedor Replay events using multiple threads. 次の表では、これらの設定の違いについて説明します。The following table explains the difference between these settings.

    オプションOption [説明]Description
    [トレースされた順番にイベントを再生します。このオプションはデバッグを有効にします。]Replay events in the order they were traced 記録された順番にイベントを再生します。Replays events in the order they were recorded. このオプションにより、デバッグが有効になります。This option enables debugging.
    [複数のスレッドを使用してイベントを再生します。このオプションはパフォーマンスを最適にし、デバッグを無効にします。]Replay events using multiple threads このオプションでは、複数のスレッドを使用して、順序に関係なく各イベントを再生します。This option uses multiple threads to replay each event regardless of the sequence. このオプションにより、パフォーマンスが最適化されます。This option optimizes performance.
  6. [再生結果を表示する] チェック ボックスをオンにすると、実行時に再生が表示されます。Select Display replay results to view the replay as it occurs.

  7. 必要に応じて、 [再生オプションの詳細設定] タブをクリックし、次のオプションを構成します。Optionally click the Advanced Replay Optionstab to configure the following options:

    • すべてのサーバー プロセス ID (SPID) を再生するには、 [システム SPID を再生する] チェック ボックスをオンにします。To replay all server process IDs (SPIDs), select Replay system SPIDs.

    • 特定の SPID に属しているプロセスに再生を制限するには、 [1 つの SPID のみ再生する] チェック ボックスをオンにします。To limit the replay to processes belonging to a specific SPID, select Replay one SPID only. [再生する SPID] ボックスには、SPID を入力します。In the SPID to replay box, type the SPID.

    • 特定の期間に発生したイベントを再生するには、 [日時により再生を制限する] チェック ボックスをオンにします。To replay events that occurred during a specific time period, select Limit the replay by date and time. [開始時刻][終了時刻] の日時を選択し、再生に含める期間を指定します。Select a date and time for the Start timeand End timeto specify the time period to include in the replay.

    • 再生中の SQL Server によるプロセスの管理方法を制御するには、 [ヘルス モニター オプション] を構成します。To control how SQL Server manages processes during replay, configure Health Monitor Options.

参照See Also

SQL Server Profiler の実行に必要な権限 Permissions Required to Run SQL Server Profiler
トレースの再生 Replay Traces
トレース ファイルを開く (SQL Server Profiler) Open a Trace File (SQL Server Profiler)
SQL Server ProfilerSQL Server Profiler