ブレークポイントまでの再生 (SQL Server Profiler)Replay to a Breakpoint (SQL Server Profiler)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

このトピックでは、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerを使用して、再生するトレース ファイルまたはトレース テーブルにブレークポイントを設定する方法について説明します。This topic describes how to set breakpoints in a trace file or table that you want to replay by using SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler. トレースの再生を開始する前に、トレース ファイルまたはトレース テーブルにブレークポイントを設定しておくと、特定のイベントが発生したときにトレースの再生を一時停止できます。Setting breakpoints in a trace file or table before you start to replay the trace, enables you to pause replay of the trace at specific events. トレース再生中にブレークポイントを使用するとデバッグが簡単になります。これは、長いトレース スクリプトの再生を短いセグメントに分けて小刻みに分析できるからです。Using breakpoints while replaying a trace supports debugging because you can break the replay of long trace scripts into short segments that can be analyzed incrementally.

ブレークポイントまで再生するにはTo replay to a breakpoint

  1. 再生するトレース ファイルまたはトレース テーブルを開きます。Open the trace file or trace table you want to replay. 詳細については、「 トレース ファイルを開く (SQL Server Profiler)トレース テーブルを開く (SQL Server Profiler)に付属の定義済みチューニング テンプレートを使用します。For more information, see Open a Trace File (SQL Server Profiler) or Open a Trace Table (SQL Server Profiler).

    開いたトレース ファイルまたはトレース テーブルに、再生に必要なイベント クラスが含まれていることを確認します。Make sure that the trace file or table you open contains the event classes necessary for replay. 詳細については、「 再生を実行するための必要条件」を参照してください。For more information, see Replay Requirements.

  2. トレース ウィンドウで、ブレークポイントとして使用するイベントをクリックします。In the trace window, click an event that you want to use as a breakpoint. ブレークポイントを設定するには、次の 3 つの方法があります。Use one of the following three methods to set a breakpoint:

    • F9 キーを押します。Press F9.

    • [再生] メニューの [ブレークポイントの設定/解除] をクリックします。On the Replay menu, click Toggle Breakpoint.

    • イベントを右クリックし、 [ブレークポイントの設定/解除] をクリックします。Right-click the event, and then click Toggle Breakpoint.

    選択したトレース イベントの横に赤い点が表示され、それがトレースのブレークポイントであることを示します。A red bullet appears next to the selected trace event, indicating that it is the trace breakpoint.

    複数のブレークポイントを設定するには、この手順を繰り返します。Repeat this step to set several breakpoints.

  3. [再生] メニューの [開始] をクリックし、トレースを再生するサーバーに接続します。On the Replay menu, click Start, and connect to the server where you want to replay the trace.

  4. [構成の再生] ダイアログ ボックスで設定を確認し、 [OK] をクリックします。In the Replay Configuration dialog box, verify the settings, and then click OK.

    再生が開始され、ブレークポイントに達すると一時停止します。The replay starts, pausing when the breakpoint is reached.

  5. F5 キーを押して再生を再開し、次のブレークポイントに進みます。Press F5 to resume the replay and proceed to the next breakpoint.

  6. 手順 5. をトレースの最後まで繰り返します。Repeat Step 5 through the end of the trace.

参照See Also

カーソルまでの再生 (SQL Server Profiler) Replay to a Cursor (SQL Server Profiler)
トレースの再生 Replay Traces
SQL Server ProfilerSQL Server Profiler