トレースの再生Replay Traces

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

再生とは、トレースでキャプチャされたアクティビティを再現する機能です。Replay is the ability to reproduce activity that has been captured in a trace. トレースの作成または編集を行うときに、そのトレースをファイルに保存して後で再生できます。When you create or edit a trace, you can save the trace to a file and replay it later. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を使用して、1 つのコンピューターからのトレース アクティビティを再生できます。You can use SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to replay trace activity from a single computer. ワークロードが大きい場合、Distributed Replay Utility を使用して複数のコンピューターからのトレース データを再生できます。For large workloads, use the Distributed Replay Utility to replay trace data from multiple computers.

このセクションでは、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerの再生機能の使用方法について説明します。This section describes how to use the replay features of SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler. Distributed Replay Utility の詳細については、「 SQL Server Distributed Replay」を参照してください。For more information about the Distributed Replay Utility, see SQL Server Distributed Replay.

SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler には、ユーザー接続と SQL ServerSQL Server 認証をシミュレートできるマルチスレッド再生エンジンが備わっています。features a multithreaded playback engine that can simulate user connections and SQL ServerSQL Server Authentication. 再生は、アプリケーションまたはプロセスに関する問題のトラブルシューティングを行う際に役立ちます。Replay is useful to troubleshoot an application or process problem. 問題を特定して修正を実装したら、発生する可能性がある問題を検出したトレースを、修正されたアプリケーションまたはプロセスに対して実行します。When you have identified the problem and implemented corrections, run the trace that found the potential problem against the corrected application or process. その後、元のトレースを再生し、結果を比較します。Then, replay the original trace and compare results.

トレースの再生では、 [再生] メニューの [ブレークポイントの設定/解除] SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler Replay menu.Trace replay supports debugging by using the Toggle Breakpoint and the Run to Cursor options on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler Replay menu. これらのオプションでは、長いスクリプトを段階的に分析できるように、トレースの再生を短いセグメントに分割できるので、長いスクリプトの分析が特に強化されます。These options especially improve the analysis of long scripts because they can break the replay of the trace into short segments so they can be analyzed incrementally.

トレースの再生に必要な権限については、「 SQL Server Profiler の実行に必要な権限」を参照してください。For information about the permissions required to replay traces, see Permissions Required to Run SQL Server Profiler.

このセクションの内容In This Section

トピックTopic [説明]Description
再生を実行するための必要条件Replay Requirements SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerで再生できるようにトレース定義に含める必要があるイベントについて説明します。Describes the events that must be included in a trace definition so that it can be replayed with SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler.
再生オプション (SQL Server Profiler)Replay Options (SQL Server Profiler) [構成の再生] SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerダイアログ ボックスで設定できるオプションについて説明します。Describes the options you can set in the Replay Configuration dialog box of SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler.
トレースの再生に関する注意点 (SQL Server Profiler)Considerations for Replaying Traces (SQL Server Profiler) SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler で再生できないトレース イベント、およびトレースの再生によるサーバー パフォーマンスへの影響について説明します。Describes trace events that can not be replayed with SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler and the effects on server performance of replaying traces.

参照See Also

SQL Server Distributed ReplaySQL Server Distributed Replay