グローバル トレース オプションの設定 (SQL Server Profiler)Set Global Trace Options (SQL Server Profiler)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerの特定のインスタンスで作成したすべてのトレースに適用するオプションの設定方法について説明します。This topic describes how to set options that apply to all traces that are created with a specific instance of SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler.

グローバル トレース オプションを設定するにはTo set global trace options

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。On the Tools menu, click Options.

  2. [全般オプション] ダイアログ ボックスで、 [フォントの選択] をクリックして表示オプションを変更し、 [OK] をクリックします。In the General Optionsdialog box, click Choose Fontto modify the display options, and then click OK.

  3. 必要に応じて、 [接続の確立直後にトレースを開始する] を選択します。Optionally, select Start tracing immediately after making connection.

  4. 必要に応じて、 [プロバイダーのバージョンが変更されたときに、トレース定義を更新する] を選択します。Optionally, select Update trace definition when provider version changes. このオプションの使用をお勧めします。既定では、このオプションはオンになっています。This option is recommended and is selected by default. このオプションを選択した場合、トレース定義はトレースを実行するサーバーの現在のバージョンに自動的に更新されます。When this option is selected, the trace definition is automatically updated to the current version of the server where tracing is performed.

  5. 必要に応じて、サーバーでロールオーバー ファイルを管理する方法を指定します。Optionally, specify how the server should manage rollover files:

    • 再生時にロールオーバー ファイルを自動的に読み込むには、 [確認せずにすべてのロールオーバー ファイルを順に読み込む] を選択します。Select Load all rollover files in sequence without prompting to automatically load rollover files during replay.

    • 再生時にロールオーバー ファイルを制御するには、 [ロールオーバー ファイルを読み込む前に確認する] を選択します。Select Prompt before loading rollover files to control rollover files during replay.

    • 一度に 1 つのファイルのみを再生するには、 [後続のロールオーバー ファイルを読み込まない] を選択します。Select Never load subsequent rollover files to replay only one file at a time.

  6. 必要に応じて、再生オプションを設定します。Optionally, set replay options:

    • [再生スレッドの既定の数] では、再生時に使用するプロセッサ スレッドの数を制御します。Default number of replay threads controls the number of processor threads to use during replay. スレッド数を多くすると、再生は早く完了しますが、再生時にサーバーのパフォーマンスが低下します。A higher number of threads causes replay to complete faster, but causes server performance to degrade during replay. 推奨設定値は 4です。The recommended setting is 4. 次の表は、使用可能な値の一覧です。The following table lists the available options:

      [値]Value [説明]Description
      22 最小値です。Minimum value. 2 つのスレッドを使用して再生します。Use two threads to replay.
      44 既定値です。Default value.
      255255 最大値です。Maximum value. 最大値を設定すると、他のプロセスのパフォーマンスが低下します。Setting a maximum value will impede performance for other processes.
    • [ヘルス モニターの既定の待機間隔 (秒)] では、再生スレッドが他のプロセスをブロックできる最長時間を秒単位で設定します。Default health monitor wait interval (sec) sets the maximum amount of time that a replay thread can block another process in seconds. 次の表は、その値を示しています。The following table explains the values.

      [値]Value [説明]Description
      00 最小値です。Minimum value. 0 に設定すると、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler によってブロック プロセスが停止されません。A setting of 0 means that SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler will never stop a blocking process.
      36003600 既定値です。Default value. 3600 秒 (1 時間) を超えないブロック プロセスを使用できます。Allow blocking processes that do not exceed 3600 seconds, or one hour.
      8640086400 最大値です。Maximum value. 86400 秒 (1 日) を超えないブロック プロセスを使用できます。Allow blocking processes that do not exceed 86400 seconds, or one day.
    • [ヘルス モニターの既定のポーリング間隔 (秒)] では、ブロック プロセスの再生スレッドを呼び出す頻度を設定します。Default health monitor poll interval (sec) sets the frequency to poll replay threads for blocking processes. 次の表は、その値を示しています。The following table explains the values.

      [値]Value [説明]Description
      11 最小値です。Minimum value. 1 に設定すると、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler によって毎秒 1 回ブロック プロセスが呼び出されます。A setting of 1 means SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler will poll for blocking processes once per second.
      6060 既定値です。Default value. 毎分 1 回ブロック プロセスを呼び出します。Poll for blocking processes once per minute.
      8640086400 最大値です。Maximum value. 86400 秒 (1 日) に 1 回ブロック プロセスを呼び出します。Poll for blocking processes once per 86400 seconds, or one day.

参照See Also

トレース表示の既定値の設定 (SQL Server Profiler) Set Trace Display Defaults (SQL Server Profiler)
SQL Server ProfilerSQL Server Profiler