トレース表示の既定値の設定 (SQL Server Profiler)Set Trace Display Defaults (SQL Server Profiler)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler がトレースをトレース ウィンドウに表示する際に使用するフォントの種類やサイズ、スタイルを指定するツール オプションを設定する方法について説明します。This topic describes how to set tool options, which specify the font types, size, and style that SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler uses to display traces in the trace window. また、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler により、すべての日付と時刻を、オペレーティング システムに構成されている地域設定で表示するよう指定することもできます。You can also specify that SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler displays all dates and times with the regional settings that are configured for your operating system.

トレース表示の既定値を設定するにはTo set trace display defaults

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。On the Tools menu, click Options.

  2. [全般オプション] ダイアログ ボックスで、 [フォントの選択] をクリックします。In the General Options dialog box, click Choose Font.

  3. [フォント] ダイアログ ボックスで、 でのトレースの表示に使用する[フォント名] [スタイル] [サイズ] SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を選択します。In the Font dialog box, select the Font, the Font style, and Size to be used by SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to display traces.

  4. [OK] をクリックして設定を適用し、 [フォント] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OKto apply the settings and close the Font dialog box.

  5. [全般オプション] ダイアログ ボックスで、 [日時の値の表示に地域別設定を使用する] チェック ボックスをオンにし、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler がトレースを表示する際にシステムに構成されている地域設定を使用するように構成します。In the General Options dialog box, check Use regional settings to display date and time values to configure SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to use the regional settings that are configured for your system when it displays traces.

  6. [OK] をクリックして [全般オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the General Options dialog box.

参照See Also

SQL Server ProfilerSQL Server Profiler