SQL Server Profiler の実行Run SQL Server Profiler

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

さまざまなシナリオでのトレース出力の収集をサポートするために、いくつかの異なる方法で SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を実行できます。You can run SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler in several different ways, to support gathering trace output in a variety of scenarios. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler は、Windows 10 の [スタート] メニューやデータベース エンジンDatabase Engine チューニング アドバイザーの [ツール] メニューから起動できるほか、SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio から起動することもできます。You can start SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler from the Windows 10 Start menu, from the Tools menu in データベース エンジンDatabase Engine Tuning Advisor, and from several locations in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio.

最初に SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を起動し、 [ファイル] メニューから [新しいトレース] を選択すると、 [サーバーへの接続] ダイアログ ボックスが表示されるので、接続先の SQL ServerSQL Server インスタンスを指定できます。When you first start SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler and select New Trace from the File menu, the application displays a Connect to Server dialog box where you can specify a SQL ServerSQL Server instance to connect to.

Windows 10 の [スタート] メニューから SQL Server Profiler を起動するにはTo start SQL Server Profiler from the Windows 10 Start menu

  • Windows の [スタート] アイコンをクリックするか、Windows キーを押して、「SQL Server Profiler 17」と入力し始めます。Click the Windows Start icon or press the Windows key and start to type"SQL Server Profiler 17". [SQL Server Profiler 17] タイルが表示されたら、それをクリックします。When the SQL Server Profiler 17 tile appears, click it.

データベース エンジン チューニング アドバイザーで SQL Server Profiler を起動するにはTo start SQL Server Profiler in Database Engine Tuning Advisor

  • データベース エンジンDatabase Engine チューニング アドバイザーで、 [ツール] メニューの [SQL Server Profiler] をクリックします。On the データベース エンジンDatabase Engine Tuning Advisor Tools menu, click SQL Server Profiler.

SQL Server Management Studio で SQL Server Profiler を開始するにはTo start SQL Server Profiler in SQL Server Management Studio

SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler は、SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio の複数の場所から開始できます。You can start SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler from several locations in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を起動すると、その時点の接続コンテキスト、トレース テンプレート、およびフィルター コンテキストが読み込まれます。When SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler starts, it loads the connection context, trace template, and filter context of its launch point. SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio では、各 SQL Server Profiler セッションがそれぞれのインスタンスで開始されます。Profiler は、SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio をシャットダウンしても引き続き実行されます。starts each SQL Server Profiler session in its own instance, and Profiler continues to run if you shut down SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio.

[ツール] メニューから SQL Server Profiler を起動するにはTo start SQL Server Profiler from the Tools menu

  • SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio[ツール] メニューで、 [SQL Server Profiler] をクリックします。In the SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio Tools menu, click SQL Server Profiler.

クエリ エディターから SQL Server Profiler を起動するにはTo start SQL Server Profiler from the Query Editor

  • クエリ エディター内で右クリックし、 [SQL Server Profiler でクエリをトレース] を選択します。In Query Editor, right-click and then select Trace Query in SQL Server Profiler.

    注意

    接続コンテキストはエディター接続、トレース テンプレートは TSQL_SPs、適用されているフィルターは SPID = query window SPID です。The connection context is the editor connection, the trace template is TSQL_SPs, and the applied filter is SPID = query window SPID.

利用状況モニターから SQL Server Profiler を起動するにはTo start SQL Server Profiler from Activity Monitor

  • 利用状況モニターで、 [プロセス] ウィンドウをクリックし、プロファイルするプロセスを右クリックします。次に、 [SQL Server Profiler のトレース プロセス] をクリックします。In Activity Monitor, click the Processes pane, right-click the process that you want to profile, and then click Trace Process in SQL Server Profiler.

    注意

    プロセスを選択したときに、利用状況モニターが開いていた場合、接続コンテキストはオブジェクト エクスプローラー接続になります。When a process is selected, the connection context is the Object Explorer connection when Activity Monitor was opened. トレース テンプレートはサーバーの種類に応じた既定値になります。SPID は、選択されたプロセスの SPID と等しくなります。The trace template is the default based on the server type, and the SPID equals the SPID for the selected process.

.NET Framework のセキュリティ.NET Framework Security

  • Windows 認証モードでは、SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を実行するユーザー アカウントが SQL ServerSQL Serverのインスタンスに接続するアクセス許可を持っている必要があります。In Windows Authentication mode, the user account that runs SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler must have permission to connect to the instance of SQL ServerSQL Server.
  • SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerでトレースを実行するには、ユーザーが ALTER TRACE 権限も持っている必要があります。To perform tracing with SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, users must also have the ALTER TRACE permission.

次のステップNext steps

SQL Server Profiler の概要 SQL Server Profiler overview
SQL Server Management Studio の使用 [SQL Server]Use SQL Server Management Studio