レッスン 2: SQL Server 資格情報の作成Lesson 2: Create a SQL Server Credential

資格情報:SQL ServerSQL Server資格情報は、SQL Server の外部にあるリソースに接続するために必要な認証情報を格納するために使用されるオブジェクトです。Credential: A SQL ServerSQL Server credential is an object that is used to store authentication information required to connect to a resource outside of SQL Server. ここでSQL ServerSQL Serverは、バックアップと復元のプロセスで、Azure Blob ストレージサービスに対する認証に資格情報を使用します。Here, SQL ServerSQL Server backup and restore processes use credential to authenticate to the Azure Blob storage service. 資格情報には、ストレージ アカウントの名前とその アクセス キー 値が格納されます。The Credential stores the name of the storage account and the storage account access key values. 作成した資格情報は、BACKUP/RESTORE ステートメントの実行時に WITH CREDENTIAL オプションで指定する必要があります。Once the credential is created, it must be specified in the WITH CREDENTIAL option when issuing the BACKUP/RESTORE statements. ストレージアカウントのアクセスキーを表示、コピー、または再生成する方法の詳細については、「ストレージアカウントのアクセスキー」を参照してください。For more information about how to view, copy or regenerate storage account access keys, see Storage Account Access Keys.

資格情報に関する一般情報については、「資格情報」を参照してください。For general information about credentials, see Credentials.

資格情報が使用されるその他の例については、「 Create a SQL Server エージェント Proxy」を参照してください。For information, on other examples where credentials are used, see Create a SQL Server Agent Proxy.

重要

以下で説明する SQL Server 資格情報を作成するための要件は、SQL Server バックアッププロセス (SQL Server backup TO URL、およびSQL Server Managed backup to Azure) に固有のものです。The requirements for creating a SQL Server credential described below are specific to SQL Server backup processes (SQL Server Backup to URL, and SQL Server Managed Backup to Azure). SQL Server では、Azure ストレージにアクセスしてバックアップの書き込みまたは読み取りを行う場合、ストレージ アカウント名とアクセス キーの情報を使用します。SQL Server, when accessing Azure storage to write or read backups uses the storage account name and access key information. Azure ストレージにデータベース ファイルを格納するための資格情報の作成方法については、「 Lesson 3: Create a SQL Server Credential」を参照してください。For more information on creating credentials for storing database files in Azure storage, see Lesson 3: Create a SQL Server Credential

SQL Server 資格情報の作成Create a SQL Server Credential

SQL Server 資格情報を作成するには、次の手順を実行します。To create a SQL Server Credential, use the following steps:

  1. SQL Server Management Studio に接続します。Connect to SQL Server Management Studio.

  2. オブジェクト エクスプローラーで、AdventureWorks2012 データベースがインストールされているデータベース エンジンのインスタンスに接続するか、このチュートリアルに使用する独自のデータベースを使用します。In Object Explorer, connect to the instance of Database Engine that has AdventureWorks2012 database installed, or use your own database you plan to use for this tutorial.

**[標準]** ツール バーの **[新しいクエリ]** をクリックします。On the Standard tool bar, click New Query.

  1. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、必要に応じて変更します。Copy and paste the following example into the query window, modify as needed.

    CREATE CREDENTIAL mycredential   
    WITH IDENTITY= 'mystorageaccount' - this is the name of the storage account you specified when creating a storage account (See Lesson 1)   
    , SECRET = '<storage account access key>' - this should be either the Primary or Secondary Access Key for the storage account (See Lesson 1)  
    
    

    sql 資格情報へのストレージ アカウントのマッピングmapping storage account to sql credentials

  2. T-sql ステートメントを確認し、[実行] をクリックします。Verify the T-SQL statement and click Execute.

バックアップの概念と要件に関する Azure Blob storage サービスの詳細については、「 Azure Blob Storage サービスを使用したバックアップと復元の SQL Server」を参照してください。For more information about the Azure Blob storage service for backup concepts and requirements, see SQL Server Backup and Restore with Azure Blob Storage Service.

次のレッスンNext Lesson

レッスン 3: Azure Blob Storage サービスにデータベースの完全バックアップを書き込みます。Lesson 3: Write a Full Database Backup to the Azure Blob Storage Service.