Microsoft Stream で eCDNs を使用してビデオの配信を拡張し、ネットワークトラフィックを監視するScale video delivery and monitor network traffic by using eCDNs with Microsoft Stream

Microsoft Stream、および "外部アプリまたはデバイス" live events (旧称 "外部エンコーダー" と呼ばれていた) のビデオの再生では、ユニキャストストリームとして提供される適応ビットレートストリーミング (ABR) を使用します。Playback of videos from Microsoft Stream and "External app or device" live events (formerly known as "External Encoder" productions) uses adaptive bitrate streaming (ABR) delivered as a unicast stream. これは、すべての閲覧者がインターネットから独自のビデオストリームを取得していることを意味します。This means that every viewer is getting their own video stream from the internet. 組織の大部分に送信されるライブイベントまたはビデオでは、閲覧者が大量のネットワークおよびインターネット帯域幅を消費している可能性があります。For live events or videos sent out to large portions of your organization, there could be a significant amount of network and internet bandwidth consumed by viewers.

このネットワークトラフィックを理解して、ライブイベントとよく使用されるビデオに対して削減する必要がある組織では、Microsoft Stream を有効にして、自動管理された配信テクノロジ、リアルタイムの監視、および詳細なネットワーク分析を含む、エンタープライズコンテンツ配信ネットワーク (eCDN) ソリューションを提供する信頼できる Microsoft パートナーと統合できます。For organizations that want to understand and reduce this network traffic for live events and popular videos, Microsoft Stream can be enabled to integrate with trusted Microsoft partners that offer enterprise content delivery network (eCDN) solutions that include self-managing delivery technologies, real-time monitoring, and in-depth network analytics. これらの eCDN プラットフォームを使用すると、組織はエンタープライズネットワーク全体でビデオストリーム (および場合によっては他のコンテンツタイプ) の配布を監視、拡大縮小、および最適化することができます。These eCDN platforms enable organizations to monitor, scale, and optimize the distribution of video streams (and sometimes other content types) across your enterprise network.

ストリームの外部で eCDN ソリューションを取得して設定するAcquire and set up your eCDN solution outside of Stream

信頼できる Microsoft eCDN パートナーを活用して、ビデオ配信の監視と拡張に関するエキスパートヘルプを取得します。Get expert help with monitoring and scaling video delivery by leveraging trusted Microsoft eCDN partners.

Microsoft Stream で eCDN ソリューションを使用できるようにするには、その前に、その eCDN ソリューションを購入して Microsoft Stream とは別にセットアップする必要があります。Before you can enable an eCDN solution to be used with Microsoft Stream, you must purchase and set up that eCDN solution outside and separate from Microsoft Stream. ソリューションがニーズを満たしていることを確認するために、一部のパートナーでは、ネットワーク分析やコンテンツ配信テクノロジの無料試用版を提供しています。To ensure that the solution will meet your needs, some partners provide free trials of their network analytics and/or content delivery technologies.

次の eCDN ソリューションは事前に統合されており、Microsoft Stream と共に使用するように設定できます。The following eCDN solutions are pre-integrated and can be set up to be used with Microsoft Stream. 以下のプロバイダーからの情報を参照してください。See information from the providers below:

ハイブストリーミングのロゴ

HIVE ECDNは、ライブおよびオンデマンドのエンタープライズビデオ配信に対して、シンプルで強力なソリューションを提供します。Hive ECDN provides a simple and powerful solution for live and on-demand enterprise video distribution. Hive ストリーミングからのこのソフトウェアベースのソリューションでは、追加のハードウェアや帯域幅は不要であり、ネットワークに影響を与えることなく、数千の同時ビデオビューアーを有効にするための安全な方法が提供されます。This software-based solution from Hive Streaming requires no additional hardware or bandwidth and provides a secure way to enable thousands of simultaneous video viewers without impact to your network. 詳細情報Learn more

Hive Insightsは、ecdn ソリューションを購入する前に、ビデオがネットワークに与える影響について理解することができます。Hive Insights allows you to understand the impact video is having on your network prior to purchasing an eCDN solution. このブラウザベースの分析ソリューションは、スタンドアロンのレポートおよび分析エンジンとして、または Hive ECDN と組み合わせて使用できます。This browser-based analytics solution can be used as a standalone reporting and analytics engine or in conjunction with Hive ECDN. Stream のお客様は、60日間の無料試用版をご利用いただけます。Free 60-day trials are available for Stream customers. 詳細情報Learn more


Kollective ロゴ

Kollective テクノロジは、クラウドベースのコンテンツ配布プラットフォームで、インテリジェントピアリングを活用して、100% のビデオ品質と100% の契約を提供する、帯域幅のうち1% で稼働しているオンプレタイムのエンタープライズビデオを提供します。Kollective Technology is a cloud-based, content distribution platform that leverages intelligent peering to deliver live and on-demand enterprise video providing 100% video quality and 100% engagement at just 1% of the bandwidth. Kollective は、Microsoft Stream および Teams のライブイベントとの統合により、世界中に分散した従業員が簡単にビデオを利用し、従業員のコミュニケーションを向上させ、トレーニングと保存の機会を増やすことができます。Kollective’s integration with Microsoft Stream and Teams Live Events allows globally-dispersed employees to easily consume video, improving employee communication, boosting overall engagement and increasing training and retention opportunities. 詳細情報Learn more

KOLLECTIVE IQは、Microsoft Stream のための洗練された、わかりやすい分析プラットフォームです。Kollective IQ is a sophisticated, user-friendly analytics platform for Microsoft Stream. カスタマイズされたレポート、視覚エフェクト、およびダッシュボードを使用すると、複雑なグローバルエンタープライズネットワーク全体でユーザーの操作性と契約の両方を定量化し、ダイジェストすることが容易になります。With customizable reporting, visualizations and dashboards, it is easy to quantify and digest both user experience and engagement across complex global enterprise networks. コミュニケーションマネージャーおよびネットワーク管理者は、リアルタイムのイベントとネットワークのアクティビティを見ることができるので、ボトルネックを迅速に解決して、ネットワークパフォーマンスのピークを保証することができます。Communication Managers and Network Administrators can watch real-time events and network activity, so bottlenecks can be addressed quickly, insuring peak network performance. 詳細情報Learn more


ランプのロゴ

ランプマルチキャスト + は、HTML5 ビデオの次世代のマルチキャストソリューションであり、Windows Media、Silverlight、Adobe Flash、CISCO ecds などの従来のマルチキャストテクノロジを直接交換するためのものです。Ramp Multicast+ is the next-generation multicast solution for HTML5 video and a direct replacement for legacy multicast technologies such as Windows Media, Silverlight, Adobe Flash, and Cisco ECDS. マルチキャスト + はマルチキャストネットワークプロトコルを利用して、すべての閲覧者が同時に監視するために、ファイアウォール内に単一のビデオストリームを配布します。Multicast+ utilizes the multicast network protocol to distribute a single video stream inside the firewall for all viewers to watch simultaneously. このソフトウェアインフラストラクチャは完全にファイアウォールの背後に展開されるため、クラウドベースのサービスへの外部接続を操作する必要はありません。This software infrastructure deploys entirely behind the firewall and never needs an external connection to a cloud-based service to operate. 詳細情報Learn more

ランプ OmniCacheは、ビデオを保存および再配分して、インターネット接続と広域ネットワーク全体で負荷を軽減するエッジキャッシュソリューションです。Ramp OmniCache is an edge caching solution that stores and redistributes video to local concentrations of viewers, reducing load at the internet connection and across the wide area network. OmniCache は、ファイアウォールの内側に展開されるソフトウェアインフラストラクチャで、ピアリングソリューションとは異なり、プラグイン、クライアントソフトウェア、クラウドベースのコントローラーを必要としません。エンタープライズレベルのセキュリティでは、展開と保守の労力を最小限に抑えます。OmniCache is software infrastructure that deploys entirely behind the firewall and unlike peering solutions does not require any plugins, client software, or cloud-based controllers, for enterprise-grade security with minimal effort to deploy and maintain. 詳細情報Learn more


注意

選択した eCDN ソリューションは、選択したサードパーティのプロバイダーのサービス利用規約とプライバシーポリシーの対象となります。これにより、ecdn プロバイダーのソリューションの使用が管理されます。Your chosen eCDN solution is subject to the selected 3rd party provider’s terms of service and privacy policy, which will govern your use of the eCDN provider’s solution. ECDN プロバイダーのソリューションを使用することは、Microsoft ボリュームライセンス条項またはオンラインサービスの使用条件に従っていません。Your use of the eCDN provider’s solution will not be subject to the Microsoft volume licensing terms or Online Services Terms. サードパーティのプロバイダーの用語に同意しない場合は、Microsoft Stream で ecdn ソリューションを有効にしないでください。If you don't agree to the 3rd party provider’s terms, then don't enable the eCDN solution in Microsoft Stream.

Stream、Yammer、Microsoft Teams "外部アプリまたはデバイス" を構成する eCDN ソリューションの運用タイプイベントConfigure Stream, Yammer, and Microsoft Teams "External app or device" production type events for your eCDN solution

ECDN ソリューションを購入して設定すると、microsoft Teams または Yammer を使用して作成された "External encoder" live イベントを含む、Microsoft Stream で使用できるようになります。After purchasing and setting up your eCDN solution then you can enable it to be used with Microsoft Stream including "External encoder" live events created through Microsoft Teams or Yammer.

  1. Office 365 のグローバル管理者または Stream 管理者として Microsoft Stream にサインインします。Sign in to Microsoft Stream as an Office 365 Global Admin or a Stream admin.

  2. 設定の ![ 設定] アイコン > 管理設定 > ecdn プロバイダーに移動します。Go to Settings Settings icon > Admin settings > eCDN provider.

  3. [サードパーティの eCDN プロバイダーを有効にする] を [オン] に切り替えます。Toggle the Enable 3rd party eCDN provider to On.

  4. ドロップダウンリストからeCDN プロバイダーを選択します。Choose an eCDN provider from the drop down list.

  5. ソリューションプロバイダによって指示されたその他のフィールドに記入します。Fill out the other fields as directed by your solution provider. (すべてのフィールドがすべてのソリューションプロバイダーで使用されるわけではありません)。(Not all fields are used by all solution providers.)

    Stream admin の設定の [ネットワークキャッシュの構成] 画面

  6. [保存] をクリックしますClick Save

  7. セットアップが正しいかどうかを確認するには、[セットアップの確認] をクリックします。To check if your setup is correct, click Verify setup.

    • を使用して検証する組織内のビデオを検索します。Search for any video in your organization to validate with.
    • ECDN プロバイダーが正しく設定されている場合は、verify セットアップツールに "Success" メッセージが表示されます。If your eCDN provider is set up correctly, you'll see a "Success" message on the verify setup tool.
    • 適切にセットアップされていない場合は、"エラー" メッセージが表示されます。If you aren't set up correctly, you'll see a "Failure" message. トラブルシューティングのために、プロバイダーと共有するイベントメッセージをコピーします。Copy the event message to share with your provider for troubleshooting.

ECDN ソリューション用に Microsoft Stream を構成すると、Stream で再生されるビデオまたは live イベントは、そのソリューションを自動的に利用できるようになります。After you configure Microsoft Stream for an eCDN solution, any video or live event that is played in Stream will take advantage of that solution automatically.

注意

Amsglob0cdnstream12.azureedge.netエンドポイントは、組織内のユーザーに対して、Microsoft Stream、または Yammer/Microsoft Teams からの "外部エンコーダー" イベントで、上記のいずれかの ecdn ソリューションを使用するために、到達可能である必要があります。The amsglob0cdnstream12.azureedge.net endpoint needs to be reachable for users in your organization in order to use any of the above eCDN solutions with Microsoft Stream or "External encoder" events from Yammer/Microsoft Teams.

Microsoft teams および Yammer を使用して、eCDN ソリューションの「Microsoft Teams」の運用タイプイベントを構成するConfigure "Microsoft Teams" production type events through Microsoft Teams and Yammer for your eCDN solution

Microsoft Teams または Yammer を使用して Teams の運用環境の種類 (旧称 "クイックスタート") ライブイベントを作成する予定の場合は、 Microsoft teams と統合するように eCDN プロバイダーを構成する必要があります。If you plan to create Teams production type (formerly known as "Quick Start") live events through Microsoft Teams or Yammer you will need to configure your eCDN provider to be integrated with Microsoft Teams as well.

ECDN ソリューションのビデオ分析レポートにアクセスするGet to video analytics reports for your eCDN solution

前述したように、一部の eCDN のソリューションには、サービスの再生セッション、ビューアー、または品質に関するより詳細な情報を提供する分析レポートも用意されています。As noted above, some eCDN solutions also provide analytics reports that give deeper information about playback sessions, viewers, and/or quality of service. Stream 管理パネルでプロバイダーを設定するときに構成する分析レポート URL テンプレートがプロバイダーから提供されている場合、ビデオまたはイベントの所有者は、特定のビデオまたはイベントの分析レポートに簡単にアクセスできます。If your provider gave you an analytics report URL template to configure when you set up the provider in the Stream admin panel, then owners of videos or events can easily get to the analytics report for a specific video or event.

ビデオの所有者には、ビデオの下に分析タブが直接表示されます。Owners of videos will see an Analytics tab directly under the video. このタブには、所有者がビデオ配信プロバイダーのシステムでこの特定のビデオの分析レポートに簡単にアクセスできるリンクがあります。On this tab there will be a link for owners to easily get to the analytics report for this specific video in the video delivery provider's system.

Stream admin を使用している場合は、ライブイベントまたはビデオの所有者でなくても、[ Analytics ] タブを表示して、[ecdn Analytics report] リンクに移動するためのアクセス権を昇格することもできます。If you are a Stream admin you can also elevate your access to see the Analytics tab and get to the eCDN analytics report link even if you aren't an owner of the live event or video.

  1. Stream admin として、ビデオプレーヤーページに移動します。As a Stream admin, go to the video player page.
  2. [設定] をクリックするClick Settings 設定アイコン..
  3. [管理者モードで表示] をクリックします。Click View in admin mode.
  4. [分析] タブをクリックします。Click the Analytics tab.

[ネットワークキャッシュ分析] タブレポートのリンク

問題のトラブルシューティングTroubleshooting issues

ネットワークに eCDN ソリューションが正しく設定されていること、およびプロバイダーの指示と特定の構成文字列ごとにプロバイダーを有効にするように Microsoft Stream が適切に構成されていることを確認する必要があります。You should make sure that your eCDN solution is set up correctly in your network and that you've properly configured Microsoft Stream to enable the provider per the providers instructions and specific configuration strings. 引き続き問題が発生している場合は、次のような戦術が役に立つことがあります。If you are still having issue some of the below tactics might help.

セットアップツールを確認するVerify setup tool

ECDN ソリューションに問題がある場合は、いつでも戻ってVerify セットアップツールを実行することができます。If you are having issues with your eCDN solution you can always come back and run the Verify setup tool. テストビデオに表示される eCDN プロバイダーのイベントメッセージでは、機能していないものについて、自分と eCDN プロバイダーに詳細情報を提供できます。The eCDN provider event messages shown for your test video can give you and your eCDN provider more information on what's not working.

  • 設定の ![ 設定] アイコン > 管理設定 > ecdn プロバイダーの > 確認セットアップに移動します。Go to Settings Settings icon > Admin Settings > eCDN provider > Verify setup.

URL クエリ文字列を使用して特定のセッションの eCDN を無効にするDisable eCDN for a specific session via URL query string

再生フローから eCDN ソリューションを削除して、表示されている問題が eCDN ソリューションまたは Stream であるかどうかを判断する場合は、クエリ文字列を使用して特定の再生セッションの eCDN ソリューションを簡単に無効にすることができます。If you want to remove your eCDN solution from the playback flow to determine if an issue you are seeing is with the eCDN solution or with Stream, you can easily disable the eCDN solution for a specific playback session via query string.

  • 再生 URL が既に存在する場合If your playback URL already has ? その後に、 &disableSDN = trueを追加します。in it then add &disableSDN=true.
  • 再生 URL にが含まれていない場合If your playback URL does not have a ? にある場合は、 Disablesdn = trueを追加します。in it then add ?disableSDN=true.

例:Examples:

ブラウザーコンソールで eCDN 情報を表示するView eCDN info in browser console

ECDN ソリューションプロバイダーがこれをサポートしている場合は、ソリューションを使用した再生の初期化中にデバッグ情報を出力することができます。If your eCDN solution provider supports it, they may print out debug information during initialization of playback through their solution. この特別な情報は、何が問題が発生しているかを判断するのに役立ちます。This extra info may helpful in determining what is going wrong. その他のコンソールデバッグメッセージは、クエリ文字列を使用して有効にすることができます。You can enable extra console debug messages via the query string.

  • 再生 URL が既に存在する場合If your playback URL already has ? その後 &isSDNDebug = trueを追加します。in it then add &isSDNDebug=true.
  • 再生 URL にが含まれていない場合If your playback URL does not have a ? その後に、 isSDNDebug = trueを追加します。in it then add ?isSDNDebug=true.

例:Examples:

ブラウザーで F12 キーを押し、[コンソール] タブに切り替えて、ページの読み込み中に印刷されたすべての情報を、再生 URL に isSDNDebug = true クエリ文字列が設定された状態で表示します。Press F12 on your browser and switch to the Console tab to see all the information printed out during loading of the page with the isSDNDebug=true query string set on the playback URL.

関連項目See also