注意

次の情報は、最終的に廃止されて Stream (SharePoint ベース) に置き換えられる、Microsoft Stream (クラシック) に関する情報です。 新しいビデオ ソリューションは、ビデオを SharePoint、Teams、Yammer、または OneDrive にアップロードするだけで、すぐに使い始めることができます。 他のファイルを保存する場合と同様に Microsoft 365 に保存された動画が Microsoft Stream (SharePoint ベース) の基礎となります。 詳細情報


アップロードのプロセスの概要Microsoft Stream (クラシック)

ビデオをアップロードするたびに、Microsoft Stream (クラシック)自動的に複数のビットレートにエンコードされ、アダプティブ ビットレート ストリーミングを使用してビデオをストリーミングできます。 Microsoft Stream (クラシック)利用可能な帯域幅に基づいて再生ビデオのビットレートと品質を最適化します。 詳細については、「ビットレートを 変更する」を参照してください

処理時間は、ビデオの長さと解像度によって異なります。 ビデオはできるだけ早く再生する準備が整います。 Stream (クラシック)解像度ではなく、360p バージョンのビデオの準備が完了するまで待機します。 つまり、ビデオのより低解像度の再生を短時間受け取る一方で、ビデオの高品質バージョンの残りの部分を埋め戻します。

ビデオの処理が完了した場合に通知するメールが送信されます。 詳細については 、「電子メール通知 」を参照してください。

注意

ビデオが高解像度 (HD) ストリーミング 表示用にエンコードされている場合は特に、最高品質のエンコードに時間がかかります。

ファイルをアップロードし、サムネイル、説明、その他のメタデータなどの情報を追加する方法については、「ビデオのアップロード参照してください

ヒント

1 つ以上のチャネルにビデオを追加して、検出しやすさを確保します。 詳細については、「チャンネルにビデオ を追加する」を参照してください

関連項目

Microsoft Stream でビデオをアップロードする