デバイス アカウントの作成およびテスト (Surface Hub)Create and test a device account (Surface Hub)

このトピックでは、Microsoft Exchange や Skype と通信するために Microsoft Surface Hub で使用するデバイス アカウントを作成およびテストする方法について説明します。This topic introduces how to create and test the device account that Microsoft Surface Hub uses to communicate with Microsoft Exchange and Skype.

デバイス アカウントとは、Surface Hub で次の用途に使用する Exchange リソース アカウントです。A device account is an Exchange resource account that Surface Hub uses to:

  • 会議のカレンダーを表示するDisplay its meeting calendar
  • Teams または Skype for Business の通話に参加するJoin Teams or Skype for Business calls
  • メールを送信する (たとえば、会議からホワイトボード コンテンツをメール送信するなど)Send email (for example, email whiteboard content from a meeting)

Surface Hub にデバイス アカウントをプロビジョニングすると、ユーザーは、会議室に招待するのと同様に、会議出席依頼にこのアカウントを追加できます。Once the device account is provisioned to a Surface Hub, people can add this account to a meeting invitation the same way that they would invite a meeting room.

構成の概要Configuration overview

次の表では、デバイス アカウントを作成する際の主な手順と構成の決定について説明します。This table explains the main steps and configuration decisions when you create a device account.

ステップStep 説明Description 目的Purpose
1 ログオンが可能な Exchange リソース メールボックス (Exchange 2013 以降または Exchange Online) を作成するCreated a logon-enabled Exchange resource mailbox (Exchange 2013 or later, or Exchange Online) このリソース メールボックスにより、デバイスで会議のカレンダーの管理、会議出席依頼の受信、メールの送信を行うことができます。This resource mailbox allows the device to maintain a meeting calendar, receive meeting requests, and send mail. Surface Hub にプロビジョニングするには、このメールボックスがログオン可能である必要があります。It must be logon-enabled to be provisioned to a Surface Hub.
両面2 メールボックスのプロパティを構成するConfigure mailbox properties Surface Hub で最適な会議エクスペリエンスを実現するには、メールボックスのプロパティを適切に構成する必要があります。The mailbox must be configured with the correct properties to enable the best meeting experience on Surface Hub. メールボックスのプロパティについて詳しくは、メールボックスのプロパティに関するページをご覧ください。For more information on mailbox properties, see Mailbox properties.
-3 メールボックスに互換性のあるモバイル デバイス メールボックス ポリシーを適用するApply a compatible mobile device mailbox policy to the mailbox Surface Hub は、モバイル デバイス メールボックス ポリシーではなく、モバイル デバイス管理 (MDM) を使用して管理されています。Surface Hub is managed using mobile device management (MDM) rather than through mobile device mailbox policies. 互換性のため、デバイス アカウントのモバイル デバイス メールボックス ポリシーでは、PasswordEnabled 設定を False に設定する必要があります。For compatibility, the device account must have a mobile device mailbox policy where the PasswordEnabled setting is set to False. このように設定していない場合、Surface Hub はメールとカレンダーの情報を同期できません。Otherwise, Surface Hub can't sync mail and calendar info.
4d4 Skype for Business (Lync Server 2013 以降または Skype for Business Online) でメールボックスを有効にするEnable mailbox with Skype for Business (Lync Server 2013 or later, or Skype for Business Online) ビデオ通話、IM、画面共有など、さまざまな会議機能を使用するには、Skype for Business を有効にする必要があります。Skype for Business must be enabled to use conferencing features like video calls, IM, and screen sharing.
5 (省略可能) ActiveSync デバイス ID をホワイトリストに追加する(Optional) Whitelist ActiveSync Device ID 組織によっては、デバイス アカウントでメールとカレンダーの情報を同期することを、グローバル ポリシーで禁止している場合があります。Your organization may have a global policy that prevents device accounts from syncing mail and calendar info. その場合は、Surface Hub の ActiveSync デバイス ID を許可する必要があります。If so, you need to allow the ActiveSync Device ID of your Surface Hub.
=6 (省略可能) パスワードの有効期限を無効にする(Optional) Disable password expiration 管理を合理化するために、デバイス アカウントのパスワードの有効期限をオフにし、Surface Hub でデバイス アカウントのパスワードを自動的に循環できるように設定できます。To simplify management, you can turn off password expiration for the device account and allow Surface Hub to automatically rotate the device account password. パスワード管理について詳しくは、「パスワード管理」をご覧ください。For more information about password management, see Password management.

詳細な構成手順Detailed configuration steps

リモートの PowerShell を使用して、デバイス アカウントを設定することをお勧めします。We recommend setting up your device accounts using remote PowerShell. デバイス アカウントの作成と検証に役立つ PowerShell スクリプトが用意されています。PowerShell スクリプトと操作手順について詳しくは、「付録 A: PowerShell」をご覧ください。There are PowerShell scripts available to help create and validate device accounts For more information on PowerShell scripts and instructions, see Appendix A: PowerShell.

PowerShell を使用してデバイス アカウントをプロビジョニングする詳しい手順については、組織での展開に基づいて、次の表のオプションを選択してください。For detailed steps using PowerShell to provision a device account, choose an option from the table, based on your organization deployment.

組織での展開Organization deployment 説明Description
オンライン展開 (Office 365)Online deployment (Office 365) 組織の環境全体が Office 365 に展開されています。Your organization's environment is deployed entirely on Office 365.
オンプレミス展開 (単一フォレスト)On-premises deployment (single-forest) 組織で複数のサーバーを管理しており、これらのサーバーを使用して Active Directory、Exchange、Skype for Business (または Lync) を単一フォレスト環境でホストしています。Your organization has servers that it controls and uses to host Active Directory, Exchange, and Skype for Business (or Lync) in a single-forest environment.
オンプレミス展開 (複数フォレスト)On-premises deployment (multiple forests) 組織で複数のサーバーを管理しており、これらのサーバーを使用して Active Directory、Exchange、Skype for Business (または Lync) を複数フォレスト環境でホストしています。Your organization has servers that it controls and uses to host Active Directory, Exchange, and Skype for Business (or Lync) in a multi-forest environment.
ハイブリッド展開Hybrid deployment 組織には、オンプレミスでホストされているサービスと、Office 365 を介してオンラインでホストされているサービスの両方が混在しています。Your organization has a mix of services, with some hosted on-premises and some hosted online through Office 365.
Skype Hybrid Voice 環境を使ったオンラインまたはハイブリッド展開Online or hybrid deployment using Skype Hybrid Voice environment 組織では、クラウド上に Skype for Business のホーム プールと Exchange サーバーがあり、Skype for Business 2015、または公衆交換電話網 (PSTN) 経由で接続されたクラウド コネクタ エディションのオンプレミス プールを使っています。Your organization has Skype for Business home pools and Exchange servers in the cloud, and uses an on-premises pool of Skype for Business 2015 or Cloud Connector edition connected via Public Switched Telephone Network (PSTN).

グラフィカル ユーザー インターフェイス (UI) を使用する場合は、一部の手順を PowerShellではなく、UI を使用して実行できます。If you prefer to use a graphical user interface (UI), some steps can be done using UI instead of PowerShell. 詳しくは、「UI を使用してデバイス アカウントを作成する 」をご覧ください。For more information, see Creating a device account using UI.

アカウントの検証とテストAccount verification and testing

Surface Hub デバイス アカウントを検証およびテストするための方法としては、アカウント検証スクリプトSurface Hub Hardware Diagnostic アプリの 2 つの方法があります。There are two methods available that you can use to validate and test a Surface Hub device account: account verifications scripts and the Surface Hub Hardware Diagnostic app. アカウント検証スクリプトでは、デスクトップから PowerShell を使用して、以前に作成したデバイス アカウントを検証します。The account verification script will validate a previously-created device account using PowerShell from your desktop. Surface Hub Hardware Diagnostic アプリは、Surface Hub にインストールされ、サインインや通信の障害に関する詳細なフィードバックを提供します。The Surface Hub Hardware Diagnostic app is installed on your Surface Hub and provides detailed feedback about signin and communication failures. どちらも新しく作成したデバイス アカウントをテストするための優れたツールであり、最適なアカウントの可用性を確保するために使用する必要があります。Both are valuable tools to test newly created device accounts and should be used to ensure optimal account availability.