[セッションの終了] をタップして Surface Hub の会議を終了する

Surface Hub は、ミーティング スペースでさまざまなユーザーのグループが使用できるコラボレーション デバイスです。 会議の終了時、ユーザーは [セッションの終了] をタップすることによって、機密データをクリーンアップし、次の会議用にデバイスを準備できます。 Surface Hub は、次の状態をクリーンアップ、つまりリセットします。

  • アプリケーション
  • オペレーティング システム
  • ユーザー インターフェイス

このトピックでは、[セッションの終了] を使用することでリセットされる各状態について説明します。

アプリケーション

Surface Hub でアプリを起動すると、アプリはメモリに格納され、データはアプリケーション レベルで格納されます。 データは、削除または上書きされない限り、そのセッション (会議) のあいだはすべてのユーザーが利用できます。 [セッションの終了] を選択すると、アプリケーションの終了、ブラウザーの履歴の削除、アプリケーションのリセット、Skype のログの削除が行われ、Surface Hub のアプリケーションの状態が消去されます。

アプリケーションの終了

Win32 およびユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションも含めて、表示されているすべてのウィンドウが Surface Hub によって閉じられます。 アプリケーションの終了段階では、マルチタスク ビューを使用して、表示されているウィンドウが照会されます。 一定の時間内に終了されない Win32 ウィンドウは、TerminateProcess を使用して終了されます。

ブラウザーの履歴の削除

Surface Hub は、Edge のブラウザーの履歴の削除 (DBH) 機能を使用して、Edge の履歴とキャッシュされたデータをクリアします。 これは、ユーザーが手動でブラウザー履歴を消去する方法に似ていますが、[セッションの終了] を使う場合は、次のセッション、つまり会議が開始される前に、確実にアプリケーションの状態がクリアされ、データが削除されます。

アプリケーションのリセット

[セッションの終了] によって、Surface Hub にインストールされている各アプリケーションの状態がリセットされます。 アプリケーションをリセットすると、すべてのバックグラウンド タスク、アプリケーション データ、通知、ユーザーの承認ダイアログがクリアされます。 アプリケーションは、次に Surface Hub を使用するユーザーのために、最初の実行時の状態に戻されます。

Skype のログの削除

Skype は、個人を特定できる情報を Surface Hub に保存しません。 情報は、既存の Skype for Business のガイダンスに従い、Skype サービスに保存されます。 [セッションの終了] を選択すると、ローカルの Skype ログ情報のみが削除されます。 これには、統合コミュニケーション クライアント プラットフォーム (UCCP) ログとメディア ログが含まれます。

オペレーティング システム

オペレーティング システムは、セッションの状態についてのさまざまな情報を保持しますが、Surface Hub の会議が終わるたびにこの情報はクリアされる必要があります。

ファイル システム

会議の出席者は、Surface Hub の一部のディレクトリにしかアクセスできません。 [セッションの終了] を選択すると、Surface Hub では以下のディレクトリの内容が消去されます。

  • ミュージック
  • ビデオ
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ダウンロード

Surface Hub では、以下のディレクトリについても、多くのアプリケーションがデータを書き込むことが多いため、クリアされます。

  • デスクトップ
  • お気に入り
  • 最近使用したファイル
  • パブリック ドキュメント
  • パブリック ミュージック
  • パブリック ビデオ
  • パブリック ダウンロード

資格情報

TokenBrokerPasswordVault、または資格情報マネージャーに保存されているユーザー資格情報は、[セッションの終了] をタップすると、クリアされます。

ユーザー インターフェイス

ユーザー インターフェイス (UI) 設定は、[セッションの終了] が選択されると、既定値に戻されます。

UI 項目

  • クイック アクションを既定の状態にリセット
  • トースト通知をクリア
  • 音量レベルをリセット
  • サイドバーの幅をリセット
  • タブレット モードのレイアウトをリセット
  • Sign user out of Office 365 meetings and files (ユーザーを Office 365 会議とファイルからサインアウト)

ユーザー補助

アクセシビリティ関連の機能やアプリは、[セッションの終了] が選択されると、既定の設定に戻されます。

  • フィルター キー機能
  • ハイ コントラスト
  • 固定キー機能
  • 切り替えキー機能
  • マウス キー機能
  • 拡大鏡
  • ナレーター

クリップボード

クリップボードはクリアされ、セッション中にクリップボードにコピーされたデータは削除されます。

よく寄せられる質問

会議の最後に [セッションの終了] をタップし忘れて、他のユーザーがその後 Surface Hub を使用した場合はどうなりますか。
Surface Hub は、ユーザーが [セッションの終了] をタップした場合にのみ、会議コンテンツがクリーンアップされます。 [セッションの終了] をタップせずに会議を終了した場合、しばらくすると、デバイスはようこそ画面に戻ります。 ユーザーは、ようこそ画面から、前のセッションを再開するか、または新しいをセッションを開始することができます。 [セッションの終了] が表示されない場合にセッションを再開する機能を無効にすることもできます。

ドキュメントは回復できますか。
[セッションの終了] が選択されて、ハード ドライブからファイルが削除された場合の動作は、他の方法でハード ディスク ドライブからファイルを削除した場合と同じです。 サードパーティのソフトウェアによって、ハード ディスク ドライブからデータを回復できる可能性はありますが、Surface Hub では、ファイルの回復はサポートされている機能ではありません。 データの損失を防ぐためには、必ず会議を終了する前に必要なデータを保存してください。

[セッションの終了] によるクリーンアップ操作は、米国国防省のデータの消去とサニタイズに関する規格「DoD 5220.22-M」に準拠していますか。
いいえ。 現時点では、[セッションの終了] によるクリーンアップ操作は、この規格には準拠していません。