MDM プロバイダーによる設定の管理 (Surface Hub)Manage settings with an MDM provider (Surface Hub)

Surface Hub やその他の Windows 10 デバイスでは、IT 管理者はモバイル デバイス管理 (MDM) プロバイダーを使用して設定やポリシーを管理できます。Surface Hub and other Windows 10 devices allow IT administrators to manage settings and policies using a mobile device management (MDM) provider. 組み込みの管理コンポーネントで管理サーバーと通信するため、デバイスに追加のクライアントをインストールする必要はありません。A built-in management component communicates with the management server, so there is no need to install additional clients on the device. 詳しくは、Windows 10 でのモバイル デバイス管理に関するページをご覧ください。For more information, see Windows 10 mobile device management.

Surface Hub は、Microsoft のファーストパーティ MDM プロバイダーによって検証されています。Surface Hub has been validated with Microsoft's first-party MDM providers:

  • Microsoft Intune スタンドアロンMicrosoft Intune standalone
  • Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用したオンプレミスの MDMOn-premises MDM with Microsoft Endpoint Configuration Manager

MDM プロトコルで Windows 10と通信可能な任意のサード パーティ製 MDM プロバイダーを使用して、Surface Hub を管理することもできます。You can also manage Surface Hubs using any third-party MDM provider that can communicate with Windows 10 using the MDM protocol.

MDM への Surface Hub の登録Enroll a Surface Hub into MDM

Surface Hub は、一括、手動、自動登録を使って登録できます。You can enroll your Surface Hubs using bulk, manual, or automatic enrollment.

一括登録Bulk enrollment

一括登録を構成するにはTo configure bulk enrollment

手動登録Manual enrollment

手動登録を構成するにはTo configure manual enrollment

  1. Surface Hub で [設定] を開きます。On your Surface Hub, open Settings.
  2. メッセージが表示されたら、デバイスの管理者資格情報を入力します。Type the device admin credentials when prompted.
  3. [このデバイス] を選択し、[デバイス管理] に移動します。Select This device, and navigate to Device management.
  4. [デバイス管理] で、[+ デバイス管理] を選択します。Under Device management, select + Device management.
  5. ダイアログに表示されう指示に従って、MDM プロバイダーに接続します。Follow the instructions in the dialog to connect to your MDM provider.

Azure Active Directory の参加による自動登録Automatic enrollment via Azure Active Directory join

Surface Hub は、デバイスを Azure Active Directory に参加させることによって、Intune に自動的に登録する機能をサポートするようになりました。Surface Hub now supports the ability to automatically enroll in Intune by joining the device to Azure Active Directory.

最初の手順は、自動 MDM 登録を設定することです。First step is to set up Automatic MDM enrollment. Windows 10 の自動登録を有効にする」を参照してください。See Enable Windows 10 automatic enrollment.

次に、初回実行時にデバイスをセットアップするときに、[Azure Active Directory に参加する] オプションを選びます。「このデバイスに管理者を設定する」ページを参照してください。Then, when devices are setup during First-run, pick the option to join to Azure Active Directory, see Set up admins for this device page

MDM による Surface Hub の設定の管理Manage Surface Hub settings with MDM

MDM を使用して、一部の Surface Hub CSP の設定や一部の Windows 10 の設定を管理できます。You can use MDM to manage some Surface Hub CSP settings, and some Windows 10 settings. 使用する MDM プロバイダーによって、組み込みのユーザー インターフェイスを使用するか、またはカスタム SyncML を展開して、これらの設定項目を設定できます。Depending on the MDM provider that you use, you may set these settings using a built-in user interface, or by deploying custom SyncML. Microsoft Intune と Microsoft Endpoint 構成マネージャーは、Surface Hub のポリシーテンプレートの作成に役立つ組み込みのエクスペリエンスを提供します。Microsoft Intune and Microsoft Endpoint Configuration Manager provide built-in experiences to help create policy templates for Surface Hub. SyncML を作成して展開する方法については、MDM プロバイダーのドキュメントをご覧ください。Refer to documentation from your MDM provider to learn how to create and deploy SyncML.

サポートされている Surface Hub CSP の設定Supported Surface Hub CSP settings

MDM を使用して、次の表に示されている Surface Hub の設定を構成できます。You can configure the Surface Hub settings in the following table using MDM. この表は、Microsoft Intune、Microsoft Endpoint Configuration Manager、または SyncML で設定がサポートされているかどうかを示します。The table identifies if the setting is supported with Microsoft Intune, Microsoft Endpoint Configuration Manager, or SyncML.

詳しくは、Surface Hub 構成サービス プロバイダーに関するページをご覧ください。For more information, see SurfaceHub configuration service provider.

設定Setting SurfaceHub CSP のノードNode in the SurfaceHub CSP Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
メンテナンス時間Maintenance hours MaintenanceHoursSimple/Hours/StartTimeMaintenanceHoursSimple/Hours/StartTime
MaintenanceHoursSimple/Hours/DurationMaintenanceHoursSimple/Hours/Duration
対応Yes ありYes 対応Yes
モーション センサーを使用して画面を自動的にオンにするAutomatically turn on the screen using motion sensors InBoxApps/Welcome/AutoWakeScreenInBoxApps/Welcome/AutoWakeScreen 対応Yes ありYes 対応Yes
ワイヤレス プロジェクションで PIN を要求するRequire a pin for wireless projection InBoxApps/WirelessProjection/PINRequiredInBoxApps/WirelessProjection/PINRequired 対応Yes ありYes 対応Yes
ワイヤレス プロジェクションを有効にするEnable wireless projection InBoxApps/WirelessProjection/EnabledInBoxApps/WirelessProjection/Enabled 対応Yes 対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
ワイヤレス プロジェクションに Miracast チャネルを使用するMiracast channel to use for wireless projection InBoxApps/WirelessProjection/ChannelInBoxApps/WirelessProjection/Channel 対応Yes 対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
Operations Management Suite ワークスペースに接続するConnect to your Operations Management Suite workspace MOMAgent/WorkspaceIDMOMAgent/WorkspaceID
MOMAgent/WorkspaceKeyMOMAgent/WorkspaceKey
対応Yes 対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
ようこそ画面の背景画像Welcome screen background image InBoxApps/Welcome/CurrentBackgroundPathInBoxApps/Welcome/CurrentBackgroundPath 対応Yes 対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
ようこそ画面に表示される会議情報Meeting information displayed on the welcome screen InBoxApps/Welcome/MeetingInfoOptionInBoxApps/Welcome/MeetingInfoOption 対応Yes 対応Yes.
[カスタム設定を使用する](#example-管理------------------------------------[Use a custom setting.](#example-manage-surface-hub-settings-with-microsoft-endpoint-configuration-manager
対応Yes
ワイヤレス プロジェクションのフレンドリ名Friendly name for wireless projection Properties/FriendlyNameProperties/FriendlyName 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
デバイス アカウントDevice account DeviceAccount/<name_of_policy>DeviceAccount/<name_of_policy>
SurfaceHub CSP に関するページを参照。See SurfaceHub CSP.
未対応No なしNo 対応Yes
Skype ドメインを指定するSpecify Skype domain InBoxApps/SkypeForBusiness/DomainNameInBoxApps/SkypeForBusiness/DomainName 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
プロジェクションが初期化されたときに接続アプリを自動起動するAuto launch Connect App when projection is initiated InBoxApps/Connect/AutoLaunchInBoxApps/Connect/AutoLaunch 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
既定のボリュームを設定するSet default volume Properties/DefaultVolumeProperties/DefaultVolume 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
画面のタイムアウトを設定するSet screen timeout Properties/ScreenTimeoutProperties/ScreenTimeout 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
セッションのタイムアウトを設定するSet session timeout Properties/SessionTimeoutProperties/SessionTimeout 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
スリープ タイムアウトの設定Set sleep timeout Properties/SleepTimeoutProperties/SleepTimeout 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
画面のアイドル状態後にセッションを再開できるようにするAllow session to resume after screen is idle Properties/AllowSessionResumeProperties/AllowSessionResume 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
デバイス アカウントをプロキシ認証に使用できるようにするAllow device account to be used for proxy authentication Properties/AllowAutoProxyAuthProperties/AllowAutoProxyAuth 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
スケジュール設定済みの会議の出席者とのサインイン ダイアログの自動作成を無効にするDisable auto-populating the sign-in dialog with invitees from scheduled meetings Properties/DisableSignInSuggestionsProperties/DisableSignInSuggestions 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
スタート メニューで「会議とファイル」機能を無効にするDisable "My meetings and files" feature in Start menu Properties/DoNotShowMyMeetingsAndFilesProperties/DoNotShowMyMeetingsAndFiles 対応Yes
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
802.1x ワイヤード (有線) 認証用 LanProfile を設定するSet the LanProfile for 802.1x Wired Auth Dot3/LanProfileDot3/LanProfile 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
802.1x ワイヤード (有線) 認証用 EapUserData を設定するSet the EapUserData for 802.1x Wired Auth Dot3/EapUserDataDot3/EapUserData 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

サポートされている Windows 10 の設定Supported Windows 10 settings

Surface Hub に固有の設定に加え、多くの設定がすべての Windows 10 デバイスに共通です。In addition to Surface Hub-specific settings, there are numerous settings common to all Windows 10 devices. これらの設定については、構成サービス プロバイダー リファレンスに関するページをご覧ください。These settings are defined in the Configuration service provider reference.

以下の表に、Surface Hub で検証済みの Windows 10 の設定に関する情報を示します。The following tables include info on Windows 10 settings that have been validated with Surface Hub. セキュリティ、ブラウザー、Windows Update、Windows Defender、リモート再起動、証明書、ログの各領域の設定に関する表があります。There is a table with settings for these areas: security, browser, Windows Updates, Windows Defender, remote reboot, certificates, and logs. 各表は、Microsoft Intune、Microsoft Endpoint Configuration Manager、または SyncML で設定がサポートされているかどうかを示します。Each table identifies if the setting is supported with Microsoft Intune, Microsoft Endpoint Configuration Manager, or SyncML.

セキュリティの設定Security settings

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
Bluetooth を許可するAllow Bluetooth Bluetooth 周辺機器をサポートするにはこれを有効にしておいてください。Keep this enabled to support Bluetooth peripherals. Connectivity/AllowBluetoothConnectivity/AllowBluetooth 対応Yes.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
Bluetooth ポリシーBluetooth policies Bluetooth デバイス名、広告のブロック、検出、自動ペアリングを設定するために使用します。Use to set the Bluetooth device name, and block advertising, discovery, and automatic pairing. Bluetooth/<name of policy>Bluetooth/<name of policy>
Policy CSP に関するページを参照See Policy CSP
対応Yes.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
カメラを使用するAllow camera Skype for Business 用にこれを有効にしておいてください。Keep this enabled for Skype for Business. Camera/AllowCameraCamera/AllowCamera 対応Yes.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
位置情報を許可するAllow location マップなどのアプリをサポートするためにこれを有効にしておいてください。Keep this enabled to support apps such as Maps. System/AllowLocationSystem/AllowLocation 対応Yes.
..
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
利用統計情報を許可するAllow telemetry Microsoft が Surface Hub を改善できるようにこれを有効にしておいてください。Keep this enabled to help Microsoft improve Surface Hub. System/AllowTelemetrySystem/AllowTelemetry 対応Yes.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
USB ドライブを許可するAllow USB Drives Surface Hub で USB ドライブをサポートできるようにこれを有効にしておいてください。Keep this enabled to support USB drives on Surface Hub System/AllowStorageCardSystem/AllowStorageCard 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

ブラウザーの設定Browser settings

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
ホーム ページHomepages Microsoft Edge で既定のホーム ページを構成する場合に使用します。Use to configure the default homepages in Microsoft Edge. Browser/HomepagesBrowser/Homepages 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
Cookie を使用するAllow cookies Surface Hub は、セッションの終了時に自動的に Cookie を削除します。Surface Hub automatically deletes cookies at the end of a session. セッション内で Cookie をブロックするには、これを使用します。Use this to block cookies within a session. Browser/AllowCookiesBrowser/AllowCookies 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
開発者ツールを許可するAllow developer tools ユーザーが F12 開発者ツールを使用することを禁止する場合に使用します。Use to stop users from using F12 Developer Tools. Browser/AllowDeveloperToolsBrowser/AllowDeveloperTools 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
トラッキング拒否を許可するAllow Do Not Track Do Not Track ヘッダーを有効にするために使用します。Use to enable Do Not Track headers. Browser/AllowDoNotTrackBrowser/AllowDoNotTrack 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
ポップアップを許可するAllow pop-ups ポップアップ ブラウザー ウィンドウをブロックするために使用します。Use to block pop-up browser windows. Browser/AllowPopupsBrowser/AllowPopups 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
検索候補を許可するAllow search suggestions アドレス バーの検索候補をブロックするために使用します。Use to block search suggestions in the address bar. Browser/AllowSearchSuggestionsinAddressBarBrowser/AllowSearchSuggestionsinAddressBar 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
Windows Defender SmartScreen を許可するAllow Windows Defender SmartScreen Windows Defender SmartScreen を有効にするには、このオプションをオンのままにします。Keep this enabled to turn on Windows Defender SmartScreen. Browser/AllowSmartScreenBrowser/AllowSmartScreen 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
Web サイトに対して Windows Defender SmartScreen の警告が無視されないようにするPrevent ignoring Windows Defender SmartScreen warnings for websites 追加のセキュリティを確保するために、Windows Defender SmartScreen 警告の無視を停止して、悪意のある web サイトへのアクセスをブロックするには、を使います。For extra security, use to stop users from ignoring Windows Defender SmartScreen warnings and block them from accessing potentially malicious websites. Browser/PreventSmartScreenPromptOverrideBrowser/PreventSmartScreenPromptOverride 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
ファイルに対して Windows Defender SmartScreen の警告が無視されないようにするPrevent ignoring Windows Defender SmartScreen warnings for files 追加のセキュリティを確保するために、ユーザーが Windows Defender SmartScreen の警告を無視しないようにし、Microsoft Edge から未確認のファイルをダウンロードしないようにブロックします。For extra security, use to stop users from ignoring Windows Defender SmartScreen warnings and block them from downloading unverified files from Microsoft Edge. Browser/PreventSmartScreenPromptOverrideForFilesBrowser/PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

Windows Update の設定Windows Update settings

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
Current Branch または Current Branch for Business を使用するUse Current Branch or Current Branch for Business Windows Update for Business を構成するために使用します。Windows Update に関するページをご覧ください。Use to configure Windows Update for Business – see Windows updates. Update/BranchReadinessLevelUpdate/BranchReadinessLevel 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
機能更新プログラムを延期するDefer feature updates 上記を参照してください。See above. Update/ DeferFeatureUpdatesPeriodInDaysUpdate/ DeferFeatureUpdatesPeriodInDays 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
品質更新プログラムを延期するDefer quality updates 上記を参照してください。See above. Update/DeferQualityUpdatesPeriodInDaysUpdate/DeferQualityUpdatesPeriodInDays 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
機能更新プログラムの一時停止Pause feature updates 上記を参照してください。See above. Update/PauseFeatureUpdatesUpdate/PauseFeatureUpdates 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
品質更新プログラムの一時停止Pause quality updates 上記を参照してください。See above. Update/PauseQualityUpdatesUpdate/PauseQualityUpdates 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
WSUS を使用するようデバイスを構成するConfigure device to use WSUS Windows Update ではなく WSUS に Surface Hub を接続するために使用します。「Windows 更新プログラム」をご覧ください。Use to connect your Surface Hub to WSUS instead of Windows Update – see Windows updates. Update/UpdateServiceUrlUpdate/UpdateServiceUrl 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
配信の最適化Delivery optimization ピア ツー ピアのコンテンツ共有を使用して、更新時の帯域幅の問題を緩和します。Use peer-to-peer content sharing to reduce bandwidth issues during updates. 詳しくは、Windows 10 更新プログラムの配信の最適化の構成」をご覧ください。See Configure Delivery Optimization for Windows 10 for details. DeliveryOptimization/<name of policy>DeliveryOptimization/<name of policy>
Policy CSP に関するページを参照See Policy CSP
対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

Windows Defender の設定Windows Defender settings

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
Defender ポリシーDefender policies スケジュールされたスキャン時刻を含め、Defender のさまざまな設定を構成するために使用します。Use to configure various Defender settings, including a scheduled scan time. Defender/<name of policy>Defender/<name of policy>
Policy CSP に関するページを参照See Policy CSP
対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
Defender の状態Defender status Defender スキャンを開始するために使用し、セキュリティインテリジェンス更新を強制し、検出されたすべての脅威を照会します。Use to initiate a Defender scan, force a Security intelligence update, query any threats detected. Defender CSPDefender CSP ありYes ありYes 対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

リモート再起動Remote reboot

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
デバイスをすぐに再起動する。Reboot the device immediately サポートのコストを最小限に抑えるために OMS と組み合わせて使用します。「Microsoft Surface Hub の監視」をご覧ください。Use in conjunction with OMS to minimize support costs – see Monitor your Microsoft Surface Hub. ./Vendor/MSFT/Reboot/RebootNow./Vendor/MSFT/Reboot/RebootNow
Reboot CSP に関するページを参照See Reboot CSP
対応Yes なしNo 対応Yes
スケジュールされた日時にデバイスを再起動するReboot the device at a scheduled date and time 上記を参照してください。See above. ./Vendor/MSFT/Reboot/Schedule/Single./Vendor/MSFT/Reboot/Schedule/Single
Reboot CSP に関するページを参照See Reboot CSP
対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes
毎日スケジュールされた日時にデバイスを再起動するReboot the device daily at a scheduled date and time 上記を参照してください。See above. ./Vendor/MSFT/Reboot/Schedule/DailyRecurrent./Vendor/MSFT/Reboot/Schedule/DailyRecurrent
Reboot CSP に関するページを参照See Reboot CSP
対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

証明書のインストールInstall certificates

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
信頼された CA 証明書のインストールInstall trusted CA certificates 信頼されたルート証明書と中間 CA 証明書を展開するために使用します。Use to deploy trusted root and intermediate CA certificates. RootCATrustedCertificates CSPRootCATrustedCertificates CSP 対応。Yes.
Intune 証明書プロファイルを構成する」をご覧ください。See Configure Intune certificate profiles.
対応。Yes.
Microsoft Endpoint Configuration Manager で証明書プロファイルを作成する方法について説明します。See How to create certificate profiles in Microsoft Endpoint Configuration Manager.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

ログを収集するCollect logs

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
ETW ログの収集Collect ETW logs リモートで Surface Hub から ETW ログを収集するために使用します。Use to remotely collect ETW logs from Surface Hub. DiagnosticLog CSPDiagnosticLog CSP 未対応No なしNo 対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

ネットワーク サービス品質 (QoS) ポリシーの設定Set network quality of service (QoS) policy

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
ネットワーク QoS ポリシーの設定Set Network QoS Policy ネットワーク トラフィックに対して、一連のアクションを実行する QoS ポリシーを設定するために使用します。Use to set a QoS policy to perform a set of actions on network traffic. これは、Skype ネットワーク パケットの優先順位付けに便利です。This is useful for prioritizing Skype network packets. NetworkQoSPolicy CSPNetworkQoSPolicy CSP 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

ネットワーク プロキシの設定Set network proxy

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
ネットワーク プロキシの設定Set Network proxy イーサネットと Wi-Fi 接続に対してプロキシ サーバーを構成するために使用します。Use to configure a proxy server for ethernet and Wi-Fi connections. NetworkProxy CSPNetworkProxy CSP 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

スタート メニューの構成Configure Start menu

設定Setting 詳細Details CSP リファレンスCSP reference Intune でのSupported with
サポートIntune?
Configuration Manager でのSupported with
サポートConfiguration Manager?
SyncML でのSupported with
サポート*SyncML*?
スタート メニューの構成Configure Start menu スタート メニューに表示するアプリを構成するために使用します。Use to configure which apps are displayed on the Start menu. 詳しくは、「Surface Hub のスタート メニューの構成」をご覧ください。For more information, see Configure Surface Hub Start menu ポリシー CSP: Start/StartLayoutPolicy CSP: Start/StartLayout 対応Yes
カスタム ポリシーを使用。Use a custom policy.
対応Yes.
カスタム設定を使用。Use a custom setting.
対応Yes

*SyncML でサポートされている設定は、Windows 構成デザイナー プロビジョニング パッケージでも構成できます。*Settings supported with SyncML can also be configured in a Windows Configuration Designer provisioning package.

設定の OMA URI を生成するGenerate OMA URIs for settings

Intune でカスタムポリシーを作成するには、設定の OMA URI を使用する必要があります。または、Microsoft Endpoint Configuration Manager のカスタム設定を使用する必要があります。You need to use a setting's OMA URI to create a custom policy in Intune, or a custom setting in Microsoft Endpoint Configuration Manager.

CSP ドキュメントの任意の設定について OMA URI を生成するにはTo generate the OMA URI for any setting in the CSP documentation

  1. CSP ドキュメントで、CSP のルート ノードを識別します。In the CSP documentation, identify the root node of the CSP. 一般的には、次のようになっています。Generally, this looks like ./Vendor/MSFT/<name of CSP>
    たとえば、SurfaceHub CSP のルート ノードは ./Vendor/MSFT/SurfaceHub です。For example, the root node of the SurfaceHub CSP is ./Vendor/MSFT/SurfaceHub.
  2. 使用する設定のノード パスを識別します。Identify the node path for the setting you want to use.
    たとえば、ワイヤレス プロジェクションを有効にする設定のノード パスは、InBoxApps/WirelessProjection/Enabled です。For example, the node path for the setting to enable wireless projection is InBoxApps/WirelessProjection/Enabled.
  3. ルート ノードにノード パスを追加して、OMA URI を生成します。Append the node path to the root node to generate the OMA URI.
    たとえば、ワイヤレス プロジェクションを有効にする設定の OMA URI は、./Vendor/MSFT/SurfaceHub/InBoxApps/WirelessProjection/Enabled です。For example, the OMA URI for the setting to enable wireless projection is ./Vendor/MSFT/SurfaceHub/InBoxApps/WirelessProjection/Enabled.

データ型についても、CSP のドキュメントに記載されています。The data type is also stated in the CSP documentation. 最も一般的なデータ型は次のとおりです。The most common data types are:

  • char (文字列)char (String)
  • int (整数)int (Integer)
  • bool (ブール値)bool (Boolean)

例: Microsoft Intune で Surface Hub の設定を管理するExample: Manage Surface Hub settings with Microsoft Intune

Microsoft Intune を使用して、Surface Hub の設定を管理できます。You can use Microsoft Intune to manage Surface Hub settings. カスタム設定の場合は、Microsoft Intune でカスタム デバイス設定を構成する方法に関するページの手順に従ってください。For custom settings, follow the instructions in How to configure custom device settings in Microsoft Intune. [プラットフォーム][Windows 10 以降] を選択し、[プロファイルの種類][デバイスの制限 (Windows 10 Team)] を選択します。For Platform, select Windows 10 and later, and in Profile type, select Device restrictions (Windows 10 Team).

例: Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して Surface Hub の設定を管理するExample: Manage Surface Hub settings with Microsoft Endpoint Configuration Manager

Configuration Manager は、Surface Hub を含む、Configuration Manager クライアントで管理する必要がない先進デバイスの管理をサポートしています。Configuration Manager supports managing modern devices that do not require the Configuration Manager client to manage them, including Surface Hub. 既に Configuration Manager を使用して組織内の他のデバイスを管理している場合は、Surface Hub を管理するための1つの場所として Configuration Manager コンソールを引き続き使うことができます。If you already use Configuration Manager to manage other devices in your organization, you can continue to use the Configuration Manager console as your single location for managing Surface Hubs.

注意

この手順は、構成マネージャーの現在の分岐に基づいています。These instructions are based on the current branch of Configuration Manager.

Surface Hub の設定の構成項目を作成するにはTo create a configuration item for Surface Hub settings

  1. Configuration Manager コンソールの [資産とコンプライアンス] ワークスペースで、[概要] > [コンプライアンス設定] > [構成項目] の順にクリックします。On the Assets and Compliance workspace of the Configuration Manager console, click Overview > Compliance Settings > Configuration Items.

  2. [ホーム] タブの [作成] グループで、[構成項目の作成] をクリックします。On the Home tab, in the Create group, click Create Configuration Item.

  3. 構成項目の作成ウィザードの [全般] ページで、構成項目の名前と必要に応じて説明を指定します。On the General page of the Create Configuration Item Wizard, specify a name and optional description for the configuration item.

  4. [Configuration Manager クライアントなしで管理されるデバイスの設定] で、[Windows 8.1 と Windows 10] を選択し、[次へ] をクリックします。Under Settings for devices managed without the Configuration Manager client, select Windows 8.1 and Windows 10, and then click Next.

    UI の例

  5. [サポートされているプラットフォーム] ページで、[Windows 10] を展開し、[すべての Windows 10 Team 以降] を選択します。On the Supported Platforms page, expand Windows 10 and select All Windows 10 Team and higher. その他の Windows プラットフォームの選択を解除し、[次へ] をクリックします。Unselect the other Windows platforms, and then click Next.

    プラットフォームの選択

  6. [デバイス設定] ページで、[デバイス設定グループ][Windows 10 Team] を選択します。On the Device Settings page, under Device settings groups, select Windows 10 Team.

  7. [Windows 10 Team] ページで、必要な設定を構成します。On the Windows 10 Team page, configure the settings you require.

    Windows 10 Team

  8. [Windows 10 Team] ページにない設定を管理するには、カスタム設定を作成する必要があります。You'll need to create custom settings to manage settings that are not available in the Windows 10 Team page. [デバイス設定] ページで、[既定の設定グループに含まれない追加の設定を構成する] チェック ボックスをオンにします。On the Device Settings page, select the check box Configure additional settings that are not in the default setting groups.

    追加設定

  9. [追加設定] ページで、[追加] をクリックします。On the Additional Settings page, click Add.

  10. [設定の参照] ダイアログで、[設定の作成] をクリックします。In the Browse Settings dialog, click Create Setting.

  11. [設定の作成] ダイアログの [全般] タブで、カスタム設定の名前と必要に応じて説明を指定します。In the Create Setting dialog, under the General tab, specify a name and optional description for the custom setting.

  12. [設定の種類] で、[OMA URI] を選択します。Under Setting type, select OMA URI.

  13. フォームに入力して新しい設定を作成し、[OK] をクリックします。Complete the form to create a new setting, and then click OK.

    OMA URI 設定

  14. [設定の参照] ダイアログの [利用可能な設定] で、作成した新しい設定を選択し、[選択] をクリックします。On the Browse Settings dialog, under Available settings, select the new setting you created, and then click Select.

  15. [規則の作成] ダイアログで、フォームに入力して設定の規則を指定し、[OK] をクリックします。On the Create Rule dialog, complete the form to specify a rule for the setting, and then click OK.

  16. 構成項目に追加する各カスタム設定について、手順 9 ~ 15 を繰り返します。Repeat steps 9 to 15 for each custom setting you want to add to the configuration item.

  17. 作業が完了したら、[設定の参照] ダイアログで、[閉じる] をクリックします。When you're done, on the Browse Settings dialog, click Close.

  18. ウィザードを完了します。Complete the wizard.
    新しい構成項目は、[資産とコンプライアンス] ワークスペースの [構成項目] ノードで表示できます。You can view the new configuration item in the Configuration Items node of the Assets and Compliance workspace.

詳細については、「 Microsoft Endpoint Configuration Manager クライアントを使わずに管理された windows 8.1 および windows 10 デバイスの構成項目の作成」を参照してください。For more information, see Create configuration items for Windows 8.1 and Windows 10 devices managed without the Microsoft Endpoint Configuration Manager client.

関連トピックRelated topics

Microsoft Surface Hub の管理Manage Microsoft Surface Hub