ネットワークとサービスの品質を、Microsoft Teamsの会議室にSurface Hub

この記事では、環境を準備して、Microsoft Teams Rooms を最適化Surface Hub。

デバイス アカウントの作成およびテスト

デバイス アカウントは、Microsoft Teams など、Exchange から機能にアクセスし、Skype for Business を有効にするアカウントです。 「デバイス アカウントの作成とテスト」を参照してください。

ネットワークの可用性を確認する

ヒント

ネットワーク接続の原則に記載されているネットワーク構成のプラクティスを使用することを強Microsoft 365推奨します。

Teams次のSurface Hubを満たすネットワークにアクセスできる必要があります。

  • Active Directory または (Azure Azure Active Directory) インスタンスADアクセス
  • DHCP を使用して IP アドレスを提供できるサーバーへのアクセス。 Microsoft Teamsサーバー上Surface Hub静的 IP アドレスを使用して構成することはできません。
  • HTTP ポート 80 および 443 へのアクセス。
  • TCP ポートと UDP ポートは、「ポートとプロトコルの要件」の説明に従って構成され、Microsoft 365およびOffice 365 URL およびIPアドレス範囲Microsoft Teams。

重要

Microsoft Teamsルームはプロキシ認証をサポートしていないので、サーバーの定期的な操作を妨げる可能性Teams。 デバイスまたは Surface Hub サービス エンドポイントMicrosoft 365がプロキシ認証から除外された後、Teams Rooms on Surface Hub。

サービス品質 (QoS) の実装Surface Hub

サービス品質 (QoS) は、管理者がリアルタイムのオーディオ/ビデオとアプリケーション共有通信のエクスペリエンスを最適化できるネットワーク テクノロジの組み合わせです。 モバイル デバイス管理(MDM) Microsoft Teams Surface Hubプロビジョニング パッケージを使用して、QoS の構成を実行できます

QoS を構成するには、Surface Hubを使用Microsoft Intune。

  1. Intune で、 カスタム ポリシーを作成します

  2. [カスタム OMA-URI] で設定選択します。 追加する設定ごとに、名前、説明 (オプション)、データ型、OMA-URI、および値を入力します。

  3. ビデオとオーディオの品質を最適化するには、Surface Hub QoS 設定をデバイスに追加します。

    名前 説明 OMA-URI
    オーディオ ポート オーディオ ポートの範囲 ./Device/Vendor/MSFT/NetworkQoSPolicy/TeamsAudio/SourcePortMatchCondition String 50000-50019
    オーディオ DSCP オーディオ ポートのマーキング ./Device/Vendor/MSFT/NetworkQoSPolicy/TeamsAudio/DSCPAction Integer 46
    ビデオ ポート ビデオ ポートの範囲 ./Device/Vendor/MSFT/NetworkQoSPolicy/TeamsVideo/SourcePortMatchCondition String 50020-50039
    ビデオ DSCP ビデオ ポートのマーキング ./Device/Vendor/MSFT/NetworkQoSPolicy/TeamsVideo/DSCPAction Integer 34
    共有ポート 共有ポートの範囲 ./Device/Vendor/MSFT/NetworkQoSPolicy/TeamsSharing/SourcePortMatchCondition String 50040-50059
    DSCP の共有 ポートマーキングの共有 ./Device/Vendor/MSFT/NetworkQoSPolicy/TeamsSharing/DSCPAction Integer 18
  4. ポリシーが作成されている場合は、ポリシーを展開してSurface Hub。

詳細情報