SHA-1 署名の非推奨化の準備

By Mark Cook

公開日: 2019 年 6 月 20 日

まとめ

Microsoft は、お客様にクラス最高のセキュリティを提供するという約束をサポートするために、SHA1 コード署名証明書のサポートを廃止する予定です。 この理由と影響の背景の詳細については、2019 SHA-2Code Signing Support requirement for Windows and WSUS で確認できます。

詳細情報

現在、Sysinternals バイナリは、SHA-1 と SHA-2 に対して を使用してデュアル 署名されています。 2019 年 7 月 31 日の現在、これらは SHA-2 署名のみを使用して署名されます。

この日より前に、従来の OS バージョンでツールを実行しているお客様は、SHA-2 署名済みバージョンを実行するために SHA-2 コード署名サポートをインストールする必要があります。 このサポートは通常、Windows Update を介して提供されます。ただし、スタンドアロンのセキュリティ更新プログラムもダウンロードできます。 これらの更新プログラムの詳細については、「2019 SHA-2 Code Signing Support requirement for Windows と WSUS」を参照してください。