ジャンクション v1.07

By Mark Russinovich

公開日: 2016 年 7 月 4 日

ダウンロードジャンクション(504 KB) のダウンロード

はじめに

Windows 2000 以降では、ディレクトリがコンピューター上の別のディレクトリの別名として機能するジャンクション ポイントがサポートされています。 たとえば、ディレクトリ D:\WIN で C:\WINNT\SYSTEM32 をターゲットとして指定した場合、D:\WIN\DRIVERS にアクセスするアプリケーションは実際には C:\WINNT\SYSTEM32\DRIVERS にアクセスします。 残念ながら、Windows 2000 には、ジャンクション ポイントを作成するためのツールはありません。 ジャンクションを作成するためのユーティリティWindows 2000 リソース キットを購入 linkd する必要があります。 そのため、独自のジャンクション ポイント作成ツール ( ) を作成することを決定しました Junction 。 NTFS ジャンクション ポイントが作成され、ファイルまたはディレクトリが実際に再解析ポイントであるのを確認できます。 (再解析ポイントは、NTFS ジャンクションが基づくメカニズムです。 Remote Storage Service では、再解析ポイントとボリューム マウント ポイントが使用されます)。

注意

Windowsは、リモート共有上のディレクトリへのジャンクションをサポートしません。

ジャンクションの使用

構文

  • 再解析ポイント情報を取得するには: junction.exe [-s] [-q] <file or directory>
  • ジャンクション ポイントを作成するには: junction.exe <junction directory> <junction target>
  • ジャンクション ポイントを削除するには: junction.exe -d <junction directory>

パラメーター

パラメーター 説明
<file or directory> 再解析ポイント情報のクエリを実行するファイルまたはフォルダーへのパス
-s サブディレクトリを再帰する
<junction directory> 作成または削除するジャンクション ポイントの名前
<junction target> 作成するジャンクション ポイントのターゲットへの完全パス
-d ジャンクション ポイントを削除する

ファイルがジャンクションかどうかを判断するには、ファイル名を指定します。

junction c:\test

ディレクトリの下のジャンクションを一覧表示するには、–s スイッチを含める:

junction -s c:\

"c:\Program Files" のジャンクション c:\Program-Files を作成するには:

md Program-Files
junction c:\Program-Files "c:\Program Files"

ジャンクションを削除するには、–d スイッチを使用します。

junction -d c:\Program-Files

リターン コード

0 - 成功した場合
-1 - 新しいジャンクションの作成に失敗した場合
0 - ジャンクションの削除に失敗した場合 (ファイルが見つからない場合など)
0 - ファイルがジャンクションのチェックで失敗する (ファイルが見つからない場合など)

ダウンロードジャンクション(504 KB) のダウンロード

次の場所で実行されます。

  • クライアント: Windows Vista 以降
  • サーバー: Windows Server 2008 以上
  • Nano Server: 2016 以上