LDMDump v1.02

By Mark Russinovich

公開日: 2006 年 11 月 1 日

LDMDump のダウンロード(43 KB)

はじめに

Windows 2000 では、論理ディスク マネージャー (LDM) と呼ばれるコンポーネントによって管理される新しい種類のディスク パーティション構成が導入されています。 Basic ディスクでは標準の DOS スタイルのパーティション テーブルが実装されるのに対し、ダイナミック ディスクでは LDM パーティション分割が使用されます。 LDM パーティション分割には、ディスク間のレプリケーション、高度なボリューム構成のディスク上ストレージ (スパン ボリューム、ミラー 化ボリューム、ストライプ ボリューム、RAID-5 ボリューム) など、DOS パーティション分割に対していくつかの利点があります。 Windows 2000 Magazine の Windows NT/2000年 4 月のストレージ管理に関する 3 月/4 月の 2 部構成シリーズでは、各パーティション構成の詳細について説明しています。

ディスク管理 MMC スナップインと Windows 2000 リソース キットの dmdiag というツール以外に、システムのパーティション分割レイアウトを記述する LDM ディスク上のデータベースの内部を調査するためのツールはありません。 LDMDump は、システム LDM データベースのディスクのコピーに格納されている内容を正確に調べるために使用できるユーティリティです。 LDMDump では、LDM データベースのプライベート ヘッダー、目次、およびオブジェクト データベース (パーティション、コンポーネント、およびボリュームの定義が格納されている場所) の内容が表示され、パーティション テーブルとボリュームの一覧を使用してその結果が要約されます。

LDMDump のインストールと使用

LDMDump を使用するには、単にディスクの識別子を渡します。

使用法: ldmdump [- ] [-d#]

パラメーター 説明
- サポートされているオプションと、出力値に使用される測定単位が表示されます。
-d# LDMDump が調べる ディスクの数を 指定します。 たとえば、"ldmdump /d0" には、ディスク 0 に格納されている LDM データベース情報が LDMDump に表示されます。

機能

ディスクの LDM パーティション分割に関する詳細情報を取得するために使用できる公開済み API はありません。LDM データベース形式は完全に文書化されません。 LDMDump は、さまざまなシステム上の LDM データベースコンテンツの調査に基づいて開発され、状況が変化しています。

詳細情報

ディスク上の LDM 構造の詳細については、以下を参照してください。

  • 2000 年 4 月、Storage 2000 年 4 月の『Windows Management』 (パート2)(Mark Russinovich) の内部。

LDMDump のダウンロード(43 KB)

次の場所で実行されます。

  • クライアント: Windows Vista 以降。
  • サーバー: Windows Server 2008 以上。