PendMoves v 1.3 および My.computer.filesystem.movefile v5.0

Mark Russinovich 公開日: 2020 年9月17日

ダウンロードPendMoves と my.computer.filesystem.movefile のダウンロード(988 KB)

はじめに

サービスパックや修正プログラムなど、使用中のファイルを置き換える必要があるアプリケーションがいくつかあります。 このため、ファイルの名前の変更や削除を行うための MoveFileEx API が提供されており、呼び出し元は、ファイルが参照される前に、次回システムを起動するときに操作を実行するように指定できます。 Windows セッションマネージャーは、HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\PendingFileRenameOperations 値から登録済みの名前変更および削除コマンドを読み取って、このタスクを実行します。

PendMoves の使用法

このアプレットは、保留中の名前変更/削除値の内容をダンプします。また、ソースファイルにアクセスできない場合にもエラーを報告します。

使用法: pendmoves
次に、一時インストールファイルが次回の再起動時に削除されるようにスケジュールされていることを示す出力例を示します。

C:\\>pendmoves 
PendMove v1.2 
Copyright (C) 2013 Mark Russinovich 
Sysinternals - www.sysinternals.com  

Source: C:\\Config.Msi\\3ec7bbbf.rbf 
Target: DELETE 

My.computer.filesystem.movefile の使用法

含まれている My.computer.filesystem.movefile ユーティリティを使用すると、次回の再起動時に移動コマンドと削除コマンドをスケジュールできます。 使用法: my.computer.filesystem.movefile [source] [dest]
空の転送先 ("") を指定すると、ブート時にソースが削除されます。 test.exe を削除する例を次に示します。

movefile test.exe ""

ダウンロードPendMoves と my.computer.filesystem.movefile のダウンロード(988 KB)