PsLoggedOn v1.35

By Mark Russinovich

公開日: 2016 年 6 月 29 日

PsTools のダウンロード(2.7 MB)

はじめに

"net" コマンド ("net session") を使用して、ローカル コンピューター上のリソースを使用しているユーザーを特定できます。ただし、リモート コンピューターのリソースを使用しているユーザーを特定する方法は組み込みではありません。 さらに、NT には、ローカルまたはリモートでコンピューターにログオンしているユーザーを確認するためのツールが付属していません。 PsLoggedOn は、ローカル にログオンしているユーザーと、ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターのリソース経由でログオンしているユーザーの両方を表示するアプレットです。 コンピューターの代わりにユーザー名を指定した場合 、PsLoggedOn はネットワーク近隣のコンピューターを検索し、ユーザーが現在ログオンしている場合に指示します。

ローカルにログオンしているユーザーのPsLoggedOnの定義は、プロファイルがレジストリに読み込まれているユーザーです。そのため、PsLoggedOnは、HKEY_USERS キーの下にあるキーをスキャンしてログオンしているユーザーを特定します。 ユーザー SID (セキュリティ識別子) である名前を持つキーごとに 、PsLoggedOn は対応するユーザー名を検索して表示します。 リソース共有を介してコンピューターにログオンしているユーザーを特定するために 、PsLoggedOn では NetSessionEnum API が使用されます。 PsLoggedOnがリモート システムのレジストリにアクセスするにはログオンが必要なので、PsLoggedOnにはクエリを実行するリモート コンピューターへのリソース共有経由でログオンしたと表示されます。

インストール

PsLoggedOn を実行可能パスにコピーし、「psloggedon」と入力します。

PsLoggedOn の使用

使用法: psloggedon [- ] [-l] [-x] [\\computername | username]

パラメーター 説明
- サポートされているオプションと、出力値に使用される測定単位が表示されます。
-l ローカル リソースログオンとネットワーク リソース ログオンの両方ではなく、ローカル ログオンのみを表示します。
-x ログオン時間は表示しない。
\\computername ログオン情報を一覧表示するコンピューターの名前を指定します。
username ユーザー名 PsLoggedOn を指定すると、そのユーザーがログオンしているコンピューターのネットワークが検索されます。 これは、ユーザー プロファイルの構成を変更する際に、特定のユーザーがログオンしない場合に便利です。

PsTools のダウンロード(2.7 MB)

PsTools
PsLoggedOn は、PsToolsという名前のローカル およびリモート システムの管理を支援する Sysinternals コマンドライン ツールの成長キットの一部です。

次の場所で実行されます。

  • クライアント: Windows Vista 以降。
  • サーバー: Windows Server 2008 以上。