8月12日-この問題は次のとおりです。

  1. 注釈

  2. SYSINTERNALS の新機能

    • TCPView v 2.21
    • LiveKd v2.0
    • PsInfo v 1.33 |
    • PsList v 1.21
    • BgInfo v1.0
    • PageDefrag 2.2
    • Win64/Itanium 用の Regmon v 4.34
    • PC ワールドマガジンの Sysinternals
    • Microsoft での Sysinternals
  3. 内部情報

    • Mark と David ソロモンがロンドンでの内部を教える
    • 内部 Windows NT 開発
    • 変更がカウントされない場合
    • .NET サーバー RC1
    • WMI スクリプトの読み込み
    • BootVis を使用してブートプロセスをプロファイリングする
  4. 今後の予定

    • クラッシュダンプ分析の簡単な概要

スポンサー: WINTERNALS ソフトウェア

Sysinternals ニュースレターは、Web 上の Winternals ソフトウェアによって、 http://www.winternals.com. Winternals Software は、/2K/XP. Windows NT 向けの高度なシステムツールの開発者とプロバイダーです。 Winternals ソフトウェア製品には、Windows NT 4.0、NTFSDOS Professional Edition (DOS 用の読み取り/書き込み NTFS ドライバー)、およびリモート回復用の FAT32 が含まれています。 Winternals は、Defrag Manager バージョン2.0 を発表します。これは、最速で最も包括的なエンタープライズデフラグツールです。 NT または Windows 2000 システムにクライアントソフトウェアをインストールしなくても、単純な MMC スナップインから Windows enterprise 全体で最適化スケジュールを管理できるようになりました。 http://www.winternals.com/es詳細については、「」を参照するか、30日間の無料試用版をリクエストしてください。

皆さん、こんにちは。

Sysinternals ニュースレターへようこそ。 ニュースレターには現在35000のサブスクライバーが含まれています。

AMD の今後のハンマープロセッサ ("Opteron" として正式に発表されました) が今年の後半にリリースされる可能性があります。 ハンマーでは、AMD は Intel と Intel を使用して32ビットフィールドから64ビットのフィールドに参加しています。 Intel は怖いと考えているので、その理由を教えてください。

Itanium は、64ビットの領域における Intel の入り口であり、移行を容易にする手段として、x86 バイナリの互換性が含まれています。 Itanium は約2年間 marketplace にありましたが、hp-ux、Linux、Windows XP 64-bit edition、Windows Advanced Server 64-bit edition をサポートしている場合でも、進出を行うことはできませんでした。 業界の見積もりプロジェクトは、数千単位で販売されていると推測していますが、最近リリースされた Itanium II ではデプロイの速度が向上しないということを Itaniums ています。

これまでに Itanium の押し下げにはどのような理由があるのでしょうか。 主な要因は、Itanium と Intel の64ビット戦略は新しい RISC 型アーキテクチャに基づいているため、x86 バイナリの互換性を除き、Itanium は Alpha、Sparc64、、および PowerPC の別の64ビットプロセッサにすぎないということです。 Itanium は既存の x86 32 ビットアプリケーションをサポートしていますが、ネイティブの64ビットアプリケーションと比較すると、これらのアプリケーションのパフォーマンスが大幅に低下します。 つまり、Itanium で適度なパフォーマンスで実行するすべてのアプリケーションが64ビットに移植されることを確認する必要があります。

一方、ハンマーは、x86 アーキテクチャを自然に拡張し、命令を64ビットに設定する進化です。 これは、ほぼ同じパフォーマンスレベルで、32ビットアプリケーションと64ビットアプリケーションを同時に実行できるようになっています。 また、ハンマーをフル32ビットモードで起動し、32ビット OS を実行できる標準の x86 システムとして表示することもできます。 それだけでなく、ハンマーは x86 16 ビットモードをサポートしており、64ビット OS で起動する場合でも、標準の32ビット x86 BIOS コードを使用できます。 つまり、1つの選択として32ビット OS を使用し、別の OS として64ビット OS を持つデュアルブートシステムを使用できます。

AMD のアプローチは、Intel が Itanium を使用した方向よりも大きな利点を提供していると考えています。 AMD は、64ビットに移行する準備ができていない、または64ビットコンピューターを利用できるアプリケーションが1つしかない顧客が利用できるようになるとすぐに、ハンマーの販売を開始できます。 32ビットアプリケーションは、AMD がハンマーに入れるパフォーマンスイノベーションを最大限に活用することができます。また、AMD 価格のハンマーが32ビットの CPU 料金に近い場合、購入の決定は楽ではない可能性があります。 これにより、AMD は、低端から64ビットプロセッサを使用して marketplace に侵入することができます。 これを Intel のハイエンドアプローチと比較してください。これは、はるかに危険があり、はるかに長い時間がかかる戦略です。 ハンマーは、事実上、64ビットのプラットフォームではなく、それを実現する機会を提供しています。

Intel が Itanium の "クリーンな" 明示的な並列命令コンピューティング (エピック) アーキテクチャを要求するパフォーマンスエッジは、AMD の x86-64 経由で提供されます。 私たちはお待ちしておりますが、AMD はこれまで Intel を使用して32ビットの市場でその資金を実行してきました。 また、Itanium II と最適な x86 プロセッサを比較する方法 ( www.spec.orgを参照) については、itanium を浮動小数点で50-75% リードさせることで、整数のパフォーマンスに非常に均等に一致していることがわかります。 これは、Itanium の負荷が約2倍になるという事実です。 たとえば、ヒューレットパッカード費 $5865 の低エンドの Itanium II システムと、2 Ghz 以上で実行されている Hewlett-packard Pentium IV システムは、同等の構成コストで $2385 だけです。

X86 のアーキテクチャは、x86 の互換性を特徴として定義するのではなく、x86 アーキテクチャを拡張することをお勧めしました。 Intel が32ビット環境に移行した場合、16ビットの x86 アーキテクチャと命令セットを拡張して、16ビットアプリケーションも実行できる32ビットバージョンにします。 その結果、32ビットの x86 プロセッサでは、16ビットおよび32ビットのオペレーティングシステムを実行できます。 ただし、Intel では、64ビット戦略でこの方法を使用していません。 これは、非常に優れています。これは、設計の複雑さによっては、x86 に対して非常に高いパフォーマンスが実現されていることを意味しています。また、新しい設計が将来的に発生する可能性があります。 現在、Intel と AMD はどちらも、驚異的の x86 クロック速度に問題がないことを実証しています。 Intel は、Pentium IV を 4 GHz で実行しています。 Intel は、誤差の料金を支払うことができます。

ニュースレターは、コンテンツに関心があると思われる友人に渡してください。

ありがとうございます。

-Mark

SYSINTERNALS の新機能

TCPVIEW V 2.21

tcpview は数年間 Sysinternals サイトにあるアプリケーションですが、最近の2.0 更新までは、netstat コマンドラインツール Windows の GUI バージョンよりもはるかに多くはありませんでした。 このメジャーリビジョンでは、強力な機能を利用できます。最も重要なのは、NT 4、Windows 2000、および各 TCP および UDP エンドポイントを所有するプロセスの Windows XP に表示される点です。 また、プロセスのバージョンデータと実行可能ファイルのパスを表示したり、承認されていないプロセスを終了したりすることもできます。 特定のポートを使用しないようにアプリケーションを停止する場合に便利な機能は、プロセスを終了せずに、すぐに接続を閉じることができることです。

UI 領域では、最新バージョンで、選択可能な間隔および異なる強調表示で自動更新が導入されています。 相違点の強調表示。アクティビティが発生したときにズームインするのに役立ちます。新しい項目や削除された項目の色の強調表示は、プロセスエクスプローラーから引き継がれたものです。

TCPView v 2.21 at のダウンロード
http://www.sysinternals.com/ntw2k/source/tcpview.shtml

LIVEKD V2.0

Windows 2000 (「」を参照) の中で、David ソロモンと I が CD に収録されているツールの1つ http://www.sysinternals.com/insidew2k.shtml は、LiveKd です。 LiveKd は、ライブシステムと対話するためにデバッガーを実行できるようにする、Microsoft カーネルデバッガーのフロントエンドです。 2台目のコンピューターとシリアルデバッグ接続を使用しなくても、デバッガーを使用してシステムを確認することで、内部的な探索を簡単に行うことができ、トラブルシューティングに役立ちます。 LiveKd の最初のリリースでサポートされているのは NT 4 と Windows 2000-LiveKd version Windows 2.0 だけです。

Microsoft がリードし、Windows xp にライブカーネルデバッグ機能を追加しましたが、一部のデバッグコマンドはライブシステムで実行すると機能しません。そのため、Windows XP で動作するように LiveKd を更新することが困難になりました。

1つの例として、! process コマンドまたは! thread コマンドからのスタック出力があります。 LiveKd はカーネルスタック全体を示しますが、組み込みの XP ライブデバッグ機能を使用することはできません。 もう1つの例として、! stacks コマンドがあります。このコマンドを使用すると、現在実行中のスレッドと、スレッドが実行を開始した場所を確認できます。 ! Stacks コマンドは、システムスレッドに関係する問題をデバッグしているときに、スレッドを実行しているドライバーが問題を修正するために必要な手掛かりであることを確認する必要がある場合に便利です。

LiveKd v2.0 パッチをダウンロードする
http://www.sysinternals.com/insidew2k.shtml
パッチの適用先となる book CD から LiveKd のコピーが必要であることに注意してください。

PSINFO V 1.33

psinfo は、コマンドラインの PsTools スイートを構成する12かそれほどのツールの1つであり、Windows NT リモートでも使用できます。/2000/XP 管理ツールは、ユーザーからのフィードバックに基づいて進化を続けます。 バージョン1.33 では、インストールされている修正プログラムとアプリケーションを一覧表示したり、コンピューターのディスクボリュームのラベル、サイズ、使用状況データを報告したりする機能が追加されました。

PsInfo v 1.33 のダウンロード
http://www.sysinternals.com/ntw2k/freeware/psinfo.shtml
PsTools パッケージ全体をにダウンロードします。
http://www.sysinternals.com/ntw2k/freeware/pstools.shtml

PSLIST V 1.21

コマンドラインを使用する場合や、CPU 使用率データを使用してコンピューター (ローカルまたはリモート) のプロセスリストを取得することが必要な場合は、PsList の最新バージョン (PsTools suite のもう1つのメンバー) を選択することをお勧めします。 PsList v1.0 では、コマンドラインスイッチがコマンドウィンドウでタスクマネージャーモードで実行され、構成可能な間隔で更新され、CPU 使用率が表示されます。 もう1つの新しいスイッチでは、PsList を使用して親子関係を処理します。これは、問題が発生しているプロセスの目的を理解するのに役立つ場合があります。

PsList v1.0 をダウンロードする
http://www.sysinternals.com/ntw2k/freeware/pslist.shtml
PsTools パッケージ全体を次のページからダウンロードします。
http://www.sysinternals.com/ntw2k/freeware/pstools.shtml

BGINFO V3.0

通常、複数のシステムを管理するということは、システムの仕様と構成を決定するために、付箋を使用したり、システム情報ユーティリティを開く際の問題に対処する必要があるという意味です。 BgInfo は、デスクトップ上で指定した標準およびカスタムのシステム情報を表示するユーティリティであり、重要と見なすすべてのデータを一目で確認できます。

BgInfo は既に汎用性が高く、定義済みの値のセットを指定したり、レジストリまたはファイルから値を取得できるように BgInfo に指示することができます。 BgInfo v3.0 では、Visual Basic スクリプトのサポートが導入され、カスタム構成設定をキャプチャして BgInfo にレポートして表示するスクリプトを作成することで、さらに多くのカスタマイズ機能が追加されます。

BgInfo v3.0 のダウンロード ()
http://www.sysinternals.com/ntw2k/freeware/bginfo.shtml

PAGEDEFRAG V2.2

ページング ファイル、レジストリ ファイル、またはイベント ログ ファイルがますます断片化しているのを確認しましたか? 組み込みのデフラグ機能では、これらのファイルは、オペレーティング システムが実行される前に起動時に最適化する必要があります。 PageDefrag は、これらの重要なシステム ファイルを最適化する単一の目的を持つ軽量のデフラグ機能です。

PageDefrag バージョン 2.2 には、Windows XP サポートが含まれています。これにより、最適化の前に PageDefrag に表示されるカウントダウン タイマーを指定できます。 タイマーは、カウントダウン中に任意のキーを押すとデフラグが中止される chkdsk が実装する場合と同様に機能します。

PageDefrag v2.2 のダウンロード ()
http://www.sysinternals.com/ntw2k/freeware/pagedefrag.shtml

WIN64/ITANIUM 用 REGMON V4.34

昨年、Microsoft は Sysinternals ツールを Win64 に移植するために Itanium システムを提供しました。 ほとんどの 32 ビット アプリケーションは、Itanium の 32 ビット バイナリ互換性サポートを使用して Windows XP 64 ビット エディションを実行している Itanium で変更せずに実行されるので、すべてのツールで移植が必要な場合があります。 ただしWindows XP 64 ビット エディションでは 32 ビット ドライバーは読み込めず、ドライバー コンポーネントを持つ Sysinternals ツールには、少なくともドライバーを 64 ビットに移植する必要があります。

移植した最初のユーティリティは Filemon でした。 Filemon のポートは比較的単純でした。64 ビットのデータ型規則に準拠するためにドライバーと GUI ソースを変更してから再コンパイルするだけだったためです。 前回のニュースレターで移植プロセスをデクリブしました。 Regmon のポートには同じデータ型の問題が含まれていましたが、移植がはるかに困難な他の問題が含まれていました。

Regmon は、レジストリ アクティビティを監視できるよう、レジストリインターセプト ルーチンを使用してカーネル内のシステム呼び出しテーブルに修正プログラムを適用するドライバーに依存しています。 長い話を短くするために、Itanium のシステム呼び出しインターフェイスには、32 ビット ドライバーで使用した方法を使用できないプロセッサ依存の特性があります。 そのため、システム呼び出しインターセプトを 64 ビット XP で機能するには、いくつかの困難なコーディングを使用する必要があります。

さいわい、Microsoft では、レジストリ アクティビティを監視するために Regmon が使用する手法を不要にするレジストリ アクティビティ コールバック インターフェイスを Windows .NET Server カーネルに実装しました。 .NET Server API の新しいバージョンとニュースレターの API の説明Windows近い将来の Regmon 更新プログラムを探してください。

Regmon v4.34 のダウンロード ( )
http://www.sysinternals.com/ntw2k/source/regmon.shtml

SYSINTERNALS IN PC WORLD MAGAZINE

Regmon と Filemon はどちらも、推奨されるトラブルシューティング ツールとして、コンピューターの人気が高いコンピューター マガジンである PC World の 8 月号で便利なプラグを手に入れたのです。 詳細については http://www.pcworld.com/features/article/0 、、aid,101750,00.asp を参照してください。

SYSINTERNALS AT WWW.MICROSOFT.COM

次に示すのは、前回のニュースレターからリリースされた Microsoft サポート技術情報 (KB) 記事の Sysinternals リファレンスの最新版です。 これにより、Sysinternals への KB 参照の総数は 38 になります。

  • 方法: 2000 年 1 月にカスタム 管理用テンプレートをWindowsする
    http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;q323639

  • ポリシー ファイルに Oplock が付与されていない場合、低速リンクに対するログオンの遅延
    http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;EN-US;q319440

  • XCON: MTA プロセスは、ハンドル数が多いメモリをリークしています http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb 。EN-US;q313735

さらに、Microsoft では、XP Embedded コミュニティ サイトで現在おすすめWindows Sysinternals を受け入れました。 チェックアウト http://www.microsoft.com/windows/embedded/community/default.asp

内部情報

MARK と DAVID SOLOMON がロンドンで内部を教える

私と David Solomon が、ロンドンの 9 月 23 日から 25 日にロンドンで 3 日間の Windows 2000/XP/.NET Server internals クラスを提示します (次のクラスは Tx 州テキサス州の 12 月 9 日から 11 日です)。 "Inside Windows 2000, 3rd Edition" に基づき、システム スレッド、システム呼び出しのディスパッチ、割り込み処理、スタートアップ シャットダウンなどの主要なシステム コンポーネント メカニズムのカーネル アーキテクチャの相互関係について説明します。 &&&& 説明されている主要サブシステムの内部には、プロセス スレッド、スレッド スケジューリング、メモリ管理、セキュリティ & 、I/O システム、NTFS、キャッシュ マネージャーが含まれます。 OS の内部動作を理解することで、プラットフォームをより効果的かつ効果的にデバッグし、問題をトラブルシューティングできます。

詳しくは、http://www.sysinternals.com/seminar.shtml をご覧ください。

WINDOWS NT 開発の内部

このプレゼンテーションは数年前ですが、Windows NT 3.1 から Windows 2000 の開発の歴史の中で興味深い外観です。 元の NT ソフトウェア エンジニアの 1 人である Mark Luc presentationy は、2000 年の USENIX Annual Technical Conference でプレゼンテーションを行いました。 開発チームの規模、欠陥率 (メンバーではなく記述したコードの)、ソース管理システム、チーム開発の課題について説明します。

NT 開発の履歴に関する Mark Luc、 http://www.usenix.org/events/usenix-win2000/invitedtalks/lucovsky_html/

関連するメモでは、Window 1.0 から Windows .NET Server まで、Microsoft 独自の Windows の履歴を示します。http://www.microsoft.com/windows/WinHistoryIntro.asp

変更がカウントしない場合

Windowsファイルとディレクトリのタイムスタンプが追跡されます。 作成、最後のアクセス、最終変更が含まれます。 最後に変更されたタイムスタンプは、ファイルが最後に書き込まれた時刻の記録として文書化されます。 残念ながら、これが当てはまるアプリケーションは、驚くでしょう。

アプリケーションが CreateFile API を使用してファイルを開き、WriteFile またはバリアントを使用してファイルに書き込む場合、最後に変更された時刻には、ファイルの最新の変更時刻が反映されます。 アプリケーションが と を使用してメモリマップ I/O 用にファイルを開き、マップされた内容を変更してファイルを変更すると、最終的にメモリ マネージャーによってデータがファイルに書き戻され、ディスク上のバージョンが変更されます。 CreateFileMappingMapViewOfFile 問題は、メモリ マップト書き込みの結果として変更が発生した場合、ファイル システム ドライバーがファイルの最終変更時刻を更新しないことです。

なぜでしょうか。 開発者がパフォーマンスを引き出すのは難しいと思いますが、動作は文書化されていないので、推測しかできません。 すべての書き込みが等しく作成されていないと思います。

.NET SERVER RC 1

Windows .NET Server RC 1 が出荷され、Microsoft が新しいサーバー OS の RTM (Release to Manufacturing) ビルドを年の終わりまでに切り取る可能性があります (同じ年に、1 頭とザメを取得するのと同じ可能性が高い)。 カーネルの観点からは、XP から見える大きな変更Windowsされません。 主要な新しいカーネル サブシステム、Win32、またはカーネル API は、大規模なシステムのパフォーマンスを向上させる調整だけであり、既存の API セットを丸めるいくつかの API があります。

ただし、ユーザー空間には大きな変更があります。 最大のはもちろん .NET フレームワークですが、新しいサーバー指向のサービスもあります。 バックアップ用の Windows XP で導入されたボリューム シャドウ コピー サービスは、クライアント ユーザーがサーバー共有上のファイルを以前のバージョンにロールバックする機能を提供するために使用されます。 ユーザーは、新しい [エクスプローラーのファイル プロパティ] タブに表示されるファイル履歴リストで目的のエントリを選択するだけで、管理者の操作は必要ありません。

サーバー ネットワークの機能強化は Winsock Direct です。Winsock Direct は、特殊なネットワーク相互接続を備えた多層構成のサーバー上のアプリケーション、システム エリア ネットワーク (SAN) と呼ばれる構成を使用して、TCP/IP スタックとカーネルをバイパスしてネットワーク ハードウェアと直接通信できるインフラストラクチャです。

David Solomon と I による.NET Server のシステム レベルの変更について説明する今後の記事を探してください。 また、2000 年の次回の Inside Windows のリビジョンで .NET Server を取り上Windows Internals と呼ばれる予定です。今後の発行予定です。

WMI スクリプトの読み込み

Sysinternals の PsTools スイートが気に入っている場合は、おそらくスクリプティングの迷惑であり、システムで Windows 2000 または XP を実行している場合、または NT 4 WMI コア コンポーネントがインストールされている場合は、Microsoft の TechNet サイトにアクセスし、そこに投稿した無料の WMI サンプル スクリプトを取得する必要があります。 大規模なコレクションが含まれています。これらはコンピューターの管理やネットワークのようなカテゴリに分割され、個別に、または一度にすべてダウンロードできます。

http://www.microsoft.com/technet/treeview/default.asp?url=/technet/scriptcenter/sampscr.asp で無料のサンプル WMI スクリプトを取得する

Microsoft の Freebies について言えば、ダウンロード用に投稿された Windows 2000 Resource Kit ツールのサブセットを確認できます。 http://www.microsoft.com/windows2000/techinfo/reskit/en-us/default.asp にアクセスします。

BOOTVIS を使用したブート プロセスのプロファイル

ユーザーが発生する可能性がある遅延の原因をユーザーが特定できるよう、ブート プロセスを監視する Sysinternals 用のツールを開発する要求を定期的に受け取っています。 幸い、Microsoft が私を打ち負かすほど長く待っています。 作成したツールは BootVis と呼ばされ、XP 用に実装されたブート パフォーマンスの最適化において重要Windowsしました。 からダウンロードできます http://www.microsoft.com/HWDEV/PLATFORM/performance/fastboot/BootVis.asp 。 Windows XP でのみ実行される BootVis では、XP の WMI カーネル トレース機能を使用して、CPU 使用率、ディスク I/Os、プロセスの起動、ドライバー I/Os など、ブート プロセスの詳細なトレースを収集します。 BootVis terse に付属するヘルプ ファイルの呼び出しは種類が多いので、このツールの使い方を見てみたらと思います。

CPU 時間を考慮してドライバーとモジュールを持つ関数を正確に確認するには、ツールを開きます|[オプション] ダイアログを開き、インストールされている XP シンボルWindows BootVis をポイントします。 次に、[トレース] を選択して、BootVis に次のブートのトレース (ドライバーの遅延を含む) をキャプチャします|次のブートとドライバーの遅延。 BootVis はカウントダウンし、システムを再起動します。

システムがログインを起動し、BootVis を再度実行した後。 [トレース] を選択します|トレースを停止すると、カーネルから収集されているトレースが抽出され、ファイルに保存され、表示のために読み込まれます。 4 つのグラフが表示されます。 [CPU 使用率] に、ブートで消費された CPU 処理の量を追跡します。 ディスク I/O 棒グラフには、1 秒ごとに発生したディスク読み取り数 (赤) と書き込み数 (青) が表示されます。 [ドライバー遅延] グラフには、100 ミリ秒の既定の BootVis カットオフよりも長い期間を持つドライバー I/Os を表す四角形が表示されます。このような遅延は重要と見なされます。 最後に、[プロセスの作成] グラフには、プロセスが開始されたラベル付き四角形が表示されます。

BootVis では、起動時に収集されたトレース データが必ずしもすべて表示されるわけではないため、グラフ化されたデータの右辺の表示を開始するまで、ズームアウト ボタンを使用します。 次に、各グラフを見てみましょう。 CPU またはディスクのスパイクが発生した場合、またはプロセスの起動アクティビティを拡大する場合は、ズームインツールバーボタンを使用します。 表示される開始時間は、拡大したときは0のままであるため、ズームを手動で入力した後、[表示時間] 編集ボックスに関心のあるアクティビティの近くに時間を入力します。

CPU 使用率、ディスク i/o、およびドライバー遅延のグラフを使用すると、すぐに表示できるよりも多くの情報を表示できます。 目的のグラフの領域を選択するには、カーソルを移動し、マウスの左ボタンを押したまま、ドラッグします。 右クリックしてメニューを表示します。 [CPU 使用率] グラフの [興味深いメニュー] オプションは [概要の表示] で、選択した期間の CPU 使用率のプロセスごとの内訳を示すダイアログを開きます。 [いずれかのプロセス] をダブルクリックすると、モジュール別の CPU 使用率の内訳 (プロセス内の Dll など) が表示されます。 シンボルが構成されている場合は、モジュールをダブルクリックして、そのモジュールの CPU 使用率の内訳を示すダイアログを取得することもできます。

ディスク i/o グラフで選択した領域を右クリックすると、2つのメニュー項目が表示されます。概要テーブルを表示し、詳細 Graph を表示します。 [概要テーブルの表示] を選択すると、期間中に発生したすべての i/o の、モジュール別に分類されたアカウンティングが表示されます。 間隔を通じてアクセスされたディスク内の実際のセクターを表す折れ線グラフを表示するには、[詳細の表示 Graph を選択します。 詳細グラフでは、i/o を実行したプロセスに i/o が関連付けられます。また、左側の一覧でプロセスを選択解除することによって、プロセスをフィルターで除外することもできます。 詳細グラフ内の領域を選択し、そのサブ間隔の別の概要グラフにアクセスするには、右クリックして、作成したメニュー項目を選択します。

[ドライバーの遅延] グラフのコンテキストメニューから [概要テーブルの表示] を選択すると、選択した領域に表示される i/o の一覧が表示されます。これには、i/o を実行したドライバーの名前、各 i/o の開始時刻、終了時刻、および合計時間が含まれます。

これで、BootVis チュートリアルの最後に移動します。 これは最も洗練されたツールではありませんが、BootVis を使用してプレイした後は、そのグラフで表示できる詳細レベルが非常に優れているということには確信がありません。 次に長時間起動していて、どのような場合に回答を得るかを知りたいと思います。

今後の予定

クラッシュダンプ分析の簡単な概要

Microsoft のカーネルデバッグツールに対する最新の機能強化により、クラッシュダンプ分析が実質的に簡単になりました。 次に、1時間以内にダンプ分析 pro になる方法について説明します。


Sysinternals ニュースレターをお読みいただき、ありがとうございます。

2014年8月12日 2002 7:00 PM、ottoh によって公開

[ニュースレターアーカイブ ^][ ボリューム4、番号 1][ボリューム4、番号 3 ]

[ニュースレターアーカイブ ^][ ボリューム4、番号 1][ボリューム4、番号 3 ]

システムの内部ニュースレターボリューム4、番号2

http://www.sysinternals.com
Copyright (C) 2002 Mark Russinovich