DPM を使用して VMware 仮想マシンをバックアップおよび復元するUse DPM to back up and restore VMware virtual machines

この記事では、Data Protection Manager (DPM) バージョン 1801 以降を使用して、VMware vCenter と vSphere Hypervisor (ESXi) のバージョン 5.5、6.0、6.5、6.7 で実行されている仮想マシンをバックアップする方法について説明します。This article explains how to use Data Protection Manager (DPM) version 1801 and later, to back up virtual machines running on the 5.5, 6.0, 6.5 or 6.7 versions of VMware vCenter and vSphere Hypervisor (ESXi).

サポートされている VMware の機能Supported VMware features

DPM 1801 以降には、VMware 仮想マシンのバックアップに際して、次の機能が用意されています。DPM 1801 and later provides the following features when backing up VMware virtual machines:

注意

テープへのバックアップは、DPM 2019 以降でサポートされます。Backup to tape is supported from DPM 2019.

  • エージェントレス バックアップ:DPM では、仮想マシンをバックアップするために、vCenter または ESXi サーバーにエージェントをインストールする必要はありません。Agentless backup: DPM does not require an agent to be installed on the vCenter or ESXi server, to back up the virtual machine. 代わりに、IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN) と、DPM での VMware サーバーの認証に使用されるログイン資格情報を入力するだけです。Instead, just provide the IP address or fully qualified domain name (FQDN), and login credentials used to authenticate the VMware server with DPM.
  • クラウド統合バックアップ:DPM では、ディスク、テープ、クラウドのワークロードが保護されます。Cloud Integrated Backup: DPM protects workloads to disk, tape and cloud. DPM のバックアップと回復のワークフローを使用して、長期保有およびオフサイト バックアップを管理できます。DPM's backup and recovery workflow helps you manage long-term retention and offsite backup.
  • vCenter によって管理される VM の検出と保護:VMware サーバー (vCenter または ESXi サーバー) に展開された VM が DPM で検出されて保護されます。Detect and protect VMs managed by vCenter: DPM detects and protects VMs deployed on a VMware server (vCenter or ESXi server). 展開の規模が増えるにつれて、vCenter を使用して VMware 環境を管理します。As your deployment size grows, use vCenter to manage your VMware environment. DPM は vCenter で管理されている VM も検出するので、大規模な展開を保護できます。DPM also detects VMs managed by vCenter, allowing you to protect large deployments.
  • フォルダー レベルの自動保護: vCenter では、VM フォルダー内の VM を整理することができます。Folder level auto protection: vCenter lets you organize your VMs in VM folders. DPM によってこれらのフォルダーが検出され、ユーザーによるフォルダー レベルでの VM の保護が可能になり、すべてのサブフォルダーが含まれます。DPM detects these folders and lets you protect VMs at the folder level and includes all subfolders. フォルダーを保護する際、DPM はそのフォルダー内の VM を保護するだけでなく、後で追加された VM も保護します。When protecting folders, DPM not only protects the VMs in that folder, but also protects VMs added later. DPM は新しい VM を毎日検出し、それらを自動的に保護します。DPM detects new VMs on a daily basis and protects them automatically. 再帰的フォルダー内の VM を整理すると、再帰的フォルダーに配置された新しい VM は DPM によって自動的に検出および保護されます。As you organize your VMs in recursive folders, DPM automatically detects and protects the new VMs deployed in the recursive folders.
  • DPM では、ローカル ディスク、ネットワーク ファイル システム (NFS)、またはクラスター記憶域に保存されている VM を保護します。DPM protects VMs stored on a local disk, network file system (NFS), or cluster storage.
  • 負荷分散のために移行された VM の DPM による保護:VM が負荷分散のために移行されたら、DPM が VM を自動的に検出して引き続き保護します。DPM protects VMs migrated for load balancing: As VMs are migrated for load balancing, DPM automatically detects and continues VM protection.
  • DPM は VM 全体を回復せずに、Windows VM からファイルおよびフォルダーを回復できるので、必要なファイルを迅速に回復できます。DPM can recover files/folders from a Windows VM without recovering the entire VM, which helps recover necessary files faster.

前提条件と制限事項Prerequisites and Limitations

VMware 仮想マシンのバックアップを開始する前に、次に示す制限事項と前提条件の一覧を確認してください。Before you start backing up a VMware virtual machine, review the following list of limitations and prerequisites.

  • DPM を使用して VMware サーバーを Windows サーバーとして保護している場合、同じ完全修飾ドメイン名 (FQDN) または静的 IP は使用できません。If you have been using DPM to protect a VMware server as a Windows Server, you cannot use the same fully qualified domain name (FQDN) or static IP. FQDN を使用して VMware VM を識別した場合は、静的 IP アドレスを使用して VMware サーバーを識別します。If you used a FQDN to identify your VMware VM, then use a static IP address to identify your VMware server. 以前に静的 IP アドレスを使用して VMware VM を識別した場合は、FQDN を使用して VMware VM を識別します。If you used a static IP address to identify your VMware VM earlier, then use a FQDN to identify your VMware VM. 動的 IP アドレスを使用することはできません。You cannot use a dynamic IP address. VMWare vCenter Server として動作している Windows Server に対しては DPM エージェントをプッシュしないように注意してください。Note that DPM agent should not be pushed on to Windows Server that is acting as VMWare vCenter Server.
  • vCenter を使用してご利用の環境内で ESXi サーバーを管理する場合は、(ESXi ではなく) vCenter を DPM 保護グループに追加します。If you use vCenter to manage ESXi servers in your environment, add vCenter (and not ESXi) to the DPM protection group.
  • DPM では、セカンダリ DPM サーバーに対する VMware VM を保護することはできません。DPM cannot protect VMware VMs to a secondary DPM server.
  • 最初の DPM バックアップの前にユーザーのスナップショットをバックアップすることはできません。You cannot back up user snapshots before the first DPM backup. DPM が最初のバックアップを完了すると、ユーザーのスナップショットをバックアップすることができます。Once DPM completes the first backup, then you can back up user snapshots.
  • DPM では、パススルー ディスクおよび物理 Raw Device Mapping (pRDM) による VMware VM の保護はできません。DPM cannot protect VMware VMs with pass-through disks and physical raw device mappings (pRDM).
  • DPM では、VMware vApp の検出および保護はできません。DPM cannot detect or protect VMware vApps.
  • DPM では、既存のスナップショットを使用した VMware VM の保護はできません。DPM cannot protect VMware VMs with existing snapshots.

VMware を保護するために DPM を構成するConfigure DPM to protect VMware

ここでは、DPM の保護のために VMware を構成する方法を詳しく説明します。The following information details how to configure VMware for DPM protection. DPM と VMware サーバー の通信を確立するには、VMware 資格情報を構成し、DPM と VMware vCenter Server または VMware vSphere Hypervisor (ESXi) サーバーの間でセキュリティで保護された接続を確立します。To establish communication between DPM and the VMware server, configure the VMware credentials and establish a secure connection between DPM and the VMware vCenter Server or VMware vSphere Hypervisor (ESXi) server. vCenter Server と ESXi サーバーの両方を使用する場合は、DPM で動作するように vCenter サーバーのみを構成します。If you use both vCenter Server and ESXi server, configure only the vCenter Server to work with DPM. DPM に ESXi サーバーを追加する必要はありません。You don't need to add ESXi servers to DPM. VMware サーバーを管理するには、VMware サーバーのアクセスに使用する有効な資格情報が DPM で必要です。To manage a VMware server, DPM needs valid credentials to access VMware servers.

資格情報管理Credential management

DPM は VMware サーバーとの通信にエージェントを使用しません。DPM does not use an agent to communicate with a VMware server. 代わりに、DPM はユーザー名とパスワード資格情報を使用して、VMware サーバーとのリモート通信を認証します。Instead, DPM uses a user name and password credential to authenticate its remote communication with the VMware server. DPM が VMware サーバーと通信するたびに、DPM が認証される必要があります。Each time DPM communicates with a VMware server, DPM must be authenticated. 資格情報は変更が必要となることがあり、一意の資格情報を必要とする vCenter サーバーがデータ センターに複数存在することもあるので、これらの資格情報の追跡が問題になることがあります。As it can be necessary to change credentials, and a data center can have multiple vCenter servers requiring unique credentials, tracking these credentials can be a problem. ただし、DPM には資格情報を安全に保管および管理するための VMware 資格情報管理機能があります。However, DPM has a Manage VMware Credentials feature to securely store and manage credentials.

資格情報に関する次の詳細に注意してください。Note the following details about credentials:

  • 1 つの資格情報を複数の VMware サーバーの認証に使用できます。One credential can be used to authenticate multiple VMware servers.
  • 資格情報(詳細、ユーザー名、パスワードなど) が更新されると、DPM はすべての VMware サーバーとの通信にこれらの資格情報を使用します。Once credential details such as: Description, User name, and Password are updated, DPM uses these credentials to communicate with all VMware servers.
  • 資格情報は、VMware サーバーの認証に使用されていないもののみを削除できます。A credential can be deleted only if it is not being used to authenticate a VMware server.

VMware 資格情報管理機能を開くOpen the Manage VMware Credentials feature

  1. DPM 管理者コンソールで、 [管理] をクリックします。In the DPM Administrator Console, click Management.

    開く手順steps to open

  2. 管理する資産の一覧で、 [運用サーバー] をクリックします。In the list of assets to manage, click Production Servers.

  3. ツール リボンで [Manage VMware Credentials](VMware 資格情報の管理) をクリックします。In the tool ribbon, click Manage VMware Credentials. [資格情報の管理] ダイアログ ボックスが開きます。The Manage Credentials dialog opens. [資格情報の管理] ダイアログ ボックスで、資格情報を追加、更新、または削除することができます。Using the Manage Credentials dialog, you can add, update, or delete credentials. 資格情報の管理ダイアログ ボックスを開くopen Manage Credentials dialog

    資格情報の追加、更新、または削除の詳細については、以下のセクションをご覧ください。See the following sections for detailed information on adding, updating, or deleting credentials.

VMware サーバー資格情報の追加Add VMware server credentials

VMware サーバーで資格情報とペアリングできるように、DPM サーバーに資格情報を追加します。You add a credential to the DPM server so you can pair it up with credential on the VMware server. ただし、DPM サーバーの資格情報は VMware サーバーの資格情報と同じである必要があることに留意してください。Remember, the credential on the DPM server must be identical to the credential on the VMware server. 資格情報を追加するには、 [資格情報の管理] ダイアログ ボックスで次の手順を実行します。To add a credential, in the Manage Credentials dialog:

  1. [追加] をクリックして、[資格情報の追加] ダイアログ ボックスを開きます。Click Add to open the Add Credential dialog. [資格情報の追加] ダイアログ ボックスを開くopen Add Credentials dialog

  2. [名前][説明][ユーザー名] 、および [パスワード] の各フィールドに情報を入力します。Type your information in the Name, Description, User name, and Password fields. 必須のフィールドにテキストを追加すると、 [追加] ボタンがアクティブになります。Once you've added text in the required fields, the Add button becomes active.

    • [名前] は、[資格情報の管理] ダイアログ ボックスの [資格情報] 列に表示されます。Name is what appears in the Credential column of the Manage Credentials dialog. [名前] は必須フィールドであり、資格情報の識別子です。Name is a required field and is the identifier for the credentials. このフィールドを後で編集することはできません。This field cannot be edited later. 資格情報の名前を変更する場合は、新しい資格情報を追加する必要があります。If you want to change the name of a credential, you must add a new credential.
    • [説明] は [資格情報の管理] ダイアログ ボックスで資格情報を認識または区別することができる説明用のテキストまたは代替名です。Description is descriptive text or an alternate name so you can recognize or distinguish the credentials in the Manage Credentials dialog. [説明] テキストは、オプション フィールドであり、[資格情報の管理] ダイアログ ボックスの [説明] 列に表示されます。The Description text is an optional field and appears in the Description column of the Manage Credentials dialog.
    • [ユーザー名][パスワード] は、サーバーへのアクセスに使用されるユーザー アカウントのユーザー名とパスワードです。User name and Password are the user name and password for the user account used to access the server. どちらのフィールドも必須となっています。Both fields are required.
  3. [追加] をクリックして新しい資格情報を保存します。Click Add to save your new credentials. 作成した資格情報は、VMware サーバーでの認証に使用できます。Once you have created credentials, you can use them to authenticate with a VMware server.

VMware サーバー資格情報の更新Update VMware server credentials

ほとんどの組織は、セキュリティ上の理由や担当者の変更のために資格情報を更新する必要があります。Most organizations need to update credentials due to security reasons or personnel changes. VMware サーバーの資格情報が変更されたら、DPM で使用される資格情報も更新される必要があります。When VMware server credentials are changed, the credentials used by DPM also need to be updated. VMware サーバーの資格情報 (ユーザー名とパスワード) が変更された場合は、DPM で適合する資格情報を追加する必要があります。If a VMware server's credentials (user name and password) have changed, you must add matching credentials in DPM.

DPM で適合する資格情報を追加したら、次の手順に従って VMware サーバー資格情報を更新します。Once you have matching credentials in DPM, update the VMware server credentials using the following steps:

  1. DPM 管理者コンソールで、 [管理] をクリックします。In the DPM Administrator console, click Management.
  2. 管理する資産の一覧で、 [運用サーバー] をクリックします。In the list of assets to manage, click Production Servers.
  3. コンピューターの一覧で、資格情報を更新する必要がある VMware サーバーを選択します。In the list of computers, select the VMware server whose credentials need to be updated. この例のイメージでは、資格情報が破損している VMware サーバーは demovcenter1.Contoso.com です。In the example image, demovcenter1.Contoso.com is the VMware server with broken credentials. [資格情報の追加] ダイアログ ボックスを開くopen Add Credentials dialog
  4. 管理者コンソールのツール リボンで、 [設定の変更] をクリックします。On the Administrator console tool ribbon, click Change Settings. [設定の変更] ダイアログ ボックスが開きます。The Change Settings dialog opens. DPM サーバーのすべての資格情報が表示されます。It displays all credentials on the DPM server. この例のイメージでは、demovcenter_002 は demovcenter1.Contoso.com とペアになる DPM 資格情報です。In the example image, demovcenter_002 is the DPM credential to pair with demovcenter1.Contoso.com. [資格情報の追加] ダイアログ ボックスを開くopen Add Credentials dialog
  5. VMware 資格情報と適合する DPM サーバーの資格情報を一覧から選択し、 [更新] をクリックします。From the list, select the credential on the DPM server to match the VMware credential and click Update. このイメージでは、demovcenter_002 が運用サーバーを認証し、demovcenter1.Contoso.com が保護されるようになりました。In the image, notice demovcenter_002 authenticates a production server, and demovcenter1.Contoso.com is now protected. [資格情報の追加] ダイアログ ボックスを開くopen Add Credentials dialog

VMware サーバー資格情報の削除Delete VMware server credentials

資格情報を削除するときには、DPM サーバーの一覧から資格情報を削除します。When you delete credentials, you are removing the credential from the list on the DPM server. DPM は運用サーバーの認証に使用される資格情報を削除することを許可しません。DPM doesn't allow you to delete a credential that is used to authenticate a production server.

資格情報を削除するにはTo delete a credential

  1. DPM 管理者コンソールで [管理] をクリックして、[運用サーバー] をクリックします。ツール リボンで [Manage VMware Credentials](VMware 資格情報の管理) をクリックします。In the DPM Administrator Console, click Management, click Production Servers, and in the tool ribbon, click Manage VMware Credentials.
  2. [資格情報の追加] ダイアログ ボックスで資格情報を選択します。In the Manage Credentials dialog, select the credential. 資格情報がどの運用サーバーにも関連付けられていないことを確認してください。Make sure the credential is not associated with any Production Servers.
  3. [削除] をクリックして、一覧から資格情報を削除します。Click Delete to remove the credential from the list.

DPM と VMware サーバーの間でセキュリティで保護された通信を設定するSet up secure communication between DPM and a VMware server

DPM は HTTPS チャネルを使用して安全に VMware サーバーと通信します。DPM communicates with the VMware server securely over an HTTPS channel. セキュリティで保護された通信を作成するには、VMware サーバーと DPM サーバーの両方に信頼された証明書をインストールします。To create the secure communication, install a trusted certificate on both the VMware server and DPM server. vCenter への接続がセキュリティで保護されていない場合は、DPM サーバーに証明書をインストールすることで、接続をセキュリティで保護できます。If the connection to your vCenter is not secure, you can secure it by installing a certificate on the DPM server. 同じ証明書を使用して、VMware サーバーとセキュリティで保護された接続を確立します。Use the same certificate to make a secure connection with the VMware server.

DPM と vCenter 間のセキュリティで保護された通信チャネルがあることを確認するには、DPM サーバーでブラウザーを開き、VMware サーバーにアクセスします。To verify there is a secure communication channel between DPM and vCenter, open a browser on the DPM server and access the VMware server. Chrome を使用している場合に、有効な証明書がないと、この例のように URL に取り消し線が表示されます。If you are using Chrome, and you do not have a valid certificate you see the strikethrough in the URL, like this example:

セキュリティで保護されていない通信チャネルno secure communication channel

Internet Explorer を使用している場合に、有効な証明書がないと、URL にアクセスするときに次のメッセージが表示されます。If you are using Internet Explorer, and you don't have a valid certificate, you see this message when you access the URL:

セキュリティで保護されていない通信チャネルno secure communication channel

このエラーを解決するには、DPM サーバーと VMware サーバーに有効な証明書をインストールします。To fix the error, install a valid certificate on the DPM server and the VMware server. 上記の画像では、DPM サーバーに有効な証明書はありますが、信頼されたルート証明機関ストアに証明書がありません。In the previous images, the DPM server has a valid certificate, but the certificate is not in the trusted root certification authority store. このような状態を修正するには、VMware サーバーに証明書を追加します。To fix this situation, add the certificate to the VMware server.

  1. [証明書] ダイアログ ボックスの [証明のパス] タブで、 [証明書の表示] をクリックします。On the Certificate dialog, on the Certification Path tab, click View Certificate.

    [証明書の表示] ダイアログ ボックスを開くopen View Certificate dialog

  2. 新しい [証明書] ダイアログ ボックスの [詳細] タブをクリックして、 [ファイルへコピー] をクリックすると、証明書のエクスポート ウィザードが開きます。In the new Certificate dialog, click the Details tab, and then click Copy to File to open the Certificate Export Wizard.

    [証明書の表示] ダイアログ ボックスを開くopen View Certificate dialog

  3. 証明書のエクスポート ウィザード[次へ] をクリックします。 [エクスポート ファイルの形式] 画面で [DER encoded binary X.509 (CER)] を選択し、 [次へ] をクリックします。In the Certificate Export Wizard, click Next, and on the Export File Format screen, select DER encoded binary X.509 (.CER), then click Next.

  4. [ファイルへコピー] 画面で証明書の名前を入力し、 [次へ] をクリックします。On the File to Export screen, type a name for your certificate and click Next.

  5. [完了] をクリックして証明書のエクスポート ウィザードを終了します。Click Finish to complete the Certificate Export Wizard.

  6. エクスポートした証明書を探します。Locate the exported certificate. 証明書を右クリックして [証明書のインストール] を選択すると、証明書のインポート ウィザードが開きます。Right-click the certificate and select Install Certificate to open the Certificate Import Wizard. [証明書のインストール] をクリックするclick install Certificate

  7. 証明書のインポート ウィザード[ローカル コンピューター] をクリックして、 [次へ] をクリックします。In the Certificate Import wizard, click Local Machine and then click Next.

  8. 証明書を配置する場所を探すには、 [証明書ストア] 画面で [証明書をすべて次のストアに配置する] をクリックして、 [参照] をクリックします。To find the location where you want to place the certificateOn the Certificate Store screen, click Place all certificates in the following store and click Browse.

  9. [証明書ストアの選択] ダイアログ ボックスで、 [Trusted Root Authority Certificate](信頼されたルート機関の証明書) を選択して、 [OK] をクリックします。In the Select Certificate Store dialog, select Trusted Root Authority Certificate and click OK. [証明書のインストール] をクリックするclick install Certificate

  10. [次へ] をクリックして、 [完了] をクリックすると、証明書が正常にインポートされます。Click Next and then click Finish to import the certificate successfully.

  11. 証明書を追加した後は、vCenter サーバーにサインインして、接続がセキュリティで保護されたことを確認します。Once you have added the certificate, sign into your vCenter server to verify the connection is secure. [証明書のインストール] をクリックするclick install Certificate

VMware サーバーに新しいユーザー アカウントを追加するAdd a new user account in VMware server

DPM は VMware サーバーとの通信と認証にユーザー名とパスワードを資格情報として使用します。DPM uses your user name and password as credentials for communicating and authenticating with VMware server. 認証されたユーザーには、VM を正常に保護するために必要である少なくとも以下の権限があります。An authenticated user has, at least the following privileges, which are required for successfully protecting a VM:

  • Global.ManageCustomFieldsGlobal.ManageCustomFields
  • Network.AssignNetwork.Assign
  • Datastore.AllocateSpaceDatastore.AllocateSpace
  • VirtualMachine.Config.ChangeTrackingVirtualMachine.Config.ChangeTracking
  • VirtualMachine.State.RemoveSnapshotVirtualMachine.State.RemoveSnapshot
  • VirtualMachine.State.CreateSnapshotVirtualMachine.State.CreateSnapshot
  • VirtualMachine.Provisioning.DiskRandomReadVirtualMachine.Provisioning.DiskRandomRead
  • VirtualMachine.Interact.PowerOffVirtualMachine.Interact.PowerOff
  • VirtualMachine.Inventory.CreateVirtualMachine.Inventory.Create
  • VirtualMachine.Config.AddNewDiskVirtualMachine.Config.AddNewDisk
  • VirtualMachine.Config.HostUSBDeviceVirtualMachine.Config.HostUSBDevice
  • VirtualMachine.Config.AdvancedConfigVirtualMachine.Config.AdvancedConfig
  • VirtualMachine.Config.SwapPlacementVirtualMachine.Config.SwapPlacement

これらの権限を割り当てるための推奨手順:The recommended steps for assigning these privileges:

ロールの作成 (例: BackupAdminRole)Create a role, for example, BackupAdminRole

  1. vSphere Web Client の [ナビゲータ] メニューから [管理] > [ロール] をクリックします。In the vSphere Web Client, from the Navigator menu, click Administration > Roles.
  2. [Roles provider](ロール プロバイダ) ボックスから、ロールを適用する vCenter サーバーを選択します。From the Roles provider drop-down menu, select the vCenter Server to which the role applies.
  3. [ロール] ウィンドウで、[+] をクリックすると、 [Create Role](ロールの作成) ダイアログ ボックスが開くので、ロールを作成します。On the Roles pane, click '+' to open the Create Role dialog and create a role. 新しいロールの作成create a new role
  4. ロールに BackupAdminRole という名前を付けます。Name the role, BackupAdminRole.
  5. (上記箇条書きで特定されている) 権限を選択して、 [OK] をクリックします。Select the privileges (identified in the preceding bulleted list) for the role and click OK.

新しいユーザーの作成 (例: BackupAdmin)Create a new user, for example, BackupAdmin

ユーザーを作成するときには、そのユーザーが保護対象オブジェクトと同じドメインに属する必要があります。When you create a user, that user must be in the same domain as the objects you want to protect.

  1. vSphere Web Client の [ナビゲータ] メニューから [管理] をクリックします。In the vSphere Web Client, on the Navigator menu, click Administration.
  2. [管理] メニューで [ユーザーおよびグループ] をクリックします。In the Administration menu, click Users and Groups.
  3. 新しいユーザーを作成するには、 [ユーザー] タブで [+] をクリックすると、 [ユーザーの新規作成] ダイアログ ボックスが開きます。To create a new user, on the Users tab, click '+' to open the New User dialog.
  4. ロールのユーザー名パスワードを入力します。Provide a User name and password for the role. ユーザー名として BackupAdmin を使用します。Use BackupAdmin as the User name. その他の情報は省略可能です。Additional information is optional.

ユーザー BackupAdmin にロール BackupAdminRole を割り当てるAssign the role, BackupAdminRole, to the user, BackupAdmin

  1. vSphere Web Client の [ナビゲータ] メニューで [管理] をクリックします。In the vSphere Web Client, on the Navigator menu, click Administration.
  2. [管理] メニューで [グローバル権限] をクリックします。In the Administration menu, click Global Permissions.
  3. [グローバル権限] ウィンドウで [管理] タブをクリックします。On the Global Permissions pane, click the Manage tab.
  4. [管理] タブで [ + ] をクリックして、 [権限の追加] ダイアログ ボックスを開きます。On the Manage tab, click '+' to open the Add Permission dialog.
  5. [権限の追加] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。In the Add Permissions dialog, click Add.
  6. [ユーザー/グループの選択] ダイアログ ボックスで [ドメイン] メニューから適切なドメインを選択します。次に、 [ユーザー/グループ] 列で [BackupAdmin] を選択して、 [追加] をクリックします。In the Select Users/Groups dialog, choose the correct domain from the Domain menu, then in the User/Group column select BackupAdmin, and click Add. [ユーザー] フィールドにユーザー名が domain\BackupAdmin という形式で表示されます。The user name appears in the Users field in the format: domain\BackupAdmin.
  7. [OK] をクリックして、[権限の追加] ダイアログ ボックスに戻ります。Click OK to return to the Add Permissions dialog.
  8. [割り当てられたロール] 領域のドロップダウン メニューからロール [BackupAdminRole] を選択して、 [OK] をクリックします。In the Assigned Role area, from the drop-down menu, select the role, BackupAdminRole, and click OK. [管理] タブに新しいユーザーとロールの関連付けが表示されます。The new user and role association appears in the Manage tab.

DPM に VMware サーバーを追加するAdd a VMware server to DPM

  1. DPM 管理者コンソールで [管理] > [運用サーバー] > [追加] をクリックすると、運用サーバーの追加ウィザードが開きます。In the DPM Administrator Console, click Management > Production Servers > Add to open the Production Server Addition Wizard.

    運用サーバーの追加ウィザードを開くopen the Production Server Addition wizard

  2. [運用サーバーの種類を選択] 画面で [VMware サーバー] を選択して、 [次へ] をクリックします。On the Select Production Server type screen, select VMware Servers, and click Next. VMware サーバーの選択select VMware server

  3. [コンピューターの選択] 画面で次の情報を入力します。On the Select Computers screen, provide the following information:

    • サーバー名/IP アドレス: VMware サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレスを入力します。Server Name/IP Address: enter the VMware server fully qualified domain name (fQDN) or IP address.
    • SSL ポート: VMware サーバーとの通信に使用される SSL ポート番号を選択します。SSL Port: select the SSL port number used to communicate with the VMware server. DPM は https を使用して、セキュリティで保護された接続で VMware サーバーと通信します。DPM uses Https to communicate with VMware servers over a secured connection. VMware サーバーと正常に通信するには、DPM はその VMware サーバー用に構成された SSL ポート番号を必要とします。To successfully communicate with VMware servers, DPM requires the SSL port number configured for that VMware server. VMware サーバーが別の SSL ポートで明示的に構成されていない場合は、既定のポート 443 を使用して続行します。If the VMware servers are not explicitly configured with different SSL ports, continue with default port, 443.
    • 資格情報の指定:この VMware サーバーの認証に必要な資格情報を選択します。Specify Credential: Select the credential needed to authenticate with this VMware server. 必要な資格情報が DPM にまだ追加されていない場合は、 [新しい資格情報を追加] を選択します。If the required credential has not yet been added to DPM, choose Add New Credential. その後に、資格情報の名前、説明、ユーザー名、およびパスワードを入力します。Then, provide the Name, Description, User name, and Password for the credential. フィールドの入力が完了したら、 [追加] をクリックして VMware サーバーの一覧にサーバーを追加します。Once you have filled out the fields, click Add to add the server to the list of VMware Servers. さらに VMware サーバーを一覧に追加するには、このステップを繰り返します。If you would like to add more VMware servers to the list, repeat this step. 一覧へのサーバーの追加を終えたら、 [次へ] をクリックします。If you are finished adding servers to the list, click Next.
  4. [サマリー] 画面で、追加するサーバーを選択して、 [追加] をクリックします。On the Summary screen, select the server you want to add, and click Add. DPM に VMware サーバーを追加したら、「バックアップの構成」で、利用可能な保護方法についてご覧ください。After adding the VMware servers to DPM, see Configure Backup for information about the available methods of protection.

セキュリティで保護された通信プロトコルを無効にするDisable secure communication protocol

セキュリティで保護された通信プロトコル (HTTPS) の使用を組織が希望しない場合は、HTTPS を無効にするレジストリ キーを作成できます。If your organization does not want to use secure communication protocol (HTTPS), you can create a registry key to disable it. このレジストリ キーの作成方法:To create this registry key:

  1. 次のテキストをコピーして .txt ファイルに貼り付けます。Copy and paste the following text into a .txt file.

    Windows Registry Editor Version 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\VMWare]

    "IgnoreCertificateValidation"=dword:00000001

  2. DPM サーバーにファイルを DisableSecureAuthentication.reg という名前で保存します。Save the file with the name, DisableSecureAuthentication.reg, to your DPM server.

  3. このファイルをダブルクリックして、レジストリ エントリをアクティブ化します。Double-click the file to activate the registry entry.

バックアップの構成Configure Backup

DPM に VMware サーバーを追加したら、DPM で保護を開始する準備はほとんど完了です。Once you've added the VMware server(s) to DPM, you're almost ready to start protection in DPM. ただし、保護を開始する前に、DPM が短期記憶域に使用できるディスク記憶域を割り当てる必要があります。However, before you begin protection, you need to allocate disk storage that DPM can use for short-term storage. 記憶域の追加に関するガイダンスは、DPM への記憶域の追加に関する記事を参照してください。For guidance on adding storage, see Adding Storage to DPM. 記憶域を追加したら、新しい保護グループの作成ウィザードを使用して VMware VM の保護グループを作成する準備が整います。Once you have added storage, you are ready to use the Create New Protection Group wizard to create a protection group for the VMware VMs.

フォルダー レベルの保護Folder-level protection

VMware では、ユーザーが自由に VM を整理できる VM フォルダーを利用できます。VMware provides VM folders that let you organize VMs as you like.

DPM は、個々の VM と、VM を含むフォルダーのカスケード レベルを保護できます。DPM can protect individual VMs, as well as cascading levels of folders that contain VMs. 保護するフォルダーを選択すると、このフォルダー内のすべてのフォルダー (および VM) が自動的に検出されて保護されます。Once you select a folder for protection, all folders (and VMs) within this folder are automatically detected and protected. これはフォルダー レベルの保護と呼ばれます。This is called folder-level protection. DPM は午前 12 時 (DPM サーバーのローカル タイムゾーン) に VM の保護を検出および構成します。DPM detects and configures protection for the VMs at 12 AM (based on the DPM server's local timezone). DPM は、新しい VM が作成されたことを検出すると、その日の内に保護を構成します。When DPM detects that new VMs have been created, DPM configures protection by end of that day.

クラスター化された VMware サーバーの保護のスケール アウトScale out protection of clustered VMware servers

VMware の大規模展開では、1 台の vCenter サーバーで数千の VM を管理できます。In large VMware deployments, a single vCenter server can manage thousands of VMs. DPM は VMware サーバー クラスターのスケール アウト保護をサポートします。DPM supports scale-out protection of VMware server clusters. 新しいスケール アウト機能によって、VMware クラスターと DPM サーバーの一対一の関係という制限がなくなります。The new scale-out feature removes the limit of a one-to-one relationship between a VMware cluster and a DPM server. 認識されている任意の DPM サーバーの保護グループに VM を追加できます。You can add a VM to a protection group on any of the recognized DPM servers. 複数の DPM サーバーを使用して、1 つの vCenter サーバーで管理される複数の VM を保護できます。Multiple DPM servers can be used to protect VMs managed by a single vCenter server. ただし、特定の VM またはフォルダーを保護する DPM サーバーは一度に 1 つに限られます。However, only one DPM server can protect a VM or folder at any given time. ある DPM サーバーによって既に保護されているフォルダーと VM を、別の DPM サーバーが選択することはできません。VMs and folders that are already protected by one DPM server cannot be selected by another DPM server. スケール アウト保護を展開するには、少なくとも 2 台の DPM サーバーが必要です。To deploy scale-out protection, there must be a minimum of two DPM servers. 次の例の図では、D1 と D2 は、N1、N2、N3、N4 のノードでホストされているすべての仮想マシンから見えています。In the following example graphic, D1 and D2 are visible to all virtual machines hosted on nodes N1, N2, N3, and N4. D1 または D2 の保護グループが作成されたら、任意の仮想マシンを追加することができます。When protection groups on D1 or D2 are created, any virtual machine can be added.

スケール アウト ファームの概念図conceptual diagram of a scale-out farm

ディスク、テープ、またはクラウドへの仮想マシンのバックアップBacking up virtual machines to a disk, tape or cloud

DPM では、ディスク、テープ、Azure クラウドに VMware VM をバックアップできます。DPM can back up VMware VMs to disk, tape and to the Azure cloud. 新しい保護グループを作成するときに、保護方法を指定します。You specify the protection method while creating the new Protection Group.

誤操作による削除や破損など、運用上のあらゆる復旧シナリオに対応する場合は、ディスクにバックアップします。For all operational recovery scenarios like accidental deletion or corruption scenarios, back up to disk. 長期保有やオフサイト バックアップが必要な場合は、テープまたはクラウドにバックアップします。For long-term retention or offsite backup requirements, back up to tape or cloud.

DPM では、Windows VM のアプリケーション整合性バックアップと Linux VM のファイル整合性バックアップを利用できます (VMware ツールをゲストにインストールする場合)。DPM provides application-consistent backups of Windows VMs and file-consistent backups of Linux VMs (provided you install VMware tools on the guest).

テープに仮想マシンをバックアップするBack up virtual machine to Tape

注意

DPM 2019 に適用Applicable to DPM 2019

オンプレミスの VMware バックアップ データでの長期保有に対し、テープへの VMware のバックアップを使用できるようになりました。For long term retention on VMware backup data on-premises, you can now enable VMware backups to tape. テープ ドライブでの保持期間 (1 - 99 年) に基づいて、バックアップの頻度を選択できます。The backup frequency can be selected based on the retention range (which will vary from 1-99 years) on tape drives. テープ ドライブ上のデータは、圧縮および暗号化されていてもかまいません。The data on tape drives could be both compressed and encrypted. DPM 2019 では、保護された VM の復元に対し、OLR (元の場所への回復) と ALR (別の場所への回復) の両方がサポートされています。DPM 2019 supports both OLR (Original Location Recovery) & ALR (Alternate Location Recovery) for restoring the protected VM.

次の手順を実行しますUse the following procedure:

  1. DPM 管理者コンソールで、 [保護] > [保護グループの作成] の順にクリックし、新しい保護グループの作成ウィザードを開きます。In the DPM Administrator console, click Protection > Create protection group to open the Create New Protection Group wizard.
  2. [グループ メンバーの選択] ページで、保護する VMware VM を選択します。On the Select Group Members page, select the VMWare VMs you want to protect.
  3. [データの保護方法の選択] ページで、 [テープを使用して長期的な保護を行う] を選択します。On the Select Data Protection Method page, select I want long-term protection using tape.
  4. [長期的な目標の指定] > [保有期間の範囲] で、テープ データを維持する期間 (1 - 99 年) を指定します。In Specify Long-Term Goals > Retention range, specify how long you want to keep your tape data (1-99 years). [バックアップの頻度] で、目的のバックアップの頻度を選択します。In Frequency of backup, select the backup frequency that you want.
  5. [テープとライブラリの詳細の選択] ページで、この保護グループのバックアップに使用するテープとライブラリを指定します。On the Select Tape and Library Details page, specify the tape and library that'll be used for back up of this protection group. バックアップ データを圧縮または暗号化するかどうかを指定することもできます。You can also specify whether to compress or encrypt the backup data.

VMware VM の保護グループを作成するCreate a Protection Group for VMware VMs

  1. 管理者コンソールで [保護] をクリックします。In the Administrator Console, click Protection.

  2. ツール リボンで [新規] をクリックして、新しい保護グループの作成ウィザードを開きます。On the tool ribbon, click New to open the Create New Protection Group wizard.

  3. [保護グループの種類の選択] 画面で [サーバー] を選択してから、 [次へ] をクリックします。In the Select Protection Group Type screen, select Servers and click Next. 新しい保護グループの作成create new protection group

  4. [グループ メンバーの選択] 画面で [利用可能なメンバー] フォルダーを開いて、保護するフォルダーを選択して、 [次へ] をクリックします。In the Select Group Members screen, expand the Available members folders and select the folders to protect and click Next. フォルダーを選択すると、[選択したメンバー] 一覧にメンバーが追加されます。Once you select a folder, the member is added to the Selected members list. DPM サーバーによって既に保護されている項目を再度選択することはできません。Items already protected by a DPM server cannot be selected again. [利用可能なメンバー] 一覧の項目にマウスのポインターを合わせると、その項目を保護する DPM サーバーが表示されます。View the DPM server that protects an item by hovering over the item in the Available members list. 新しい保護グループのメンバーの選択select members for the new protection group

  5. [データの保護方法の選択] 画面で、保護グループ名を入力し、保護方法を選択します。On the Select Data Protection Method screen, type a Protection group name, and then select the protection method. 保護方法としては、ハード ドライブへの短期保護、テープへの長期バックアップ、またはクラウドへのオンライン保護を選択できます。For protection method, you can choose: short-term protection to a hard drive, long term backup to tape, or online protection to the cloud. 保護方法を選択したら、 [次へ] をクリックします。Once you've selected your protection method, click Next.

    DPM サーバーに接続されたスタンドアロンのテープまたはテープ ライブラリがある場合は、 [テープを使用して長期的な保護を行う] を選択できます。If you have a standalone tape or tape library connected to the DPM server, you'll be able to select I want long-term protection using tape.

  6. [短期的な目標値の指定] 画面の [保有期間の範囲] に、データをディスクに保有する日数を指定します。On the Specify Short-Term Goals screen, for the Retention Range specify the number of days your data is kept on disk. アプリケーション回復ポイント取得時のスケジュールを変更する場合は、[変更] をクリックします。If you want to change the schedule when application recovery points are taken, click Modify. [高速完全バックアップ] タブで、高速完全バックアップが取得される曜日と時刻の新しいスケジュールを選択します。On the Express Full Backup tab, choose a new schedule for the time(s) and days of the week when Express Full Backups are taken. 既定値は、DPM サーバーのローカル時刻で毎日午後 8 時です。The default is daily at 8 PM, local time for the DPM server. 短期的な目標値を指定したら、 [次へ] をクリックします。When you have the short-term goals you like, click Next.

  7. テープでデータを長期保存する場合は、 [長期的な目標の指定] で、テープのデータを維持する期間 (1 - 99 年) を指定します。If you want to store data on tape for long-term storage in Specify long-term goals, indicate how long you want to keep tape data (1-99 years). [バックアップの頻度] で、テープへのバックアップの実行頻度を指定します。In Frequency of backup, specify how often backups to tape should run. この頻度は、以下のように指定した保有期間の範囲に基づきます。The frequency is based on the retention range you've specified:

    • 保有期間の範囲が 1 ~ 99 年である場合、毎日、毎週、隔週、毎月、四半期に 1 回、半年に 1 回、または毎年のバックアップを選択できます。When the retention range is 1-99 years, you can select backups to occur daily, weekly, bi-weekly, monthly, quarterly, half-yearly, or yearly.
    • 保有期間の範囲が 1 ~ 11 か月である場合、毎日、毎週、隔週、または毎月のバックアップを選択できます。When the retention range is 1-11 months, you can select backups to occur daily, weekly, bi-weekly, or monthly.
    • 保有期間の範囲が 1 ~ 4 週間である場合、毎日または毎週のバックアップを選択できます。When the retention range is 1-4 weeks, you can select backups to occur daily or weekly.

スタンドアロンのテープ ドライブでは、1 つの保護グループについては、テープの容量が不足しない限り毎日のバックアップに同じテープが使用されます。On a stand-alone tape drive, for a single protection group, DPM uses the same tape for daily backups until there is insufficient space on the tape. 別の保護グループからのデータをテープに併置することもできます。You can also collocate data from different protection groups on tape.

[テープとライブラリの詳細の選択] ページで、使用するテープ/ライブラリと、テープでデータを圧縮して暗号化するかどうかを指定します。On the Select Tape and Library Details page, specify the tape/library to use, and whether data should be compressed and encrypted on tape.

  1. [ディスク割り当ての確認] 画面に、推奨されるディスク割り当てが表示されます。On the Review Disk Allocation screen, recommended disk allocations are displayed. この推奨は、保有期間の範囲、ワークロードの種類、および保護されるデータのサイズに基づきます。Recommendations are based on the retention range, the type of workload and the size of the protected data. [次へ] をクリックします。Click Next.
  2. [レプリカの作成方法の選択] 画面で、保護グループのデータの初期レプリケーションの実行方法を指定します。On the Choose Replica Creation Method screen, specify how the initial replication of data in the protection group is performed. ネットワーク経由でのレプリケーションを選択する場合は、ピーク時以外の時間帯を選択することをお勧めします。If you choose to replicate over the network, we recommended you choose an off-peak time. 大容量のデータの場合、またはネットワークの条件が最適ではない場合は、リムーバブル メディアを使用してオフラインでデータをレプリケートすることを検討してください。For large amounts of data or less than optimal network conditions, consider replicating the data offline using removable media.
  3. [整合性チェック オプション] 画面で、整合性チェックを自動化する方法を選択します。On the Consistency Check Options screen, select how you want to automate consistency checks. チェックはレプリカ データに整合性がなくなった場合にのみ実行するか、スケジュールに従って実行できます。You can enable a check to run only when replica data becomes inconsistent, or according to a schedule. 自動整合性チェックを構成しない場合は、手動のチェックを実行できます。If you don’t want to configure automatic consistency checking, you can run a manual check. 手動チェックを実行するには、DPM コンソールの [保護] 領域で保護グループを右クリックして、 [整合性チェックの実行] を選択します。To run a manual check, right-click the protection group in the Protection area of the DPM console, and select Perform Consistency Check.
  4. [オンライン保護するデータの指定] 画面で、保護するデータ ソースを選択します。On the Specify Online Protection Data screen, select the data source(s) that you want to protect.
  5. [オンライン バックアップ スケジュールの指定] で、ディスク バックアップから Azure にバックアップを実行する頻度を指定します。On the Specify Online Backup Schedule screen, specify how often you want to take a backup from the disk backup to Azure. バックアップが実行されるたびに回復ポイントが作成されます。A recovery point is created each time a backup is taken.
  6. [オンライン保持ポリシーの指定] で、Azure のデータ保持期間を指定します。On the Specify Online Retention Policy screen, specify how long you want to retain your data in Azure. Azure への DPM のバックアップに関する詳細については、Azure への DPM ワークロードのバックアップに関する記事をご覧ください。Read more about backing up DPM to Azure in the article, Backup DPM workloads with Azure Backup.
  7. [オンライン レプリケーションの選択] 画面で、初期バックアップ コピーを作成する方法を選択します。On the Choose Online Replication screen, choose your method for creating your initial backup copy. 既定値の場合は、データの初期バックアップ コピーがネットワーク経由で送信されます。The default choice is to send the initial backup copy of your data over the network. ただし、データが大量にある場合は、オフライン バックアップ機能を使用したほうが適切なこともあります。However, if you have a large amount of data, it may be more timely to use the Offline Backup feature. 詳細については、詳細なチュートリアルを含む、Azure のオフライン バックアップに関する記事をご覧ください。See the Offline Backup article in Azure for more information, including a step-by-step walkthrough.
  8. [サマリー] 画面で設定を確認します。On the Summary screen, review the settings. 保護グループのパフォーマンスの最適化については、パフォーマンスに影響を与える DPM 操作の最適化に関する記事をご覧ください。If you are interested in optimizing performance of the protection group, see the article, Optimizing DPM operations that affect performance. 保護グループの設定に特に問題がなければ、 [グループの作成] をクリックして保護グループを作成し、初期バックアップ コピーをトリガーします。Once you are satisfied with all settings for the protection group, click Create Group to create the protection group and trigger the initial backup copy.

[状態] 画面に保護グループの作成と初期バックアップの状態についての最新情報が表示されます。The Status screen appears and gives you an update on the creation of your protection group, and the state of your initial backup.

VMware 仮想マシンの復元Restore VMware virtual machines

このセクションでは、DPM を使用して VMware VM の回復ポイントを復元する方法を説明します。This section explains how to use DPM to restore VMware VM recovery points. DPM を使用したデータ回復の概要については、「保護されたデータの回復」をご覧ください。For an overview on using DPM to recover data, see Recover protected data. DPM 管理者コンソールには、回復可能なデータを見つける方法として検索と参照という 2 つの方法があります。In the DPM Administrator Console, there are two ways to find recoverable data - search or browse. データを回復するときには、データまたは VM を同じ場所に復元したほうが良い場合と、そうではない場合があります。When recovering data, you may, or may not want to restore data or a VM to the same location. このため DPM では、VMware VM のバックアップについて、 3 つの回復オプションをサポートしています。For this reason DPM supports three recovery options for VMware VM backups.

  • 元の場所に回復 (OLR) - 保護された VM を元の場所に復元するには、OLR を使用します。Original location recovery (OLR) - Use OLR to restore a protected VM to its original location. バックアップの発生後にディスクが追加または削除されていない場合に限り、元の場所に VM を復元できます。You can restore a VM to its original location only if no disks have been added or deleted, since the back up occurred. ディスクが追加または削除された場合は、別の場所への回復を使用する必要があります。If disks have been added or deleted, you must use alternate location recovery.
  • 別の場所に回復 (ALR) - 元の VM が存在しないか、元の VM を変更したくない場合は、別の場所に VM を回復します。Alternate location recovery (ALR) - When the original VM is missing, or you don't want to disturb the original VM, recover the VM to an alternate location. 別の場所に VM を回復するには、ESXi ホスト、リソース プール、フォルダー、および記憶域のデータストアとパスの場所を指定する必要があります。To recover a VM to an alternate location, you must provide the location of an ESXi host, resource pool, folder, and the storage datastore and path. 復元された VM を元の VM と区別できるように、DPM によって VM の名前に "-Recovered" が追加されます。To help differentiate the restored VM from the original VM, DPM appends "-Recovered" to the name of the VM.
  • 個々のファイルの場所に回復 (ILR) - 保護されている VM が Windows Server VM である場合は、DPM の ILR 機能を使用して、VM 内の個々のファイルおよびフォルダーを回復できます。Individual file location recovery (ILR) - If the protected VM is a Windows Server VM, individual files/folders inside the VM can be recovered using DPM’s ILR capability. 個々のファイルを回復するには、この記事で後述する手順を参照してください。To recover individual files, see the procedure later in this article.

回復ポイントの復元Restore a recovery point

  1. DPM 管理者コンソールで、 [回復] ビューをクリックします。In the DPM Administrator Console, click Recovery view.
  2. [参照] ウィンドウを使用して、回復する VM を参照またはフィルターして見つけます。Using the Browse pane, browse or filter to find the VM you want to recover. VM またはフォルダーを選択すると、回復ポイントのウィンドウに利用可能な回復ポイントが表示されます。Once you select a VM or folder, the Recovery points for pane displays the available recovery points. 回復ポイント パネルを開くopen recovery points panel
  3. [回復ポイント:] フィールドでカレンダーとドロップダウン メニューを使用して、回復ポイントの取得日付を選択します。In the Recovery points for field, use the calendar and drop-down menus to select a date when a recovery point was taken. カレンダーの太字の日付には、利用可能な回復ポイントがあります。Calendar dates in bold have available recovery points.
  4. ツール リボンで [回復] をクリックして、回復ウィザードを開きます。On the tool ribbon, click Recover to open the Recovery Wizard. 回復ウィザードを開くopen Recovery wizard
  5. [次へ] をクリックして [回復オプションの指定] 画面へ進みます。Click Next to advance to the Specify Recovery Options screen.
  6. [回復オプションの指定] 画面で、ネットワークの帯域幅の調整を有効にする場合は、 [変更] をクリックします。On the Specify Recovery Options screen, if you want to enable network bandwidth throttling, click Modify. ネットワーク帯域幅調整を無効のままにしておく場合は、 [次へ] をクリックします。To leave network throttling disabled, click Next. このウィザード画面のその他のオプションを VMware VM に使用することはできません。No other options on this wizard screen are available for VMware VMs. ネットワークの帯域幅の調整を変更する場合は、[調整] ダイアログ ボックスで、 [ネットワークの使用帯域幅の調整を有効にする] をオンにします。If you choose to modify the network bandwidth throttle, in the Throttle dialog, select Enable network bandwidth usage throttling to turn it on. 有効になったら、 [設定] および [営業スケジュール] を設定します。Once enabled, configure the Settings and Work Schedule.
  7. [回復の種類の選択] 画面で、元のインスタンスへの回復または新しい場所への回復を選択して、 [次へ] をクリックします。On the Select Recovery Type screen, choose whether to recover to the original instance, or to a new location, and click Next.
    • [元のインスタンスに回復する] を選択する場合は、ウィザードで他に選択操作をする必要ありません。If you choose Recover to original instance, you don't need to make any more choices in the wizard. 元のインスタンスのデータが使用されます。The data for the original instance is used.
    • [仮想マシンとして任意のホストに回復します] を選択した場合は、 [宛先の指定] 画面で [ESXi ホスト][リソース プール][フォルダー] 、および [パス] の情報を入力します。If you choose Recover as virtual machine on any host, then on the Specify Destination screen, provide the information for ESXi Host, Resource Pool, Folder, and Path. 回復ウィザードを開くopen Recovery wizard
  8. [サマリー] 画面で設定を確認したら、 [回復] をクリックして回復プロセスを開始します。On the Summary screen, review your settings and click Recover to start the recovery process. [回復状態] 画面に回復操作の進行状況が表示されます。The Recovery status screen shows the progression of the recovery operation.

VM から個々のファイルを復元するRestore an individual file from a VM

保護された VM の回復ポイントから個々のファイルを復元できます。You can restore individual files from a protected VM recovery point. この機能は、Windows Server VM にのみ使用できます。This feature is only available for Windows Server VMs. 個々のファイルの復元は VM 全体の復元に似ていますが、VMDK を参照して目的のファイルを見つけてから、回復プロセスを開始するところが異なります。Restoring individual files is similar to restoring the entire VM, except you browse into the VMDK and find the file(s) you want, before starting the recovery process. 以下の手順で Windows Server VM から個々のファイルを回復するか、ファイルを選択します。To recover an individual file or select files from a Windows Server VM:

  1. DPM 管理者コンソールで、 [回復] ビューをクリックします。In the DPM Administrator Console, click Recovery view.

  2. [参照] ウィンドウで、回復する VM を参照またはフィルターして見つけます。Using the Browse pane, browse or filter to find the VM you want to recover. VM またはフォルダーを選択すると、回復ポイントのウィンドウに利用可能な回復ポイントが表示されます。Once you select a VM or folder, the Recovery points for pane displays the available recovery points. 回復ポイントを開くopen Recovery points

  3. [回復ポイント:] ウィンドウでカレンダーを使用して、目的の回復ポイントが設定されている日付を選択します。In the Recovery Points for: pane, use the calendar to select the date that contains the desired recovery point(s). バックアップ ポリシーがどのように構成されているかによって、日付に設定される回復ポイントが複数になることがあります。Depending on how the backup policy has been configured, dates can have more than one recovery point. 回復ポイントの取得日を選択したら、正しい回復時刻を選択したことを確認します。Once you've selected the day when the recovery point was taken, make sure you've chosen the correct Recovery time. 選択した日付に複数の回復ポイントがある場合は、 [回復時刻] ボックスで回復ポイントを選択します。If the selected date has multiple recovery points, choose your recovery point by selecting it in the Recovery time drop-down menu. 回復ポイントを選択すると、 [パス] ウィンドウに回復可能な項目の一覧が表示されます。Once you chose the recovery point, the list of recoverable items appears in the Path: pane.

  4. 回復するファイルを見つけるには、 [パス] ウィンドウで [回復可能な項目] 列の項目をダブルクリックして開きます。To find the files you want to recover, in the Path pane, double-click the item in the Recoverable item column to open it. 回復するファイル (1 つまたは複数)、またはフォルダーを選択します。Select the file, files, or folders you want to recover. 複数の項目を選択するには、Ctrl キーを押しながら各項目を選択します。To select multiple items, press the Ctrl key while selecting each item. [パス] ウィンドウで、 [回復可能な項目] 列に表示されるファイルまたはフォルダーの一覧を検索します。Use the Path pane to search the list of files or folders appearing in the Recoverable Item column. [以下の一覧を検索] では、サブフォルダーは検索されません。Search list below does not search into subfolders. サブフォルダーを検索するには、フォルダーをダブルクリックします。To search through subfolders, double-click the folder. [上へ] を使用して、子フォルダーから親フォルダーへ移動します。Use the Up button to move from a child folder into the parent folder. 複数の項目 (ファイルおよびフォルダー) を選択することもできますが、同じ親フォルダーに含まれている必要があります。You can select multiple items (files and folders), but they must be in the same parent folder. 同じ回復ジョブで複数のフォルダーから項目を回復することはできません。You cannot recover items from multiple folders in the same recovery job.

  5. 回復する項目を選択したら、管理者コンソールのツール リボンで [回復] をクリックして回復ウィザードを開きます。When you have selected the item(s) for recovery, in the Administrator Console tool ribbon, click Recover to open the Recovery Wizard. 回復ウィザードの [回復の選択の確認] 画面に、選択した回復対象項目が表示されます。In the Recovery Wizard, the Review Recovery Selection screen shows the selected items to be recovered. 回復ポイントの確認review Recovery points

  6. [回復オプションの指定] 画面で、ネットワークの帯域幅の調整を有効にする場合は、 [変更] をクリックします。On the Specify Recovery Options screen, if you want to enable network bandwidth throttling, click Modify. ネットワーク帯域幅調整を無効のままにしておく場合は、 [次へ] をクリックします。To leave network throttling disabled, click Next. このウィザード画面のその他のオプションを VMware VM に使用することはできません。No other options on this wizard screen are available for VMware VMs. ネットワークの帯域幅の調整を変更する場合は、[調整] ダイアログ ボックスで、 [ネットワークの使用帯域幅の調整を有効にする] をオンにします。If you choose to modify the network bandwidth throttle, in the Throttle dialog, select Enable network bandwidth usage throttling to turn it on. 有効になったら、 [設定] および [営業スケジュール] を設定します。Once enabled, configure the Settings and Work Schedule.

  7. [回復の種類の選択] 画面で [次へ] をクリックします。On the Select Recovery Type screen, click Next. 実行できるのは、ネットワーク フォルダーへのファイルまたはフォルダーの回復のみです。You can only recover your file(s) or folder(s) to a network folder.

  8. [宛先の指定] 画面で [参照] をクリックして、ファイルまたはフォルダーのネットワークの場所を見つけます。On the Specify Destination screen, click Browse to find a network location for your files or folders. DPM は回復されたすべての項目のコピー先となるフォルダーを作成します。DPM creates a folder where all recovered items are copied. フォルダー名には、DPM_day-month-year というがプレフィックスが付いています。The folder name has the prefix, DPM_day-month-year. 回復したファイルまたはフォルダーの場所を選択すると、その場所の詳細 (宛先、宛先パス、および使用可能な領域) が表示されます。When you select a location for the recovered files or folder, the details for that location (Destination, Destination path, and available space) are provided. ファイルまたはフォルダーの宛先の指定specify destination for files or folders

  9. [回復オプションの指定] 画面で、適用するセキュリティ設定を選択します。On the Specify Recovery Options screen, choose which security setting to apply. ネットワークの使用帯域幅の調整を変更することを選択できますが、既定では調整が無効になっています。You can opt to modify the network bandwidth usage throttling, but throttling is disabled by default. [SAN 回復][通知] も有効ではありません。Also, SAN Recovery and Notification are not enabled.

  10. [サマリー] 画面で設定を確認したら、 [回復] をクリックして回復プロセスを開始します。On the Summary screen, review your settings and click Recover to start the recovery process. [回復状態] 画面に回復操作の進行状況が表示されますThe Recovery status screen shows the progression of the recovery operation.

    VMware の並列バックアップVMware parallel backups

    以前のバージョンの DPM では、並列バックアップは保護グループ間でのみ実行されました。With earlier versions of DPM, parallel backups were performed only across protection groups. DPM 2019 では、1 つの保護グループ内のすべての VMware VM のバックアップが並列化され、VM のバックアップが高速になります。With DPM 2019, all your VMWare VMs backup within a single protection group would be parallel, leading to faster VM backups. VMware 差分レプリケーションのすべてのジョブが並列に実行されます。All VMWare delta replication jobs would run in parallel. 既定では、並列に実行するジョブの数は 8 に設定されます。By default, number of jobs to run in parallel is set to 8.

    次に示すようにレジストリ キーを使用して、ジョブの数を変更することができます (既定では存在しないので、追加する必要があります)。You can modify the number of jobs by using the registry key as shown below (not present by default, you need to add):

    キーのパス:Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\ MaxParallelIncrementalJobs\VMWare キーの種類:DWORD (32 ビット) 値。Key Path : Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\ MaxParallelIncrementalJobs\VMWare Key Type : DWORD (32-bit) value.

    注意

    ジョブの数を大きい値に変更することができます。You can modify the number of jobs to a higher value. ジョブの数を 1 に設定すると、レプリケーション ジョブはシリアルに実行されます。If you set the jobs number to 1, replication jobs run serially. 値を大きくするときは、VMware のパフォーマンスを考慮する必要があります。To increase the number to a higher value, you must consider the VMWare performance. 使用中のリソースの数と、VMware vSphere Server で必要な追加の使用量を考慮して、並列で実行する差分レプリケーション ジョブの数を決定する必要があります。Considering the number of resources in use and additional usage required on VMWare vSphere Server, you should determine the number of delta replication jobs to run in parallel. また、この変更の影響が及ぶのは、新しく作成された保護グループのみです。Also, this change will affect only the newly created Protection Groups. 既存の保護グループに対しては、その保護グループに対して一時的に別の VM を追加する必要があります。For existing Protection groups you must temporarily add another VM to the protection group. これにより、保護グループの構成が適宜更新されるはずです。This should update the Protection Group configuration accordingly. 手順の完了後は、保護グループからこの VM を削除できます。You can remove this VM from the Protection Group after the procedure is completed.

VMWare vSphere 6.7VMWare vSphere 6.7

vSphere 6.7 をバックアップするには、次の手順を実行します。To backup vSphere 6.7 do the following:

  • DPM サーバー上で TLS 1.2 を有効にしますEnable TLS 1.2 on DPM Server

    注意

    VMWare 6.7 以降では、通信プロトコルとして TLS が有効にされています。VMWare 6.7 onwards had enabled TLS as communication protocol.

  • 次のようにレジストリ キーを設定します。Set the registry keys as follows:

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00Windows Registry Editor Version 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 "SchUseStrongCrypto"=dword:00000001

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 s"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319] "SystemDefaultTlsVersions"=dword:00000001 s"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001