DPM ログ記録の設定Set up DPM logging

重要

このバージョンの Data Protection Manager (DPM) はサポート終了に達したので、DPM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Data Protection Manager (DPM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to DPM 2019.

System Center Data Protection Manager (DPM) は、ログ ファイル (*.errlog) にアクティビティを記録します。System Center Data Protection Manager (DPM) logs activity in log files (*.errlog). ログ ファイルはタブで区切られ、見やすくするために Excel で開くことができます。Log files are tab delimited and can be opened in Excel for easy viewing. 関心のあるイベントを検索するために、特定のレベルとタスク ID でフィルター処理することができます。You can filter with specific levels and task IDs in order to find events that interest you. すべてのログ エントリは、DPM のすべてのタスクの一意の GUID として DPM により生成されたログ タスク ID を持ちます。Every log entry has a log task ID generated by DPM as a unique GUID for every DPM task. これにより、特定のジョブでログ エントリを追跡することができます。This helps you to track down log entries for specific jobs. ログ ファイルは次の場所に置かれます。Log files are located as follows:

  • DPM のインストールに関する情報:DPM サーバーで記録されます。場所は %ProgramFiles%\Microsoft System Center\DPM\DPMLogs です。DPM installation information: Logged on the DPM server at %ProgramFiles%\Microsoft System Center\DPM\DPMLogs.

  • DPM アクティビティ情報:DPM サーバーで記録されます。場所は %ProgramFiles%\Microsoft System Center\DPM\DPM\Temp です。DPM activity information: Logged on the DPM server at %ProgramFiles%\Microsoft System Center\DPM\DPM\Temp.

  • 保護されているクライアント アクティビティ:クライアント コンピューターで記録されます。場所は %ProgramFiles%\Microsoft Data Protection Manager\DPM\Temp Logs です。Protected client activity: Logged on the client computer at %ProgramFiles%\Microsoft Data Protection Manager\DPM\Temp Logs. クライアントが開始したアクティビティ (たとえばセルフ サービス回復) は、ユーザーに基づいてクライアント コンピューターで記録されます (%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\System Center Data Protection Manager\)。Client-initiated activities such as self-service recovery are logged on the client computer based on the user (%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\System Center Data Protection Manager\).

ログ ファイル設定は次のように調整できます。You can tweak log file settings as follows:

値の名前Value name 値の種類/許可される値Value type/Allowed values 詳細Details
TraceLogLevelTraceLogLevel DWORDDWORD

TRACE_ERROR - すべてのエラーと障害をログに記録します - 既定の設定TRACE_ERROR - Logs all errors and failures - default setting

TRACE_DBG_ACTIVITY - 開始、取り消し、終了などのすべてのアクティビティをログに記録しますTRACE_DBG_ACTIVITY - Logs all activities such as start, cancel, end

TRACE_DBG_NORMAL - 重要と思われるアクティビティをログに記録しますTRACE_DBG_NORMAL - Logs activities considered important

TRACE_DBG_CRITICAL - 重大なエラーのみをログに記録しますTRACE_DBG_CRITICAL - Logs critical errors only.

TRACE_DBG_FATAL - タスクまたはジョブの失敗などの致命的なエラーをログに記録しますTRACE_DBG_FATAL - Logs fatal errors such as task or job failures
ログ記録レベルを指定します。Specifies the logging level.

バイナリごとにオーバーライドできます。Can be overridden per binary. 許可される値の有効なビットマスクは次のとおりです:A valid bitmask of allowed values is:

enum TRACE_FLAG{enum TRACE_FLAG{

TRACE_ERROR = 0x2,TRACE_ERROR = 0x2,

TRACE_DBG_ACTIVITY = 0x4,TRACE_DBG_ACTIVITY = 0x4,

TRACE_DBG_ = 0x8,TRACE_DBG_ = 0x8,

TRACE_PERF = 0x20,TRACE_PERF = 0x20,

TRACE_DBG_FATAL = 0x200,TRACE_DBG_FATAL = 0x200,

TRACE_DBG_CRITICAL = 0x400TRACE_DBG_CRITICAL = 0x400
};};

詳細なログの完全な記録を有効にすることもできますが、これはパフォーマンスに影響する場合があります。You can also enable full Verbose logging but note that this affects performance. 期限付きで有効にする必要がある場合は、次の手順を行います。If you need this for a limited time do the following:

1.レジストリの HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager で DWORD の値 TraceLogLevel を追加し、これに 0x43e を設定します。1. In the registry, at HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager add a DWORD value TraceLogLevel and set it to 0x43e.
2.直ちに適用するには、詳細なログ記録を有効にする DPM サービスを停止して、古いログを削除します。2. To apply immediately stop the DPM services for which you want to enable verbose logging and delete the old logs.
3.問題を再現してトラブルシューティングが完了した後は、作成したレジストリ エントリを削除して、非詳細ログ記録が再度動作するように停止したサービスを再起動します。3. After you reproduce the issue and finish troubleshooting, delete the registry entry you created and restart the stopped services so that non-verbose logging works again.
TraceLogPathTraceLogPath REG_SZREG_SZ ログの場所を指定します。Specifies the log location.

DPM サーバーに圧縮された 3 GB の領域を含む、有効な NTFS ボリューム パスが必要です (空白を含むパス名では引用符は不要です)。Requires a valid NTFS volume path with 3 GB of compressed space on DPM server (no quotation marks required in the name for paths that contain spaces).

バイナリごとにオーバーライドできます。Can be overridden per binary.
TraceLogMaxSize TraceLogMaxSize DWORDDWORD ログ ファイルのサイズを指定します。Specifies the size of the log file

既定では 5 MB5 MB by default

ファイルのサイズ (このバイナリのログで消費されるディスク領域の合計 = サイズ * 保持するファイルの数)A file size (total disk space consumed for this binary's log = size * number of files to retain)
TraceLogMaxNumTraceLogMaxNum DWORDDWORD 保持するログ ファイルの最大数Maximum number of log files to retain

既定では 3030 by default

ログ ファイルの現在の数は、HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager: <binary>TraceLogNextNum (DWORD) で追跡されます。The current number of log files is tracked in HKLM\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager: <binary>TraceLogNextNum (DWORD). これは、内部レジストリ キーであるため、変更しないことをお勧めします。This is an internal registry key and we recommend that you don't modify it.

バイナリおよびサービスのマッピングBinary and service mapping

次の表は、ログ バイナリ名とサービスのマッピングの一部をまとめたものです。Mappings between some of the log binary names and services are summarized in the following table.

サービス/プロセスService/Process バイナリ名Binary name 詳細Details
DPM エンジン (MSDPM)DPM Engine (MSDPM) MSDPMMSDPM MSDPM エンジンのログには、エンジンの API 呼び出し、ジョブやタスクのトリガー、ハウスキーピングのジョブなどに関する情報が含まれています。MSDPM engine logs contain info about engine API calls, jobs and task triggers, housekeeping jobs and so on.
DPM のレプリケーション エージェント (DPMRA)DPM Replication Agent (DPMRA) DPMRADPMRA テープのバックアップ、ディスクのレプリケーション、復元、セカンダリ DPM のレプリケーションに関する情報をログに記録します。Logs information about tape backups, disk replication, restore, secondary DPM replications. DPM サーバーと保護対象のクライアントで行います。On DPM server and protected client.
DPM ライブラリ エージェント (DPMLA)DPM Library Agent (DPMLA) LAAgentLAAgent ライブラリに関連するアクティビティをログに記録します。Logs library related activities. DPM サーバーと共有ライブラリ サーバーで行います。On DPM server and shared library server.
DPM の UIDPM UI DPMUIDPMUI 監視、保護、回復などの UI のアクティビティをログに記録します。Logs UI activity such as monitoring, protection, recovery, etc.
DPM の PowerShell CLIDPM PowerShell CLI DPMCLIDPMCLI すべてのコマンドレットの操作をログに記録しますLogs all cmdlet actions
DPM Access ManagerDPM Access Manager DPMMACDPMMAC サイズの増加、ジョブの再実行などの自動動作、およびアクセス制御マネージャーの情報をログに記録します。Logs automatic behavior such as grow, rerun jobs, and Access Control Manager information.
Exchange コマンドレットのラッパーExchange Cmdlet Wrapper

E14 コマンドレットのラッパーE14 Cmdlet Wrapper
ExchangeCmdletsWrapperExchangeCmdletsWrapper Exchange のクライアント側の DPMRA で実行されるさまざまなコマンドレットのログLogs for various cmdlets run by DPMRA on Exchange client side
エージェント コーディネーターAgent Coordinator AgentBootStrapperAgentBootStrapper エージェントのインストールとアップグレード中のログLogs during agent installation and upgrade
DPM クライアントのサービスDPM Client Service DPMClientProtectionDPMClientProtection ラップトップにインストールされている DPM クライアントごとのログ。Logs by DPM client installed on laptops. ラップトップ コンピューター側のみで使用されます。Used on laptop-side only.
DPM のバックアップ ツールDPM Backup Tool DpmBackupDpmBackup DPM バックアップを実行するツールのログLogs for tool doing DPM backup
SQL の準備ツール (リモート SQL) のインストールInstall SQL Prep (Remote SQL) SQL Prep BootstrapperSQL Prep Bootstrapper リモートの SQL Server をセットアップする前のインストール中のログ。Logs during installation of remote SQL Server before Setup.
DPM のバックアップDPM Backup DpmBackupDpmBackup DPM のバックアップ ツールのログLogs for DPM backup tool
DPM ライターDPM Writer DPMWriterDPMWriter サード パーティ製テープのバックアップとセカンダリ サーバーのバックアップ中のログ。Logs during third party tape backups and secondary server backup. DPM サーバーの場合のみ。On DPM server only.
WSS コマンドレット ラッパーWSS Cmdlet wrapper WssCmdletsWrapperWssCmdletsWrapper SharePoint WFE 上で WSS コマンドレットが実行される場合にログに記録します。Logs when running WSS cmdlets on SharePoint WFE. 保護されたクライアントのみです。On protected client only.

ログは次の場所にあります。%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft System Center Data ProtectionManager 2012Logs at: %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft System Center Data ProtectionManager 2012\
SQL EUR クライアントSQL EUR Client EurClientEurClient SQL EUR クライアントがインストールされているコンピューターにインストールされます。Installed on machines where SQL EUR client is installed. DPM サーバーへの接続、トリガー、回復の取り消しなどに関する情報をログに記録します。Logs information about connecting to DPMserver, triggering and canceling recovery etc.

ログは次の場所にあります。%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft System Center Data ProtectionManager 2012Logs at: %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft System Center Data ProtectionManager 2012\
ラップトップ クライアント UILaptop Client UI DPMClientUIDPMClientUI DPM クライアント UI とエラーからトリガーされるさまざまなアクションに関するログ。Logs about various actions triggered from DPM client UI and failures.

ログは次の場所にあります。%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft System Center Data ProtectionManager 2012Logs at: %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Microsoft System Center Data ProtectionManager 2012\