データソースを新しいボリュームに移行するMigrate datasources to new volumes

この記事では、データソースをあるボリュームから別のボリュームに移行する方法について説明します。This article provides information on how to migrate datasources from one volume to another.

ボリュームの移行 が必要になる理由はさまざまです。古いボリュームの基になる記憶域に断片化が生じた場合、古いボリュームが許容される最大記憶域サイズの制限に達した場合、高パフォーマンスの基になる記憶域にバックアップを格納する必要がある場合などです。There are various reasons why a volume migration is required: the underlying storage in the old volume can have fragmentation, or the old volume would have reached the limit of maximum allowed storage size or you want to store your backups on a high-performance underlying storage.

DPM では、新しいボリュームにデータを移行するための次の 2 つのオプションがサポートされています。DPM supports the following two options to migrate data to a new volume:

  • [Full migration (default)](完全な移行 (既定)) - 特定のデータ ソースのすべてのデータが現在のボリュームから新しいボリュームに移行します。Full migration (default) - all the data for a particular data source is migrated from current volume to the new volume. 移行が完了するまでの時間は、保護されるデータ ソースのサイズと回復ポイントの数とサイズに基づいています。The time to complete the migration is based on the size of the protected data source and the number and size of the recovery points. 大規模なデータ ソースや回復ポイントの数が多いデータ ソースでは、他のボリュームへの移行に時間がかかります。Larger data sources or data sources with a large number of recovery points takes more time to migrate to the other volume.

  • [Optimized migration](最適化された移行) - データ ソースを新しいボリュームにより高速に移動できるようになります。Optimized migration - allows you to move data sources to the new volume much faster. 強化された移行プロセスでは、アクティブなバックアップ コピー (アクティブなレプリカ) のみが新しいボリュームに移行されます。The enhanced migration process migrates only the active backup copy (active replica) to the new volume. 新しい回復ポイントはすべて新しいボリュームに作成されます。一方、既存の回復ポイントは既存のボリュームに保持され、保持ポリシーに従って削除されます。All the new recovery points are created on the new volume, while existing recovery points are maintained on the existing volume, and are purged as per the retention policy.

    注意

    このオプションは、DPM 2019 UR2 以降のバージョンで適用できます。This option is applicable from DPM 2019 UR2 and later versions.

    このオプションを使用するには、最初に以下の詳細に従ってレジストリ キーを追加します。To use this option, first, add the registry key as per the details below:

    • キーのパス: HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\DiskStorageKey Path: HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\DiskStorage
    • 種類:DWORDType: DWORD
    • 名前:OptimizedMigrateName: OptimizedMigrate
    • :1Value: 1

コンソールを使用してデータソースを新しいボリュームに移行するMigrate datasources to new volumes using console

次の手順のようにします。Follow these steps:

  1. DPM 管理者コンソールで [保護] をクリックします。In the DPM administrator console, click Protection.

  2. [保護] ワークスペースで、移行するデータソースを選択します。In the Protection workspace, select the datasource you want to migrate.

    対象のワークロードを選択する

  3. [ディスク記憶域の移動] をクリックします。Click Move Disk Storage.

    ディスク記憶域を移動する

  4. 移行先となる "ターゲット ディスク記憶域" を選択し、 [OK] をクリックします。Select the target disk storage that you want to migrate to, and click OK.

    ターゲット ディスク記憶域を選択する

    これで、移行プロセスが開始します。This begins the migration process. スケジュールされたジョブを監視するため、移行の進行中に、別の DPM コンソールを同時に開くことができます。For monitoring scheduled jobs, you can open another DPM console in parallel, while the migration is in progress.

PowerShell を使用してデータソースを新しいボリュームに移行するMigrate datasources to new volumes using PowerShell

PowerShell を使用して、あるボリュームから別のボリュームにデータ ソースを移行する場合の例を次に示します。Here is an example for migrating data source from one volume to the other volume using PowerShell:

   #Create a modifiable Protection Group of the PG the datasource is in.
   $pg = Get-DPMProtectionGroup
   $mpg = Get-DPMModifiableProtectionGroup $pg[0]
   #Get the datasource you wish to migrate, and the volume you wish to migrate it to.
   $ds = Get-DPMDatasource $mpg
   $vols = Get-DPMDiskStorage -Volumes
   #Modify the disk allocation for the datasource, and save the PG.
   Set-DPMDatasourceDiskAllocation -ProtectionGroup $mpg -Datasource $ds[0] -TargetStorage $vols[0] -MigrateDatasourceDataFromDPM
   Set-ProtectionGroup $mpg

この手順により、記憶域をより細かく制御できると同時に、記憶域の使用率をボリューム間で柔軟に調整できるようになります。These steps give you more control over your storage, while giving you the flexibility to balance storage utilization across volume.

最適化された移行を使用して、移行されたデータ ソースの記憶域使用量を監視するMonitor storage consumption of migrated data source using optimized migration

最適化されたボリュームの移行を完了すると、データ ソースで使用されている記憶域の合計容量と回復ポイントの詳細が表示されます。After you complete the optimized volume migration, you can view the details of the total amount of storage consumed by the data source, and the details of the recovery points.

必要な情報を表示するには、次のタブを使用します。Use the following tabs to view the required information:

  • [保護] タブ:In the Protection tab:

    • [使用中の記憶域] – 既存のボリュームと新しいボリュームの両方で使用されている記憶域を表示します。Storage consumed – displays the storage consumed across both the existing and new volume.
    • [最新の回復ポイント] – 新しいボリュームの最新の回復ポイントを表示します。Latest recovery point – displays the latest recovery point on the new volume.
    • [最も古い回復ポイント] – 両方のボリュームの中で最も古い回復ポイントを表示します。Oldest recovery point – displays the oldest recovery point across both the volumes.
    • [回復ポイントの合計] – 両方のボリュームの回復ポイントの合計を表示します。Total recovery point – displays the sum of recovery points on both the volumes.

    非アクティブなデータソース

  • [管理] タブ:In the Management tab:

    • 移行されたデータ ソースは、新しいボリュームの [このディスク上の保護されるデータ ソース] の下に表示されます。Migrated data source is listed under Protected data sources on this disk on the new volume.

      使用中の記憶域

    • 既存のボリュームでは、 [Inactive data sources on this disk](このディスク上の非アクティブなデータ ソース) の下にデータ ソースが表示されます。On the existing volume, the data source is displayed under Inactive data sources on this disk. 保持ポリシーに従って、非アクティブなデータ ソースと回復ポイントが削除されます。As per the retention policies, the inactive data source and the recovery points are purged.

      保護されるデータソース