System Center-Orchestrator Runbook を使用した IT 操作の自動化Automate IT Operations with System Center - Orchestrator Runbooks

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

System Center Orchestrator の機能は、runbook と、runbook を構成する個々の活動を提供することにあります。The power of System Center - Orchestrator lies in providing runbooks and the individual activities that make up a runbook. Runbook には、自動化されたタスクやプロセスの手順が含まれます。Runbooks contain the instructions for an automated task or process. Runbook の始まりから終わりまでの個々の手順は、活動と呼ばれます。The individual steps throughout a runbook are called activities. Runbook 内には、一連の活動の順序を制御する情報と手順を提供する追加的な制御があります。Within the runbook, additional controls provide information and instructions to control the sequence of activities in the runbook. Runbook、活動、そして各 Runbook の制御には、構成可能なプロパティがあります。Runbooks, activities, and each runbook control have configurable properties. これらのプロパティを変更して、Runbook が必要とする動作を構成します。You modify these properties to configure the behavior that your runbook requires.

開始ポイントStarting Point

Runbook の開始点は1つだけである必要があります。Your runbook must have only one starting point. 開始点は、runbook の開始時に自動的に実行されるアクティビティです。A starting point is an activity that automatically runs when the runbook is started. Runbook の各活動は、ワークフローの前の活動が完了した後に実行されます。Each activity in the runbook runs after the previous activity in the workflow is completed.

Runbook が、モニターアクティビティ以外のアクティビティで開始された場合、runbook は処理を開始し、完了まで実行しようとします。If a runbook starts with any activity other than a monitor activity, the runbook begins processing and attempts to run to completion. Runbook が監視アクティビティで開始されると、モニターはトリガー条件を読み込んで待機します。If the runbook starts with a monitoring activity, the monitor loads and waits for the trigger condition. 条件が満たされると、runbook の残りの活動を実行する runbook インスタンスが作成されます。When the condition is met, a runbook instance is created to run the remaining activities in the runbook. モニターは引き続き実行され、別のトリガー条件が発生するまで待機します。The monitor continues to run and waits for another occurrence of the trigger condition. モニターで始まる runbook は、Runbook Designer または Orchestration コンソールから停止するまで実行され続けます。Runbooks that start with monitors continue to run until you stop them from the Runbook Designer or Orchestration console.

変数Variables

Runbook を作成する場合、一部の設定はアクティビティ間で同じになります。When building runbooks some settings are the same across activities. 変数を使用すると、アクティビティが任意の runbook で使用する値を指定できます。Variables let you specify a value that activities use in any runbook.

重要

変数のアクセス許可は変更できますが、runbook サーバーでは、これらのアクセス許可は適用されません。The access permissions for variables can be modified, but the runbook server does not enforce these permissions.

重要

Orchestrator では、システム変数 ( % ProgramFiles% など) を参照する変数は、32ビットのランタイム環境から値を返します。Be aware that in Orchestrator, variables that reference system variables, for example %ProgramFiles%, return values from a 32-bit runtime environment. これは、Orchestrator が32ビットアプリケーションであるためです。This is because Orchestrator is a 32-bit application.

注意

Orchestrator では、複数選択による複数の変数の移動はサポートされていません。Orchestrator does not support moving multiple variables with multiple-selection. 複数の変数を別のフォルダーに移動するには、各変数を個別に移動する必要があります。To move more than one variable to another folder, you must move each variable individually.

変数を作成、挿入、または編成するには、次の手順に従います。Use the following procedures to create, insert, and organize variables.

変数を作成するにはTo create a variable

  1. Runbook Designer の [ 接続 ] ウィンドウで、[ グローバル設定 ] フォルダーを展開し、[ 変数 ] フォルダーをクリックします。In the Connections pane in the Runbook Designer, expand the Global Settings folder, and then click the Variables folder.

  2. [ 変数] フォルダーまた は [ 変数 ] フォルダーのサブフォルダーを右クリックして [ 新規作成] を選択し、[ 変数 ] をクリックして [ 新しい変数 ] ダイアログボックスを開きます。Right-click the Variables folder or a subfolder of the Variables folder to select New, and then click Variable to open the New Variable dialog box.

  3. [ 名前 ] ボックスに、変数の名前を入力します。In the Name box, type a name for the variable.

  4. [ 説明 ] ボックスに、変数の目的を説明する説明を入力します。In the Description box, type a description that explains the purpose of the variable.

  5. [ ] ボックスに、変数の値を入力します。In the Value box, type the value of the variable. この値は、変数が挿入される活動では、プレースホルダーに置き換えられます。This value replaces the placeholder in those activities where the variable is inserted.

  6. (たとえば、他の runbook 活動で使用するパスワードを格納するために、変数を暗号化する場合は、 ) [暗号化された変数] チェックボックスをオンにします。If you want the variable to be encrypted (for example, to store a password for use in other runbook activities), select the Encrypted Variable check box.

    暗号化された変数を使用するためのベストプラクティスの詳細については、「 Orchestrator データの暗号化」を参照してください。For more information about best practices for using encrypted variables, see Orchestrator Data Encryption.

  7. [完了] をクリックします。Click Finish.

:[IMPORTANT]
Orchestrator では、暗号化された変数を、runbook のパラメーター値としてプレーンテキストと組み合わせて使用することはできません。Orchestrator does not let you combine an encrypted variable with plain text as a parameter value in a runbook.

活動に変数を挿入するにはTo insert a variable in an activity

  1. Runbook から該当する活動を右クリックして [ プロパティ] を選択し、[ 詳細 ] タブをクリックして [活動のプロパティ] ダイアログボックスを開きます。Right-click the applicable activity from your runbook to select Properties, and then click the Details tab to open the activities properties dialog box.

  2. テキストボックスでメニューを開くには、右クリックして [ サブスクライブ] を選択し、[ 変数 ] をクリックして [ 変数の選択 ] ダイアログボックスを開きます。In a text box, to open a menu, right-click to select Subscribe, and then click Variable to open the Select a Variable dialog box.

  3. 変数名を選択し、[ OK] をクリックします。Select the variable name, and then click OK.

    [ {variable} コンピューター ] ボックスに、コンピューター名の横にプレースホルダーが挿入されます。A placeholder {variable} is inserted next to the computer name in the Computer box.

    活動が実行されるとき、プレースホルダーは変数の値に置き換えられます。When the activity runs, the placeholder is replaced with the value of the variable.

変数を編成するにはTo organize variables

  1. 変数をフォルダーにグループ分けして編成することができます。You can group variables into folders to organize them. フォルダーを作成するには、[ 変数 ] フォルダーを右クリックして [ 新規作成] を選択し、[ フォルダー] をクリックします。To create a folder, right-click the Variables folder to select New, and then click Folder.

  2. 変数を別のフォルダーに移動するには、変数を右クリックし、[ 移動 ] をクリックして [ フォルダーの選択 ] ダイアログボックスを開きます。To move a variable to a different folder, right-click the variable, and then click Move to open the Select a Folder dialog box.

  3. コピー先のフォルダーを選択し、[ OK] をクリックします。Select the destination folder, and then click OK. 変数が新しいフォルダーに移動されます。The variable is moved to the new folder location.

特殊な変数Special Variables

特殊な形式の変数を指定して、Runbook に動的な情報を提供することができます。You can specify special formats of variables to provide dynamic information to your runbooks. この動作を実行するには、変数の値を指定します。Specify the value of the variable to invoke this behavior.

ここ ( ) で、変数が解決されると、現在の日付と時刻に設定されます。NOW(): When the variable is resolved, it is set to the current date and time. 日付または時間の特定部分を返すには、この関数に引数を渡します。You can pass arguments to this function to return specific portions of the date or time. たとえば、NOW ( hour ) は現在の時間を返します。For example, NOW(hour) returns the current hour. NOW 関数の有効な引数は、 ( ) day、dayofweek、dayofyear、month、year、hour、minute、second、ミリ秒です。The following are the valid arguments for the NOW() function: day, dayofweek, dayofyear, month, year, hour, minute, second, millisecond.

% ENVVAR%: この変数は、パーセント記号の間の環境変数の値を返し ( % ) ます。%ENVVAR%: This variable returns the value of the environment variable between the percent (%) symbols. 環境変数は、runbook が実行されている runbook サーバーコンピューターに基づいており、大文字と小文字は区別されません - 。The environment variable is based on the runbook server computer where the runbook is running, and it is not case-sensitive. システム変数はすべて解決されます。All system variables can be resolved. すべてのユーザー変数は、runbook サーバーのサービスアカウントのコンテキストで解決されます。Any user variables are resolved in the context of the service account on the runbook server. 環境変数が存在しない場合は、変数内で指定されたテキストが返され - ( ます。つまり、% ENVVAR% という名前の環境変数が存在しない場合、テキスト '% ENVVAR% ' が返され ) ます。If the environment variable does not exist, the text specified within the variable is returned as-is (that is, if you type %ENVVAR% and no environment variable named ENVVAR exists, the text '%ENVVAR%' is returned).

ワークフローの制御Workflow Control

Orchestrator で runbook を構築するときは、ワークフローエンジンの基になるロジックを理解することが重要です。When you build runbooks in Orchestrator, it is important to understand the underlying logic of the workflow engine. このロジックを使用して、リソース - ベースのジョブと複雑なデータ処理タスクを自動化するワークフローを作成できます。By using this logic, you can create workflows to automate resource-based jobs and complex data processing tasks.

ワークフローコントロールには、スマートリンクと埋め込みループというコントロールが用意されています。The workflow control provides the following controls: Smart Links and Embedded Loops.

Runbook の個々の活動を接続するリンクは、スマート リンクと呼ばれます。The links that connect individual activities in a runbook are called smart links. Orchestrator のスマートリンクは、2つのアクティビティの間の優先順位をサポートします。Smart links in Orchestrator support precedence between two activities. スマート リンクは、前の活動が正常に完了すると、直ちに Runbook の次の活動を呼び出します。Smart links invoke the next activity in the runbook as soon as the previous activity finishes successfully. スマート リンクにはデータのフィルタリング機能もあり、ワークフローの後続活動に渡すデータを制限できます。Smart links also provide filtering capabilities for the data so you can limit the data passed to subsequent activities in the workflow.

埋め込みループEmbedded Loops

各アクティビティは、失敗した場合に操作を再試行したり、有効なデータのアクティビティの出力情報をテストしたりできるように、ループを作成できます。Each activity can create a loop so that you can retry operations if they fail or test the output information of the activity for valid data. このメカニズムを用いて、ワークフロー内に待機条件を作成することもできます。You can also use these mechanisms to build wait conditions into your workflows.

アクティビティに対してループが構成されている場合は、目的の終了ループ条件に到達するまで、同じ入力データを使用してループが実行され続けます。When a loop is configured for an activity, it continues to run with the same input data until a desired exit looping criteria is reached. 終了条件は、スマートリンク構成と同様の方法でビルドされます。The exit criteria is built in a similar way as smart link configurations. 終了または終了しない構成の一部として、アクティビティから公開されているデータ項目を使用できます。You can use any published data item from the activity as part of the exit or do not exit configuration. 共通の公開データに含まれているのは、ループ の試行回数ループ などの特殊なデータ項目です。ループの条件でループ自体の情報を使用することができます。Included in the common published data are special data items such as Loop: Number of attempts and Loop: Total duration that let you use information from the loop itself in the looping conditions.

ループは、アクティビティに渡されるデータの受信部分ごとに1回実行されます。Loops run one time for each incoming piece of data that is passed to the activity. たとえば、 クエリデータベース アクティビティを使用し、その後に行を 追加する runbook について考えてみます。For example, consider a runbook that uses a Query Database activity followed by Append Line. クエリデータベースアクティビティによって3つの行が返された場合、行の追加活動は3回実行されます。If the Query Database activity returned three rows, the Append Line activity would run three times. 行の追加活動にループがある場合は、3つの個別のループが実行されます。If you have a loop on the Append Line activity, it would run three separate loops. 最初のデータ項目が [ 行の追加 ] 活動によってループされた後、次の項目は 行の追加 活動を通過し、終了するまでループしてから3番目のデータを開始します。After the first data item has looped through the Append Line activity, the next item goes through Append Line and loops until it exits, and then the third begins. 3つの項目がすべて処理されると、runbook の次の活動が実行されます。After all three items have been processed, the next activity in the runbook runs.

Runbook 機能の拡張Extending Runbook capabilities

Orchestrator は、標準活動を拡張するための2つのオプションを提供します。Orchestrator provides two options for extending standard activities. 新しい活動を構築するか、新しい統合パック (IP) を作成することができます。You can either build new activities, or create new Integration Packs (IP). Ip は、Microsoft および製品またはテクノロジに固有の他社の製品の活動のコレクションです。IPs are collections of activities for Microsoft and products of other companies which are specific to a product or technology. 必要な機能が IP で使用できない場合は、Orchestrator Integration Toolkit を使用するための代替オプションがあります。If the functionality that you require is not available in an IP, you have the alternative option of using the Orchestrator Integration Toolkit.

Orchestrator Integration Toolkit は、Orchestrator の新しい統合を作成するのに役立つ一連のツールです。The Orchestrator Integration Toolkit is a set of tools to help you create new integrations for Orchestrator. Integration Toolkit のウィザードを使用して、製品の機能を拡張する新しいワークフローアクティビティと統合パックを簡単に作成できます。You can use wizards in the Integration Toolkit to easily create new workflow activities and Integration Packs that extend the capabilities of the product. Orchestrator SDK と C を使用してカスタムワークフローアクティビティを作成 # し、このツールキットを使用してそれらを IP にパッケージ化することもできます。You can also create custom workflow activities using the Orchestrator SDK and C#, and then package them into an IP using this toolkit.

次のステップNext steps