共通する活動のプロパティCommon Activity Properties

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

すべての活動にはプロパティがあります。All activities have properties. 各活動の [プロパティ] ダイアログ ボックスには、その活動の設定にアクセスできる複数のタブがあります。The Properties dialog box for each activity has multiple tabs that provide access to the settings for the activity. タブの特定のセットは活動によって変わりますが、いくつかの共通するプロパティの種類があります。The particular set of tabs varies between activities, but there are several common property types.

詳細Details

このタブには、活動特有のさまざまなプロパティが含まれます。This tab contains various properties specific to an activity. 多くの活動は、少なくとも、コンピューター名、IP アドレス、ファイル名、ファイルのパス、またはフォルダーの場所を入力する必要があります。Many activities require you to at least enter a computer name, IP address, file name, file path, or file folder location.

実行状況Run Behavior

このタブには、アクティビティが複数値の公開データを処理する方法を決定するプロパティが含まれてい - ます。This tab contains the properties that determine how the activity handles multi-value Published Data. 活動が実行できない場合、あるいは活動の実行に掛かる時間が長過ぎる場合に作成される通知も定義されます。It also defines the notifications created if the activity fails or runs for an excessive period.

公開データの動作Published Data Behavior

既定では、公開データは複数の個々の出力として渡されます。By default, Published Data is passed as multiple individual outputs. または、すべての値を1つのコンマ - 区切り値 ( .csv ) ファイルにフラット化するように指定することもできます。You can alternatively specify that all values be flattened into a single comma-delimited value (.csv) file.

フラット化機能を有効にする場合は、複数 - 値の書式設定オプションも選択します。When you enable the Flatten feature, you also choose a multi-value formatting option.

注意

一括機能は、同じ活動の複数のインスタンスにわたってデータを平坦化するわけではありません。The Flatten feature does not flatten data across multiple instances of the same activity. 活動の 1 つのインスタンスから返された複数値を平坦化するだけです。It only flattens multiple values returned from a single instance of the activity.

一括動作Flatten behavior 説明Description
改行するSeparate with line breaks 各項目は改行され、別々の行に配置されます。Each item is on a separate line. これは、出力テキスト ファイルの形式です。This is the format for the output text files.
次の文字で区切るSeparate with 各項目は、セミコロンなどの1つ以上の文字で区切られ ( ) ます。Each item is separated by one or more characters, for example, a semicolon (;).
CSV 形式を使用するUse CSV format すべての項目は - 、コンマ区切り値形式の .csv ファイルに含まれ ( ています。 ) これは、スプレッドシートやデータベースへのインポートに役立ちます。All items are in comma-separated value format (.csv file), which is useful for importing into spreadsheets or databases.

イベント通知Event Notifications

一部の活動は、限られた時間内に完了することが見込まれています。Some activities are expected to take a limited amount of time to finish. 活動が指定された時間内に完了しない場合、その活動が停滞しているか、あるいは別の問題によって活動が完了できない可能性があります。If the activity does not finish within the specified period, the activity can be stalled or another issue prevents the activity from finishing. 完了が遅れたらレポートを送信するプラットフォーム イベントのために、活動が完了するまでの待機時間を秒数で定義することができます。You can define the number of seconds to wait for completion of the activity, after which a platform event is sent to report the delay in completion. 活動がエラーを返した場合にプラットフォーム イベントを生成するかどうかも選択できます。You can also choose whether to generate a platform event if the activity returns a failure. イベント通知の詳細については、「 Orchestrator Logs」を参照してください。For more information about event notifications, see Orchestrator Logs.

イベントの通知設定Event notification setting 説明Description
活動の実行時間が次の時間を超えた場合に通知するReport when the activity runs for more than 通知を生成するまでにかかる実行時間の秒数を入力します。Enter the number of seconds of run time to elapse before generating a notification.
活動を実行できなかった場合に通知するReport if the activity fails to run 実行できなかった場合の通知を生成するには、このオプションを選択します。Select this option to generate a run failure notification.

セキュリティ資格情報Security Credentials

[セキュリティ資格情報] タブの設定で、Runbook Server Service を実行するアカウントを指定できます。The settings on the Security Credentials tab let you specify the account that runs the Runbook Server Service. これは、活動が、リモート コンピューターのリソースを使う活動を実行する場合に役立ちます。This is useful when the activity performs activities with resources on a remote computer.

重要

Runbook の開始に使用されるアカウントを正常に実行させるには、そのローカル コンピューターのアクセス許可が必要となることに注意してください。Note that the account used to start the runbook must have permission on the local computer to run successfully.

重要

" Invoke Runbook " 活動を使用してセキュリティ資格情報を変更するには、使用するアカウントを正常に実行させるには、Orchestrator システム グループのメンバーであることが条件となります。If you use the Invoke Runbook activity and you modify Security Credentials, the account you use must be a member of the Orchestrator System group to run successfully.

注意事項

Orchestrator のインストールパスに対するアクセス許可が変更され、アクティビティのセキュリティ資格情報に、runbook サーバーでExecutionData.dllするための読み取り/実行アクセス許可を含まないカスタムユーザーアカウントがある場合、アクティビティは失敗します。If permissions on the Orchestrator installation path are changed and the activity's Security Credentials has a custom user account that does not include Read/Execute permissions to ExecutionData.dll on the runbook server, the activity will fail.

オプションOption 動作Behavior
サービスに割り当てられているアカウントのセキュリティを使用するUse the security of the account assigned to the service Runbook サーバーが使用するアカウントで活動を実行するには、このオプションを選択します。Select this option to run the activity with the account used by the runbook server. 詳細については、「 Orchestrator Security Planning」をご覧ください。For more information, see Orchestrator Security Planning.
[このアカウント]This account 他のアカウントでこの活動を実行するには、このオプションを選択します。Select this option to run this activity with another account. この活動を実行するアカウントのユーザー名とパスワードを指定します。Specify the account user name and password to run this activity. アカウントがこの操作を実行する資格情報を持つことを確認します。Verify that the account has the credentials to perform this action. 指定した資格情報が検証できなければ、Runbook サーバーのアカウントに割り当てられているアカウントが使用されます。If the credentials you provided fail validation, the account assigned to the runbook server account is used.

関連項目See Also

Orchestrator Security PlanningOrchestrator Security Planning