VM 状態の取得活動Get VM Status Activity

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

バーチャルマシンに関する状態およびその他の関連情報を取得するには、runbook で "VM 状態の取得" 活動を使用します。The Get VM Status activity is used in a runbook to retrieve the state and other related information about a virtual machine. たとえば、これにより、runbook は、仮想マシンの現在の状態を取得して、バックアップを実行する前にが適切にシャットダウンされたことを確認できます。This, for example, enables the runbook to retrieve the current status of a virtual machine to ensure that is has been properly shut down before performing a backup.

次の表に、このアクティビティに対する必須のプロパティおよび省略可能なプロパティと、公開データを一覧表示します。The following tables list the required and optional properties and published data for this activity.

このアクティビティでは、必須のプロパティおよび省略可能なプロパティからのすべてのデータが公開データに発行されます。The activity publishes all of the data from the required and optional properties into published data. 追加の公開データは、アクティビティを定義するときに選択したクラスに基づいて生成されます。Additional published data is generated based on the class that you select when you define the activity.

VM 状態の取得活動の必須プロパティGet VM Status Activity Required Properties

要素Element 説明Description 有効な値Valid Values [プロセス チェーンの参照]Look up
VM パスVM Path ステータスを取得する仮想マシンのパス。The path of the virtual machine to retrieve the status for. StringString はいYes

VM 状態の取得活動のオプションのプロパティGet VM Status Activity Optional Properties

このアクティビティに対しては、オプションのプロパティは提供されません。No optional properties are provided for this activity.

VM 状態アクティビティ公開データの取得Get VM Status Activity Published Data

名前Name 説明Description 値型Value Type
CPU 使用率CPU Usage バーチャルマシンの現在の CPU 使用率The current CPU usage of the virtual machine IntegerInteger
[コンピューター名]Computer Name ゲストオペレーティングシステムに割り当てられているコンピューター名。The computer name assigned to the guest operating system. StringString
ディスク容量 (MB)Disk Capacity(MB) 仮想ディスクのサイズ (メガバイト単位)。The size of the virtual disk in megabytes. IntegerInteger
IP アドレスIP Address 仮想マシンのプライマリ IP アドレス。The primary IP address of the virtual machine. StringString
メモリサイズ (MB)Memory Size (MB) 仮想マシンに割り当てられたメモリの量 (メガバイト単位)。The amount of memory assigned to the virtual machine in megabytes. IntegerInteger
名前Name 仮想マシンの名前。The name of the virtual machine. StringString
ネットワークの一覧Network List このバーチャルマシンが接続されているネットワークの一覧。The list of networks that this virtual machine is connected to. StringString
CPU の数Number of CPU この仮想マシンに割り当てられている Cpu の数。The number of CPUs that are assigned to this virtual machine. IntegerInteger
物理パスPhysical Path 仮想マシンの構成ファイルがあるファイルシステム上のパス。The path on the file system where the virtual machine configuration file can be found. StringString
電源状態Power State 仮想マシンの現在の電源の状態。The current power state of the virtual machine. StringString
VM フォルダーVM Folder この仮想マシンを含む vCenter 管理フォルダー。The vCenter managed folder containing this virtual machine. StringString
VM OS の完全名VM OS Full Name ゲストオペレーティングシステムの完全な名前。The full name of the guest operating system. StringString
VM パスVM Path VCenter サーバー上の仮想マシンの完全パス。The full path of the virtual machine on the vCenter server. StringString
VM UUIDVM UUID VCenter サーバーによって割り当てられた仮想マシンの UUID。The UUID of the virtual machine as assigned by the vCenter server. StringString

VM 状態の取得活動の構成Configuring the Get VM Status Activity

次の手順では、VM の状態の取得活動を構成するために必要な手順について説明します。The following procedure describes the steps required to configure a Get VM Status activity.

VM 状態の取得活動を構成するにはTo configure the Get VM Status Activity

  1. [ 活動 ] ウィンドウで、[ VM 状態の取得 ] 活動をアクティブな runbook にドラッグします。From the Activities pane, drag a Get VM Status activity to the active runbook.

  2. [ VM 状態の取得 ] 活動アイコンをダブルクリックします。Double-click the Get VM Status activity icon. [プロパティ****] ダイアログ ボックスが開きます。The Properties dialog box opens.

  3. [ プロパティ ] タブで、次のように設定を構成します。Configure the settings in the Properties tab as follows:

    1. [ 構成 ] セクションで、省略記号ボタン ([...]) をクリックし、このアクティビティに使用する VMware vSphere サーバー接続を選択します。In the Configuration section, click the ellipsis button (...), and then select the VMware vSphere server connection that you want to use for this activity. [OK] をクリックします。Click OK.
    2. [ プロパティ ] セクションで、必要なプロパティと該当するオプションのプロパティのそれぞれに値を入力します。In the Properties section, enter a value for each of the required properties and the applicable optional properties. プロパティが参照可能な場合は、テキストボックスの横にある省略記号 ([. ..]) ボタンをクリックして値を参照できます。If the property is Lookup-enabled, you can click the ellipsis (...) button next to the text box to browse for a value. また、パブリッシュされたデータを使用して、ワークフローの前のアクティビティによってデータ出力からプロパティの値を自動的に設定することもできます。You can also use published data to automatically populate the value of the property from the data output by a previous activity in the workflow.
  4. [完了] をクリックします。Click Finish.