Operations Manager 統合パック活動Operations Manager integration pack activities

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

次の構成手順は、system Center-Operations Manager 用の System Center 統合パックのすべての活動に適用されます。The following configuration instructions apply to all activities in the System Center Integration Pack for System Center - Operations Manager. このセクションへのリンクは、各アクティビティの構成手順に含まれています。Links to this section are included in the configuration instructions for each activity.

活動のプロパティActivity properties

各アクティビティには、そのアクティビティの構成を定義する必須または省略可能なプロパティのセットがあります。Each activity has a set of required or optional properties that define the configuration of that activity. これには、他のアクティビティに接続する方法や、アクティビティがアクションを実行する方法が含まれます。This includes how it connects to other activities or how the activity performs its actions. 活動が runbook ウィンドウに配置されている場合は、アクティビティのプロパティを表示または変更できます。You can view or modify activity properties when the activity is placed in the runbook window.

アクティビティのプロパティを次のように構成します。Configure activity properties as follows:

  1. アクティビティをダブルクリックします。Double-click the activity. または、アクティビティを右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。Alternatively, you can right-click the activity, and then click Properties.

  2. 構成エントリを保存するには、[ 完了] をクリックします。To save your configuration entries, click Finish.

[アクティビティのプロパティ] ダイアログボックスでは、左側にあるいくつかのタブを使用して、アクティビティの全般設定と特定の設定にアクセスできます。In the activity properties dialog box, several tabs along the left side provide access to general and specific settings for the activity. オブジェクトのプロパティに使用できるタブの数は、アクティビティによって異なります。The number of available tabs for object properties differs between different activities.

[全般] タブGeneral tab

このタブには、アクティビティの 名前説明 のプロパティが表示されます。This tab contains the Name and Description properties for the activity. 既定では、アクティビティの 名前 はアクティビティの種類と同じであり、 説明 は空白になります。By default, the Name of the activity is the same as its activity type, and the Description is blank. これらのプロパティを変更して、わかりやすい名前を作成したり、アクティビティのアクションの詳細な説明を入力したりすることができます。You can modify these properties to create more descriptive names or provide detailed descriptions of the actions of the activity.

[詳細] タブDetails tab

このタブには、アクティビティに固有のプロパティが表示されます。This tab contains properties that are specific to the activity. この統合パック内のすべての活動には、[プロパティ] タブまたは [フィルター ] タブの上部にある [サーバー ] プロパティがあります。このプロパティは、Operations Manager 管理サーバーへの接続を指定するために使用されます。All activities in this integration pack have the Server property at the top of the Properties or Filters tab. This property is used to specify the connection to the Operations Manager management server.

構成名プロパティの設定Set the Configuration Name property

  1. [接続] フィールドの横にある省略記号ボタン ([. ..]) をクリックします。Click the ellipsis (...) button next to the Connection field.

  2. 該当する接続名を選択します。Select the applicable connection name.

フィルターの動作Filter behavior

Monitor および Get アクティビティでは、フィルターを使用して、runbook を呼び出す値またはアクティビティを取得する値を決定します。The Monitor and Get activities use filters to determine the values that will invoke a runbook or retrieve activities. 候補の候補のプロパティ値は、条件を満たしているかどうかを判断するために、フィルターの値と比較されます。Property values of potential candidates are compared to the values of the filters to determine if they meet the criteria. 値に対して照合を行う場合は、使用可能な比較方法の1つを選択します。When matching against values, you select one of the available methods of comparison. 各メソッドを使用してフィルターと一致するかどうかを指定するオプションが用意されています。An option is provided to either match or not match the filter using each method. たとえば、"do not" バージョンのメソッドは、ポリシーをトリガーするフィルターに一致しないメッセージを検索します。For example, the "Does not" version of a method finds messages that do not match the filter to trigger the policy.

  • Equals: メッセージのプロパティは、フィルターで指定されたテキストまたは数値と完全に一致します。Equals: the property of the message exactly matches the text or number specified in the filter.
  • 次の値と等しくない: メッセージのプロパティは、フィルターで指定されたテキストまたは数値と完全には一致しません。Does not equal: the property of the message does not exactly match the text or number specified in the filter.
  • 次の値より小さい: メッセージのプロパティが、フィルターで指定された数値より小さい。Is less than: the property of the message is less than the number specified in the filter.
  • 次の値以下: メッセージのプロパティが、フィルターに指定されている数値以下です。Is less than or equal to: the property of the message is less than or equal to the number specified in the filter.
  • がより大きくなっています: メッセージのプロパティが、フィルターの n の数を超えています。Is greater than: the property of the message is greater than the number n the filter.
  • 次の値以上: メッセージのプロパティが、フィルターで指定されている数以上です。Is greater than or equal to: the property of the message is greater than or equal to the number specified in the filter.
  • Contains: メッセージのプロパティには、フィルターで指定されたテキストが含まれます。Contains: the property of the message contains the exact text specified in the filter. Equals の動作とは異なり、一致するテキストを囲む他のテキストが存在する場合があります。Unlike the Equals behavior, there can be other text surrounding the matching text.
  • が含まれていません: メッセージのプロパティに、フィルターで指定された正確なテキストが含まれていません。Does not contain: the property of the message does not contain the exact text specified in the filter. とは異なる動作で あり 、その他の周囲のテキストを結果に含めることができます。Unlike the Does not Equal behavior, the result can contain other surrounding text.
  • 一致パターン: 正規表現を使用して、テキストが一致する必要があるパターンを指定します。Matches pattern: use regular expressions to specify a pattern that the text must match.
  • パターンと一致しない: 正規表現を使用して、テキストが一致しないパターンを指定します。Does not match pattern: use regular expressions to specify a pattern that the text must not match.
  • で始まる: メッセージのプロパティは、フィルターで指定された正確なテキストで始まります。Starts with: the property of the message starts with the exact text specified in the filter.
  • で終わる: メッセージのプロパティは、フィルターで指定された正確なテキストで終了します。Ends with: the property of the message ends with the exact text specified in the filter.
  • []: メッセージのプロパティは、フィルターで指定された日付/時刻の後になります。After: the property of the message is after the date/time specified in the filter.
  • Before: メッセージのプロパティは、フィルターで指定された日付/時刻よりも前になっています。Before: the property of the message is before the date/time specified in the filter.

[実行の動作] タブRun Behavior tab

このタブには、活動が複数値の公開データを処理する方法と、アクティビティが失敗したり長時間実行されたりした場合にどの通知を送信するかを決定するプロパティが含まれます。This tab contains the properties that determine how the activity handles multi-value published data and what notifications will be sent if the activity fails or runs for an excessive period of time.

返されたデータの動作Returned data behavior

Get アクティビティは、別のアクティビティまたは外部ソースから情報を取得し、公開されたデータの1つ以上の値を返すことができます。Get activities retrieve information from another activity or outside source, and can return one or more values in the published data. たとえば、[モニターの取得] 活動を使用すると、そのアクティビティからのデータ出力は、指定したコレクションに属するモニターの一覧になります。For example, when you use the Get Monitor activity, the data output from that activity might be a list of monitors that belong to the specified collection.

既定では、Get アクティビティのデータは複数の個別の出力として渡されます。By default, the data from the Get activity will be passed on as multiple individual outputs. これにより、出力内の項目と同じ回数だけ次のアクティビティが呼び出されます。This invokes the next activity as many times as there are items in the output. または、[ フラット 化] オプションを有効にすることで、アクティビティに対して1つの出力を指定することもできます。Alternatively, you can provide a single output for the activity by enabling the Flatten option. このオプションを有効にすると、書式設定オプションも選択できます。When you enable this option, you also choose a formatting option:

  • 改行を使用して区切ります。Separate with line breaks. 各項目は新しい行にあります。Each item is on a new line. この形式は、出力用に人間が判読できるテキストファイルを作成する場合に便利です。This format is useful for creating human-readable text files for the output.
  • と区別します。Separate with. 各項目は、選択した1つ以上の文字で区切られます。Each item is separated by one or more characters of your choice.
  • CSV 形式を使用します。Use CSV format. すべての項目は CSV (コンマ区切り値) 形式です。All items are in CSV (comma-separated value) format. この形式は、スプレッドシートまたはその他のアプリケーションにデータをインポートする場合に便利です。This format is useful for importing data into spreadsheets or other applications.

アクティビティは、実行するたびに新しいデータセットを生成します。The activity will produce a new set of data every time it runs. フラット化機能は、同じアクティビティの複数のインスタンスにわたってデータを平坦化するものではありません。The Flatten feature does not flatten data across multiple instances of the same activity.

イベント通知Event notifications

一部のアクティビティは、完了までに限られた時間がかかると想定されています。Some activities are expected to take a limited amount of time to complete. この時間内に完了しなかった場合、または完了できない問題が発生している可能性があります。If they do not complete within that time they may be stalled or there may be another issue preventing them from completing. 操作が完了するまでの待機時間を秒数で定義できます。You can define the number of seconds to wait for completion of the action. この期間が過ぎると、プラットフォームイベントが送信され、問題が報告されます。After this period a platform event will be sent and the issue will be reported. 活動がエラーを返した場合にプラットフォーム イベントを生成するかどうかも選択できます。You can also choose whether to generate a platform event if the activity returns a failure.

通知を設定するSet a notification

アクティビティの実行時間が指定した時間を超えた場合、または実行に失敗した場合に通知するには、次のようにします。To be notified when the activity takes longer than a specified time to run or fails to run:

  1. [ イベント通知 ] ボックスに、通知が生成されるまでの実行時間を 秒数 で入力します。In the Event Notifications box, enter the number of seconds of run time before a notification is generated.

  2. 実行 に失敗した場合 に実行失敗の通知を生成するには、[レポート] を選択します。Select Report if activity fails to run to generate run failure notifications.

公開データPublished data

公開データは、作業用 runbook の基盤です。Published data is the foundation of a working runbook. これは、アクティビティのアクションの結果として生成されるデータです。It is the data produced as a result of the actions of an activity. このデータは、runbook ごとに一意の内部データバスに発行されます。This data is published to an internal data bus that is unique for each runbook. Runbook 内の後続のアクティビティは、このデータをサブスクライブして、そのデータを構成で使用できます。Subsequent activities in the runbook can subscribe to this data and use it in their configuration. リンク条件では、この情報を使用して、runbook に意思決定機能を追加することもできます。Link conditions also use this information to add decision-making capabilities to runbooks.

活動は、runbook の前にリンクされているアクティビティからのデータだけをサブスクライブできます。An activity can only subscribe to data from the activities that are linked before it in the runbook. 公開データを使用して、アクティビティに必要なプロパティ値を自動的に設定できます。You can use published data to automatically populate the property values needed by activities.

次のように公開データを使用します。Use published data as follows:

  1. [プロパティ値] ボックスを右クリックし、[ サブスクライブ] をクリックして、[ 公開データ] をクリックします。Right-click the property value box, click Subscribe, and then click Published Data.

  2. [ アクティビティ ] ドロップダウンボックスをクリックし、データの取得元となるアクティビティを選択します。Click the Activity drop-down box and select the activity from which you want to obtain the data. すべての runbook に共通するその他のデータ要素を表示するには、[ 共通の公開データを表示する] を選択します。To view additional data elements common to all runbooks, select Show Common Published Data.

  3. 使用する公開データ要素をクリックし、[ OK] をクリックします。Click the published data element that you want to use, and then click OK.

各アクティビティによって発行されたデータ要素の一覧については、「アクティビティ」トピックの「公開された データ テーブル」を参照してください。For a list of the data elements published by each activity, see the Published Data tables in the activity topic. 共通の公開データ項目の詳細については、「 共通の公開データ」を参照してください。For information about the common published data items, see Common Published Data.

ActivitiesActivities

Operations Manager 統合パックは、Operations Manager カテゴリを Runbook Designer の [ 活動 ] ウィンドウに追加します。The Operations Manager Integration Pack adds the Operations Manager category to the Activities pane in the Runbook Designer. このカテゴリには、次のアクティビティが含まれます。This category contains the following activities: