REST 統合パックガイドREST integration pack guide

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

表現 (REST) の統合パックは、System Center-Orchestrator のアドオンです。これを使用すると、REST web サービスにデータを取得したり機能を実行したりするための要求を runbook 内で作成できます。The integration pack for Representational State Transfer (REST) is an add-on for System Center - Orchestrator that enables you to create activities within runbooks that make requests to REST web services to get data or perform functions.

  • マイクロソフトはお客様の個人情報の保護に努めています。Microsoft is committed to protecting your privacy. プライバシーに関する 声明を参照してください。See our privacy statement.
  • 使用される通信プロトコルによっては、サードパーティシステムに渡されるデータがネットワークから傍受され、改ざんされる可能性があります。たとえば、ポリシーモジュールとサードパーティ製品間のプロトコルが HTTP であるとします。Depending on the communication protocol used, data that is passed to 3rd party systems could be intercepted from the wire and tampered with; for example, when the protocol between the Policy Module and the 3rd party product is HTTP. ユーザーは、Orchestrator とその他の製品間のすべてのデータ転送に対して、HTTPS などのセキュリティで保護されたプロトコルを選択する必要があります。The user is responsible for choosing a secure protocol, such as HTTPS, for all data transmissions between Orchestrator and any other product.

統合パックをダウンロードするDownload the integration pack

統合パックを登録して展開するRegister and deploy the integration pack

統合パックファイルをダウンロードした後、Orchestrator management server に登録し、runbook サーバーおよびインストールされている Runbook Designer に展開する必要があります。After you download the integration pack file, you must register it with the Orchestrator management server and then deploy it to runbook servers and installed Runbook Designers. 統合パックを追加する方法については、こちらを参照してください。Learn more about adding an integration pack.