スケールアウトアクティビティScale Tier Out activity

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

Scale Tier Out アクティビティは、指定されたサービス層に1つの仮想マシンインスタンスを追加するために、runbook で使用されます。The Scale Tier Out activity is used in a runbook to add one virtual machine instance to a specified service tier.

このアクティビティでは、必須のプロパティおよび省略可能なプロパティからのすべてのデータが公開データに発行されます。The activity publishes all of the data from the required and optional properties into published data. 次の表に、このアクティビティに対する必須のプロパティおよび省略可能なプロパティと、公開データを一覧表示します。The following tables list the required and optional properties and published data for this activity.

必須プロパティRequired properties

ElementElement 有効な値Valid Values
サービス名Service Name
階層名Tier Name
開始動作Start Action 既定: 仮想マシンをオンにしないDefault: Don't turn on the virtual machine
アクションの停止Stop Action 既定: 状態の保存Default: Save State

省略可能なプロパティOptional properties

ElementElement 説明Description
仮想マシン名Virtual Machine Name VMM がバーチャルマシンを識別するために使用する名前。The name that VMM uses to identify the virtual machine.
[コンピューター名]Computer Name 仮想マシンの実際のコンピューター名。The actual computer name of the virtual machine.
説明Description

公開データPublished data

このアクティビティには、パブリッシュされたデータがありません。This activity has no published data.