WMI の監視Monitor WMI

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

Wmi イベントの監視活動は、指定した WMI イベントクエリの結果として、WMI イベントを受信したときに runbook を呼び出します。The Monitor WMI activity invokes a runbook when a WMI event is received as a result of the WMI event query that you specify. サーバーに接続されているデバイスの変更を確認し、エラーが発生したときに是正措置を実行する runbook を呼び出すことができます。You can check for changes in devices that are attached to the server and invoke runbooks that take corrective action when errors occur.

WMI の監視活動の構成Configuring the Monitor WMI Activity

WMI の監視活動を構成する前に、次のことを確認する必要があります。Before you configure the Monitor WMI activity, you need to determine the following:

  • 監視しているコンピューターThe computer that you are monitoring

  • 実行する WMI イベントクエリThe WMI event query that you want to run

警告

WMI イベントクエリは、標準の WMI クエリとは異なります。A WMI event query differs from a standard WMI query.

WMI の監視活動を構成するには、次の情報を使用します。Use the following information to configure the Monitor WMI activity.

[詳細] タブDetails Tab

設定Settings 構成の手順Configuration Instructions
コンピューターComputer 新しい WMI イベントを監視しているコンピューターの名前を入力します。Type the name of the computer that you are monitoring for new WMI events. 省略記号ボタン ([. ..]) を使用して、コンピューターを参照することもできます。You can also use the ellipsis (...) button to browse for the computer.
NamespaceNamespace クエリを実行する WMI 名前空間の名前を入力します。Type the name of the WMI namespace that you want to query.
WMI queryWMI query [ コンピューター ] ボックスで指定したコンピューターに対してクエリを実行するために使用される WMI イベントクエリを入力します。Type the WMI event query that will be used to query the computer that you specified in the Computer box.

構文の例Syntax Examples

単純な通知クエリの構文を次に示します。 SELECT * FROM [EventClass] WITHIN [interval] WHERE TargetInstance ISA [object]Here is the syntax of a simple notification query: SELECT * FROM [EventClass] WITHIN [interval] WHERE TargetInstance ISA [object]

この WMI クエリを送信すると、[EventClass] で表されるすべてのイベントが発生したことを通知するジョブが送信されます。When you submit this WMI query, you are submitting a job to be notified of all occurrences of the event represented by [EventClass]. WITHIN 句は、テストの実行方法を表します。これは、[interval] で表される秒間隔で指定します。The WITHIN clause denotes how the test is performed, which is at an interval of seconds denoted by [interval]. WHERE 句は、クエリを絞り込むために使用され、アクティビティ、埋め込みアクティビティのプロパティ、および条件ステートメントを含めることができます。The WHERE clause is used to narrow down your query and can include activities, properties of embedded activities and condition statements.

モデムの追加を監視する: 次のクエリは、モデムの追加を監視する通知ジョブを送信します。これにより、モデムが追加されると WMI イベントが起動します。Monitor for the Addition of a Modem: The following query submits a notification job to monitor for the addition of a modem and will cause the WMI event to invoke if a modem is added. テストは、10秒ごとの間隔で実行されます。The test is performed at an interval of every 10 seconds. SELECT * FROM __InstanceCreationEvent WITHIN 10 WHERE TargetInstance ISA "Win32_POTSModem"

モデムの削除を監視します。 次のクエリでは、モデムの削除を監視する通知ジョブを送信します。これにより、モデムが削除されると WMI イベントが起動します。Monitor for the Deletion of a Modem: The following query submits a notification job to monitor for the deletion of a modem and will cause the WMI event to invoke if a modem is deleted. テストは、50秒ごとの間隔で実行されます。The test is performed at an interval of every 50 seconds. SELECT * FROM __InstanceDeletionEvent WITHIN 50 WHERE TargetInstance ISA "Win32_POTSModem"

ディスプレイ構成の変更を監視する: 次のクエリは、ディスプレイ構成の変更を監視する通知ジョブを送信し、表示頻度が70より大きい場合は WMI イベントを起動します。Monitor for the Modification of a Display Configuration: The following query submits a notification job to monitor for the modification of a display configuration and will cause the WMI event to invoke if the display frequency is greater than 70. テストは20秒間隔で実行されます。The test is performed at an interval of every 20 seconds. SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 20 WHERE TargetInstance ISA "Win32_DisplayConfiguration" AND TargetInstance.DisplayFrequency > 70

プロセッサの値の変更を監視する: 次のクエリは、プロセッサの値の変更を監視する通知ジョブを送信し、cpu 使用率が50より大きい場合は WMI イベントを起動します。Monitor for a Modification in a Processor value: The following query submits a notification job to monitor for a modification in a Processor value and will cause the WMI event to invoke if the CPU utilization is greater than 50. テストは5秒間隔で実行されます。The test is performed at an interval of every 5 seconds. SELECT * FROM __InstanceModificationEvent WITHIN 5 WHERE TargetInstance ISA "Win32_Processor" AND TargetInstance.LoadPercentage > 50

ヒント

クエリは、複雑すぎる場合や、評価のためにリソースを集中的に使用する場合に、WMI によって拒否されることがあります。A query can be rejected by WMI if it is too complex or becomes resource-intensive for evaluation.

公開データPublished Data

次の表は、公開データの項目を一覧にしています。The following table lists the published data items.

項目Item 説明Description
WMI クエリが実行されているコンピューターComputer where the WMI query is performed WMI クエリが実行されたコンピューターの名前。The name of the computer where the WMI query was ran.
WMI クエリWMI Query コンピューターに送信された WMI クエリ。The WMI query that was sent to the computer.
文字列としての WMI クエリの結果WMI Query Result as a string WMI クエリの結果。The result of the WMI query.
WMI 名前空間WMI Namespace 照会した WMI 名前空間。The WMI namespace that you queried.