.Net スクリプトの実行Run .Net Script

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

.Net スクリプトの実行活動は、VB.NET、JScript、C#、および Windows PowerShell で記述されたスクリプトを実行します。The Run .Net Script activity runs scripts written in VB.NET, JScript, C#, and Windows PowerShell. このアクティビティは、.NET CLR バージョン2.0 以降と互換性があります。This activity is compatible with .NET CLR version 2.0 and later. Microsoft System Center-Orchestrator Run .Net スクリプト活動を使用して、使用可能な Api に対してデータを解析したり関数を実行したりするスクリプトを実行します。Use the Microsoft System Center - Orchestrator Run .Net Script activity to run scripts that parse data or run functions against available APIs.

.Net スクリプトの実行活動の構成Configuring the Run .Net Script Activity

.Net スクリプトの実行活動を構成する前に、次のことを確認する必要があります。Before you configure the Run .Net Script activity, you need to determine the following:

  • 実行するコード。The code you want to run.

  • 使用するライブラリ。The libraries you want to use.

  • パブリッシュするデータ。The data you want to publish.

    .Net スクリプトの実行活動を構成するには、次の情報を使用します。Use the following information to configure the Run .Net Script activity.

注意

このアクティビティに個別のセキュリティ資格情報を設定することはできません。You cannot set individual security credentials for this activity. このサービスは、アクティビティのインスタンスが実行されている Runbook サーバーの Runbook サービス用に構成されたサービスアカウントで実行されます。It will run under the service account configured for the Runbook Service on the Runbook server where the instance of the activity is running. このアカウントには、リソースにアクセスして、このアクティビティに必要な操作を実行する権限が必要です。This account must have the authority to access the resources and perform the actions required by this activity.

[詳細] タブDetails Tab

設定Settings 構成の手順Configuration Instructions
種類Type スクリプト言語を選択します。Select the script language. 省略記号ボタン ( [...]) を使用して、言語を参照します。Use the ellipsis (...) button to browse for the language.
スクリプトScript アクティビティの実行時に実行されるコードを入力します。Type the code that will run when the activity runs.

[詳細設定] タブAdvanced Tab

設定Settings 構成の手順Configuration Instructions
NamespaceNamespace コード内で使用される各 .NET 名前空間の名前空間を追加します。Add a Namespace for each .NET namespace that will be used within your code. これにより、各クラスの完全修飾名を使用せずにコードを呼び出すことができます。This allows you to call the code without using fully qualified names for each of the classes. Orchestrator は、すべての .Net スクリプトの実行活動に System 名前空間を追加することをお勧めします。Orchestrator recommends adding System namespace to every Run .Net Script activity.
参照References 使用するライブラリを含むアセンブリ (DLL) 参照をそれぞれ追加します。Add each of the Assembly (DLL) references that contain the libraries that you want to use. Windows\Microsoft.NET\Framework \< .net バージョン> ディレクトリにあるSystem.dllを追加します。Add the System.dll located in the Windows\Microsoft.NET\Framework\<.NET Version> directory.

公開データPublished Data

この活動を発行する公開データ項目を追加します。Add the published data items that you want this activity to publish. 追加したすべての公開データ項目がデータバスで使用できるようになります。Every published data item that you add will be available on the Data bus. 公開データ項目が複数値になるかどうかを判断することが重要です。It is important to determine if a published data item will be multi-valued. .Net スクリプトの実行活動では、異なるアイテムの複数値データが自動的に関連付けられます。The Run .Net Script activity automatically correlates multi-valued data from different items by aligning them. たとえば、"Name" と "Email" というラベルが付いた2つの項目をコレクションとして発行することを選択した場合、.Net の実行スクリプトは、電子メールコレクション内の各項目について、Name コレクション内の各項目を1行にまとめます。For example, if you choose to publish two items labeled “Name” and “Email” as Collections, the Run .Net script will try to line up each item in the Name collection with each item in the Email collection. コレクションのサイズが等しくない場合は、[.Net スクリプトの実行] アクティビティによって、項目が少数のコレクションに対して空の値が作成されます。If the collections are not equally sized, then the Run .Net Script activity will create blank values for the collection that has fewer items. このアクティビティによって発行されるデータ項目とそれに対応する説明の一覧については、次の公開データテーブルを参照してください。For a list of data items and the corresponding description published by this activity, see the following Published Data table.

[公開データ] タブPublished Data Tab

設定Settings 構成の手順Configuration Instructions
名前Name 公開データの 名前 を入力します。Enter the Name of the published data. これは、[.Net スクリプトの実行活動によって発行されたデータを他のアクティビティがサブスクライブしているときに表示される名前です。This will be the name that appears when other activities subscribe to the data published by the Run .Net Script activity.
種類Type 日付/時刻整数、または文字列を選択できます。You can select Date/Time, Integer, or String. 目的の型が使用できない場合は、[ 文字列] を選択します。If the type you want is not available, select String. この公開データに値を割り当てるには、アクティビティの ToString メソッドを使用します。Use the ToString method of the activity to assign a value to this published data.
コレクションCollection データが複数の値を持つデータの場合は、[ コレクション] を選択します。If your data is multi-valued data, select Collection. コレクションを使用する場合は、 add メソッドを使用してコレクションに項目を追加する必要があります。When using a collection you must use the Add method to add items to the collection. コレクションを使用しない場合は、代入演算子 (=) を使用して値を割り当てることができます。If you are not using the collection you can use the assignment operator (=) to assign the value.
[変数名]Variable name 一意の名前付けを使用して、変数名がスクリプト内の既存の変数と競合しないようにするか、.NET で使用できるクラスおよびキーワードを使用します。Use unique naming to make sure that your variable name does not collide with existing variables within your script or with classes and keywords available in .NET. 変数の先頭に "OPD_" を付けることをお勧めします。We recommend prefixing variables with “OPD_”. たとえば、変数に "myString" という名前を付ける場合は、"OPD_myString" という名前を指定します。For example, if you want to name your variable “myString”, you would name it “OPD_myString”.

[.Net スクリプトの実行] 活動によって、この項目の .NET プロパティが自動的に作成されます。The Run .Net Script activity will automatically create a .NET Property for this item. この変数がコレクションの場合は、リストを使用して作成され <T> ます。ここで、T は選択した です。If this variable is a collection it will be created using a List<T>, where T is the Type that you selected. コレクションでない場合は、選択したに基づいて、文字列整数、または日付/時刻を使用してプロパティが作成されます。If it is not a collection the property will be created using a String, Integer, or Date/Time based on the Type that you selected.

公開データPublished Data

項目Item 説明Description
標準エラーStandard Error .Net スクリプトの実行活動によって発行された標準エラー出力。Any standard error output published by the Run .Net Script activity.
名前空間Namespaces 使用される名前空間。The namespaces used.
標準出力Standard Output .Net スクリプトの実行活動によって発行された標準出力。The standard output published by the Run .Net Script activity.
関連項目References アクティビティで使用されるアセンブリ。The Assemblies used in the activity.
スクリプトの本文Script Body 実行されたスクリプト。The script that was run.
スクリプト言語Script Language スクリプトに選択された言語。The language that was selected for the script.

.NET スクリプトの実行活動で64ビットの PowerShell コマンドレットを実行するExecute 64-bit PowerShell cmdlets with Run .NET Script activity

Orchestrator Run.Net Script アクティビティでは、64ビットの Windows PowerShell を実行できます。You can run 64-bit Windows PowerShell in Orchestrator Run.Net Script activity. 次の手順に従います。Use the following steps:

  1. [ システム活動] グループから .net スクリプトの実行活動を作成します。Create a Run .Net Script activity from the System activities group.

  2. [詳細の > 種類] で、言語として [ PowerShell ] を選択します。In Details > Type, select PowerShell as the language.

  3. スクリプトで、次のコードで PowerShell コマンドを囲みます。In Script, enclose your PowerShell commands in the following code:

    Invoke-Command -ScriptBlock {YOUR CODE} -ComputerName localhost
    
    
  4. [完了] をクリックします。Click Finish.

    .Net スクリプトアクティビティ

注意

PowerShell のバージョンを確認するには、 .Net スクリプトの実行 活動で次のスクリプトを使用し、64ビットと PowerShell のバージョン変数を発行します。To verify the PowerShell version, use the following script in Run .Net Script activity and publish the 64 bit and PowerShell version variable.


$Result = Invoke-Command -ComputerName localhost {
$Is64BitProcess = [Environment]::Is64BitProcess
$PSVersion = $PSVersionTable.PSVersion
RETURN $Is64BitProcess, $PSVersion
}

$64bit = $Result[0]
$PSVersion = $Result[1]
)

.Net スクリプトアクティビティ