SNMP トラップの送信Send SNMP Trap

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

SNMP トラップの送信活動は、ネットワークシステムマネージャーアプリケーションで検出できる SNMP イベントを発生させます。The Send SNMP Trap activity will raise an SNMP event that can be detected by a network systems manager application. 既知のネットワークデバイスのエンタープライズ識別子を使用することにより、システム内のネットワークデバイスに代わって SNMP トラップを送信できます。By using an enterprise identifier of a known network device, you can send SNMP Traps on behalf of a network device in your system. Snmp 監視製品を使用して追跡する必要がある runbook のイベントを作成するには、SNMP トラップの送信を使用します。Use the Send SNMP Trap to create events for runbooks that need to be tracked using an SNMP monitoring product.

SNMP トラップの送信活動の構成Configuring the Send SNMP Trap Activity

SNMP トラップの送信活動を構成する前に、次のことを確認する必要があります。Before you configure the Send SNMP Trap activity you need to determine the following:

  • SNMP トラップを送信するデバイスの IP アドレスIP address of the device where you will send your SNMP trap

  • トラップの識別子Identifiers of the trap

  • 使用する SNMP のバージョンThe SNMP version you will use

  • SNMP トラップ情報の送信者として識別するエージェントアドレス。The agent address you want to identify as the sender of the SNMP trap information.

注意

このアクティビティに個別のセキュリティ資格情報を設定することはできません。You cannot set individual security credentials for this activity. このサービスは、アクティビティのインスタンスが実行されている Runbook サーバーの Runbook サービス用に構成されたサービスアカウントで実行されます。It will run under the service account configured for the Runbook Service on the Runbook server where the instance of the activity is running. このアカウントには、リソースにアクセスして、このアクティビティに必要な操作を実行する権限が必要です。This account must have the authority to access the resources and perform the actions required by this activity.

SNMP トラップの送信活動を構成するには、次の情報を使用します。Use the following information to configure the Send SNMP Trap activity.

SNMP トラップにさらに情報を追加することもできます。You can also add more information to the SNMP trap. 追加した各項目が公開データ項目になります。Each item that you add becomes a published data item.

[詳細] タブDetails Tab

設定Settings 構成の手順Configuration Instructions
IP アドレス (IP address)IP address SNMP トラップを送信するコンピューターまたは IP アドレスの名前を入力します。Type the name of the computer or IP address where you are sending the SNMP trap.
[ポート]Port SNMP トラップの送信に使用するポートを入力します。Type the port to use to send the SNMP trap.
エンタープライズ識別子Enterprise identifier SNMP トラップの送信活動によって発生するイベントのエンタープライズ識別子を指定します。Specify the enterprise identifier of the event being raised by the Send SNMP Trap activity.
ジェネリック識別子Generic identifier SNMP トラップの汎用識別子を指定します。Specify the generic identifier of the SNMP trap. 使用できるオプションは6つあります。There are six options available:

Coldstart (0): ネットワークデバイスのコールドスタートを示す場合に選択します。coldStart(0): Select to signify a cold start of the network device. このオプションの数値は0です。This option has a numerical value of 0.

[起動 (1)]: ネットワークデバイスのウォームスタートを示す場合に選択します。warmStart(1): Select to signify a warm start of the network device. このオプションの数値は1です。This option has a numerical value of 1.

Linkdown (2): ネットワークデバイスへの接続が切断されたことを示す場合に選択します。linkDown(2): Select to signify a severed connection to the network device. このオプションの数値は2です。This option has a numerical value of 2.

linkUp (3): ネットワークデバイスへの再確立された接続を示す場合に選択します。linkUp(3): Select to signify a re-established connection to the network device. このオプションの数値は3です。This option has a numerical value of 3.

Authenticationfailure (4): ネットワークデバイスに対して失敗した SNMP 認証を表す場合に選択します。authenticationFailure(4): Select to signify a failed SNMP authentications to the network device. このオプションの数値は4です。This option has a numerical value of 4.

egpNeighborLoss (5): ネットワークデバイスへの切断された EGP ピア接続を表す場合に選択します。egpNeighborLoss(5): Select to signify a lost EGP peer connection to the network device. このオプションの数値は5です。This option has a numerical value of 5.

enterprisespecific (6): エンタープライズ固有の id を指定する場合に選択します。このオプションの数値は6です。enterpriseSpecific(6): Select to specify an enterprise specific id. This option has a numerical value of 6. 特定の識別子を指定するには、このオプションを指定する必要があります。You must specify this option to specify a specific identifier.
特定の識別子Specific identifier SNMP トラップのエンタープライズ固有の識別子を入力します。Type the enterprise specific identifier for the SNMP trap. この設定は、[汎用識別子] ボックスの [ enterprisespecific (6) ] オプションを選択するとアクティブになります。This setting becomes active when you select the enterpriseSpecific(6) option of the Generic identifier box.
SNMP のバージョンSNMP Version SNMP トラップの生成時に使用する SNMP バージョンを選択します。Select the SNMP version to use when generating the SNMP trap.
コミュニティ文字列Community string ネットワークデバイスに対する認証に使用されるコミュニティ文字列を入力します。Type the community string that will be used to authenticate against the network device. このフィールドでは大文字と小文字が区別され、英数字のみがサポートされます。This field is case-sensitive and supports only alphanumeric characters.

SNMP トラップの送信活動では、コミュニティ文字列の内容や、文字列を受信するかどうかは検証されません。The Send SNMP Trap activity does not verify the content of community strings, nor whether the strings are received. 有効であるかどうかにかかわらず、指定したデータが送信されます。It sends whatever data you provide, whether it is valid or not. データが正しいか読み取り可能かにかかわらず、アクティビティはデータを送信できた場合に成功の状態を返します。The activity returns a status of Success if it was able to send the data, regardless of whether the data were correct or readable.

[詳細設定] タブAdvanced Tab

設定Settings 構成の手順Configuration Instructions
アドレスAddress SNMP トラップ情報を送信するエージェントとして別のコンピューターを識別する場合は、ボックスにエージェントのアドレスを入力します。If you want to identify another computer as the agent that sends the SNMP trap information, type the agent address in the box. それ以外の場合は、ボックスを空白のままにします。Otherwise, leave the box blank. 活動は、runbook を実行する runbook サーバーのエージェントアドレスを使用します。The activity will use the agent address of the runbook server that runs the runbook. この設定は、バージョン SNMPv1 でのみ使用できます。This setting can only be used with version SNMPv1.

公開データPublished Data

次の表は、公開データの項目を一覧にしています。The following table lists the published data items.

項目Item 説明Description
宛先 IP アドレスDestination IP address トラップが送信されるデバイスの IP アドレス。The IP address of the device where the trap is sent.
エンタープライズ IdEnterprise Id トラップのエンタープライズ ID。The enterprise ID of the trap.
汎用 IdGeneric Id トラップの汎用 ID。The generic ID of the trap.
トラップポートTrap port トラップが送信されたポート。The port where the trap was sent.
SNMP のバージョンSNMP Version このトラップに指定された SNMP のバージョン。The SNMP version that was specified for this trap. この値には、SNMPv1 または SNMPv2c を指定できます。This value can be SNMPv1 or SNMPv2c.
コミュニティ文字列Community string この SNMP トラップを取得するために必要なコミュニティ文字列。The community string that will be needed to retrieve this SNMP trap.
配信元アドレスOrigin address トラップを生成したデバイスのアドレス。The address of the device that generated the trap.
特定の IdSpecific Id トラップの特定の ID。The specific ID of the trap.