System Center Orchestrator のシステム要件System requirements for System Center Orchestrator

この記事では、System Center 2019-Orchestrator のシステム要件について詳しく説明します。This article details the system requirements for System Center 2019 - Orchestrator.

System Center 2019-Orchestrator のシステム要件System requirements for System Center 2019 - Orchestrator

次のセクションでは、System Center 2019-Orchestrator のパフォーマンスとスケーラビリティに関する一般的なガイダンスを提供し、さまざまなワークロードのハードウェア構成をお勧めします。The following sections provide general performance and scalability guidance for System Center 2019- Orchestrator, and recommends the hardware configurations for a variety of workloads. System Center 2019 は柔軟かつスケーラブルに構築されているため、特定のシナリオのハードウェア要件は、ここに記載されているガイドラインとは異なる場合があります。As System Center 2019 is built to be flexible and scalable, the hardware requirements for specific scenarios may differ from the guidelines that are presented here.

ハードウェアHardware

Orchestrator サーバー ロールOrchestrator Server Role x64 プロセッサ (最小値)x64 Processor (min) メモリ (最小値)Memory (min) ディスク領域 (最小値)Disk space (min)
すべてのサーバー ロールAll server roles 2.1 GHz、デュアル コア CPU2.1 GHz, dual-core CPU 2 GB2 GB 200 MB200 MB

サーバー オペレーティング システムServer operating system

次のバージョンの Windows Server オペレーティング システムがサポートされています。The following versions of Windows Server operating system are supported.

コンポーネントComponent Windows Server 2016 Standard、デスクトップ エクスペリエンスを備えたデータセンターWindows Server 2016 Standard, Datacenter with Desktop Experience Windows Server 2019 Standard、デスクトップエクスペリエンスを備えた DatacenterWindows Server 2019 Standard, Datacenter with Desktop Experience
すべてのサーバー ロールAll server roles サポートされていますSupported サポートされていますSupported

クライアント オペレーティング システムClient operating system

次のバージョンの Windows クライアント オペレーティング システムが、Orchestrator でサポートされています。The following versions of Windows client operating system are supported for the Orchestrator.

コンポーネントComponent Windows Server 2016 Standard、デスクトップ エクスペリエンスを備えたデータセンターWindows Server 2016 Standard, Datacenter with Desktop Experience Windows Server 2019 Standard、デスクトップエクスペリエンスを備えた DatacenterWindows Server 2019 Standard, Datacenter with Desktop Experience Windows 10Windows 10
Runbook DesignerRunbook Designer サポートsupported サポートされていますSupported サポートされていますSupported

ソフトウェアSoftware

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアが必要です。The following software is required for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • Microsoft SQL Server 2016 または2017– Orchestrator には、データベースエンジンサービスの基本的な SQL Server 機能のみが必要です。Microsoft SQL Server 2016 or 2017– Orchestrator requires only the basic SQL Server features found in the Database Engine Service. その他の機能は不要です。No additional features are required. Orchestrator では、照合順序として SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS がサポートされます。Orchestrator supports SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS for collation. インストール ウィザードは SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS を既定の照合順序として使用して、Orchestration データベースを作成します。The installation wizard uses SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS as the default collation to create the orchestration database. 詳細については、「SQL Server」のセクションを参照してください。For more information, see the section on SQL Server.

    注意

    同じコンピューターにインストールされている Management サーバーと Runbook サーバーは、同じデータベースを使用する必要があります。Management servers and runbook servers installed on the same computer must use the same database. Management サーバーは 32 ビット アプリケーションとして実行する必要があります。The management server must run as a 32-bit application.

  • IIS が有効にされていない場合は、Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator のセットアップで有効にされます。Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator Setup enables IIS if it is not enabled.

  • .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされておらず、有効にされていない場合は、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator セットアップによってインストールされ、有効化されます。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator Setup installs and enables .NET Framework 3.5 SP1 if it is not installed and enabled.

  • Microsoft .NET Framework 4Microsoft .NET Framework 4

  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (SQL 2012/2014/2016 に適用)Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (applies to SQL 2012/2014/2016)

    1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアをお勧めします。We recommend the following software for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • コンピューターを Active Directory ドメインに参加させます。Join the computer to an Active Directory domain.

    注意

    Orchestration コンソールを初めて使用するとき、コンピューターに Microsoft Silverlight 4 がまだインストールされていない場合はインストールするように求められます。On first use of the Orchestration console, you are prompted to install Microsoft Silverlight 4 on the computer if it is not already installed.

SQL ServerSQL Server

注意

  • サポートされている SQL のバージョンに対しては、現在 Microsoft によってサポートされているサービス パックを使用してください。For the supported versions of SQL, use the service packs that are currently in support by Microsoft.
  • SQL ALWAYS ONはサポートされていますが、複数のサブネットで構成が行われる場合を除きます。SQL Always ON is supported, except in the cases, where configuration is done on multi subnets.
SQL バージョンSQL version サポートされていますSupported
SQL Server 2017SQL Server 2017 Y
SQL Server 2016 および各 SP (詳細)SQL Server 2016 and SPs as detailed here Y

.Net の要件.Net requirements

Orchestrator サーバー ロールはすべて、セットアップ プログラムを実行するために、.Net 3.5 SP1 が必要です。All Orchestrator server roles require .Net 3.5 SP1 in order to run the setup program. Orchestrator Web サービスには、.Net 4.5 と WCF アクティブ化が必要です。The Orchestrator Web Service requires .Net 4.5 with WCF Activation.

ダウンロード センターから .Net 3.5 SP1 をダウンロードできます。You can download .Net 3.5 SP1 from the download center.

WCF アクティブ化をオンにするにはTo turn on WCF activation

  1. Windows のスタート画面で、 [サーバー マネージャー] タイルをクリックします。On the Windows Start screen, click the Server Manager tile.
  2. Server Manager コンソールの [管理] メニューで [役割と機能の追加] をクリックします。On the Manage menu in the Server Manager console, click Add Roles and Features.
  3. [機能] ページに到達するまでウィザードを続行します。Go through the wizard until you reach the Features page.
  4. [.NET Framework 4.5 の機能] を展開します。Expand .NET Framework 4.5 Features.
  5. [.NET Framework 4.5] が選択されていない場合はこれを選択します。Select .NET Framework 4.5 if it isn’t already selected.
  6. [WCF サービス] を展開します。Expand WCF Services.
  7. 既に選択されていない場合は [HTTP アクティブ化] を選択します。Select HTTP Activation if it isn’t already selected.
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従ってインストールを完了します。Click Next and follow the prompts to finish the installation. 問題が発生した場合は、「 Troubleshoot Your Orchestrator Installation」に説明されている問題を確認してください。If you have problems, check the issues covered in Troubleshoot Your Orchestrator Installation.

仮想化Virtualization

仮想化されたオペレーティング システムでの Orchestrator の展開と実行は、完全にサポートされています。Deploying and running Orchestrator on a virtualized operating system is fully supported. ソフトウェア要件は、上の一覧にあるものと同じです。The software requirements are the same as those listed above. また、Microsoft Azure 内で稼働している仮想化されたサーバー上で、任意の Orchestrator ロールを実行することもできます。Any of the Orchestrator roles can also be run on a virtualized server running in Microsoft Azure.

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

Orchestrator 1801 のシステム要件は 1807 Orchestrator にも適用され、変更はありません。Orchestrator 1801 system requirements are also applicable for 1807 Orchestrator, there are no changes. システム要件の詳細Learn about the system requirements.

重要

このバージョンの Orchestrator はサポートが終了しました。 orchestrator 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Orchestrator has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Orchestrator 2019.

この記事では、System Center 1801 - Orchestrator のシステム要件について詳しく説明します。This article details the system requirements for System Center 1801 - Orchestrator.

この記事では、System Center 2016 - Orchestrator のシステム要件について詳しく説明します。This article details the system requirements for System Center 2016 - Orchestrator.

この記事では、System Center 1807-Orchestrator のシステム要件について詳しく説明します。This article details the system requirements for System Center 1807 - Orchestrator.

System Center 1801 - Orchestrator のシステム要件System requirements for System Center 1801 - Orchestrator

次のセクションでは、System Center 1801- Orchestrator のパフォーマンスとスケーラビリティに関する一般的なガイダンスを提供し、さまざまなワークロードのためのハードウェア構成をお勧めしています。The following sections provide general performance and scalability guidance for System Center 1801- Orchestrator, and recommends the hardware configurations for a variety of workloads. System Center 1801 が柔軟かつスケーラビリティが得られるように構築されているとき、特定のシナリオのためのハードウェア要件はここで紹介するガイドラインとは異なる場合があります。As System Center 1801 is built to be flexible and scalable, the hardware requirements for specific scenarios may differ from the guidelines that are presented here.

ハードウェアHardware

Orchestrator サーバー ロールOrchestrator Server Role x64 プロセッサ (最小値)x64 Processor (min) メモリ (最小値)Memory (min) ディスク領域 (最小値)Disk space (min)
すべてのサーバー ロールAll server roles 2.1 GHz、デュアル コア CPU2.1 GHz, dual-core CPU 2 GB2 GB 200 MB200 MB

サーバー オペレーティング システムServer operating system

次のバージョンの Windows Server オペレーティング システムがサポートされています。The following versions of Windows Server operating system are supported.

コンポーネントComponent Windows Server 2012 R2 – Standard、DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard, Datacenter Windows Server 2016 Standard、デスクトップ エクスペリエンスを備えたデータセンターWindows Server 2016 Standard, Datacenter with Desktop Experience Windows サーバー コア 2016Windows Server Core 2016
すべてのサーバー ロールAll server roles サポートされていますSupported サポートされていますSupported サポートされませんNot Supported

クライアント オペレーティング システムClient operating system

次のバージョンの Windows クライアント オペレーティング システムが、Orchestrator でサポートされています。The following versions of Windows client operating system are supported for the Orchestrator.

コンポーネントComponent Windows 7Windows 7 Windows 8Windows 8 Windows 8.1Windows 8.1 Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise
Runbook DesignerRunbook Designer サポートされていませんNot supported サポートされませんNot Supported サポートされませんNot Supported サポートされていますSupported

ソフトウェアSoftware

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアが必要です。The following software is required for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • Microsoft SQL Server 2012、2014、または 2016 – Orchestrator では、データベース エンジン サービスで見つかる基本的な SQL Server 機能のみが必要です。Microsoft SQL Server 2012, 2014, or 2016 – Orchestrator requires only the basic SQL Server features found in the Database Engine Service. その他の機能は不要です。No additional features are required. Orchestrator では、照合順序として SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS がサポートされます。Orchestrator supports SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS for collation. インストール ウィザードは SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS を既定の照合順序として使用して、Orchestration データベースを作成します。The installation wizard uses SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS as the default collation to create the orchestration database. 詳細については、「SQL Server」のセクションを参照してください。For more information, see the section on SQL Server.

注意

同じコンピューターにインストールされている Management サーバーと Runbook サーバーは、同じデータベースを使用する必要があります。Management servers and runbook servers installed on the same computer must use the same database. Management サーバーは 32 ビット アプリケーションとして実行する必要があります。The management server must run as a 32-bit application.

  • IIS が有効にされていない場合は、Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator のセットアップで有効にされます。Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator Setup enables IIS if it is not enabled.

  • .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされておらず、有効にされていない場合は、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator セットアップによってインストールされ、有効化されます。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator Setup installs and enables .NET Framework 3.5 SP1 if it is not installed and enabled.

  • Microsoft .NET Framework 4Microsoft .NET Framework 4

  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (SQL 2012/2014/2016 に適用)Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (applies to SQL 2012/2014/2016)

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアをお勧めします。We recommend the following software for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • コンピューターを Active Directory ドメインに参加させます。Join the computer to an Active Directory domain.

注意

Orchestration コンソールを初めて使用するとき、コンピューターに Microsoft Silverlight 4 がまだインストールされていない場合はインストールするように求められます。On first use of the Orchestration console, you are prompted to install Microsoft Silverlight 4 on the computer if it is not already installed.

SQL ServerSQL Server

注意

  • サポートされている SQL のバージョンに対しては、現在 Microsoft によってサポートされているサービス パックを使用してください。For the supported versions of SQL, use the service packs that are currently in support by Microsoft.
  • SQL ALWAYS ONはサポートされていますが、複数のサブネットで構成が行われる場合を除きます。SQL Always ON is supported, except in the cases, where configuration is done on multi subnets.
SQL バージョンSQL version サポートされていますSupported
SQL Server 2008SQL Server 2008 ×N
SQL Server 2012 および各 SP (詳細)SQL Server 2012 and SPs as detailed here Y
SQL Server 2014 および各 SP (詳細)SQL Server 2014 and SPs as detailed here Y
SQL Server 2016 および各 SP (詳細)SQL Server 2016 and SPs as detailed here Y

.Net の要件.Net requirements

Orchestrator サーバー ロールはすべて、セットアップ プログラムを実行するために、.Net 3.5 SP1 が必要です。All Orchestrator server roles require .Net 3.5 SP1 in order to run the setup program. Orchestrator Web サービスには、.Net 4.5 と WCF アクティブ化が必要です。The Orchestrator Web Service requires .Net 4.5 with WCF Activation.

ダウンロード センターから .Net 3.5 SP1 をダウンロードできます。You can download .Net 3.5 SP1 from the download center.

WCF アクティブ化をオンにするにはTo turn on WCF activation

  1. Windows のスタート画面で、 [サーバー マネージャー] タイルをクリックします。On the Windows Start screen, click the Server Manager tile.
  2. Server Manager コンソールの [管理] メニューで [役割と機能の追加] をクリックします。On the Manage menu in the Server Manager console, click Add Roles and Features.
  3. [機能] ページに到達するまでウィザードを続行します。Go through the wizard until you reach the Features page.
  4. [.NET Framework 4.5 の機能] を展開します。Expand .NET Framework 4.5 Features.
  5. [.NET Framework 4.5] が選択されていない場合はこれを選択します。Select .NET Framework 4.5 if it isn’t already selected.
  6. [WCF サービス] を展開します。Expand WCF Services.
  7. 既に選択されていない場合は [HTTP アクティブ化] を選択します。Select HTTP Activation if it isn’t already selected.
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従ってインストールを完了します。Click Next and follow the prompts to finish the installation. 問題が発生した場合は、「 Troubleshoot Your Orchestrator Installation」に説明されている問題を確認してください。If you have problems, check the issues covered in Troubleshoot Your Orchestrator Installation.

仮想化Virtualization

仮想化されたオペレーティング システムでの Orchestrator の展開と実行は、完全にサポートされています。Deploying and running Orchestrator on a virtualized operating system is fully supported. ソフトウェア要件は、上の一覧にあるものと同じです。The software requirements are the same as those listed above. また、Microsoft Azure 内で稼働している仮想化されたサーバー上で、任意の Orchestrator ロールを実行することもできます。Any of the Orchestrator roles can also be run on a virtualized server running in Microsoft Azure.

System Center 2016 - Orchestrator のシステム要件System requirements for System Center 2016 - Orchestrator

次のセクションでは、System Center 2016 - Orchestrator のパフォーマンスとスケーラビリティに関する一般的なガイドを提供し、さまざまなワークロードのためのハードウェア構成をお勧めしています。The following sections describe general performance and scalability guidance for System Center 2016 - Orchestrator, and recommends hardware configurations for a variety of workloads. System Center 2016 が柔軟かつスケーラブルになるように構築されているとき、特定のシナリオにおける実際のハードウェア要件はここで紹介するガイドラインとは異なる場合があります。As System Center 2016 is built to be flexible and scalable, the actual hardware requirements for specific scenarios may differ from the guidelines that are presented here.

ハードウェアHardware

Orchestrator サーバー ロールOrchestrator Server Role x64 プロセッサ (最小値)x64 Processor (min) メモリ (最小値)Memory (min) ディスク領域 (最小値)Disk space (min)
すべてのサーバー ロールAll server roles 2.1 GHz、デュアル コア CPU2.1 GHz, dual-core CPU 2 GB2 GB 200 MB200 MB

サーバー オペレーティング システムServer operating system

次のバージョンの Windows Server オペレーティング システムがサポートされています。The following versions of Windows Server operating system are supported.

コンポーネントComponent Windows Server 2012 R2 – Standard、DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard, Datacenter Windows Server 2016 Standard、デスクトップ エクスペリエンスを備えたデータセンターWindows Server 2016 Standard, Datacenter with Desktop Experience Windows サーバー コア 2016Windows Server Core 2016
すべてのサーバー ロールAll server roles サポートされていますSupported サポートされていますSupported サポートされませんNot Supported

クライアント オペレーティング システムClient operating system

次のバージョンの Windows クライアント オペレーティング システムが、Orchestrator でサポートされています。The following versions of Windows client operating system are supported for the Orchestrator.

コンポーネントComponent Windows 7Windows 7 Windows 8Windows 8 Windows 8.1Windows 8.1 Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise
Runbook DesignerRunbook Designer サポートされていませんNot supported サポートされませんNot Supported サポートされませんNot Supported サポートされていますSupported

ソフトウェアSoftware

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアが必要です。The following software is required for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • Microsoft SQL Server 2012、2014、または 2016 – Orchestrator では、データベース エンジン サービスで見つかる基本的な SQL Server 機能のみが必要です。Microsoft SQL Server 2012, 2014, or 2016 – Orchestrator requires only the basic SQL Server features found in the Database Engine Service. その他の機能は不要です。No additional features are required. Orchestrator では、照合順序として SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS がサポートされます。Orchestrator supports SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS for collation. インストール ウィザードは SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS を既定の照合順序として使用して、Orchestration データベースを作成します。The installation wizard uses SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS as the default collation to create the orchestration database. 詳細については、「SQL Server」のセクションを参照してください。For more information, see the section on SQL Server.

注意

同じコンピューターにインストールされている Management サーバーと Runbook サーバーは、同じデータベースを使用する必要があります。Management servers and runbook servers installed on the same computer must use the same database. Management サーバーは 32 ビット アプリケーションとして実行する必要があります。The management server must run as a 32-bit application.

  • IIS が有効にされていない場合は、Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator のセットアップで有効にされます。Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator Setup enables IIS if it is not enabled.

  • .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされておらず、有効にされていない場合は、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator セットアップによってインストールされ、有効化されます。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator Setup installs and enables .NET Framework 3.5 SP1 if it is not installed and enabled.

  • Microsoft .NET Framework 4Microsoft .NET Framework 4

  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (SQL 2012/2014/2016 に適用)Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (applies to SQL 2012/2014/2016)

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアをお勧めします。We recommend the following software for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • コンピューターを Active Directory ドメインに参加させます。Join the computer to an Active Directory domain.

注意

Orchestration コンソールを初めて使用するとき、コンピューターに Microsoft Silverlight 4 がまだインストールされていない場合はインストールするように求められます。On first use of the Orchestration console, you are prompted to install Microsoft Silverlight 4 on the computer if it is not already installed.

SQL ServerSQL Server

注意

  • サポートされている SQL のバージョンに対しては、現在 Microsoft によってサポートされているサービス パックを使用してください。For the supported versions of SQL, use the service packs that are currently in support by Microsoft.
  • SQL ALWAYS ONはサポートされていますが、複数のサブネットで構成が行われる場合を除きます。SQL Always ON is supported, except in the cases, where configuration is done on multi subnets.
SQL バージョンSQL version サポートされていますSupported
SQL Server 2008SQL Server 2008 ×N
SQL Server 2012 および各 SP (詳細)SQL Server 2012 and SPs as detailed here Y
SQL Server 2014 および各 SP (詳細)SQL Server 2014 and SPs as detailed here Y
SQL Server 2016 および各 SP (詳細)SQL Server 2016 and SPs as detailed here Y

.Net の要件.Net requirements

Orchestrator サーバー ロールはすべて、セットアップ プログラムを実行するために、.Net 3.5 SP1 が必要です。All Orchestrator server roles require .Net 3.5 SP1 in order to run the setup program. Orchestrator Web サービスには、.Net 4.5 と WCF アクティブ化が必要です。The Orchestrator Web Service requires .Net 4.5 with WCF Activation.

.Net 3.5 SP1 は次の場所でダウンロードできます。You can download .Net 3.5 SP1 at:

WCF アクティブ化をオンにするにはTo turn on WCF activation

  1. Windows のスタート画面で、 [サーバー マネージャー] タイルをクリックします。On the Windows Start screen, click the Server Manager tile.
  2. Server Manager コンソールの [管理] メニューで [役割と機能の追加] をクリックします。On the Manage menu in the Server Manager console, click Add Roles and Features.
  3. [機能] ページに到達するまでウィザードを続行します。Go through the wizard until you reach the Features page.
  4. [.NET Framework 4.5 の機能] を展開します。Expand .NET Framework 4.5 Features.
  5. [.NET Framework 4.5] が選択されていない場合はこれを選択します。Select .NET Framework 4.5 if it isn’t already selected.
  6. [WCF サービス] を展開します。Expand WCF Services.
  7. 既に選択されていない場合は [HTTP アクティブ化] を選択します。Select HTTP Activation if it isn’t already selected.
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従ってインストールを完了します。Click Next and follow the prompts to finish the installation. 問題が発生した場合は、「 Troubleshoot Your Orchestrator Installation」に説明されている問題を確認してください。If you have problems, check the issues covered in Troubleshoot Your Orchestrator Installation.

仮想化Virtualization

仮想化されたオペレーティング システムでの Orchestrator の展開と実行は、完全にサポートされています。Deploying and running Orchestrator on a virtualized operating system is fully supported. ソフトウェア要件は、上の一覧にあるものと同じです。The software requirements are the same as those listed above. また、Microsoft Azure 内で稼働している仮想化されたサーバー上で、任意の Orchestrator ロールを実行することもできます。Any of the Orchestrator roles can also be run on a virtualized server running in Microsoft Azure.

System Center 1807-Orchestrator のシステム要件System requirements for System Center 1807 - Orchestrator

次のセクションでは、System Center 1807-Orchestrator のパフォーマンスとスケーラビリティに関する一般的なガイダンスを提供し、さまざまなワークロードのハードウェア構成をお勧めします。The following sections provide general performance and scalability guidance for System Center 1807- Orchestrator, and recommends the hardware configurations for a variety of workloads. System Center 1807 は柔軟かつスケーラブルに構築されているため、特定のシナリオのハードウェア要件は、ここに記載されているガイドラインとは異なる場合があります。As System Center 1807 is built to be flexible and scalable, the hardware requirements for specific scenarios may differ from the guidelines that are presented here.

ハードウェアHardware

Orchestrator サーバー ロールOrchestrator Server Role x64 プロセッサ (最小値)x64 Processor (min) メモリ (最小値)Memory (min) ディスク領域 (最小値)Disk space (min)
すべてのサーバー ロールAll server roles 2.1 GHz、デュアル コア CPU2.1 GHz, dual-core CPU 2 GB2 GB 200 MB200 MB

サーバー オペレーティング システムServer operating system

次のバージョンの Windows Server オペレーティング システムがサポートされています。The following versions of Windows Server operating system are supported.

コンポーネントComponent Windows Server 2012 R2 – Standard、DatacenterWindows Server 2012 R2 Standard, Datacenter Windows Server 2016 Standard、デスクトップ エクスペリエンスを備えたデータセンターWindows Server 2016 Standard, Datacenter with Desktop Experience Windows サーバー コア 2016Windows Server Core 2016
すべてのサーバー ロールAll server roles サポートされていますSupported サポートされていますSupported サポートされませんNot Supported

クライアント オペレーティング システムClient operating system

次のバージョンの Windows クライアント オペレーティング システムが、Orchestrator でサポートされています。The following versions of Windows client operating system are supported for the Orchestrator.

コンポーネントComponent Windows 7Windows 7 Windows 8Windows 8 Windows 8.1Windows 8.1 Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise
Runbook DesignerRunbook Designer サポートされていませんNot supported サポートされませんNot Supported サポートされませんNot Supported サポートされていますSupported

ソフトウェアSoftware

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアが必要です。The following software is required for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • Microsoft SQL Server 2012、2014、または 2016 – Orchestrator では、データベース エンジン サービスで見つかる基本的な SQL Server 機能のみが必要です。Microsoft SQL Server 2012, 2014, or 2016 – Orchestrator requires only the basic SQL Server features found in the Database Engine Service. その他の機能は不要です。No additional features are required. Orchestrator では、照合順序として SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS がサポートされます。Orchestrator supports SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS for collation. インストール ウィザードは SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS を既定の照合順序として使用して、Orchestration データベースを作成します。The installation wizard uses SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS as the default collation to create the orchestration database. 詳細については、「SQL Server」のセクションを参照してください。For more information, see the section on SQL Server.

注意

同じコンピューターにインストールされている Management サーバーと Runbook サーバーは、同じデータベースを使用する必要があります。Management servers and runbook servers installed on the same computer must use the same database. Management サーバーは 32 ビット アプリケーションとして実行する必要があります。The management server must run as a 32-bit application.

  • IIS が有効にされていない場合は、Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator のセットアップで有効にされます。Microsoft Internet Information Services (IIS) – Orchestrator Setup enables IIS if it is not enabled.

  • .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされておらず、有効にされていない場合は、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator セットアップによってインストールされ、有効化されます。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 - Orchestrator Setup installs and enables .NET Framework 3.5 SP1 if it is not installed and enabled.

  • Microsoft .NET Framework 4Microsoft .NET Framework 4

  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (SQL 2012/2014/2016 に適用)Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE (applies to SQL 2012/2014/2016)

1 台のコンピューターに Orchestrator をフル インストールするには、次のソフトウェアをお勧めします。We recommend the following software for a full installation of Orchestrator on a single computer:

  • コンピューターを Active Directory ドメインに参加させます。Join the computer to an Active Directory domain.

注意

Orchestration コンソールを初めて使用するとき、コンピューターに Microsoft Silverlight 4 がまだインストールされていない場合はインストールするように求められます。On first use of the Orchestration console, you are prompted to install Microsoft Silverlight 4 on the computer if it is not already installed.

SQL ServerSQL Server

注意

  • サポートされている SQL のバージョンに対しては、現在 Microsoft によってサポートされているサービス パックを使用してください。For the supported versions of SQL, use the service packs that are currently in support by Microsoft.
  • SQL ALWAYS ONはサポートされていますが、複数のサブネットで構成が行われる場合を除きます。SQL Always ON is supported, except in the cases, where configuration is done on multi subnets.
SQL バージョンSQL version サポートされていますSupported
SQL Server 2008SQL Server 2008 ×N
SQL Server 2012 および各 SP (詳細)SQL Server 2012 and SPs as detailed here Y
SQL Server 2014 および各 SP (詳細)SQL Server 2014 and SPs as detailed here Y
SQL Server 2016 および各 SP (詳細)SQL Server 2016 and SPs as detailed here Y

.Net の要件.Net requirements

Orchestrator サーバー ロールはすべて、セットアップ プログラムを実行するために、.Net 3.5 SP1 が必要です。All Orchestrator server roles require .Net 3.5 SP1 in order to run the setup program. Orchestrator Web サービスには、.Net 4.5 と WCF アクティブ化が必要です。The Orchestrator Web Service requires .Net 4.5 with WCF Activation.

.Net 3.5 SP1 は次の場所でダウンロードできます。You can download .Net 3.5 SP1 at:

WCF アクティブ化をオンにするにはTo turn on WCF activation

  1. Windows のスタート画面で、 [サーバー マネージャー] タイルをクリックします。On the Windows Start screen, click the Server Manager tile.
  2. Server Manager コンソールの [管理] メニューで [役割と機能の追加] をクリックします。On the Manage menu in the Server Manager console, click Add Roles and Features.
  3. [機能] ページに到達するまでウィザードを続行します。Go through the wizard until you reach the Features page.
  4. [.NET Framework 4.5 の機能] を展開します。Expand .NET Framework 4.5 Features.
  5. [.NET Framework 4.5] が選択されていない場合はこれを選択します。Select .NET Framework 4.5 if it isn’t already selected.
  6. [WCF サービス] を展開します。Expand WCF Services.
  7. 既に選択されていない場合は [HTTP アクティブ化] を選択します。Select HTTP Activation if it isn’t already selected.
  8. [次へ] をクリックして、画面の指示に従ってインストールを完了します。Click Next and follow the prompts to finish the installation. 問題が発生した場合は、「 Troubleshoot Your Orchestrator Installation」に説明されている問題を確認してください。If you have problems, check the issues covered in Troubleshoot Your Orchestrator Installation.

仮想化Virtualization

仮想化されたオペレーティング システムでの Orchestrator の展開と実行は、完全にサポートされています。Deploying and running Orchestrator on a virtualized operating system is fully supported. ソフトウェア要件は、上の一覧にあるものと同じです。The software requirements are the same as those listed above. また、Microsoft Azure 内で稼働している仮想化されたサーバー上で、任意の Orchestrator ロールを実行することもできます。Any of the Orchestrator roles can also be run on a virtualized server running in Microsoft Azure.

次のステップNext steps

Orchestrator のインストールInstall Orchestrator