Web コンソールをアップグレードする方法How to upgrade a Web console

アップグレード プロセスを開始する前に、System Center Operations Manager について、サーバーがサポートされている最小構成を満たしているか確認します。Before you begin the upgrade process, make sure that your server meets the minimum supported configurations for System Center Operations Manager. バージョン 1801 の場合、このプロセスは該当しません。This process is not applicable for version 1801. 詳細については、System Center Operations Manager のシステム要件に関する記事をご覧ください。For more information, see System Requirements for System Center Operations Manager.

注意

Web コンソールをアップグレードすると、Web コンソールがインストールされた後に web.config ファイルに行ったカスタマイズがすべてリセットされます。When you upgrade the web console, any customizations that were made to the web.config file after the web console was installed will be reset. 続行する前にバックアップ コピーを作成します。Make a backup copy before proceeding.

Web コンソールで Secure Sockets Layer (SSL) を有効または無効にするように設定した後に変更を行うと、アップグレード中に SSL の設定がリセットされます。If you made changes after you set up your web console to either enable or disable Secure Sockets Layer (SSL), the SSL settings will be reset during upgrade. 問題を解決するには、次のようにして、Web コンソールをアップグレードする前にレジストリ キーを変更する必要があります。To resolve the issue, you must make changes to the registry key before you upgrade the web console, as follows:

Web コンソール サーバーで SSL を有効または無効にするようにレジストリを設定するにはTo set the registry to enable or disable SSL on the Web console server

  1. ローカル管理者の権限を持つアカウントを使用して Web コンソールにログオンし、デスクトップで [開始][実行] の順にクリックします。Logon on to the web console with an account that has local administrator rights, and on the desktop, click Start, and then click Run.

  2. regedit」と入力し、 [OK] をクリックします。Type regedit, and then click OK. レジストリ エディターが起動します。The Registry Editor starts.

    注意事項

    レジストリを誤って編集すると、システムに重大な障害をもたらす可能性があります。Incorrectly editing the registry can severely damage your system. レジストリを変更する前に、コンピューター上の大切なデータのバックアップを作成するようにしてください。Before you make changes to the registry, you should back up any valued data that is on the computer.

  3. HKey_Local_Machine\Software\Microsoft\System Center Operations Manager\12\Setup\WebConsole\ キーに移動します。Navigate to the HKey_Local_Machine\Software\Microsoft\System Center Operations Manager\12\Setup\WebConsole\ key.

  4. SSL を有効にするには、次のように設定します。To enable SSL, set the following:

    HTTP_GET_ENABLED=0HTTP_GET_ENABLED=0

    BINDING_CONFIGURATION=DefaultHttpsBindingBINDING_CONFIGURATION=DefaultHttpsBinding

  5. SSL を無効にするには、次のように設定します。To disable SSL, set the following:

    HTTP_GET_ENABLED=1HTTP_GET_ENABLED=1

    BINDING_CONFIGURATION=DefaultHttpBindingBINDING_CONFIGURATION=DefaultHttpBinding

Web コンソール サーバーをアップグレードするにはTo upgrade the Web console server

  1. Operations Manager 管理グループの Operations Manager 管理者ロールのアカウントで、Web コンソール サーバーをホストしているコンピューターにログオンします。Log on to the computer that hosts the web console server with an Operations Manager Administrators role account for your Operations Manager management group.

  2. Operations Manager のソース メディアで Setup.exe を実行し、 [インストール] をクリックします。On the Operations Manager source media, run Setup.exe, and then click Install.

    注意

    [はじめに] ページにアップグレードされる項目の情報が表示されます。The Getting Started page displays information about what will be upgraded. アップグレードを続行するには、 [次へ] をクリックします。Click Next to proceed with the upgrade.

  3. [はじめに] の [ライセンス条項をお読みください] ページで、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読み、 [ライセンス条項をよく読み、理解した上で、その条項に同意します] をクリックして、 [次へ] をクリックします。On the Getting Started, Please read the license terms page, read the Microsoft Software License Terms, click I have read, understood, and agree with the license terms, and then click Next.

  4. [インストール先の選択] ページで、既定値をそのまま使用するか、新しい場所を入力または参照します。On the Select installation location page, accept the default value, type in a new location, or browse to one. [次へ] をクリックします。Then click Next.

    注意

    System Center 2016 - Operations Manager の場合、既定のパスは C:\Program Files\Microsoft System Center 2016\Operations Manager です。For System Center 2016 - Operations Manager, the default path is C:\Program Files\Microsoft System Center 2016\Operations Manager. それ以降のすべてのリリース (1801、1807 および 2019) の場合、既定のパスは C:\Program Files\Microsoft System Center\Operations Manager です。For all later releases (1801, 1807 and 2019), the default path is C:\Program Files\Microsoft System Center\Operations Manager.

  5. [前提条件] ページで、前提条件チェッカーが返す警告やエラーを確認して対処してから、 [前提条件を再確認する] をクリックして、システムを再チェックします。On the Prerequisites page, review and address any warnings or errors that the Prerequisites checker returns, and then click Verify Prerequisites Again to recheck the system.

  6. 前提条件チェッカーが警告またはエラーを返さない場合は、 [前提条件][セットアップの続行] ページが表示されます。If the Prerequisites checker does not return any warnings or errors, the Prerequisites, Proceed with Setup page appears. [次へ] をクリックします。Click Next.

  7. [アップグレードの準備完了] ページが表示されたら、アップグレードの概要を確認して、 [アップグレード] をクリックします。When the Ready to Upgrade page appears, review the upgrade summary, and then click Upgrade.

コマンド プロンプトから Web コンソール サーバーをアップグレードするにはTo upgrade the Web console server from the Command Prompt

  1. Operations Manager 管理グループの Operations Manager 管理者ロールのアカウントで、Web コンソール サーバーをホストしているコンピューターにログオンします。Log on to the computer that hosts the web console server with an Operations Manager Administrators role account for your Operations Manager management group.

  2. [管理者として実行] オプションを使って、コマンド プロンプトを開きます。Open a Command Prompt by using the Run as Administrator option.

  3. Operations Manager の Setup.exe ファイルがある場所にパスを変更してから、次のコマンドを実行します。Change the path to where the Operations Manager Setup.exe file is located, and run the following command.

    重要

    Web サイトで SSL (Secure Sockets Layer) が有効に設定されている場合のみ、 /WebConsoleUseSSL を使用してください。Use the /WebConsoleUseSSL parameter only if your website has Secure Sockets Layer (SSL) activated. 既定の Web インストールの場合は、 パラメーターに Default Web Site /WebSiteName を指定してください。For a default web installation, specify Default Web Site for the /WebSiteName parameter.

    setup.exe /silent /AcceptEndUserLicenseAgreement:1 /upgrade
    /WebsiteName: "<WebSiteName>" [/WebConsoleUseSSL]
    /WebConsoleAuthorizationMode: [Mixed|Network]
    

次のステップNext steps