Web コンソールで状態ウィジェットのダッシュボードを作成する方法How to create a dashboard with the State widget in the Web console

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

System Center Operations Manager バージョン 1801 以降では、Web コンソール サーバーに接続しているどのコンピューターでもブラウザーを使用して開くことができる管理グループ用の監視インターフェイスが Web コンソールから提供されています。In System Center Operations Manager version 1801 and higher, the Web console provides a monitoring interface for a management group that can be opened on any computer using any browser that has connectivity to the Web console server. 次の手順では、新しい HTML5 Web コンソールでヘルス状態ウィジェットのダッシュボードを作成する方法について説明します。The following steps describe how to create a dashboard in the new HTML5 web console with the Health State widget.

ダッシュボードへのウィジェットの追加Add widget to dashboard

  1. コンピューターで Web ブラウザーを開いて、「http://<web host>/OperationsManager」と入力します。web host は、Web コンソールをホストしているコンピューターの名前です。Open a web browser on any computer and enter http://<web host>/OperationsManager, where web host is the name of the computer hosting the web console.

  2. Web コンソールの左ペインから [+ 新しいダッシュボード] をクリックします。From the left pane in the Web console, click + New dashboard.

    Web コンソールでの新しいダッシュボードの選択

  3. [新しいダッシュボードの作成] ページで、作成するダッシュボードの名前と説明を入力します。On the Create New Dashboard page, provide a name and description for the dashboard you want to create.

    新しいダッシュボードの名前と説明の入力

  4. 既存の封印されていない管理パックでダッシュボードを保存できます。それには、 [管理パック] ドロップダウン リストから管理パックを選択します。あるいは、新しい管理パックを作成してダッシュボードを保存できます。新しい管理パックを作成するには、 [管理パック] ドロップダウン リストの隣にある [新規] をクリックして、名前、説明、および必要に応じてバージョン番号を入力します。You can save the dashboard in an existing unsealed management pack by selecting the management pack from the Management Pack drop-down list or you can save the dashboard by creating a new management pack by clicking New next to the Management Pack drop-down list and provide a name, description and optionally a version number.

    新しい管理パックの名前と説明の入力

  5. 新しいダッシュボードの保存場所を指定したら、 [OK] をクリックします。When you have completed specifying where to save the new dashboard to, click OK.

  6. 新しいダッシュボードの名前と説明を入力したら、 [保存] をクリックします。Click Save after providing a name and description for the new dashboard.

  7. 空のダッシュボードのページ上部に、ダッシュボードの名前、 [ウィジェットの追加][ダッシュボードの編集][ダッシュボードの削除] および [View in fullscreen](全画面表示) オプションが表示されます。On the blank empty dashboard, you see the dashboard name, Add Widget, Edit Dashboard, Delete dashboard and View in fullscreen options on the top of the page.

    新しいダッシュボード キャンバス

  8. [ウィジェットの選択] ボックスから [State Widget](状態ウィジェット) を選択します。Select State Widget from the Select Widget drop-down list.

  9. [State widget](状態ウィジェット) ウィンドウで、 [グループ] または [クラス] をクリックしてウィジェットの範囲を選択します。In the State widget pane, select scope for the widget by clicking either Groups or Class.

    状態ウィジェットの範囲の選択

    選択したいずれかのオプションについて、一覧のキーワード検索を実行できます。For either option selected, you can search by keyword in the list. 入力していくと、入力に基づいて一覧がフィルター処理されます。As you begin typing, the list filters based on your input. 返される結果からグループまたはクラスを個別または複数選択することができます。You can select an individual group or class or multiple from the returned results.

  10. 表示するヘルス状態を識別する条件を設定します。Set the criteria to identify the health state to display. 以下を選択してフィルターすると、結果を絞り込むことができます。To narrow the results, you can filter by selecting the following:

    • すべてのヘルス状態または特定の状態を条件とするBy all health states or a specific state
    • すべてのオブジェクトまたはメンテナンス モードのオブジェクトのみを表示するDisplay all objects or only those in maintenance mode

    定義した条件に一致するデータのみがウィジェットに表示されます。Data matching the defined criteria will only be displayed in the widget.

    アラート ウィジェットの条件の設定

  11. [表示] を選択して、ダッシュボードに表示する列を選択します。Select Display to choose the columns to be displayed in the dashboard. ドロップダウン リストから列を選択または検索できます。You can select or search for the columns from the drop-down list.

  12. ウィジェットの [名前][説明][Widget refresh interval](ウィジェット更新間隔) (既定の間隔は 5 分) を入力して、構成を完了します。Complete the configuration by providing a Name, Description and Widget refresh interval (default interval is 5 minutes) for the widget. [Save Widget](ウィジェットの保存) をクリックして新しいダッシュボードを保存します。Click Save Widget to save your new dashboard.

ウィジェットが作成されると、定義された範囲と条件に基づいてオブジェクトのヘルス状態が表示されます。After the widget has been created, it displays health state of the objects based on the scope and criteria defined. ウィジェットのヘッダーには状態ウィジェットの名前とオブジェクトの数が表示されます。You see the name of the state widget along with the number of objects in the header of the widget. フィルター ボックスでのキーワード検索によって、ウィジェットでオブジェクトをフィルター処理することもできます。Objects can also be filtered in the widget by searching for a keyword in the filter box.

ダッシュボードの状態ウィジェットの完成例

ウィジェットでオブジェクトを選択すると、監視オブジェクトの詳細ページが表示され、そこからは以下を表示できます。When you select an object in the widget, it presents the Monitoring Object details page and from here you can view:

  • オブジェクト インスタンスに対して報告される検出されたインベントリDiscovered inventory reported for the object instance
  • 生成されたアラートAlerts generated
  • パフォーマンス メトリックPerformance metrics
  • クラスClasses
  • ターゲット デバイスまたはシステムで実行されているルールとモニターの有効な構成Effective configuration of the rules and monitors running on the target device or system

監視対象オブジェクトの詳細ページ

有効な構成機能について詳しくは、「View configuration of a monitored object」(監視対象オブジェクトの構成を表示する) をご覧ください。To learn more about the effective configuration feature, see View configuration of a monitored object.

状態ウィジェットでのアクションActions on State widget

ウィジェットで選択した 1 つまたは複数の監視対象オブジェクトに対して、次のようなアクションを実行できます。For one or more monitored objects selected in the widget, you can perform such actions as:

  • 詳細分析のために Excel にアラートをエクスポートするExport the alerts to Excel for further analysis
  • 列を含めたり除外したりすることで、アラートを表示する方法やアラートをグループ化する方法を変更し、自分のニーズに合わせてカスタマイズするModify how the alerts are presented by included or excluding columns or how to group alerts, customized to your personal needs

これらのアクションを実行するには、ウィジェットをポイントして、ウィジェットの右上隅の省略記号 [...] をクリックします。To perform these actions, hover your mouse over the widget and click on the ellipse ... on the top right corner of the widget. これにより、ウィジェットの利用可能な操作が表示されます。This will display actions available for the widget.

  • [Export to Excel](Excel にエクスポート) を選択して、アラート データを Excel ファイルにエクスポートします。Select Export to Excel to export the alert data to an Excel file.
  • [個人用設定] を選択して、表示する列の選択を変更したり、アラートをグループ化したりします。Select Personalize to change your selection of columns to be displayed or to group alerts. 変更を完了したら、 [Save personalization](個人用設定の保存) をクリックします。Click Save personalization when you have completed making your changes.

次のステップNext steps

トポロジ ウィジェットで新しい Web コンソールにダッシュボードを作成する方法については、「Web コンソールでトポロジ ウィジェットのダッシュボードを作成する方法」を参照してください。To learn how to create a dashboard in the new web console with the Topology widget, see How create a dashboard with the Topology widget in the Web console