ネットワーク デバイス検出の設定Network device discovery settings

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

System Center Operations Manager には、ネットワーク デバイスの検出を構成するために使用できる設定がいくつかあります。System Center Operations Manager offers a number of settings that you can use to configure discovery of network devices. 次の表は、利用可能な設定とネットワーク デバイスの検出ウィザードでそれらをどのように構成するかをまとめたものです。The following table explains the available settings and how to configure them in the Network Devices Discovery Wizard.

SettingSetting 場所Location Notes
名前または IP アドレスName or IP address [デバイス] ページ、 [追加] ボタンDevices page, Add button 完全修飾ドメイン名 (FQDN)、または IPv4 アドレスのいずれかを入力します。Enter either a fully qualified domain name (FQDN) or an IPv4 address. Operations Manager は、再帰的検出で IPv6 アドレスを使用している接続デバイスを特定できますが、最初に検出されるデバイスは IPv4 アドレスを使用しているデバイスでなければなりません。Operations Manager can identify connected devices in a recursive discovery that use an IPv6 address; however, the initial device that is discovered must use an IPv4 address.
アクセス モードAccess mode [デバイス] ページ、 [追加] ボタンDevices page, Add button [ICMP および SNMP][ICMP] 、または [SNMP] のいずれかを選択します。Select either ICMP and SNMP, ICMP, or SNMP. これにより、検出と監視の両方に使用されるプロトコルが指定されます。This specifies the protocol that will be used for both discovery and monitoring. [ICMP および SNMP] を選択した場合は、両方のプロトコルでデバイスにアクセスできる必要があります。アクセスできない場合は、検出に失敗します。If you select ICMP and SNMP, the device must be accessible by both protocols, or discovery will fail.
SNMP バージョンSNMP version [デバイス] ページ、 [追加] ボタンDevices page, Add button [v1 または v2] または [v3] のいずれかを選択します。Select either v1 or v2 or v3. SNMP v1 と v2 のデバイスでは、同じ実行アカウントを使用できます。SNMP v1 and v2 devices can use the same Run As account. SNMP v3 のデバイスには、異なる形式の実行アカウントが必要です。SNMP v3 devices require a different format Run As account.
ポート番号Port number [デバイス] ページ、 [追加] ボタンDevices page, Add button 既定のポート番号は 161 です。The default port is 161. 別のポートを使用するネットワーク デバイスを検出する場合には、この値を変更します。You can change this value if you are discovering a network device that uses another port.
実行アカウントRun As account [デバイス] ページ、 [追加] ボタンDevices page, Add button メニューで利用可能なアカウントは、 [SNMP バージョン] ボックスでの選択を基にして表示されます。The available accounts in the menu are populated based on your selection in the SNMP version box. 適切な実行アカウントは、[ SNMPバージョンRun As Account] のいずれかを選択します。You can create the appropriate Run As account by clicking Add SNMPversionRun As Account.
再試行回数Number of retry attempts [デバイス] ページ、 [検出の詳細設定] ボタンDevices page, Advanced Discovery Settings button この設定には、検出の失敗を報告するまでに管理サーバーがネットワーク デバイスへ接続を試みる回数を指定します。This setting specifies how many times the management server should attempt to contact the network device before reporting that discovery failed.
ICMP タイムアウト (ミリ秒)ICMP time-out (in milliseconds) [デバイス] ページ、 [検出の詳細設定] ボタンDevices page, Advanced Discovery Settings button [アクセス モード][ICMP および SNMP] または [ICMP] が指定されている場合、管理サーバーは pingを使用してネットワーク デバイスとの通信を試みます。If you specify ICMP and SNMP or ICMP for Access mode, the management server attempts to contact the network device by using ping. 既定の設定は、1500 ミリ秒 (1.5 秒) です。The default setting is 1500 milliseconds (1.5 seconds).
SNMP タイムアウト (ミリ秒)SNMP time-out (in milliseconds) [デバイス] ページ、 [検出の詳細設定] ボタンDevices page, Advanced Discovery Settings button [アクセス モード][ICMP および SNMP] または [SNMP] を指定すると、管理サーバーは SNMP を使用してネットワーク デバイスとの通信を試みます。If you specify ICMP and SNMP or SNMP for Access mode, the management server attempts to contact the network device by using SNMP. 既定の設定は、1500 ミリ秒 (1.5 秒) です。The default setting is 1500 milliseconds (1.5 seconds).
検出するデバイスの最大数Maximum number of devices to discover [デバイス] ページ、 [検出の詳細設定] ボタンDevices page, Advanced Discovery Settings button この設定は再帰的検出中に適用され、検出するデバイス数を制限します。This setting applies during recursive discovery and sets a limit on the number of devices to discover. 既定は 1500 です。The default is 1500. 1500 個を超えるデバイスが検出されることが分かっている場合は、この設定を変更する必要があります。If you know you are going to discovery more than 1500 devices, you must change this setting.
IP アドレスの範囲IP address range [一致フィルター] ページ、 [追加] ボタン (再帰的検出のルールを構成する場合)Include Filters page, Add button, when configuring a recursive discovery rule このフィールドを使用して、再帰的検出を指定条件に一致する IP アドレスに制限します。Use this field to limit the recursive discovery to IP addresses that meet the specified criteria. このフィールドにはワイルドカードの形式を使用できます。This field uses a wildcard format.

たとえば、192.168.1. と入力すると、検出ルールは 192.168.1.1 と 192.168.1.255 間にある IP アドレスを使用するデバイスを検出します。For example, if you enter 192.168.1., the discovery rule discovers devices that use any IP address between 192.168.1.1 and 192.168.1.255.

192.168.1.<1-140> と入力すると、検出ルールは 192.168.1 と 192.168.140 間にある IP アドレスを使用するデバイスを検出します。If you enter 192.168.1.<1-140>, the discovery rule discovers devices that use any IP address between 192.168.1 and 192.168.140.
含まれるデバイスの種類Included device types [一致フィルター] ページ、 [追加] ボタン (再帰的検出のルールを構成する場合)Include Filters page, Add button, when configuring a recursive discovery rule 選択したデバイスのすべてが再帰的検出に含まれます。Any devices that you select are included in the recursive discovery. 検出したくないデバイスの種類の選択をクリアします。Clear the selection for any type of device that you do not want discovered.
次のシステム属性 (OID) を持つネットワーク デバイスのみを含める - 名前Include only network devices with the following system attributes (OIDs) - Name [一致フィルター] ページ、 [追加] ボタン (再帰的検出のルールを構成する場合)Include Filters page, Add button, when configuring a recursive discovery rule ここに値を入力すると、名前が一致するデバイスだけが検出されます。If you enter a value here, only devices with a matching name are discovered. このフィールドではワイルドカードの形式が使用できます。This field allows a wildcard format.
次のシステム属性 (OID) を持つネットワーク デバイスのみを含める - オブジェクト ID (OID)Include only network devices with the following system attributes (OIDs) - Object ID (OID) [一致フィルター] ページ、 [追加] ボタン (再帰的検出のルールを構成する場合)Include Filters page, Add button, when configuring a recursive discovery rule ここに値を入力すると、OID が一致するデバイスだけが検出されます。If you enter a value here, only devices with a matching OID are discovered. このフィールドではワイルドカードの形式が使用できます。This field allows a wildcard format.
次のシステム属性 (OID) を持つネットワーク デバイスのみを含める - 説明Include only network devices with the following system attributes (OIDs) - Description [一致フィルター] ページ、 [追加] ボタン (再帰的検出のルールを構成する場合)Include Filters page, Add button, when configuring a recursive discovery rule ここに値を入力すると、説明が一致するデバイスだけが検出されます。If you enter a value here, only devices with a matching description are discovered. このフィールドではワイルドカードの形式が使用できます。This field allows a wildcard format.
IP アドレスまたはホスト名IP Address or Host Name [除外フィルター] ページ、 [追加] ボタン (再帰的検出のルールを構成する場合)Exclude Filters page, Add button, when configuring a recursive discovery rule 完全修飾ドメイン名 (FQDN)、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレスのいずれかを入力して検出から除外します。Enter either a fully qualified domain name (FQDN), an IPv4 address, or an IPv6 address to exclude from discovery. 複数の IP アドレスを個々に追加できます。You can add multiple IP address individually.

IP アドレス範囲のワイルドカード マッチングWildcard matching for IP address range

ワイルドカードのパターン マッチングは、左から右に、一字ごと、または基本ワイルドカードパターンごとに行われます。Wildcard pattern matching is done from left to right, one character or basic wildcard pattern at a time. パターンと受信文字列は、完全に一致する必要があります。たとえば、 abc というパターンと abcdという文字列は一致しません。The pattern and the incoming string must match exactly, so for example, the pattern abc does not match the string abcd. 合成パターンは、アンパサンド (&) または チルダ (~) で区切られた基本パターンからなります。Compound patterns consist of basic patterns separated by an ampersand (&) or a tilde (~). 合成パターンの最初の文字がアンパサンドまたはチルダの場合、先頭にアスタリスクがあるかのように解釈されます。If the first character of a compound pattern is an ampersand or tilde, it is interpreted as if there were an asterisk at the beginning. たとえば、~[0-9] というパターンには、数字を含まない任意の文字列が一致します。For example, the pattern ~[0-9] matches any string that does not contain a digit. 末尾のアンパサンドは、空の文字列とだけ一致し、末尾のチルダは "空の文字列以外" を意味します。A trailing ampersand can only match an empty string, and a trailing tilde indicates "except for an empty string."

空白は重要な文字で、一致の対象となります。Spaces are significant characters, and are subject to matching.

ワイルドカードには、次のようなパターンがあります。The wildcard patterns consist of the following.

文字Character [説明]Description Example
?? 任意の 1 つの文字を一致と見なします。Matches any single character Example?.com は、Example1.com や Example2.com を一致と見なしますが、Example01.com は一致と見なしません。Example?.com matches Example1.com and Example2.com, but not Example01.com
* 0 個以上の文字を一致と見なします。Matches zero or more characters Example*.com は、example.com、example1.com、examplereallylong.com を一致と見なしますExample*.com matches example.com, example1.com, and examplereallylong.com
[set][set] セット内の任意の 1 文字を一致と見なします。最初の文字がキャレット (^) である場合は、セット内にない任意の文字を一致と見なします。Matches any single character in set, or if the first character ^, it matches any character not in set.

ハイフンは範囲を示します。A hyphen indicates a range. 最初の位置にないキャレット (^)、最初または最後の位置にあるハイフンは特に意味はありません。A caret (^) not in the first position, and a hyphen in the first or last position has no special meaning.
Ex[abc]mple は、Example、Exbmple、Excmple を一致と見なします。Ex[abc]mple matches Example, Exbmple, and Excmple.

Ex[^abc]mple は、Example、Exbmple、Excmple を一致とは見なしませんが、ExZmple を一致と見なします。Ex[^abc]mple does not match Example, Exbmple, and Excmple, but does match ExZmple

Ex[0-9] は、Ex とそれに続く任意の 1 桁の数字を一致と見なします。Ex[0-9] matches Ex followed by a single digit.
n1 以上、n2 以下の負でない任意の整数を一致と見なします。Matches any integer greater than or equal to the non-negative n1 and less than or equal to the non-negative n2. n1 または n2 を省略すると、限界がないことを意味します。Omitting n1 or n2 indicates no bound 10.193.220.<1-25> は、10.193.220.1 ~ 10.193.220.25 のすべての IP アドレスを一致と見なします。10.193.220.<1-25> matches all IP addresses between 10.193.220.1 and 10.193.220.25 inclusive.

<10-> は、10 以上の任意の桁数の数字を一致と見なします。<10-> matches any string of digits greater than or equal to 10.

<1-10>* は、1 から 10 までの任意の数と、それに続く文字列、1、20x、5z などを一致と見なします。11 は 1 から 10 の間の数ではないので、一致と見なしません。<1-10>* Matches any number between 1 and 10 with an option following character such as 1, 20x, 5z, but it does not match 11 since that is not a number between 1 and 10.
|| どちらか一方Alternative matches AB|DC は、AB または DC を一致と見なします。AB|DC matches either AB or DC

ABC| は ABC または空の文字列を一致と見なします。ABC| matches either ABC or an empty string
|エスケープ文字|Escape character
\|(,)、[,]、<、> のエスケープ文字\|Escape character for (,), [,], <, and > \\(A\\) は (A) を一致と見なします。\\(A\\) matches (A)
& 両方を兼ねるAnd also *NY*ROUTER は、NY と ROUTER を含むすべての文字列を一致と見なします。*NY*ROUTER matches all strings containing NY and ROUTER

<1-100>&*[02468] は、1 から 100 の間のすべての偶数を一致と見なします。<1-100>&*[02468] matches all even numbers between 1 and 100.

*A*|*B*&*C* は、A または B のどちらかと C を含む文字列を一致と見なします。*A*|*B*&*C* matches strings that contain either an A or a B, and also a C.
~ 除くExcept 10.20.30.* から 10.20.30.50 は、10.20.30.50 を除く、10.20.30 上のすべてのホストを一致と見なします。10.20.30.*~10.20.30.50 matches all hosts on 10.20.30 except for 10.20.30.50.

*Router*~*Cisco*&*10.20.30.<5-10> は、10.20.30.5 と 10.20.30.10 の間のアドレスを持つ Cisco 以外のルーターを一致と見なします。*Router*~*Cisco*&*10.20.30.<5-10> matches routers except Cisco routers with the addresses between 10.20.30.5 and 10.20.30.10.

VLAN タグの構成Configuring a VLAN tag

個々の仮想ローカル エリア ネットワーク (VLAN) を区別するには、ネットワーク検出ルールを実行する各管理サーバー上で vlan-tag-settings.conf ファイルを編集して、VLAN のタグを編集します。To differentiate between VLANs, you can configure a tag for a virtual local area network (VLAN) by editing the vlan-tag-settings.conf file on each management server that runs a network discovery rule. Vlan-tag-settings.conf は、 \Server\NetworkMonitoring\conf\discoveryにある Operations Manager のインストール ディレクトリに格納されています。Vlan-tag-settings.conf is located in the Operations Manager installation directory in \Server\NetworkMonitoring\conf\discovery.

VLAN タグを構成するにはTo configure a VLAN tag

  1. ネットワーク検出ルールを実行する各管理サーバー上で、テキスト エディターを使って vlan-tag-settings.conf ファイルを開きます。On each management server that runs a network discovery rule, open vlan-tag-settings.conf in a text editor.

  2. ファイルに次の文字列を追加します。Add the following text to the file. ワイルドカード マッチングを使用できます。You can use wildcard matching.

    config name
    match Type type
    match Description text to match
    settings VLAN_Provisioning_Setting
    param Tag tag name
    
  3. vlan-tag-settings.conf を保存します。Save vlan-tag-settings.conf.

次のコマンドは、"Cisco" で始まる説明を含むすべてのスイッチで使用する VLAN タグ "LDSwitch" を構成した例です。The following is an example of the configuration of a VLAN tag "LDSwitch" to be used for all switches that have a description that starts with "Cisco":

config LanceSwitch
match Type SWITCH
match Description Cisco*
settings VLAN_Provisioning_Setting
param Tag LDSwitch