Java アプリケーションの監視Monitoring Java applications

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

System Center - Operations Manager の Java アプリケーション パフォーマンス監視 (APM) を使うと、Java アプリケーションを監視し、アプリケーションのパフォーマンスおよび例外イベントの詳細を取得して、問題の根本原因の特定に役立てることができます。Java Application Performance Monitoring (APM) in System Center - Operations Manager lets you monitor Java applications to get details about application performance and exception events that can help you determine the root causes of problems. Java アプリケーション パフォーマンス監視用 System Center 管理パックを使うと、Operations Manager Application Advisor で Java アプリケーションのパフォーマンスおよび例外イベントを監視できます。The System Center Management Pack for Java Application Performance Monitoring lets you monitor Java application performance and exception events by using Operations Manager Application Advisor. Operations Manager Application Advisor を使うと、パフォーマンス イベントのメソッドおよびリソース タイミング、例外イベントのスタック トレース、Java 特有のイベント (Average Request Time、Requests Per Second、JVM Memory、Class Loader など) を調査し、標準のアプリケーション パフォーマンス監視レポートを実行することができます。With Operations Manager Application Advisor, you can investigate method and resource timing for performance events, stack traces for exception events, Java-specific counters for events (such as Average Request Time, Requests Per Second, JVM Memory, and Class Loader), and run some of the standard Application Performance Monitoring reports. また、Java アプリケーション サーバー カウンターの Operations Manager レベルのアラートを取得できます。Additionally, you get Operations Manager level alerting on Java application server counters. Microsoft ダウンロード センターから Java アプリケーション パフォーマンス監視用管理パックをダウンロードしてください。Download the Management Pack for Java Application Performance Monitoring from the Microsoft Download Center.

Java アプリケーション パフォーマンス監視は、.NET アプリケーション パフォーマンス監視と多くの概念を共有します。Java Application Performance Monitoring shares many concepts with .NET Application Performance Monitoring. ただし、オブジェクト階層、オーバーライドやアラートの作業方法 (Java アプリケーション パフォーマンス監視には、作成機能および構成テンプレートがないため、管理パックのオーバーライドにより構成を変更します)、サーバー レベルの情報は Java アプリケーション パフォーマンス監視レポートでは処理されないなど、いくつかの重要な相違点があります。However, there are some important differences, including: object hierarchy, the method for working with overrides and alerting (Java Application Performance Monitoring has no authoring and configuration template, so you change configurations with management pack overrides), and sever-level information is not handled in Java Application Performance Monitoring reports.

サポートされている構成Supported configurations

Java アプリケーション パフォーマンス監視用管理パックには、Windows Server 2012 R2 および Operations Manager が必要です。The Management Pack for Java Application Performance Monitoring requires Windows Server 2012 R2 and Operations Manager.

サポートされている構成:Supported configurations:

  • Tomcat 5、Tomcat 6、および Tomcat 7Tomcat 5, Tomcat 6, and Tomcat 7

    • WindowsWindows

    • LinuxLinux

  • Java JDK 5、Java JDK 6Java JDK 5, Java JDK 6

  • Web テクノロジWeb Technologies

    • GenericServletGenericServlet

    • StrutsStruts

    • Struts2Struts2

    • Axis2Axis2

[前提条件]Prerequisites

Java アプリケーション パフォーマンス監視用管理パックを実行するには、Java Enterprise Edition (JEE) 用管理パックが詳細監視用に構成されている必要があります。To run the Management Pack for Java Application Performance Monitoring, you must have the Management Pack for Java Enterprise Edition (JEE) configured for deep monitoring. この管理パックは、JEE アプリケーション サーバーを監視し、初期アプリケーション レベルの検出を提供します。This management pack monitors JEE application servers and provides initial application level discovery. 詳細については、「 How to Configure Monitoring for Java Applications 」、および Microsoft ダウンロード センターから Java アプリケーション パフォーマンス監視用管理パックをダウンロードしてください。For more information, see How to Configure Monitoring for Java Applications and the Management Pack Guide for JEE for your particular type of application server, available on the Microsoft Download Center.

Java アプリケーションの監視方法How to monitor Java applications

新しい Java アプリケーションを学習している場合、Java アプリケーション パフォーマンス監視を使用してベースライン値を取得してから、徐々に展開を拡大します。When you have a new Java application that you are learning about, you use Java Application Performance Monitoring to get baseline measures before you gradually scale up deployment. ここでは、新しいアプリケーションの理解に役立ついくつかの基本的な設定について説明します。Here are some settings to start with that helps you get to know your new application. さらに、運用環境に実装する前に、テスト環境または開発環境で監視を開始して、ベースライン構成を確立することをお勧めします。In addition, it is ideal that you begin monitoring in a test or development environment to establish a baseline configuration before implementing in production.

新しいアプリケーションの監視設定Monitoring settings for a new application

次に説明する新しい Java アプリケーションを監視するための方針は、環境やユーザーに対するアプリケーションの動作を理解するのに役立ちます。Following this strategy for monitoring a new Java application will help you get to know how the application behaves within your environment and for your customer.

単純な監視対象システムと短期的な設定により監視を開始するStart monitoring with a simple monitored system and short-term settings

まず単純な構成から始めて、1 つのサーバーの 1 つのアプリケーションを監視します。First, keep the configuration simple: monitor one application on one server. 次に、新しいアプリケーションの監視のために Java アプリケーション パフォーマンス監視を初めて構成するときに、傾向を把握するのに十分な期間にわたってその設定を維持するように計画を立てます。Second, when you first configure Java Application Performance Monitoring to monitor a new application, plan to keep the settings you implement long enough for you to understand some trends. 1 日分に相当するデータにより、アプリケーションのパフォーマンスと使用パターンについて把握できるはずです。A day's worth of data should provide you with insight into the performance and usage patterns of the application.

既定の設定と特定の設定を使用してベースライン パフォーマンスを確立するEstablish baseline performance using default settings and some specific settings

通常、既定の設定をそのまま利用することになります。Usually, you will want to keep default settings. 既定の設定により、アプリケーションの大きな問題を把握しながら、監視対象となるアプリケーションへの影響を最小限に抑えることができます。The default settings ensure that you will see any large issues with the application and keep the impact on the monitored application at a minimum.

パフォーマンス イベントや例外イベントが発生していない場合、次の手順を使用してベースライン パフォーマンスがどのようなものか大まかに把握できます。If you are not getting any performance or exception events raised, you can use the following steps to get a feel for what the baseline performance looks like.

監視を開始する際に、以下のように設定を調整できます。To begin monitoring, here are some settings you might want to adjust as noted here:

  • パフォーマンスのしきい値を下げます。Lower the thresholds for performance. これにより、アプリケーションの現在のパフォーマンス特性がどのようなものかを確認することで、ベースライン パフォーマンスの基準を定義できます。This helps you establish a baseline performance measure by seeing what the current performance characteristics of the application are. パフォーマンスのしきい値の詳細については、「 How to Configure Monitoring for Java Applications」を参照してください。For more information about performance thresholds, see How to Configure Monitoring for Java Applications.

  • すべての例外を調べます。Examine all exceptions. どのような例外がスローされているのか理解する必要があります。You need to know what kinds of exceptions are being thrown. 既知の例外ハンドラーを使用した場合、受信する例外が制限されます。Using known exception handlers limits the exceptions you will receive.

これにより、長期的な監視に必要なものよりはるかに多いデータが収集される場合があります。This can result in signifcant data, more than you would want for long-term monitoring. 当初、このデータ量は、顧客のシステムの利用動向や、通常のパフォーマンス状態などの傾向を確認するために役立ちます。Initially, this amount of data will be helpful as you will see trends, such as the kinds of paths customers are taking through the system and what normal performance looks like.

データ収集が完了したら、アプリケーションのパフォーマンス分析などの Application Advisor レポートを使用し、監視対象のアプリケーションの状態を確認します。With the data collection complete, use the Application Advisor reports, such as Application Performance Analysis, to see how the monitored applications are looking. このレポートを使用し、システムで最も負荷の高い (最も長時間にわたる) 呼び出しの平均時間と、要求の処理に費やされる最長時間を確認できます。Using the report you will see what the average duration is for the heaviest (longest running) calls through the system as well as the maximum amount of time spent processing requests. これにより、実際のアプリケーション パフォーマンスに基づいてカスタマイズされたスマートなしきい値を設定できます。This allows you to set customized smart thresholds based on real application performance. また、他の関数よりも高速で実行されている関数も確認でき、重大なメソッドに対して特定の Web ページ、Web メソッド、およびの関数のトランザクションを作成し、アプリケーション全体よりも厳しい SLA に従って応答させることができます。You will also see which functions are running faster than others, and you can create specific web page, web method, and function transactions for the critical methods so that you can ensure they are responding under a tighter SLA than the application as a whole. レポート表示の詳細については、「 Prioritizing Alerts by Using Application Advisor」の Application Advisor レポートのスコープ設定方法および実行方法を参照してください。For more information on viewing reports, see how to scope and run an Application Advisor report in Prioritizing Alerts by Using Application Advisor.

設定の調整およびベースラインとの比較Adjust settings and compare to the baseline

ベースライン パフォーマンス基準を定義したあとは、設定の調整を始めて、発生している例外の種類を検出できるように監視を調整します。Once you have established a baseline performance measure, begin to adjust the settings to tune the monitoring so it catches the kinds of exceptions that are being raised. 例外をすべて報告することで、アラートを受信すべき例外をキャッチしている既定の例外ハンドラーがアプリケーションにあるかどうかが分かります。By reporting all exceptions, you will see if there are any default exception handlers in the application that are catching exceptions for which you would prefer receiving alerts. 取得されるデータは調整のたびにより有意なものとなり、少数になります。The data you get will be more meaningful and lower in volume with each adjustment.

  • 収集したデータに基づいてカスタム設定を削除し、しきい値を設定します。Remove the custom settings and set thresholds based on the data collected.

  • アプリケーション外部への例外の送信を防ぐ "キャッチオール" ハンドラーに、あらゆるアプリケーション レベル用の例外ハンドラーを追加します。Add exception handlers for any application level "catch all" handlers that keep exceptions from going outside the application.

  • アプリケーション全体よりも高レベルの SLA に従う必要がある一般的なメソッドのパフォーマンスを監視するために、特化したトランザクションをモニターに追加します。Add specialized transactions to monitor the performance of common methods that should be held to a stronger SLA than the application as a whole.

新しいデータをベースラインと比較します。Compare the new data to your baseline. たとえば、実際の平均応答時間を確認できるようになります。You will begin to see the real average response time, for instance. これによりアプリケーションが送信するさまざまなパフォーマンス例外を把握できるため、名前空間をすべて監視する代わりに、必要な特定の名前空間を追加できます。Now that you know the various performance exceptions the application is sending, you can add the specific namespaces you want rather than monitoring all namespaces. アプリケーションは測定されたパフォーマンス レベルに基づいて監視されるように構成され、正常なレベルから外れるとアラートが生じます。Your application will be configured to be monitored based on the observed performance levels and will be alerted if things move outside of normal levels.

より多くの監視対象サーバーにアプリケーションを徐々に展開するGradually deploy the application to more monitored servers

新しい監視構成でアプリケーションをしばらく監視したあと、アプリケーションが正常だと判断される場合は、アプリケーションを実行して監視しているサーバーの数をたとえば 1 から 10 に増やします。After monitoring the application for a time with the new monitoring configuration, when you feel your application is healthy, increase the number of servers you are running the application on and monitoring from one to 10, for example. そのレベルで正常に実行することが確認できたら、より多くのサーバーに徐々に展開と監視を拡張します。Once you have it running healthy at that level, increase the deployment and monitoring to more servers, and so on. この段階的なロールアウトのアプローチにより、アプリケーションの監視の信頼度を高め、システムのヘルスを保証できます。This gradual rollout approach will help you gain confidence in the monitoring for that application and help ensure the health of your system.

この情報を利用してオペレーターができることWhat the operator can do with this information

オペレーターはこの基本情報を利用し、問題がアプリケーションまたはインフラストラクチャのどこに起因するのかをより明確に把握し、開発チームだけが解決できるのか、それともオペレーターが自分で直接対処できるのかを判断することができます。Using this basic information, the operator can have a better idea where the problem is with the application or with the infrastructure and know whether it is something only to the development team can fix or the operator can address directly.

次のステップNext steps

Java アプリケーションの監視の構成について詳しくは、「Java アプリケーションの監視の構成方法」をご覧ください。For details about configuring monitoring of Java applications, see How to Configure Monitoring for Java Applications.