管理パック ライフサイクルManagement Pack Lifecycle

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

System Center - Operations Manager は、アプリケーションとサービスの監視設定が含まれる管理パックを使用します。System Center - Operations Manager uses management packs contain monitoring settings for applications and services. 管理パックには、監視するアプリケーションまたはテクノロジに関して知る必要があることと、知る必要がないことがすべて定義されていなければなりません。Ideally, a management pack tells you everything you want to know about the application or technology that you are monitoring and nothing that you do not want to know. 管理パックは、ほとんどの環境で効果的に監視を行えるように設計されていますが、組織で必要とされる監視結果が得られるように各管理パックをテスト、調整、準備する必要があります。Management packs are designed to provide a useful monitoring experience for most environments, however you will want to test, tune, and tailor each management pack to provide optimal results for your organization's needs.

以下の表に示している管理パックのライフ サイクルは、管理パック使用のための推奨アプローチです。The management pack lifecycle, described in the following table, is the recommended approach to using management packs. 表の次のセクションでは、各段階の詳細を説明します。The sections following the table provide details for each stage.

段階Stage [説明]Description
運用前環境での管理パックの確認と評価-Review and evaluate management packs in a pre-production environment 管理パックを運用環境に展開する前に、管理パックの内容と管理パック ガイドの説明をよく理解した上で、管理パックを運用前環境またはテスト環境にインポートしてください。-Before you deploy a management pack in your production environment, you should familiarize yourself with the contents of the management pack and guide, and import the management pack in a pre-production or test environment. また、仮想マシン環境で管理パックを表示することもできます。You can also view the management pack in a virtual machine environment.
管理パック設定の調整とカスタム管理パックへの保存Tune the management pack settings and save in a customized management pack オーバーライドによって管理パックの設定 (モニター、ルール、オブジェクト検出、属性など) を調整し、組織のニーズにより適合させます。Use overrides to tune the settings of a management pack-such as monitors, rules, object discoveries, and attributes-to better meet your organization's needs. オーバーライドを作成した管理パックに保存する必要があります。You should save overrides to a management pack that you create.
運用環境への管理パックの展開Deploy management packs into a production environment 展開する管理パックに関連付けられたオーバーライドを含む管理パックをエクスポートして、運用環境に管理パックをインポートします。Export the management pack with overrides that is associated with the management pack that you are going to deploy, and import management packs in your production environment.
管理パックの維持Maintain management pack 展開後、以下のような状況で管理パックに追加の調整が必要になる場合があります。After deployment, a management pack might need additional tuning, such as in following circumstances:

‐ 新しいハードウェアまたは新しいオペレーティング システムなどの環境の変化- Environmental changes, such as new hardware or new operating system
- 運用環境への新しいアプリケーションの追加- Adding a new application to the production environment
‐ アプリケーションのバージョンのアップグレード- Upgrading a version of an application
- 管理パックの新しいバージョンまたは更新バージョンが利用可能になった- When a new or updated version of the management pack is available
‐ ビジネス上のニーズに基づいて監視が増加または減少するという結果を生むポリシーの変更- Policy changes, which result in more or less monitoring based on business needs

確認と評価Review and evaluate

各管理パックには、管理パックと同じフォルダーにインストールされた管理パック ガイドが付属します。Each management pack should be accompanied by a management pack guide that is installed to the same folder as the management pack. 管理パック ガイドには管理パックのインストールと構成の手順と、管理パックが検出したオブジェクトやヘルスロールアップの状態などといった管理パックに関する情報が含まれます。A management pack guide contains instructions for installing and configuring the management pack, and information about the management pack, such as objects that the management pack discovers and how health rolls up. 目的に応じて管理パックをカスタマイズするためにこの情報を使用できます。You can use this information to help you customize the management pack for your purposes. 管理パックをインポートする前に、必ず管理パック ガイドを確認してください。You should always review the management pack guide before you import the management pack.

封印された管理パックの内容を確認するためのツールに MPViewer があります。このツールを使うと、管理パックのルール、モニター、ビュー、タスク、コンソール タスク、レポートを表示できます。A tool for reviewing the contents of a sealed management pack is the MPViewer, which can display the following contents of a management pack: rules, monitors, views, tasks, console tasks, and reports. また MPViewer は、特定の管理パック項目に関連付けられたナレッジを表示します。MPViewer will also display the knowledge associated with the particular management pack item. MPViewer は、Operations Manager のオペレーション コンソールがインストールされたすべてのコンピューターにインストールできます。You can install and use MPViewer on any computer on which the Operations Manager Operations console is installed.

新しい管理パックがある場合は、 運用前 環境にインポートする必要があります。When you have a new management pack, you should import it to a pre-production environment. Operations manager では、運用アプリケーションおよび運用環境との相互作用が最小限であった運用前実装の監視に使用される運用実装を持つことをお勧めします。In Operations Manager, it is a best practice to have a production implementation that is used for monitoring your production applications and a pre-production implementation that has minimal interaction with the production environment. 運用前管理グループは、管理パックが運用環境に展開される前に管理パック機能のテストおよび調整に使用されます。The pre-production management group is used for testing and tuning management pack functionality before the management pack is deployed in the production environment.

管理パックが収集したデータを正確に測定するには、運用環境の要求にエージェントを公開する必要があります。To accurately measure the data that a management pack gathers, you need to expose the agent to the demands of your production environment. 運用前環境の管理サーバーのハードウェアは、運用環境で使用中のハードウェアを反映します。The hardware of the management server in the pre-production environment should reflect the hardware that is in use in your production environment. 運用前管理グループは、運用管理グループの管理パックと同じ管理パックを管理サーバーにインポートします。Your pre-production management group should have the same management packs imported to the management server as the production management group. 相互運用性をテストするには、運用前環境に運用環境のものと同じ種類のサーバー ロールも含める必要があります。ただし、これは小規模スケールの場合です。To test interoperability, your pre-production environment should also include the same types of server roles that are in your production environment, just on a smaller scale.

1 つの Operations Manager エージェントを複数の管理グループに割り当てることができます。これを マルチホームと言います。You can assign an Operations Manager agent to more than one management group, which is called multihoming. 運用環境および運用前環境のエージェントの代表的なサブセットをマルチホームする場合、運用前環境は管理パックを正しく調整するために必要な多くの情報を提供します。If you multihome a representative subset of agents in your production environment and your pre-production environment, the pre-production environment should give you much of the information you need to correctly tune the management pack. エージェントのマルチホームの詳細については、「Windows エージェントの構成」を参照してください。For more information on multihoming agents, see Configuring Windows Agents.

調整とカスタマイズTune and customize

Operations Manager でのオブジェクト監視に使用するモニター、ルール、オブジェクト検出、属性などの設定は、オーバーライドを使用して調整できます。You can use overrides to refine the settings of a monitoring object in Operations Manager, including monitors, rules, object discoveries, and attributes. そのためには、カスタマイズ用に作成した上書きを保存する管理パックを作成する必要があります。You should create a management pack in which to save customizations that you make.

サービスの複雑さに応じて 1 つまたは複数の管理パックが含まれる場合がある、IT サービスの監視設定を効果的に調整するには、注意が必要なときにアラートやイベントを監視し、措置を行うサービス所有者または分野の専門家、サービス デスクの代表者、オペレーション チーム メンバーの代表者と、Operations Manager のインフラストラクチャを担当するエンジニアリング チームが参加する必要があります。To effectively tune the monitoring configuration of your IT services, which may involve one or more management packs depending on the complexity of that service, you should involve the service owner or subject matter experts, a representative from the service desk, a representative from the operations team members who monitor the alerts and events and take action when something requires attention, and the engineering team responsible for the Operations Manager infrastructure. 管理パックが監視するサービスによっては、ネットワーク チームやセキュリティ チームの協力が必要な場合もあります。Depending on the service that is monitored by the management pack(s), you might also include representation from the networking and security teams. Operations Manager のインフラストラクチャの責任者は、専門家の意見なしに管理パックを効果的に調整できるようなサービスに関する知識や経験を持ってない場合があります。Those responsible for the Operations Manager infrastructure might not have the knowledge and experience with the service to effectively tune the management pack(s) without expert input.

頻度の高いアラートに焦点を当て、監視の精度を向上させるための取り組みの一環として、最も一般的なアラートを確認することから始めます。Start by reviewing the most common alerts in an effort to improve monitoring accuracy by focusing on high-volume alerts. 次について確認し、影響度に基づいて優先順位を付けましょう。Identify the following and prioritize based on impact:

  • 既存の/既知の問題によって発生するアラートの数と割合Number and percentage of alerts caused by existing/known problems
  • 繰り返し発生する、または重複したアラートの数と割合。Number and percentage of repeated or duplicate alerts. 追加の調整が必要であること、または詳しい調査が必要な潜在的問題があることを示す場合があります。May indicate additional tuning is necessary or there is a potential issue to investigate further.
  • パフォーマンスまたは可用性の問題を示すアラートの数と割合Number and percentage of alerts indicating performance or availability issues
  • チケットが生成されるアラートの比率Ratio of alerts to tickets generated
  • ワークフローが大量のアラートを生成していることを示す状態に解決状態が設定されており、オペレーションまたは Tier-2 サポートによる調査でエラーと判断されたアラートAlerts whose resolution state has been set to a state indicating the workflow is generating a high volume of alerts and is determined through investigation to be faulty by operations or tier-2 support

次のレポートを使用して、追加の調整が必要かどうかを判断してください。Leverage the following reports to determine if additional tuning is required:

  • 最も頻度の高いアラート レポートMost Common Alerts Report
  • アラート レポートAlerts Report
  • 管理パック別データ量Data Volume by Management Pack

サービス全体が効果的に監視されていることを検証するには、次のレポートが重要です。効果的に監視されている場合、次のものは含まれません。The following reports are important to validate we are efficiently monitoring the service in its entirety, and there isn’t:

  • 検出ルールの実行頻度が高すぎること、または収集されているプロパティ/属性が頻繁に変更されていることが原因の構成チャーンConfiguration churn due to discovery rules running too frequently or there is a property/attribute being collected that changes frequently
  • 収集頻度が高すぎるパフォーマンス データ。または組織がレポート、ビュー、ダッシュボードで使用しないため、収集の必要がないパフォーマンス データPerformance data being collected too frequently or doesn’t need to be collected because the organization will not use it in a report, view, or dashboard
  • 収集されているが、値が追加されず、トラブルシューティングのためにのみ短期間有効になっているイベント データEvent data being collected which adds no value and is only enabled for troubleshooting (short period of time)
  • 構成エラー、バグ、その他の現象が原因の、ヘルス状態の頻繁な変化Health State flip flopping due to misconfiguration, bug, or other symptom
  • 繰り返し回数が多すぎるアラート ルールAlert rule with high repeat count

少なくとも、各ワークフローは次の基準に従って評価する必要があります。At a minimum, each workflow should be evaluated according to the following criteria:

  • 発生が測定可能かつ特定可能である。Measurable and identifiable occurrence. 無効なカテゴリに属していない。Anything not aligning with that category is disabled.
  • エラーが発生した場合、解決方法を知っているか。When the alert occurs, do we know how to resolve it?
  • NOC/サービス デスクに対してサービスへの影響の可能性を事前に通知する例外 (警告) と、サービスの停止を示すインシデント (エラー)。Exceptions (warnings) that provide a proactive notice of potential service impact are exposed to the NOC/Service Desk, besides any Incident (error) that indicates disruption of service.
  • 検出の頻度が高すぎないか。Is discovery running too frequent?
  • このパフォーマンス データを収集する必要があるか。Do we need to collect this performance data? 役に立つか。Is it useful?
  • アラートが理解可能であり、関係があり、最新の状態か。Is the alert understandable, relevant, and up to date?
  • 現象/問題が自己解決された場合、モニターで自動解決の必要があるか。Should the monitor auto-resolve if the symptom/problem corrects itself?

調整する設定What to Tune

  • 検出の頻度Discovery frequency

  • モニターのしきい値Monitor thresholds

  • ターゲットTargets

  • スクリプト ベースのルール/モニターおよびパフォーマンスの収集ルールの頻度Intervals for script-based rules/monitors and performance collection rules

  • パラメーターParameters

ヒントTips

  • 新しい管理パックで監視しているサーバーで発生する新しいアラートを確認します。Review any new alerts reported for servers monitored with the new management pack. [アラート] レポートと [最も頻度の高いアラート] レポートを使用すると、よく発生するアラートを確認できます。You can use the Alerts and Most Common Alerts reports to help you discover your most common alerts. 管理パックを初めてインストールしたときに、それまで気づかなかった問題が多数発見される可能性があります。When you first install a management pack, it tends to discover a multitude of previously unknown issues. アラートを監視して、問題の起こりそうなエリアを特定してください。Monitor the alerts to determine potential areas of concern

  • 特定クラスのすべてのオブジェクト、グループ、または特定のオブジェクトに合わせてモニターやルールを変更する必要がある場合は、オーバーライドを使って設定を変更します。Override the monitor or rule as applicable for all objects of a particular class, a group, or a specific object.

  • アラートを生成するほど深刻ではない問題や、特に確認する必要がない監視データについては、モニターやルールを無効にします。Disable the monitor or rule if the issue is not severe enough to warrant an alert and you do not need to be made aware of the specific situation being monitored.

  • 問題の発生状況を監視する必要はあるが、実際に問題が発生する前にアラートを生成してしまうモニターについては、そのしきい値を変更します。Change the threshold of the monitor that is generating the alert if you want the underlying condition to be monitored, but the alert is being generated before the condition is actually a problem for your particular environment.

  • 管理パック用のオーバーライドを設定する際は、ManagementPack がオーバーライドが適用される封印された監視パックの名前になっている、ManagementPack_Override という名前の管理パックに保存します。When you set overrides for a management pack, save them to a management pack that is named ManagementPack_Override, where ManagementPack is the name of the sealed management pack to which the overrides apply.

デプロイDeploy

運用前環境の管理パックのパフォーマンスおよび結果が満足できるものであれば、管理パックとそのカスタマイズを運用環境に展開できます。When you are satisfied with the performance and results of the management pack in the pre-production environment, you can deploy the management pack and its customizations in the production environment. カスタマイズを保存した管理パックは、その他のコンピューターにインポートすることができるようにエクスポートする必要があります。The management pack in which you saved the customizations must be exported so that you can import it to other computers. 詳細については、「How to Import, Export, and Remove Management Packs」(管理パックをインポート、エクスポート、および削除する方法) を参照してください。For more information, see How to Import, Export, and Remove Management Packs. この管理パックは設定したオーバーライドを含む管理パックに依存するため、インストールされた元の管理パックを持つ管理グループに対してのみインポート可能です。The management pack that contains the overrides that you set is dependent on the original management pack and can be imported only to management groups that have the original management pack installed.

維持Maintain

管理パックの展開後は、定期的に運用環境におけるそのパフォーマンスと結果を評価して、引き続きビジネス上のニーズに適合していることを確認する必要があります。After a management pack has been deployed, you should periodically evaluate its performance and results in the production environment to ensure that it continues to meet business needs. 次の表は、管理パックへの変更が必要となる可能性がある共通イベントを示しています。The following list describes common events that might require changes to a management pack:

  • 新しいハードウェアまたは新しいオペレーティング システムなどの環境の変化Environmental changes, such as new hardware or a new operating system

    運用環境に追加する予定の新しいハードウェアまたは新しいオペレーティング システムをテストする際は、テスト計画に既存の管理パックを含め、必要となる可能性がある追加調整を特定する必要があります。When you are testing new hardware or a new operating system that you plan to add to your production environment, you should include existing management packs in your test plan to identify any additional tuning that might be necessary. 新しいオペレーティング システムの場合は、そのオペレーティング システムに固有の新しい管理パックをインポートしなければならない可能性があります。For a new operating system, you might need to import new management packs specific to that operating system.

  • 運用環境への新しいアプリケーションの追加Adding a new application to the production environment

    新しいアプリケーションには、新しい管理パックまたは既存の管理パックの調整が必要となる場合があります。A new application might require a new management pack or adjustments to existing management packs.

  • アプリケーションのバージョンのアップグレードUpgrading a version of an application

    組織がアプリケーションのバージョンをアップグレードする場合は、通常、両バージョンのアプリケーションがネットワーク上に存在する、段階的なアップグレードであるか、すべてのアプリケーションのインストールを同時にアップグレードするかのいずれかとなります。When organizations upgrade application versions, they usually either upgrade in stages, during which both versions of the application will exist in the network, or upgrade all installations of the application at one time. 新しいバージョンで管理パックをテストし必要な調整を行った後は、アップグレードの展開に使用する管理パックの展開にも同じアプローチを行う必要があります。After testing the management packs with the new version and making any necessary adjustments, you should use the same approach for deploying the management packs that you use for deploying the upgrades. 両バージョンのアプリケーションが同時に使用される場合は、各バージョンに対応した管理パックをインストールする必要があります。If both versions of the application will be in use at one time, you should install management packs appropriate for each version. アプリケーションのすべてのインストールを同時にアップグレードする場合は、旧バージョンのアプリケーションの管理パックを削除して新バージョンの管理パックをインストールします。If all installations of the application will be upgraded at one time, remove the management pack for the old version of the application and install the management pack for the new version.

  • 管理パックの新しいバージョンまたは更新バージョンが利用可能になったWhen a new or updated version of the management pack is available

    新しいバージョンまたは更新されたバージョンの管理パックを確認し調整するには運用前環境を使用する必要があります。You should use the pre-production environment to review and tune new or updated versions of a management pack.

  • ポリシーの変更Policy changes

    ユーザーのビジネスまたは組織の現状の変更によって、監視の増加または減少のために管理パックの調整が必要になる場合があります。Ongoing changes in your business or organization might require adjustments to management packs to accomplish more monitoring or less monitoring.

変更管理のためのベスト プラクティスBest Practices for change control

Operations Manager 管理パックを管理する際は、以下のことを行うことをお勧めします。The following are some best practices to follow when managing Operations Manager management packs:

  • 必要に応じて変更のロールバックを可能にするために、管理パックのバージョンのアーカイブを維持します。Maintain an archive of management pack versions to enable you to roll back changes when necessary. Microsoft Team Foundation Server や SharePoint Server などのバージョン管理ソフトウェアを使用することでアーカイブを効率的に維持できます。An efficient method for maintaining the archive is by using version control software, such as Microsoft Team Foundation Server or SharePoint Server. もう 1 つの方法は、各管理パック バージョン用の個別フォルダーとのネットワーク上のファイル共有の使用です。Another method is to use a file share on the network with individual folders for each management pack version.

  • 管理パック用のオーバーライドを設定する際は、ManagementPack がオーバーライドが適用される封印された監視パックの名前になっている、ManagementPack_Override という名前の管理パックに保存します。When you set overrides for a management pack, save them to a management pack that is named ManagementPack_Override, where ManagementPack is the name of the sealed management pack to which the overrides apply. たとえば、管理パック Microsoft.SQLServer.2012.Monitoring.mp へのオーバーライドは Microsoft.SQLServer.2012.Monitoring_Overrides.xml に保存されます。For example, overrides to the management pack Microsoft.SQLServer.2012.Monitoring.mp would be saved to Microsoft.SQLServer.2012.Monitoring_Overrides.xml. 詳細については、「Creating a Management Pack for Overrides」をご覧ください。For more information, see Creating a Management Pack for Overrides.

  • 管理パックが更新されたら、それに対応する _Overrides.xml ファイルを新しいバージョン番号に更新します。When a management pack is updated, update the corresponding _Overrides.xml file with the new version number. _Overrides.xml ファイルのバージョン番号の更新には XML エディターを使用する必要があります。You must use an XML editor to update the version number of the _Overrides.xml file. _Overrides.xml ファイルを変更したがバージョン属性は変更しなかった場合は、ファイルはインポートできますがファイルの設定は適用されません。If you make changes to an _Overrides.xml file but do not change the version attribute, you can import the file but the settings in the file will not be applied.

  • 管理パックに作成したオーバーライドを記録します。Document the overrides that you make to management packs. オーバーライドを設定する際は、[オーバーライドプロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細] ウィンドウにある [編集] をクリックして、行ったアクションの説明とその理由を説明フィールドに追加します。When you set an override, add an explanation of the action you are taking and the reason for it to the description field by clicking Edit in the Details pane of the Override Properties dialog box. また、スプレッドシートまたはその他のフォームを維持して管理パックに行う変更を記録しなければならない場合もあります。You may also want to maintain a spreadsheet or other form to document changes that you make to management packs.

次のステップNext steps