通知配信登録を作成する方法How to create notification subscriptions

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

System Center - Operations Manager では、アラートの生成時に Operations Manager により指定ユーザーにメール、インスタント メッセージ (IM)、またはテキスト メッセージ (SMS) で通知することができます。In System Center - Operations Manager, when an alert is generated, Operations Manager can notify designated individuals by email, instant message (IM), or text message (SMS). 監視対象システムでアラートが発生したときに、通知機能により自動的にコマンドを実行することもできます。Notifications can also run commands automatically when an alert is raised on a monitored system. 通知には、チャネル、サブスクライバー、および配信登録が必要です。A notification requires a channel, a subscriber, and a subscription.

この手順では、通知を生成するアラートを決定する基準または条件、クラスとグループの使用、通知をフィルター処理し、組織のエスカレーション パスに合わせて調整するための (配信登録の) 基準または条件を指定する方法について説明します。These procedures will explain how to specify the criteria or conditions that determine the alerts that will generate a notification, use of classes and groups, and criteria or conditions in your subscriptions to filter and align notifications with your organizational escalation path. 配信登録は、通知に使用されるチャネルと通知を受信するサブスクライバーも定義します。A subscription also defines the channel to be used for the notification and the subscribers to receive the notification. サブスクライバーと配信登録を組み合わせて、特定のアラートが個人またはチーム宛に送信されるように詳細を設定できます。You can use the combination of subscriber and subscription to tailor which alerts are sent to individuals or teams.

通知チャネルとサブスクライバーは、配信登録を作成する前に設定する必要があります。Notification channels and subscribers must be configured before you create a subscription.

配信登録フィルター処理オプションSubscription filtering options

配信登録を作成する前に、2 つの方法について確認します。その方法を利用してアラート通知をフィルター処理すれば、特定の条件に合うアラートを配信できます。たとえば、優先順位の高い、深刻なアラートを IT 部署に配信したり、特定の遠隔地にある全系統など、特定の監視対象で発生した深刻なアラートをオンサイト IT サポート チームに配信したりします。Before creating a subscription, we will review the two methods you can use to filter alert notifications so that you can deliver alerts that meet certain conditions, such as all critical severity alerts with high priority notify IT Operations or from specific monitored objects like all systems for a particular remote location notify that on-site IT support team.

通知を生成するアラートを指定する (条件)Specifying which alerts generate notifications (Conditions)

Operations Manager がアラートを生成したときに通知する配信登録を作成するとき、通知を生成するアラートを決定する基準または条件を指定する必要があります。When you create a subscription to be notified when Operations Manager generates alerts, you must specify the criteria or conditions that determine the alerts that will generate a notification. 次の図は、選択できる条件を示しています。The following illustration shows the conditions you can choose from.

アラート条件のリスト

条件を選択すると、それが [条件の説明] に追加されます。When you select a condition, it is added to the Criteria description. [条件の説明] ボックスでは、 [特定の] という単語が青で表示され、下線が付きます。これは条件の値のプレースホルダーです。In the Criteria description box, the word specific is blue and underlined, and is a placeholder for the value for the condition. [特定の] をクリックし、その条件の値を設定します。Click specific to set the value for that condition.

たとえば、特定の重大度の条件の場合、 [特定の] をクリックし、値として [情報][警告][重大] のいずれかを選択できます。For example, for the condition of a specific severity, click specific, and then select from the available values: Information, Warning, and Critical.

生成されたアラートから通知配信登録を作成するとき、配信登録の条件が特定のアラートの値で自動的に構成されます。When you create a notification subscription from an alert that has been generated, the conditions for the subscription are configured automatically with values from the specific alert.

サブスクリプション フィルターのオプションSubscription filter options

配信登録を作成する前に、2 つの方法について確認します。その方法を利用してアラート通知をフィルター処理すれば、特定の条件に合うアラートを配信できます。たとえば、優先順位の高い、深刻なアラートを IT 部署に配信したり、特定の遠隔地にある全系統など、特定の監視対象で発生した深刻なアラートをオンサイト IT サポート チームに配信したりします。Before creating a subscription, we will review the two methods that you can use to filter alert notifications so that you can deliver alerts that meet certain conditions, such as all critical severity alerts with high priority notify IT Operations or from specific monitored objects like all systems for a particular remote location notify that on-site IT support team.

通知を生成するアラートを指定する (条件)Specify the alerts that generate notifications (Conditions)

Operations Manager がアラートを生成したときに通知する配信登録を作成するとき、通知を生成するアラートを決定する基準または条件を指定する必要があります。When you create a subscription to be notified when Operations Manager generates alerts, you must specify the criteria or conditions that determine the alerts, which will generate a notification. 条件ビルダーの機能が強化され、オブジェクトを除外し、AND/OR グループを使用し、正規表現を使用して必須条件に基づいて通知する機能を活用することで、複雑であるが便利で効率的なサブスクリプション条件を構築できるようになっています。Criteria builder has been enhanced to allow you to build complex yet useful/efficient subscription criteria by leveraging the ability to exclude objects, use AND/OR groupings and use regular expressions to notify based on the required criteria.

[スコープ] では、特定のグループまたはクラスを選択することで、サブスクリプションの範囲を選択できます。In Scope, you can choose the scope for a subscription by selecting the specific group(s) or class(es). 範囲の定義は任意です。範囲を定義しない場合、次の画面 (条件) に定義されている条件は、何らかのグループ/クラスに制約されることはありません。Defining a scope is optional, if scope is not defined, then the conditions defined in the next screen (Criteria) will not be scoped to any groups/classes.

[条件] では、指定のサブスクライバーに通知を送信する条件を設定できます。In Criteria, you can set the conditions for the notifications to be sent to the specified subscribers. この条件を設定しないと、通知はすべてのアラートに対して送信されます。If you do not set the conditions, notifications will be sent for all alerts. これらの条件は前の画面で定義された範囲に適用され、指定のサブスクライバーに通知が送信されます。前の画面で範囲が定義されていない場合、これらの条件はいかなるグループ/クラスにも制約されません。These conditions will be applied on the scope defined in the earlier screen to send notification to the specified subscribers, if scope is not defined in the earlier screen, then these conditions will not be scoped to any groups/classes.

次は条件ビルダーの例です。1 つの式と式のグループを確認できます。The following are the examples of the criteria builder showcasing single expression and groups of expressions:

例 - 1 つの式Example - single expression

条件ビルダーの 1 つの式

式 - 式のグループExample - groups of expressions

条件ビルダーの 1 つの式

クラスとグループを使用し、特定のアラートを追加するUsing classes and groups to include specific alerts

クラスとグループを使用して配信登録を構成できます。You can use classes and groups to configure the subscription. 配信登録用に、次の 2 つのアラートの条件を選択できます。Two of the conditions for alerts that you can select for a subscription are:

  • 特定のグループのインスタンスにより発生したこと。Raised by any instance in a specific group.

  • 特定のクラスのインスタンスにより発生したこと。Raised by any instance in a specific class.

どちらの条件に値を設定した場合も、複数のグループまたはクラスを選択できます。You can select multiple groups or classes when you set the value for either condition.

注意

Operations Manager 2019 の場合、[スコープ] タブに "次の値に等しくない" オプションと "グループに所属していない" オプションがありません。Operations Manager 2019 does not support "not equal to" or "not a member of" options in Scope tab.

[グループ]Groups

グループは、Windows ベースのコンピューター、ハード ディスク、Microsoft SQL Server のインスタンスなど、オブジェクトの論理的なコレクションです。Groups are logical collections of objects, such as Windows-based computers, hard disks, or instances of Microsoft SQL Server. Operations Manager エージェントのマネージド コンピューター グループやすべての Windows コンピューター グループなど、一部のグループは Operations Manager が作成します。Some groups are created by Operations Manager, such as the Operations Manager Agent Managed Computer Group and the All Windows Computers group. 固有の監視ニーズに応じて、特定の組織単位 (OU) 内のすべての Windows コンピューターなどのグループを作成できます。You can create groups to meet your specific monitoring needs, such as all Windows computers in a specific organizational unit (OU). グループの作成に関する詳細については、「グループの作成と管理」をご覧ください。For more information on creating groups, see Creating and Managing Groups.

グループには、明示的または動的なメンバーシップがあります。Groups can have explicit or dynamic membership. 5 つの特定のサーバーが生成したアラートの通知を 1 人のユーザーに送信し、5 つの異なるサーバーが生成したアラートの通知を 2 人目のユーザーに送信するような配信登録を作成すると想定します。Suppose you wanted to create a subscription that would send notifications for alerts generated by five specific servers to one person and notifications for alerts generated by a different five servers to a second person. 2 つのグループを作成し、各サーバーをグループの 1 つに明示的に割り当て、次に各グループの通知を適切なユーザーに送信するような配信登録を作成できます。You could create two groups and explicitly assign each server to one of the groups, and then create a subscription that would send notifications for each group to the appropriate person.

アラート通知の条件として特定のグループを選択すると、指定したグループのメンバーによって発生したアラートについて通知が送信されます。When you select a specific group as a condition for an alert notification, notifications are sent for alerts raised by any member of the specified group.

クラスClasses

クラスはオブジェクトの種類を表し、Operations Manager のすべてのオブジェクトは特定クラスのインスタンスと見なされます。A class represents a kind of object, and every object in Operations Manager is considered an instance of a particular class. クラスのインスタンスはすべて、プロパティの共通セットを共有します。All instances of a class share a common set of properties. オブジェクトごとにこれらのプロパティの独自の値があり、オブジェクトの検出時にこれらの値が決定されます。Each object has its own values for these properties which are determined when the object is discovered. ほとんどの管理パックでは、監視対象のアプリケーションを構成するさまざまなコンポーネントを記述するクラスのセットと、これらのクラス間のリレーションシップを定義しています。Most management packs define a set of classes that describe the different components that make up the application that is being monitored and to the relationships between those classes.

Operations Manager のクラスにはすべて基本クラスがあります。Every class in Operations Manager has a base class. クラスにはその基本クラスのプロパティがすべて含まれ、さらにプロパティを追加することもできます。A class has all the properties of its base class and potentially adds more. 管理グループにインストールした異なる管理パックのクラスはすべて、すべてのクラスを基本クラスの下に配置したツリー構造にすることができます。All of the classes from the different management packs installed in your management group can be arranged in a tree with each class positioned under its base class. あるクラスを開いて、その基本クラス、さらにそのクラスの基本クラスなどをたどっていくと、最終的に System Center クラス ライブラリのルートである Object クラスに達します。If you start at any class, and then walk up the tree following its base class, and then the base class of that class, and so on, you eventually reach the Object class which is the root of the System Center class library.

アラート通知の条件として特定のクラスを選択する場合、指定したクラスのインスタンスによって発生したアラートについて通知が送信されます。When you select a specific class as a condition for an alert notification, notifications are sent for alerts raised by any instance of the specified class.

Examples

例 1: UNIX コンピューターのアラート通知を UNIX 管理者に送信するには、 [特定のグループのインスタンスで発生] 条件を使用して配信登録を作成し、条件の値として [UNIX/Linux コンピューター グループ] を選択し、サブスクライバーとして UNIX 管理者を選択します。Example 1: To send notifications of alerts for UNIX computers to your UNIX administrator, you create a subscription using the condition Raised by any instance in a specific group, select the UNIX/Linux Computer Group as the value for the condition, and select the UNIX administrator as the subscriber.

例 2: 重大度が重大で、優先順位の高い新しいアラートの通知を IT 運用チームに送信するには、条件として [of Critical severity] (重大度が重大)、 [of a High priority] (優先順位が高)、 [New (0) resolution state] (新しい解決状態が (0)) を利用して配信登録を作成し、IT 運用チームを指すサブスクライバーを選択します。Example 2: To send notifications of new alerts with a critical severity and high priority to your IT Operations team, you create a subscription using the condition of Critical severity, of a High priority, with New (0) resolution state, and select your subscriber representing the IT Operations team.

最初の例で、UNIX 管理者には UNIX コンピューター上のオペレーティング システムで発生したアラートが通知されるだけでなく、UNIX コンピューターで発生した他のアラートも通知されます。In the first example, the UNIX administrator would be notified of alerts raised by the operating system on a UNIX computer, as well as any other alerts that are raised by a UNIX computer. 2 番目の例では、重大度が重大、優先順位が高で新しいアラートが発生した場合にのみ、通知が送信されます。In the second example, the notifications would only be sent when new alerts are raised with critical severity and high priority.

通知配信登録を管理者として作成するにはTo create a notification subscription as an administrator

  1. Operations Manager 管理者ロールのメンバーであるアカウントを使用してコンピューターにログオンします。Log on to the computer with an account that is a member of the Operations Manager Administrators role.

  2. オペレーション コンソールで、 [管理] をクリックします。In the Operations console, click Administration.

  3. [管理] ワークスペースで [通知] を展開し、 [配信登録] を右クリックし、 [新しい配信登録] をクリックします。In the Administration workspace, expand Notifications, right-click Subscriptions, and then click New subscription. 通知配信登録の作成ウィザードが起動します。The Notification Subscription Wizard starts.

  4. [説明] ページの [配信登録名] に配信登録の内容がわかる名前と簡単な説明を入力して、 [次へ] をクリックします。On the Description page, in Subscription name, type a descriptive name for the subscription, type a short description, and then click Next.

  5. [配信登録の条件] ページで、特定のサブスクライバーにいつ通知を送信するかを決定する条件を設定できます。On the Subscription Criteria page, you can set conditions that will determine when notifications will be sent to specified subscribers. この条件を設定しないと通知はすべてのアラートに対し送信されます。If you do not set conditions, notifications will be sent for all alerts. [次へ] をクリックします。Click Next.

    注意

    アラートが更新されたときにも、通知を受信します。You will also receive notifications when an alert is updated.

  6. [サブスクライバー] ページで、 [追加] をクリックして定義済みのサブスクライバーを追加するか、 [新規] をクリックして新しいサブスクライバーを追加します。On the Subscribers page, click Add to add subscribers who are already defined, or click New to add new subscribers. サブスクライバーの定義の詳細については、「How to Create Notification Subscribers」 (通知サブスクライバーを作成する方法) を参照してください。For more information on defining subscribers, see How to Create Notification Subscribers.

  7. [次へ] をクリックします。Click Next.

  8. [チャネル] ページで、 [追加] をクリックして定義済みのチャネルを追加するか、 [新規] をクリックして新しいチャネルを追加します。On the Channels page, click Add to add a channel that is already defined, or click New to add a new channel. チャネルを定義する方法については、「電子メール通知チャネルを有効にする方法」、「インスタント メッセージ通知チャネルを有効にする方法」、「テキスト メッセージ通知チャネルを有効にする方法」、「コマンド通知チャネルを有効にする方法」を参照してください。For more information on defining channels, see How to Enable an Email Notification Channel, How to Enable an Instant Message Notification Channel, How to Enable a Text Message Notification Channel, and How to Enable a Command Notification Channel.

  9. [チャネル] ページの [アラートの継続状態] セクションで、遅延なく通知を送信するように選択するか、条件が変わらない限り通知の送信を遅らせる時間を分単位で設定し、 [次へ] をクリックします。In the Alert aging section on the Channels page, select to send notifications without delay or set a value in minutes that notification should be delayed unless conditions remain unchanged, and then click Next.

  10. [概要] ページで設定を確認し、 [完了] をクリックし、 [閉じる] をクリックします。Review the settings on the Summary page, click Finish, and then click Close.

通知配信登録をオペレーターとして作成するにはTo create a notification subscription as an operator

  1. オペレーターまたは高度なオペレーターのロールを割り当てられているメンバーのアカウントを使用して、コンピューターにログオンします。Log on to the computer with an account that is a member of the Operations Manager Operators or Advanced Operators role.

  2. オペレーション コンソールの上部にあるメニュー バーで [ツール] をクリックし、 [個人用配信登録] をクリックします。In the Operations console, click Tools in the top menu bar, and then click My Subscriptions.

    [オペレーター ツール] サブメニューOperator Tools sub menu

  3. [通知配信登録] ウィンドウで、 [新規] をクリックします。In the Notification Subscriptions window, click New.

  4. [説明] ページの [配信登録名] に配信登録の内容がわかる名前と簡単な説明を入力して、 [次へ] をクリックします。On the Description page, in Subscription name, type a descriptive name for the subscription, type a short description, and then click Next.

  5. [配信登録の条件] ページで、特定のサブスクライバーにいつ通知を送信するかを決定する条件を設定できます。On the Subscription Criteria page, you can set conditions that will determine when notifications will be sent to specified subscribers. この条件を設定しないと通知はすべてのアラートに対し送信されます。If you do not set conditions, notifications will be sent for all alerts. [次へ] をクリックします。Click Next.

    注意

    アラートが更新されたときにも、通知を受信します。You will also receive notifications when an alert is updated.

  6. [サブスクライバー] ページで、 [追加] をクリックして定義済みのサブスクライバーを追加するか、または [サブスクライバーの選択] ボックスでサブスクライバーを選択し、 [編集] をクリックしてこの配信登録の設定を変更します。On the Subscribers page, click Add to add subscribers who are already defined, or select a subscriber in the Selected subscribers box and click Edit to change the settings for this subscription. サブスクライバーの定義の詳細については、「How to Create Notification Subscribers」 (通知サブスクライバーを作成する方法) を参照してください。For more information on defining subscribers, see How to Create Notification Subscribers.

  7. [次へ] をクリックします。Click Next.

  8. [チャネル] ページで、 [追加] をクリックして定義済みのチャネルを追加するか、 [新規] をクリックして新しいチャネルを追加します。On the Channels page, click Add to add a channel that is already defined, or click New to create a customized copy of an existing channel. チャネルを定義する方法については、「電子メール通知チャネルを有効にする方法」、「インスタント メッセージ通知チャネルを有効にする方法」、「テキスト メッセージ (SMS) 通知チャネルを有効にする方法」、「コマンド通知チャネルを有効にする方法」を参照してください。For more information on defining channels, see How to Enable an Email Notification Channel, How to Enable an Instant Message Notification Channel, How to Enable a Text Message (SMS) Notification Channel, and How to Enable a Command Notification Channel.

  9. [チャネル] ページの [アラートの継続状態] セクションで、遅延なく通知を送信するように選択するか、条件が変わらない限り通知の送信を遅らせる時間を分単位で設定し、 [次へ] をクリックします。In the Alert aging section on the Channels page, select to send notifications without delay or set a value in minutes that notification should be delayed unless conditions remain unchanged, and then click Next.

  10. [概要] ページで設定を確認し、 [完了] をクリックし、 [閉じる] をクリックします。Review the settings on the Summary page, click Finish, and then click Close.

次のステップNext steps