その他のエンタープライズ管理製品との統合Integration with other enterprise management products

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

多くのお客様は、1 つ以上の監視プラットフォームを使っており、そのうちの 1 つで企業内のビジネス インフラストラクチャ、データ センター、複雑なネットワーク、IT ドメインに対する統合されたオペレーショナル データが提供されます。Many customers have one or more monitoring platforms, where one provides consolidated operational data across business infrastructure, data centers, complex networks, and IT domains in the enterprise. この集中監視プラットフォームから、このデータが関連付けられて、インシデントの記録とエスカレーションのため、およびさまざまな種類のダッシュボードで表示されるデータを分析したり視覚化したりするために、サービス管理ソリューションに転送されます。From this central monitoring platform, they correlate this data and forward to service management solution for incident recording and escalation, as well as to analyze and visualize the data presented through different types of dashboards. System Center - Operations Manager は、アラートまたはアラートとパフォーマンス データを転送するためのそのサービス操作フレームワークに組み込まれるか、またはビジネス ニーズを満たすために拡張されるプライマリ監視プラットフォームになります。System Center - Operations Manager is included in that service operations framework to forward alert or alert and performance data, or is the primary monitoring platform extended to meet your business needs.

Operations Manager と他の製品間の相互運用は、技術やビジネス要件に応じた多くの異なる方法によって実現されます。Interoperability between Operations Manager and other products is accomplished from many different methods depending on the technical and business requirements. Operations Manager と連動する一般的な方法は次のとおりです。The following are common methods to interface with Operations Manager:

  • Microsoft、サードパーティおよびコミュニティから利用可能な統合パックを含む、System Center - Orchestrator。System Center - Orchestrator with integration packs available from Microsoft, third parties, and the community. Orchestrator の統合パックには、他のサードパーティ システムとデータを通信および交換するために、Orchestrator の機能を拡張する追加処理が含まれています。Integration packs for Orchestrator contain additional activities that extend the functionality of Orchestrator to communicate and exchange data with other third-party systems.
  • Operations Manager コネクタ フレームワーク (OMCF) 上に組み込まれたコネクタ。Connectors built on the Operations Manager Connector Framework (OMCF). Operations Manager SDK から開発された OMCF 上に組み込まれたコネクタは、コネクタの初期化および管理を行ったり、オペレーション データを取得または送信したりするために使用できる手法や種類を提供します。Connectors built on the OMCF, which are developed from the Operations Manager SDK, provides methods and types that you can use to initialize and manage a connector and to get or send operations data. Operations Manager と統合するために使用されるコネクタの例は、Service Manager と Virtual Machine Manager (VMM) などのその他の System Center 製品、および Nagios や IBM Netcool などのサードパーティ製品です。Some examples of connectors used to integrate with Operations Manager are other System Center products like Service Manager and Virtual Machine Manager (VMM), and third-party products such as Nagios or IBM Netcool. 通常、外部システムへの接続は、Web サービスを使用して実行されます。Connections to external systems are commonly performed using a web service.
  • カスタム レポートやダッシュボードの特定のデータセットを抽出するには、SQL オペレーショナル データベースまたはデータ ウェアハウス データベースでクエリを実行します。Querying the SQL operational or data warehouse databases to extract certain datasets for custom reports or dashboards.

インシデント管理システムにアラートが転送される前の追加情報のようなアラート強化などの高度なシナリオのサポート、アラートの関連付けの実行、または Operations Manager での高度な通知機能の提供のために、他のカスタム コネクタが開発および実装されます。Other custom connectors are developed and implemented to support advanced scenarios such as alert enrichment, including additional information before the alert is forwarded to the incident management system, perform alert correlation, or provide advanced notification functionality with Operations Manager.

Operations Manager は、詳細な分析のために収集されたイベント、アラート、パフォーマンス データを転送し、エンタープライズの可視性を強化するために、Azure Monitor とも統合されます。Operations Manager also integrates with Azure Monitor to forward collected events, alerts, and performance data for further analysis and provides greater visibility for the enterprise.

ファイアウォールによって分離される場合When separated by a firewall

Operations Manager とその他の管理製品の間のポートと通信は、使用される統合の手法によって異なります。The ports and communication between Operations Manager and the other management products depends on the method of integration used. System Center - Orchestrator を使用している場合、Orchestrator Runbook サーバーは、TCP ポート 5724 を使用して Operations Manager 管理サーバーに接続されます。If you are using System Center - Orchestrator, the Orchestrator runbook server connects to the Operations Manager management server over TCP port 5724. それは一方通行の通信です。It is a one-way directed communication.

Orchestrator との統合

ベンダーから提供されたコネクタを使っている場合、トラフィックが流れるポートと方向を理解するには、そのドキュメントを確認してください。If you are using a connector provided by the vendor, review their documentation in order to understand what ports and which direction the traffic flows.

サードパーティとの統合

設計に関する考慮事項Design considerations

通常、Operations Manager と他の監視および管理製品との統合は、単一の管理サーバーと他の管理製品の間で構成されます。Integration between Operations Manager and other monitoring and management products is commonly configured between a single management server and the other management product. または、複数の管理サーバー間の場合や、Operations Manager の管理グループ名を指定する場合もあります。Or in other cases, between multiple management servers or specifying the Operations Manager management group name. 複数の接続された管理グループはサポートされず、管理グループごとにコネクタの個別のインスタンスをインストールする必要があります。Support for multiple, connected management groups are not supported, and each management group will need to install a separate instance of the connector for each management group. これには、System Center Orchestrator、VMM、および Service Manager 間の統合が含まれます。This includes integration between System Center Orchestrator, VMM, and Service Manager.

サービスの継続性を計画するときは、サービス レベルの目標をサポートするために Operations Manager の展開に対するリスク、影響、回復オプションを評価して決定することが重要です。When planning for service continuity, it is important to evaluate and determine the risks, impact, and recovery options for your Operations Manager deployment to support your service level targets.

管理サーバーで統合がサポートされている場合 (管理サーバー上で直接ホストされているコネクタ、または VMM、Orchestrator または Service Manager などの別の System Center 製品からホストされているコネクタを介して)、統合の構成および通常の機能に戻すために必要な一連の手順に応じて、手動または自動の回復手順でこれを計画する必要があります。If a management server is supporting integration (via a connector hosted directly on the management server or from another System Center product such as VMM, Orchestrator or Service Manager), you need to plan for this with manual or automatic recovery steps depending on the integration configuration and sequence of steps required to return to normal functionality.