System Center Advisor を使用してクラウド ファブリックを監視するMonitor cloud fabric using System Center Advisor

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

System Center Advisor は、Microsoft サーバー ソフトウェアのインストールを、ファブリック コンポーネントを含めて分析するオンラインサービスです。System Center Advisor is an online service that analyzes installations of Microsoft server software and covers fabric components. Advisor の最新バージョンにより、Operations Manager オペレーション コンソールで Advisor アラートを表示できるようになりました。With the latest version of Advisor, you can now view Advisor alerts in the Operations Manager Operations console.

Advisor は、インストールからデータを収集して分析し、セキュリティ更新プログラムが適用されていないなどの潜在的な問題や、ベスト プラクティスと異なる構成や使用方を特定するアラートを生成します。Advisor collects data from your installations, analyzes it, and generates alerts that identify potential issues (such as missing security patches) or deviations from identified best practices with regard to configuration and usage. また Advisor は、環境のサーバー構成の現在および過去の情報も提供します。Advisor also provides both current and historical views of the configuration of servers in your environment. Advisor 推奨事項により、構成の問題を積極的に防ぎ、ダウンタイムを減らし、パフォーマンスを向上し、問題をより速やかに解決することができます。Ultimately, Advisor recommendations help you proactively avoid configuration problems, reduce downtime, improve performance, and resolve issues faster. Application Advisor の詳細については、「Application Advisor を使用したアラートの優先順位設定」を参照してください。For more information about Application Advisor, see Prioritizing alerts by using Application Advisor.