[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートWeb Application Availability Monitoring template

重要

このバージョンの Operations Manager はサポート終了に達したので、Operations Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Operations Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Operations Manager 2019.

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートを使用すると、1 つ以上の Web アプリケーション URL の可用性監視テストを作成し、内部の場所からこれらの監視テストを実行できます。The Web Application Availability Monitoring template lets you create availability monitoring tests for one or more web application URLs and run these monitoring tests from internal locations. 状態ビューとアラート ビューに加えて、提供されているマップ ダッシュボードおよび詳細ダッシュボードでこれらのテストの状態を表示できます。In addition to state and alert views, you can display the status of these tests in a provided map dashboard and a details dashboard.

シナリオScenarios

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートは、さまざまな場所から Web ベースのアプリケーションを監視し、特定の要件 (指定可能) に従って動作しているかどうかを確認する必要があるシナリオで使用します。Use the Web Application Availability Monitoring template in scenarios where you have to monitor web-based applications from different locations to see if they are working according to certain requirements, which you can specify.

内部の場所Internal locations

内部の場所で常に使用できる必要がある Web アプリケーションがあるとします。You might have web applications that must be available at all times at internal locations. [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートを使用すると、どの Web アプリケーションがどの内部の場所から使用できるかを確認できます。Use the Web Application Availability Monitoring template to see which web applications are available from which internal locations.

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートによって実行される監視Monitoring Performed by the Web Application Availability Monitoring Template

既定では、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートによって、次の監視が既定で構成されます。By default, the Web Application Availability Monitoring template configures the following monitoring by default. [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートの [構成の変更] ページでモニターを変更できます。You can modify the monitor in the Change Configuration page of the Web Application Availability Monitoring template.

モニターの説明Monitor description 既定の値Default values
Web アプリケーション モニターWeb Application Monitor - モニターは既定で有効です。- The monitor is enabled by default.
- テストの頻度:10 分- Test Frequency: 10 minutes
- パフォーマンス データの収集間隔:10 分おき- Performance data collection interval: 1 every 10 minutes
- テストのタイムアウト:45 秒- Test time-out: 45 seconds
HTTP 状態コード:400 (HTTP 状態コードが 400 以上の場合、アラートが生成されます)。- HTTP status code: 400 (An alert will be generated if the HTTP status code is 400 or greater.)
- 次の回数連続して条件が満たされない場合はアラートを生成する:1- Number of consecutive times a criteria should fail before an alert is generated: 1
- 各テストからアラートを生成する: 有効- Generate alerts from each test: enabled
- リダイレクトを許可: 有効- Allow redirects: enabled
- HTTP バージョン:HTTP/1.1- HTTP version: HTTP/1.1
- HTTP メソッド:GET- HTTP method: GET
- HTTP ヘッダー: "/" を受け入れる- HTTP headers: accept "/"
- HTTP ヘッダー: 製品の言語を受け入れる- HTTP headers: accept language of your product
- HTTP ヘッダー: エンコーディング GZIP を受け入れる- HTTP headers: accept encoding GZIP
パフォーマンス データ収集Performance Data Collection - トランザクション応答時間: 有効- Transaction response time: enabled
- 応答時間: 有効- Response time: enabled
- TCP 接続時間: 有効- TCP connect time: enabled
- 最初のバイトまでの時間: 有効- Time to first byte: enabled
- 最後のバイトまでの時間: 有効- Time to last byte: enabled
- DNS 解決時間: 有効- DNS resolution time: enabled
- コンテンツ サイズ: 有効- Content size: enabled
- コンテンツの時間: 有効- Content time: enabled
- ダウンロード時間: 有効- Download time: enabled

監視データの表示Viewing monitoring data

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートによって収集されたすべてのデータは、 [監視] ナビゲーション ウィンドウの [Application Monitoring] (アプリケーション監視) フォルダーの [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) フォルダーに表示されます。All data collected by the Web Application Availability Monitoring template appears in the Web Application Availability Monitoring folder in the Application Monitoring folder in the Monitoring navigation pane. [Application Availability Monitoring] (アプリケーションの可用性監視) フォルダーには、テスト状態、Web アプリケーションの状態、および監視対象のテストに関連するアラートを提供する既定のビューとサブフォルダーが含まれています。The Application Availability Monitoring folder contains the default views and subfolders that provide Test State, Web Application Status, and alerts related to the tests being monitored. [Test State] (テスト状態) ビューを使用すると、個々のテストのテスト状態を確認できます。By using the Test State view, you can see the test state of the individual tests. 各オブジェクトの状態には、最も悪いヘルス状態にある監視対象オブジェクトの状態が表示されるため、実行中のモニターの最も悪い状態を一目で確認できます。The state of each object matches the state of the targeted object that has the worst health state so that you see the worst state of the monitors that are running. 1 つ以上のテストがエラーと共に表示され、少なくとも 1 つの他のテストが正常である場合、その特定のテストの場所に問題がある可能性があります。If one or more of the tests are shown with an error while at least one other test is healthy, it could indicate a problem for that particular test location. すべてのコンポーネントが異常な場合は、Web アプリケーション自体に問題がある可能性があります。If all of the components are unhealthy, it could indicate a problem with the web application itself.

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性の監視) フォルダーWeb Application Availability Monitoring folder

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性の監視) フォルダー

各モニターの状態を表示するには、各テストのヘルス エクスプローラーを開きます。To view the state of the individual monitors, open the Health Explorer for each test.

ウィザードのオプションWizard options

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートを実行する場合は、以下の表に示すオプションに値を指定する必要があります。When you run the Web Application Availability Monitoring template, you have to provide values for options as listed in the following tables. 各表は、ウィザードのページごとのオプションです。Each table represents a single page in the wizard.

全般General

全般ページ

次のオプションは、ウィザードの [全般] ページで使用できます。The following options are available on the General page of the wizard.

オプションOption [説明]Description
名前Name 作成するテンプレートとテスト グループのわかりやすい名前を入力します。Enter the friendly name used for the template and test group that you are creating. この名前は、オペレーション コンソールの Web アプリケーションの状態ビューに表示され、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) フォルダー以下のフォルダーに対して使用されます。This name is displayed in the Operations Console in the Web Application status view and is used for the folder under the Web Application Availability Monitoring folder.
注: 名前を付けてテンプレートを保存した後にテンプレートの名前を編集することはできません。名前を変更するには、そのテンプレートをいったん削除して、作成し直す必要があります。Note: After you have given the template a name and saved the template, this name cannot be edited without deleting and re-creating the template.
[説明]Description テンプレートについて説明します。Describe the template. (オプション)(Optional)
目的の管理パックの選択Select destination management pack テンプレートで作成されたビューや構成を保存する管理パックを選択します。Select the management pack to store the views and configuration created by the template. 新しい管理パックにはテスト グループと同じ名前を付けます。同じ名前にすると、対応するもの同士を簡単に見つけられます。Use the same name for your new management pack as the test group so you can easily pair the two names. 既存の管理パックを使用することも、新しい管理パックを作成することもできます。You can use an existing management pack or create a new management pack. 管理パックの詳細については、「管理パック ファイルの選択」を参照してください。For more information about management packs, see Selecting a Management Pack File.

[What to monitor] (監視対象)What to monitor

[What to monitor] (監視対象) ページ

適切なプロトコル (http:// または https://) を含めて、テーブルにファイルを入力、貼り付け、またはインポートして、リストに URL を追加します。Add URLs to the list by typing, pasting, or importing a file into the table, including the appropriate protocol (http:// or https://). "名前, URL" 形式のコンマ区切りの値 (CSV) のペアとして行全体を貼り付けることも、URL のリストだけを貼り付けることもできます。You can paste entire rows as pairs of comma-separated values (CSV) that are in the format 'Name, URL', or you can paste just the list of URLs.

ウィザードの [What to monitor] (監視対象) ページでは、次のオプションを指定できます。The following options are available on the What to Monitor page of the wizard.

オプションOption [説明]Description
名前Name 監視する Web サイトの名前。Name of the website you want to monitor.
[URL]URL http://www.website.com という形式の監視する Web サイトの URL。URL of the website you want to monitor in the format: http://www.website.com
追加Add 外部ファイルから監視する URL を追加します。Add URLs to monitor from an external file. スプレッドシートの URL または行のリストは、次の形式のコンマ区切り値のペアとして貼り付けることができます。名前, URLYou can paste a list of URLs or rows of a spreadsheet as pairs of comma-separated values that are in the format: Name, URL

[Where to Monitor From] (監視元)Where to Monitor From

[Where to Monitor From] (監視元) ページ

URL を監視する内部の場所を選択します。Select the internal locations from which you want the URLs to be monitored.

ウィザードの [Where to Monitor From] (監視元) ページでは次のオプションを使用できます。The following options are available on the Where to Monitor From page of the wizard.

オプションOption [説明]Description
[内部の場所]Internal locations 監視元として構成している内部の場所。The internal locations you are configuring to monitor from.
[追加/削除]Add/Remove 監視する内部の場所を追加または削除します。Add or remove internal locations you want to monitor from.

[内部の場所を選択します]Select Internal Locations

[内部の場所を選択します] ページ

[What to monitor] (監視対象) ページで指定した URL の監視元である内部の場所を選択します。Select the internal locations from which you want to monitor the URLs you specified on the What to Monitor page. [追加] をクリックして内部の場所を追加し、監視元である内部の場所を検索して選択します。Click Add to add internal locations and then search for and select the internal locations that you want to monitor from.

ウィザードの [内部の場所を選択します] ページでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Select internal locations page of the wizard.

オプションOption [説明]Description
検索Search for 検索する場所の種類を示すオプションが表示されます。Option showing the kind of locations you search will look for. エージェントまたはプールを選択できます。You can choose agents or pools.
[名前の一部でフィルター処理]Filter by part of name 内部の場所の検索をフィルター処理します。Filter your search of internal locations.
検索Search 監視に使用できる場所を検索します。Search for locations that are available to monitor from. [場所] 領域には、使用できる場所が表示されます。Available locations are displayed in the in the Location area.
[監視する場所]:名前Where to monitor: Name 監視元として選択できる内部の場所のリスト。List of the internal locations from which you can select to monitor from.
[監視する場所]:場所Where to monitor: Location 監視元として選択できる場所のリスト。List of the locations from which you can select to monitor from.
追加Add 選択した内部の場所を [選択された場所] 領域に追加します。Add the internal locations you have selected to the Selected locations area. これらは、監視元としてウィザードを構成した場所です。These are the locations you are configuring the wizard to monitor from.
[選択された場所]:名前Selected locations: Name これらは、監視元として選択した内部の場所です。These are the internal locations you have chosen to monitor from.
[選択された場所]:場所Selected locations: Location 監視元として選択した場所のリスト。List of the locations you have chosen to monitor from.

[View and validate tests] (テストの表示と検証)View and validate tests

[View and Validate Tests] (テストの表示と検証) ページ

これは、実行されるすべてのテストの概要です。This is a summary of all tests that will be run. 内部の場所を選択し、 [テストの実行] をクリックしてテストの構成を検証します。Select an internal location and click Run Test to validate the test configuration. このテンプレートのすべてのテストについて既定の設定を変更するには、[構成の変更] を選択します。Select Change configuration to change the default settings for all tests in this template.

ウィザードの [View and Validate Tests] (テストの表示と検証) ページでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the View and Validate Tests page of the wizard.

オプションOption [説明]Description
[検索対象]Look for テスト名、URL、場所、およびエージェント/プールのリストにある項目の結果を検索して返します。Search for and returns results for items in the list of test names, URLs, Locations, and Agent/Pools. 検証する特定のテストまたはテストのセットを検索するには、これを使用します。Use this to find specific tests or sets of tests that you want to validate.
[テスト名]Test Name テストの名前。Name of a test.
[URL]URL 特定のテストの URL。URL for a specific test.
[エージェント/プール]Agent/Pool 内部 URL テストのエージェントまたはプールの場所。The Agent or Pool location for your internal URL tests.
[テストの実行]Run Test 選択されている内部テストの検証テストを実行します。Run a validation test for internal tests that are selected.
[構成の変更]Change Configuration [構成の変更] ページを開きます。ここでは、作成するテンプレート内のすべてのテストについて設定を変更できます。Open the Change Configuration page where you can change the settings for all tests in the template you are authoring.

[テスト結果]:[概要] タブTest results: Summary tab

[テスト結果] の [概要] タブ

ウィザードの [テスト結果] の [概要] タブでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Test Results Summary tab of the wizard.

オプションOption [説明]Description
[概要] タブSummary tab テストの要求が正しく処理されたかどうかを確認し、テストで使用されている URL と場所を表示します。Confirms if the test request was correctly processed and shows the URL and Location used in the test. さらに、Additionally. 次のような特定のテストと結果が表示されます。状態コード、DNS 解決時間、および合計応答時間。The specific tests and results are shown: Status code, DNS resolution time, and Total response time.

[テスト結果]:[詳細] タブTest results: Details tab

[テスト結果] の [詳細] タブ

ウィザードの [テスト結果] の [詳細] タブでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Test Results Details tab of the wizard.

オプションOption [説明]Description
[詳細] タブ:[URL]Details tab: URL テストに関する詳細情報を表示します。See detailed information about the test. テストされた URL が表示されます。Displays which URL was tested.
[詳細] タブ:結果Details tab: Result テストの要求が正常に処理されたかどうかを表示します。Displays whether the test request was processed successfully or not.
[詳細] タブ:[DNS 解決時間 (ミリ秒)]Details tab: DNS resolution time (milliseconds) Web サイトが期待どおりに動作することを確認する DNS 解決時間が表示されます。Displays the DNS resolution time which checks that website performs as you expected it to. 現在の URL の IP アドレスです。What's the IP address of the URL you are. DNS が Web サイトの IP アドレスを取得するためにかかる時間。Time it takes for DNS to get the IP address for the website.
[詳細] タブ:[合計応答時間 (ミリ秒)]Details tab: Total response time (milliseconds) トランザクション時間パフォーマンス カウンターと同じ合計応答時間が表示されます。Displays the Total response time from same as transaction time performance counter.
[詳細] タブ:[HTTP 状態コード]Details tab: HTTP status code Web サイトに ping を行って状態コードを取得するときに HTTP 状態コードが表示されます。Displays the HTTP status code when you ping a website, you get a status code.
[詳細] タブ:[応答本文のサイズ (バイト)]Details tab: Response body size (bytes) HTTP 応答情報の応答本文のサイズが表示されます。Displays the Response body size of the HTTP response information.
[詳細] タブ:[サーバーの証明書の有効期間 (日)]Details tab: Server certificate expiration (days) サイトの有効期限が切れた日付の証明書の有効期限が表示されます。Displays the certificate expiration of the date when the site expired. Web サイトは証明書の有効期限が切れている可能性があります。Website can have expired certificates.

[テスト結果]:[HTTP 要求] タブTest results: HTTP request tab

[テスト結果] の [HTTP 要求] タブ

ウィザードの [テスト結果] の [HTTP 要求] タブでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Test Results HTTP Request tab of the wizard.

オプションOption [説明]Description
[HTTP 要求] タブHTTP Request tab Web サイトに送信されるテストの HTTP 要求に関する詳細が表示されます。Displays details about the HTTP request of the test what is sent to the website.

[テスト結果]:[HTTP 応答] タブTest results: HTTP response tab

[テスト結果] の [HTTP 応答] タブ

ウィザードの [テスト結果] の [HTTP 応答] タブでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Test Results HTTP Response tab of the wizard.

オプションOption [説明]Description
このタブに表示される内容What is shown on this tab Web サイトから返されるテストの HTTP 応答に関する詳細が表示されます。Displays details about the HTTP Response for the test comes back from website.

[テスト結果]:[生データ] タブTest results: Raw data tab

[テスト結果] の [生データ] タブ

ウィザードの [テスト結果] の [生データ] タブでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Test Results Raw Data tab of the wizard.

オプションOption [説明]Description
このタブに表示される内容What is shown on this tab サイトから取得した、書式設定されていないすべてのデータが表示されます。Displays all of the data unformatted that we get back from the site. Web サイトに問題がある場合、この情報は Web サイトに関する問題の可能性を特定するために役立ちます。If there's a problem with the website, this information might help you figure out what might be wrong with the website.

[Change configuration for test set] (テスト セット用構成の変更)Change configuration for test set

[Change Configuration for Test] (テスト用構成の変更) ページ (上)

[Change Configuration for Test] (テスト用構成の変更) ページ (下)

ウィザードの [Change configuration for test set] (テスト セット用構成の変更) ページでは、次のオプションを使用できます。The following options are available on the Change Configuration for Test Set page of the wizard.

重要

このページの設定は、テンプレートのすべてのテストに適用されます。Settings on this page apply to all tests in the template.

オプションOption [説明]Description
[Test Frequency/Performance Data Collection Interval] (テスト間隔/パフォーマンス データの収集間隔):[テスト間隔]Test Frequency/Performance Data Collection Interval: Test frequency 各テストを実行する間隔を入力します。Enter the how often you want to run each test.
[Test Frequency/Performance Data Collection Interval] (テスト間隔/パフォーマンス データの収集間隔):[パフォーマンス データの収集間隔]Test Frequency/Performance Data Collection Interval: Performance data collection interval パフォーマンス データを収集する間隔を入力します。Enter the frequency with which you want to collect performance data. ここでは、すべての間隔でパフォーマンス データを収集するかどうかを指定します。This specifies whether you want to collect performance data every interval or not. たとえば、間隔が 10 分であり、収集間隔が 2 に設定されている場合、パフォーマンス データは 2 回に 1 回 (つまり 20 分に 1 回) 収集されます。For example, if the interval is 10 minutes and the collection interval is set to 2, this means that performance data will be collected every other interval, or once every 20 minutes.
[Test Frequency/Performance Data Collection Interval] (テスト間隔/パフォーマンス データの収集間隔):[テストのタイムアウト]Test Frequency/Performance Data Collection Interval: Test time-out テストがタイムアウトになり、キャンセルされるまで、テストで要求のアクティブな状態を維持する期間を入力します。Enter how long you want the test to keep a request active until the test times out and cancels.
[アラート]:[Criteria for error health state] (エラーのヘルス状態の条件):[トランザクション応答時間]Alerts: Criteria for error health state: Transaction response time トランザクション応答時間がエラーのヘルス状態を生成する必要がある要素かどうかを指定します。Specify if transaction response time is a factor that should or should not generate an error health state. エラーのヘルス状態を生成するように指定した場合、トランザクションがここで指定したしきい値 (秒単位) を超えると、エラーのヘルス状態が生成されます。If it is specified to generate an error health state, set the threshold in seconds that a transaction must exceed before it generates an error health state.
[アラート]:[Criteria for error health state] (エラーのヘルス状態の条件):[要求 (ベース ページ)]:[HTTP 状態コード]Alerts: Criteria for error health state: Request (Base page): HTTP status code HTTP 状態コードがエラーのヘルス状態を生成する必要がある要素かどうかを指定します。Specify if the HTTP status code is a factor that should or should not generate an error health state. エラーのヘルス状態を生成するように指定した場合は、HTTP 状態コードを、エラーのヘルス状態を生成する数値に設定します。If it is specified to generate an error health state, set the HTTP status code to the number for which you want it to generate an error health state.
[アラート]:[Criteria for error health state] (エラーのヘルス状態の条件):[要求 (ベース ページ)]:[内容検索]Alerts: Criteria for error health state: Request (Base page): Content match コンテンツの一致によってエラーのヘルス状態を生成する必要があるかどうかを指定します。Specify if any content matches should or should not generate an error health state. エラーのヘルス状態を生成するように指定した場合は、一致させるコンテンツを指定します。If it is specified to generate an error health state, specify the content you wish to match.
[アラート]:[Criteria for error health state] (エラーのヘルス状態の条件):[要求 (ベース ページ)]:[リダイレクトの確認]Alerts: Criteria for error health state: Request (Base page): Check for redirects リダイレクトの存在によってエラーのヘルス状態を生成するかどうかを指定します。Specify if the presence of redirects should or should not generate an error health state.
[アラート]:[Criteria for warning health state] (ヘルス状態の警告の条件):[トランザクション応答時間]Alerts: Criteria for warning health state: Transaction response time トランザクション応答時間が、警告のヘルス状態を生成する必要がある要素かどうかを指定します。Specify if the transaction response time is a factor that should or should not generate a warning health state. 警告のヘルス状態を生成するように指定した場合、トランザクションがここで指定したしきい値 (秒単位) を超えると、警告のヘルス状態が生成されます。If it is specified to generate warning health state, set the threshold in seconds that a transaction must exceed before it generates a warning health state.
[アラート]:[Criteria for warning health state] (ヘルス状態の警告の条件):[要求 (ベース ページ)]:[HTTP 状態コード]Alerts: Criteria for warning health state: Request (Base page): HTTP status code HTTP 状態コードが警告のヘルス状態を生成する要素かどうかを指定します。Specify if the HTTP status code should or should not generate a warning health state. 警告のヘルス状態を生成するように指定した場合は、HTTP 状態コードを、警告のヘルス状態を生成する数値に設定します。If it is specified to generate warning health state, set the HTTP status code to the number for which you want it to generate a warning health state.
[アラート]:[Criteria for warning health state] (ヘルス状態の警告の条件):[要求 (ベース ページ)]:[内容検索]Alerts: Criteria for warning health state: Request (Base page): Content match コンテンツの一致によって警告のヘルス状態を生成する必要があるかどうかを指定します。Specify if any content matches should or should not generate a warning health state. 警告のヘルス状態を生成するように指定した場合は、一致させるコンテンツを指定します。If it is specified to generate a warning health state, specify the content you wish to match.
[アラート]:[Criteria for warning health state] (ヘルス状態の警告の条件):[要求 (ベース ページ)]: [リダイレクトの確認]Alerts: Criteria for warning health state: Request (Base page): check for redirects リダイレクトの存在によって警告のヘルス状態を生成するかどうかを指定します。Specify if the presence of redirects should or should not generate a warning health state.
[アラート]:[次の回数連続して条件が満たされない場合はアラートを生成する]Alerts: Number of consecutive time a criteria should fail before an alert is generated [アラート] セクション リストで選択した条件が、ここで指定した回数連続して満たされない場合、アラートが生成されます。Specify the number of consecutive times selected criteria in the Alerts section list should fail before an alert is generated.
[アラート]:[各テストからアラートを生成する]Alerts: Generate alerts from each test アプリケーションの各 URL テストのアラートを受信することを選択します。Select to receive an alert for each URL test for an application.
[アラート]:[単一の概要アラートを生成する]Alerts: Generate a single summary alert アプリケーションの URL テストごとにアラートを受信することを選択するのではなく、アプリケーションの概要アラートを受信することを選択します。Select to receive a summary alert for an application, rather than choosing to receive an alert for each URL test for an application. この機能により、受信するアラートの数が減り、アラートの焦点をアプリケーションの全体的な状態に保つことができるため、縦型の Web サイトまたはアプリケーションを監視する場合に便利です。This is helpful if you are monitoring a vertical website or an application because this will reduce the number of alerts you receive and keep the focus of your alerts the overall state of the application.
障害がいくつ発生したらアラートを受け取るかのしきい値を上げると、アラートをさらに減らすことができます。You can further reduce alerts by raising the threshold for how many failures you want to have before receiving an alert. これらの 2 つの方法を利用すると、お客様にとって最も重要なアラートに焦点を当てることができます。必要なパフォーマンスを考慮して、アプリケーションの実行状況を把握します。Together, these two approaches will focus your alerts on what is most important to you: How well the application is running, given the performance you require.
[パフォーマンスの収集]:[トランザクション応答時間]Performance Collection: Transaction response time 累積応答時間:[DNS 解決時間] + [TCP 接続時間] + [最後のバイトまでの時間]Cumulative response time: DNS_RESOLUTION_TIME + TCP_CONNECT_TIME + TIME_TO_LAST_BYTE
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[応答時間]Performance Collection: Request (Base page): Response time ブラウザーを開いてすべてのリソースの読み込みを待機するなどの、要求の処理時間。Processing time for the request, such as opening a browser and waiting for all resources to load.
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[TCP 接続時間]Performance Collection: Request (Base page): TCP connect time ターゲット サーバーへの TCP 接続を確立し、サービスから最初の案内を受信するまでにかかる時間。Time taken to establish a TCP connection to the target server and receive the initial greeting from the service.
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[最初のバイトまでの時間]Performance Collection: Request (Base page): Time to first byte TCP 接続が確立されてから、応答の最初のバイトが受信されるまでの時間。Time take since the TCP connection is established till the first byte of response is received.
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[最後のバイトまでの時間]Performance Collection: Request (Base page): Time to last byte TCP 接続が確立されてから応答の最後のバイトを完全に受信するまでの経過時間。Time from when TCP connection is established until the last byte of response is completely received.
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[DNS 解決時間]:Performance Collection: Request (Base page): DNS resolution time URL ドメイン名を IP アドレスに解決するまでにかかる時間。Time taken to resolve the URL domain name to the IP address.
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[コンテンツ サイズ]Performance Collection: Request (Base page): Content size 受信した応答本文のサイズ。Size of the response body received.
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[コンテンツの時間]Performance Collection: Request (Base page): Content time ベース ページのダウンロード時間 (ベース ページのみ)。Base page download time (base page only).
[パフォーマンスの収集]:[要求 (ベース ページ)]:[ダウンロード時間]Performance Collection: Request (Base page): Download time ブラウザーを開いてすべてのリソースの読み込みを待機するなどの、要求の処理時間。Processing time for the request, such as opening a browser and waiting for all resources to load.
[全般構成]:[リソース ヘルスを評価する]General Configuration: Evaluate resource health リソース全体のヘルスを評価するかどうかを指定します。Specify whether to evaluate the health of the entire resource.
[全般構成]:[リダイレクトを許可]General Configuration: Allow redirects リダイレクトを許可し、エラーまたは警告の状態を発生させないかどうかを指定します。Specify if redirects can be allowed and not cause an error or warning state.
[全般構成]:[HTTP バージョン]General Configuration: HTTP version テストする HTTP バージョンを指定します。Specify the HTTP version being tested.
[全般構成]:[HTTP メソッド]General Configuration: HTTP method HTTP メソッドを指定します。Specify the HTTP method.
[全般構成]:[要求本文]General Configuration: Request body 要求の本文を表します。Represents the body of the request.
[HTTP ヘッダー]:[ヘッダー] 列HTTP Headers: Headers column 許容できるヘッダーを指定します。Specify which headers can be accepted.
[HTTP ヘッダー]:[値] 列HTTP Headers: Value column 許容できるヘッダーの値を指定します。Specify the value in the header that can be accepted.
[HTTP ヘッダー]:追加HTTP Headers: Add 許容できるヘッダー名と値を追加します。Add header names and values that can be accepted.
[HTTP ヘッダー]:編集HTTP Headers: Edit [HTTP ヘッダーのプロパティ] ページを開きます。ここでは、選択した HTTP ヘッダーの名前または値を変更できます。Opens the HTTP Header Properties page where you can change the Name or Value of the selected HTTP headers.
[HTTP ヘッダー]:削除HTTP Headers: Remove 許容されるリストから、選択したヘッダーを削除します。Removes selected header from the accepted list.
[プロキシ サーバー]:[プロキシ サーバーの使用]Proxy Server: Use a proxy server プロキシ サーバーを使用するかどうかを指定します。Specify whether to use a proxy server.
[プロキシ サーバー]:番地Proxy Server: Address プロキシ サーバーのアドレスを指定します。Specify the address of the proxy server.
[プロキシ サーバー]:ポート番号Proxy Server: Port number ポート番号を指定します。Specify the port number.

[概要]Summary

[概要] ページ

ウィザードの [概要] ページには、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレート用に構成した設定が一覧表示されます。The Summary page of the wizard lists the settings you have configured for the Web Application Availability Monitoring template. これらの設定を変更する場合は、テンプレート ページの [前へ] をクリックして、変更する設定が含まれているページまで戻ります。If you want to change any of these settings, click Previous or the template page until you reach the page with the settings that you want to change.

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートの作成と変更Creating and modifying web application availability monitoring templates

.NET アプリケーション パフォーマンス監視ウィザードを実行する手順については、「Web アプリケーションの可用性の監視を構成する方法」を参照してください。For the procedure to run the .NET Application Performance Monitoring wizard, see How to Configure Web Application Availability Monitoring

既存の [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) テンプレートを変更するにはTo modify an existing Web application availability monitoring template

  1. 管理グループの中で作成者の資格情報があるユーザー アカウントを使って、オペレーション コンソールを開きます。Open the Operations console with a user account that has Author credentials in the management group.
  2. [作成] ワークスペースをクリックします。Click the Authoring workspace.
  3. [作成] ナビゲーション ウィンドウで [管理パック テンプレート] を展開し、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) を選択します。In the Authoring navigation pane, expand Management Pack Templates , and then select Web Application Availability Monitoring.
  4. [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) ウィンドウで、変更するテンプレートを見つけます。In the Web Application Availability Monitoring pane, locate the template you want to change.
  5. 変更するテスト グループを右クリックして、 [プロパティ] を選択します。Right-click the test group that you want to modify, and then select Properties.
  6. タブを使用して設定のページを移動し、このグループのテストの基準を再構成するなど、必要な変更を行って [OK] をクリックします。Using the tabs to navigate the pages of settings, make the desired changes, such as reconfiguring criteria for tests in this group, and then click OK.

[Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) モニターと収集されたデータの表示Viewing web application availability monitoring monitors and collected data

アプリケーションの監視を構成したら、これら 3 つのビューが監視エクスペリエンスを始めるのに役立ちます。After you configure monitoring for an application, these three views will help you get started with the monitoring experience.

すべての [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) の監視対象アプリケーションを表示するにはTo view all web application availability monitoring monitored applications

  1. オペレーション コンソールを起動します。Open the Operations console.
  2. [監視] ワークスペースをクリックします。Click the Monitoring workspace.
  3. [監視] ナビゲーション ウィンドウで [Application Monitoring] (アプリケーションの監視) を展開し、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) を展開し、 [Web Application Status] (Web アプリケーションの状態) をクリックします。In the Monitoring navigation pane, expand Application Monitoring , expand Web Application Availability Monitoring , and then click Web Application Status.

各モニターの状態を表示するにはTo view the state of each monitor

  1. オペレーション コンソールを起動します。Open the Operations console.
  2. [監視] ワークスペースをクリックします。Click the Monitoring workspace.
  3. [監視] ナビゲーション ウィンドウで [Application Monitoring] (アプリケーションの監視) を展開し、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) を展開し、 [Test State] (テストの状態) をクリックします。In the Monitoring navigation pane, expand Application Monitoring , expand Web Application Availability Monitoring , and then click Test State.
  4. [Test State] (テストの状態) ビューで、オブジェクトを右クリックします。In the Test State view, right-click an object. [開く] を選択し、 [ヘルス エクスプローラー] をクリックします。Select Open , and then click Health Explorer.

アプリケーション コンポーネントで収集されたパフォーマンス データを表示するにはTo view the performance collected for an application component

  1. オペレーション コンソールを起動します。Open the Operations console.
  2. [監視] ワークスペースをクリックします。Click the Monitoring workspace.
  3. [監視] ナビゲーション ウィンドウで [Application Monitoring] (アプリケーションの監視) を展開し、 [Web Application Availability Monitoring] (Web アプリケーションの可用性監視) を展開し、 [Web Application Status] (Web アプリケーションの状態) をクリックします。In the Monitoring navigation pane, expand Application Monitoring , expand Web Application Availability Monitoring , and then click Web Application Status.
  4. [Test State] (テストの状態) ウィンドウで、オブジェクトを右クリックします。In the Test State pane, right-click an object. [開く] を選択し、 [パフォーマンス ビュー] をクリックします。Select Open , and then click Performance View.
  5. [凡例] ウィンドウで、表示するカウンターを選択します。In the Legend pane, select the counters that you want to view.
  6. [アクション] ウィンドウのオプションを使用して、パフォーマンス ビューを変更します。Use options in the Actions pane to modify the Performance view.

関連項目See also