Service Manager で変更管理と活動管理を構成するConfigure change and activity management in Service Manager

重要

このバージョンの Service Manager はサポート終了に達したため、 Service Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Service Manager 2019.

Service Manager の初期構成の一環として、変更管理と活動管理に関するワークフローと設定を構成する必要があります。As part of your initial configuration of Service Manager, you have to configure settings and workflows for change and activity management. 後で新しい変更要求を送信するときに使用できる変更要求のテンプレートを作成します。Create a change request template that you can use later when new change requests are submitted.

完了した変更要求を自動的に閉じ、活動の承認が必要な場合にユーザーに通知を送信するワークフローを構成します。Configure workflows to automatically close completed change requests and send notifications to users when activities require approval. ワークフローにより、自動的にテンプレートを適用して通知を送信するプロセスを自動化できます。Workflows automate processes that you can use to automatically apply templates and send notifications.

変更要求テンプレートは、繰り返し発生する問題の変更要求を作成する場合に便利です。これは、問題のカテゴリを設定して、標準の優先度、影響、リスク レベルをテンプレートで定義できるからです。A change request template is useful when you create a change request for a recurring type of issue because you can set an issue category and define a standard priority, effect, and risk level for it in the template. また、他の種類の定期的な変更要求用に、追加のテンプレートを作成することもできます。You can also create additional templates for other types of recurring change requests. 変更要求テンプレートを作成するもう 1 つの利点は、ユーザーが新しい変更要求を送信するまでにかかる時間を短縮できることです。Another benefit of creating a change request template is that users spend less time when they submit new change requests.

変更要求テンプレートを作成しますCreate change request templates

次の手順に従って、2 種類の変更要求テンプレートを作成して、検証します。Use the following procedures to create two change request templates and then validate them. 1 つ目のテンプレートは、Microsoft Exchange Server インフラストラクチャの変更要求を作成するのに使用します。The first template is used to create change requests to modify Microsoft Exchange Server infrastructure. 2 つ目のテンプレートは、標準変更要求の優先度を自動的に [ ] に変更するのに使用します。The second template is used to automatically change the priority of a standard change request to Low.

変更要求テンプレートには、よく使用する設定を保存し、テンプレートを使用して情報を新しい変更要求に適用します。Change request templates store commonly used settings and apply the information to new change requests. たとえば、活動を多数含む変更要求テンプレートを作成できます。For example, you can create a change request template that includes a number of activities. ただし、変更要求テンプレートに含める活動は、先に活動テンプレートとして作成しておかなければなりません。However, activities that you want to include in a change request template must have been previously created as activity templates.

注意

変更要求テンプレートを作成するときに、構成アイテムや作業アイテムのリンクを作成したり、ユーザー情報を入力したりしないでください。When you create a change request template, do not create links to configuration items or work items, and do not enter any user information. これらのオブジェクトのあるテンプレートを作成すると、オブジェクトを削除できなくなるので、テンプレートを作成し直す必要があります。If you create a template with these objects, you cannot remove them, and you will have to re-create the template.

メッセージングの変更要求テンプレートを作成するにはTo create a messaging change request template

  1. Service Manager コンソールで、[ライブラリ] をクリックします。In the Service Manager console, click Library.
  2. [ ライブラリ ] ウィンドウで [ テンプレート] をクリックします。In the Library pane, click Templates.
  3. [ タスク ] ウィンドウの [ テンプレート] の下にある [ テンプレートの作成] をクリックします。In the Tasks pane, under Templates, click Create Template.
  4. [ テンプレートの作成 ] ダイアログボックスの [ 名前 ] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。In the Create Template dialog box, type a name for the template in the Name box. たとえば、「 メッセージング インフラストラクチャの変更要求テンプレート」と入力します。For example, type Changes to Messaging Infrastructure Template.
  5. [ 説明 ] ボックスに、テンプレートの説明を入力します。In the Description box, type a description for the template. たとえば、「 このテンプレートは、メッセージング インフラストラクチャを変更するときに使用する」と入力します。For example, type Use this change template when you want to modify the messaging infrastructure.
  6. [ 参照 ] をクリックして、クラスを選択します。Click Browse to select a class.
  7. [ クラスの選択 ] ダイアログ ボックスで [ 変更要求] をクリックして、[ OK] をクリックします。In the Select a Class dialog box, click Change Request, and then click OK.
  8. [ テンプレートの作成 ] ダイアログ ボックスの [ 管理パック] で [ Service Manager 変更管理構成ライブラリ] を選択して、[ OK] をクリックします。In the Create Template dialog box, under Management pack, select Service Manager Change Management Configuration Library, and then click OK.
  9. [ 変更要求テンプレート ] フォームの [ 全般 ] タブで、[ 説明 ] ボックスに変更の説明を入力します。In the Change Request Template form, on the General tab, in the Description box, type a description for the change. たとえば、「 Exchange Server ソフトウェア インフラストラクチャを変更するときに使用する」と入力します。For example, type Use when modifying the Exchange Server software infrastructure.
  10. [ 領域 ] ボックスで、変更要求の影響を受ける領域を選択します。In the Area box, select the area that is affected by the change request. たとえば、[ ハードウェア] を展開して、[ サーバー] を選択します。For example, expand Hardware, and then select Server.
  11. [ 優先度 ] ボックスで、値を選択します。In the Priority box, select a value. たとえば、[ ] を選択します。For example, select High.
  12. [ 影響 ] ボックスで、値を選択します。In the Impact box, select a value. たとえば、[ 標準] を選択します。For example, select Standard.
  13. [ リスク ] ボックスで、値を選択します。In the Risk box, select a value. たとえば、[ ] を選択します。For example, select Medium.
  14. [ 活動 ] タブをクリックして、[ 追加] をクリックします。Click the Activities tab, and then click Add.
  15. [ テンプレート ] ボックスの一覧で [ 既定のレビュー活動] をクリックして、[ OK ] をクリックします。レビュー活動フォームが開きます。In the Templates list, select Default Review Activity, and then click OK to open the review activity form.
  16. [ タイトル ] ボックスに、レビュー活動の名前を入力します。In the Title box, type a name for the review activity. たとえば、「 メッセージング インフラストラクチャ変更要求の承認」と入力します。For example, type Messaging Infrastructure Request Approval. 次に、[ 追加 ] をクリックして、この変更要求を通常承認するユーザーまたはグループを追加します。Then, click Add to add the user or group that will normally approve the change request.
  17. 表示されるフォームまたはダイアログ ボックスのそれぞれで [ OK] をクリックします。In each open form or dialog box, click OK.

優先度の変更テンプレートを作成するにはTo create a priority-modifying template

  1. Service Manager コンソールで、[ライブラリ] をクリックします。In the Service Manager console, click Library.
  2. [ ライブラリ ] ウィンドウで [ テンプレート] をクリックします。In the Library pane, click Templates.
  3. [ タスク ] ウィンドウの [ テンプレート ] の下にある [ テンプレートの作成] をクリックします。In the Tasks pane, click Create Template under Templates.
  4. [ テンプレートの作成 ] ダイアログボックスの [ 名前 ] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。In the Create Template dialog box, type a name for the template in the Name box. たとえば、「 標準変更要求の優先度を低に設定」と入力します。For example, type Set Standard Change Requests to Low Priority.
  5. [ 説明 ] ボックスに、テンプレートの説明を入力します。In the Description box, type a description for the template. たとえば、「 この変更テンプレートは、標準変更要求の優先度を自動的に低に設定する場合に使用する」と入力します。For example, type Use this change template to automatically set the priority for standard change requests to Low.
  6. クラスを追加するために、[ 参照 ] をクリックします。Click Browse to add a class.
  7. [ クラスの選択 ] ダイアログ ボックスで [ 変更要求] をクリックして、[ OK] をクリックします。In the Choose Class dialog box, click Change Request, and then click OK.
  8. [ テンプレートの作成 ] ダイアログ ボックスの [ 管理パック] で [ Service Manager 変更管理構成ライブラリ] を選択して、[ OK] をクリックします。In the Create Template dialog box, under Management pack, select Service Manager Change Management Configuration Library, and then click OK.
  9. [ 変更要求テンプレート ] フォームの [ 全般 ] タブで、[ 優先度 ] ボックスの一覧から [ ] をクリックします。In the Change Request Template form, on the General tab, in the Priority list, select Low.
  10. [OK] をクリックします。Click OK.

テンプレートの作成を検証するにはTo validate template creation

  • 新しいテンプレートが作成されたことを確認します。Verify that the new templates were created. たとえば、[ テンプレート ] ビューに [ メッセージング インフラストラクチャの変更要求テンプレート ] と [ 標準変更要求の優先度を低に設定 ] が表示されることを確認します。For example, verify that Changes to Messaging Infrastructure Template and Set Standard Change Requests to Low Priority appear in the Templates view. F5 キーを押して、表示される情報を更新しなければならない場合があります。You might have to press F5 to make the new change templates appear.

手作業の活動テンプレートを作成しますCreate a manual activity template

次の手順に従って、手作業の活動テンプレートを作成して、検証します。Use the following procedures to create a manual activity template and then validate it. 手作業の活動テンプレートを使用して、すべての手作業の活動が、その実行者に割り当てられるようにします。Manual activity templates help ensure that all manual activities are assigned to the person who is the activity implementer. 手作業の活動テンプレートを作成した後で、そのテンプレートに適用するワークフローを作成します。After you create the manual activity template, you create a workflow that applies the template. ワークフローの作成方法の詳細については、「 How to Configure Incident Workflows」を参照してください。For more information about how to create a workflow, see How to Configure Incident Workflows.

以下の手順では、"<ユーザー名> を活動実行者に設定する" という手作業の活動テンプレートを作成します。In the following procedure, you will create a manual activity template named "Set named user as the Activity Implementer". このテンプレートは、「 How to Configure Activity Management Workflows 」で説明している手順で使用します。This manual activity template is used in the How to Configure Activity Management Workflows procedure.

手作業の活動テンプレートを作成するにはTo create a manual activity template

  1. Service Manager コンソールで、[ライブラリ] をクリックします。In the Service Manager console, click Library.
  2. [ ライブラリ ] ウィンドウで [ テンプレート] をクリックします。In the Library pane, click Templates.
  3. [ タスク ] ウィンドウの [ テンプレート ] 領域にある [ テンプレートの作成] をクリックします。In the Tasks pane, in the Templates area, click Create Template.
  4. [ テンプレートの作成 ] ダイアログ ボックスの [ 名前 ] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。In the Create Template dialog box, in the Name box, type a name for the template. たとえば、「<ユーザー名> を活動実行者に設定する」と入力します。For example, type Set named users as the Activity Implementer.
  5. [ 説明 ] ボックスに、テンプレートの説明を入力します。In the Description box, type a description for the template.
  6. [ 参照 ] をクリックして、クラスを選択します。Click Browse to choose a class.
  7. [ クラスの選択 ] ダイアログ ボックスで [ 手作業の活動] をクリックして、[ OK] をクリックします。In the Choose Class dialog box, click Manual Activity, and then click OK.
  8. [ テンプレートの作成 ] ダイアログ ボックスの [ 管理パック] で、[ Service Manager 活動管理構成ライブラリ] を選択して、[ OK] をクリックします。In the Create Template dialog box, under Management pack, select Service Manager Activity Management Configuration Library, and then click OK.
  9. [手作業の活動テンプレート] フォームの [全般] タブで、[アクティビティの実装者] の横にある省略記号ボタン ([...]) をクリックし、ユーザーを選択して、[ OK] をクリックします。In the Manual Activity Template form, on the General tab, click the ellipsis button (...) next to Activity Implementer, select a user, and then click OK.

テンプレートが作成されたことを検証するにはTo validate that the template was created

  • [ テンプレート ] ビューで、新しいテンプレートが作成されたことを確認します。In the Templates view, verify that the new template was created. F5 キーを押して、表示される情報を手動で更新しなければならない場合があります。You might have to press F5 to make the new manual activity template appear.

変更要求の全般設定を構成するConfigure general change settings

以下の手順を使用して、変更要求のプレフィックスの指定および変更要求の添付ファイルの制限の定義に関する設定を構成した後、設定を検証します。Use the following procedures to configure settings to specify change request prefixes and to define change request file attachment limits and then validate the settings.

注意

変更要求のプレフィックスを変更しても、既存の変更要求には影響しません。Revising the change request prefix does not affect existing change requests.

変更要求の全般設定を構成するにはTo configure general change settings

  1. Service Manager コンソールで、[管理] をクリックします。In the Service Manager console, click Administration.
  2. [管理] ウィンドウで [管理] を展開して、 [設定] をクリックします。In the Administration pane, expand Administration, and then click Settings.
  3. [設定] ウィンドウで、[変更要求の設定] をクリックします。In the Settings pane, click Change Request Settings.
  4. [タスク] ウィンドウの [変更要求の設定] 領域で、[プロパティ] をクリックします。In the Tasks pane, in the Change Request Settings area, click Properties.
  5. [変更要求の設定] ダイアログ ボックスでは、次の変更を行うことができます。In the Change Request Settings dialog box, you can make the following changes:
    1. プレフィックス コードを変更する場合は、[変更要求 ID プレフィックス] ボックスの既定値を変更します。If you want to change the prefix code, change the default value in the Change Request ID prefix box.
    2. 変更要求に添付できるファイルの最大数を変更する場合は、[添付ファイルの最大数] ボックスの既定値を変更します。If you want to change the maximum number of files that you can attach to a change request, change the default value in the Maximum number of attached files box. たとえば、「2」と入力します。For example, type 2.
    3. 変更要求に添付できるファイルの最大サイズを変更する場合は、[最大サイズ (KB)] ボックスの既定値を変更します。If you want to change the maximum size of files that you attach to a change request, change the default value in the Maximum size (KB) box. たとえば、「300」と入力します。For example, type 300.
  6. [OK] をクリックして、[変更要求の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Change Request Settings dialog box.

設定の変更を検証するにはTo validate change settings

  1. プレフィックス コードの変更を検証するには、新しい変更要求を作成し、その変更要求 ID に指定したプレフィックスが付いていることを確認します。To validate changes to the prefix code, create a new a change request, and verify that the change request IDs have the prefix that you specified.
  2. 添付ファイルの設定の変更を検証するには、変更要求を開き、指定した設定に違反する添付ファイルの追加を試みます。To validate changes to the attachment settings, open a change request, and attempt to add a file attachment that violates the settings that you specified.

活動の全般設定を構成するConfigure general activity settings

以下の手順を使用して、活動レコードを表示するときに活動のプレフィックスを指定するための設定を構成します。Use the following procedure to configure settings to specify activity prefixes when you view activity records. その後、設定を検証できます。You can then validate the settings. これらの活動設定は、Service Manager コンソールの管理領域で定義できます。You can define these activity settings in the administrative area of the Service Manager console.

注意

活動要求のプレフィックスを変更しても、既存の活動レコードには影響しません。Revising the activity request prefix does not affect existing activity records.

活動の全般設定を構成するにはTo configure general activity settings

  1. Service Manager コンソールで、[管理] をクリックします。In the Service Manager console, click Administration.
  2. [管理] ウィンドウで [管理] を展開して、 [設定] をクリックします。In the Administration pane, expand Administration, and then click Settings.
  3. [設定] ウィンドウで、[活動の設定] をクリックします。In the Settings pane, click Activity Settings.
  4. [タスク] ウィンドウの [活動の設定] 領域で、[プロパティ] をクリックします。In the Tasks pane, in the Activity Settings area, click Properties.
  5. [活動の設定] ダイアログ ボックスでは、次の変更を行うことができます。In the Activity Settings dialog box, you can make the following changes:
    • 活動のプレフィックス コードを変更する場合は、[活動プレフィックス] ボックスの既定値を変更します。If you want to change the activity prefix code, change the default value in the Activity prefix box. たとえば、値を「AA」に変更します。For example, change the value to AA.
    • 手作業の活動のプレフィックス コードを変更する場合は、[手作業の活動プレフィックス] ボックスの既定値を変更します。If you want to change the manual activity prefix code, change the default value in the Manual activity prefix box. たとえば、値を「AM」に変更します。For example, change the value to AM.
    • レビュー活動のプレフィックス コードを変更する場合は、[レビュー活動プレフィックス] ボックスの既定値を変更します。If you want to change the review activity prefix code, change the default value in the Review activity prefix box. たとえば、値を「AR」に変更します。For example, change the value to AR.
  6. [OK] をクリックして、[活動の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Activity Settings dialog box.

活動の設定の変更を検証するにはTo validate activity setting changes

  • プレフィックス コードの変更を検証するには、新しい変更要求を作成し、[活動] タブで、指定した新しいプレフィックスが活動に付いていることを確認します。To validate changes to any prefix code, create a new change request, and then verify on the Activities tab that the activities have the new prefix that you specified.

変更管理のワークフローを構成するConfigure change management workflows

以下の手順では、すべての標準変更要求の優先度を設定した後、変更を検証します。Use the following procedures to set the priority of all standard change requests and then validate the change. たとえば、優先度を低に設定できます。For example, you can set the priority of all standard change requests to low. この手順では、このプロセスを自動化する新しいワークフローを作成します。In this procedure, you create a new workflow to automate the process.

以下の手順を行う前に、次のテンプレートを作成する必要があります。Before you can complete the steps in the following procedures, you have to create the following templates:

  • 標準変更要求の優先度を低に設定: 詳細については、「How to Create Change Request Templates」(変更要求テンプレートを作成する方法) の「To create a priority-modifying template」(優先度の変更テンプレートを作成するには) の手順をご覧ください。Set Standard Change Requests to Low Priority: For more information, see the procedure "To create a priority-modifying template" in How to Create Change Request Templates.
  • 新しい標準変更要求の受信テンプレート: 詳しくは、「通知テンプレートを作成する方法」の手順「変更要求の通知テンプレートを作成するには」をご覧ください。New Standard Change Request Received Template: For more information, see the procedure "To create a notification template for change requests" in How to Create Notification Templates.

すべての標準変更要求の優先度を低に設定するワークフローを作成するにはTo create a workflow to set all standard change requests to low

  1. Service Manager コンソールで、[管理] をクリックします。In the Service Manager console, click Administration.
  2. [ 管理 ] ウィンドウで、[ 管理]、[ ワークフロー] の順に展開して、[ 構成] をクリックします。In the Administration pane, expand Administration, expand Workflows, and then click Configuration.
  3. [構成] ウィンドウで、[Change Request Event Workflow Configuration](変更要求イベント ワークフローの構成) をクリックします。In the Configuration pane, click Change Request Event Workflow Configuration.
  4. [タスク] ウィンドウの [Change Request Event Workflow Configuration](変更要求イベント ワークフローの構成) 領域で、[Configure Workflow Rules](ワークフロー ルールの構成) をクリックします。In the Tasks pane, in the Change Request Event Workflow Configuration area, click Configure Workflow Rules.
  5. [ワークフローの構成] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。In the Configure Workflows dialog box, click Add.
  6. 変更要求クラスのオブジェクト用ワークフローの構成ウィザードの [開始する前に] ページで [次へ] をクリックします。On the Before You Begin page of the Configure Workflows for Objects of Class Change Request Wizard, click Next.
  7. [ ワークフロー情報 ] ページの [ 名前 ] ボックスに、ワークフローの名前を入力します。On the Workflow Information page, in the Name box, type a name for the workflow. たとえば、「標準変更要求の優先度を低に設定するワークフロー」などと入力します。For example, type Set Standard Change Request to Low Priority workflow.
  8. 必要に応じて、[説明] ボックスに、作成するワークフローの説明を入力します。Optionally, in the Description box, you can type a description of the new workflow. たとえば、「このワークフローは、標準変更要求の優先度を自動的に低に設定する」などと入力します。For example, you can type This workflow automatically sets the priority of a standard change request to low.
  9. [Check for events](イベントの確認) ボックスの一覧で、[オブジェクトの作成時] を選択します。In the Check for events list, select When an object is created.
  10. [ 有効 ] チェック ボックスがオンになっていることを確認して、[ 次へ] をクリックします。Make sure that the Enabled check box is selected, and then click Next.
  11. [条件の指定] ページの [変更後] タブで、[関連クラス] ボックスの一覧から [変更要求] をクリックします。On the Specify Criteria page, on the Changed To tab, in the Related classes list, select Change Request.
  12. [選択できるプロパティ] ボックスの一覧で [カテゴリ] を選択し、[追加] をクリックします。In the Available properties list, select Category, and then click Add. [条件] 領域の [次の値に等しい] ボックスの横で [標準] を選択して、[次へ] をクリックします。In the Criteria area, next to the equals box, select Standard, and then click Next.
  13. [テンプレートの適用] ページで、[選択したテンプレートを適用します] チェック ボックスをオンにします。On the Apply Template page, select the Apply the selected template check box.
  14. [テンプレート] ボックスの一覧で "標準変更要求の優先度を低に設定" を選択して、[次へ] をクリックします。In the Templates list, select Set Standard Change Requests to Low Priority, and then click Next.
  15. [ 通知先の選択 ] ページで [ 通知の有効化 ] チェック ボックスをオンにします。On the Select People to Notify page, select the Enable notification check box.
  16. [ユーザー][Created By User](作成したユーザー) を選択し、[テンプレート] で "新しい標準変更要求の受信テンプレート" を選択して、[追加] をクリックします。Under User, select Created By User, and under Template, select New Standard Change Request Received Template, and then click Add.
  17. [次へ] をクリックします。Click Next.
  18. [サマリー]**** ページで、[作成]**** をクリックします。On the Summary page, click Create.
  19. [完了] ページで [閉じる] をクリックします。On the Completion page, click Close.
  20. [ワークフローの構成] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。In the Configure Workflows dialog box, click OK.

ワークフローの作成を検証するにはTo validate workflow creation

  1. [構成] ウィンドウで [Change Request Event Workflow Configuration](変更要求イベント ワークフローの構成) テンプレートを選択します。In the Configuration pane, select the Change Request Event Workflow Configuration template.
  2. [タスク] ウィンドウで [Configure Workflow Rules](ワークフロー ルールの構成) をクリックします。In the Tasks pane, click Configure Workflow Rules.
  3. [ワークフローの構成] ダイアログ ボックスに、"標準変更要求の優先度を低に設定するワークフロー" というワークフローが表示されるはずです。In the Configure Workflows dialog box, the Set Standard Change Request to Low Priority workflow workflow should appear.
  4. または、"標準変更要求" テンプレートを使用して新しい変更要求を作成し、新しい要求の優先度が低に設定されていることを確認します。Optionally, you can create a new change request by using the Standard Change Request template to verify that the priority of new requests is set to Low.
  5. 変更要求を作成したユーザーに、メールで通知が送信されます。Notification email is sent to the user who created the change request.

活動管理ワークフローを構成するConfigure activity management workflows

以下の手順を使用して、割り当てられていないすべての手作業の活動を指定したユーザーに自動的に割り当てた後、ワークフローの作成を検証します。Use the following procedures to automatically assign all unassigned manual activities to a named user and then validate the creation of workflow.

以下の手順を行う前に、次のテンプレートを作成する必要があります。Before you can complete the steps in the following procedures, you have to create the following templates:

ここで作成するワークフローは、"<ユーザー名> を活動実行者に設定する" テンプレートに適用され、活動実行者が指定されていないすべての活動がこのユーザーに割り当てられます。The new workflow you are about to create applies the Set named user as the Activity Implementer template, which assigns the named user all the activities that do not have a designated activity implementer. メール通知チャネルが構成されている場合は、"新しく割り当てられた活動の受信テンプレート" によって、ユーザーに通知が送信されます。The New Activity Assigned Received Template sends notification to a user if the email notification channel is configured.

活動管理ワークフローを作成するにはTo create an activity management workflow

  1. Service Manager コンソールで、[管理] をクリックします。In the Service Manager console, click Administration.
  2. [ 管理 ] ウィンドウで、[ 管理]、[ ワークフロー] の順に展開して、[ 構成] をクリックします。In the Administration pane, expand Administration, expand Workflows, and then click Configuration.
  3. [構成] ウィンドウで [Activity Event Workflow Configuration](活動イベント ワークフローの構成) をクリックします。In the Configuration pane, click Activity Event Workflow Configuration.
  4. [タスク] ウィンドウの [Activity Event Workflow Configuration](活動イベント ワークフローの構成) 領域で、[Configure Workflow Rules](ワークフロー ルールの構成) をクリックします。In the Tasks pane, in the Activity Event Workflow Configuration area, click Configure Workflow Rules.
  5. [クラスの選択] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスの一覧で、[手作業の活動] をクリックして [OK] をクリックします。In the Select a Class dialog box, in the Name list, select Manual Activity, and then click OK.
  6. [ワークフローの構成] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。In the Configure Workflows dialog box, click Add.
  7. 手作業の活動クラスのオブジェクト用ワークフローの構成ウィザードの [開始する前に] ページで [次へ] をクリックします。On the Before You Begin page of the Configure workflows for objects of class Manual Activity wizard, click Next.
  8. [ ワークフロー情報 ] ページの [ 名前 ] ボックスに、ワークフローの名前を入力します。On the Workflow Information page, in the Name box, type a name for the workflow. たとえば、「割り当てられていない活動を <ユーザー名> に割り当てる」などと入力します。For example, type Assign Unassigned Activities to named user.
  9. 必要に応じて、[説明] ボックスに、作成するワークフローの説明を入力します。Optionally, in the Description box, you can type a description of the new workflow. たとえば、「このワークフローは、割り当てられていない手作業の活動を自動的に <ユーザー名> に割り当てる」などと入力します。For example, you can type This workflow automatically assigns unassigned manual activities to the named user.
  10. [Check for events](イベントの確認) ボックスの一覧で、[オブジェクトの作成時] を選択します。In the Check for events list, select When an object is created.
  11. [ 有効 ] チェック ボックスがオンになっていることを確認して、[ 次へ] をクリックします。Make sure that the Enabled check box is selected, and then click Next.
  12. [条件の指定] ページの [変更後] タブで、[関連クラス] ボックスの一覧から [手作業の活動] をクリックします。On the Specify Criteria page, on the Changed to tab, in the Related classes list, select Manual Activity.
  13. [選択可能なプロパティ] ボックスの一覧で [ステージ] チェック ボックスをオンにして、[追加] をクリックします。In the Available properties list, select the Stage check box, and then click Add.
  14. [条件] 領域の [[活動] ステージ] ボックスで、[次の値と等しい] を選択し、値の [承認] を選択して、[次へ] をクリックします。In the Criteria area, next to the [Activity] Stage box, select equals, select Approve for the value, and then click Next.
  15. [テンプレートの適用] ページで、[選択したテンプレートを適用します] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。On the Apply Template page, make sure that Apply the selected template check box is selected.
  16. [テンプレート] ボックスの一覧で "<ユーザー名> を活動実行者に設定する" をクリックして、[次へ] をクリックします。In the Templates list, select Set named users as the Activity Implementer, and then click Next.
  17. [ 通知先の選択 ] ページで [ 通知の有効化 ] チェック ボックスをオンにします。On the Select People to Notify page, select the Enable notification check box.
  18. [ユーザー] ボックスの一覧の下で [担当者] を選択します。In the User list, select Assigned to User.
  19. [メッセージ テンプレート] ボックスの一覧で "新しく割り当てられた活動の受信テンプレート" を選択して [追加] をクリックし、[次へ] をクリックします。In the Message template list, select New Activity Assigned Received Template, click Add, and then click Next.
  20. [サマリー]**** ページで、[作成]**** をクリックします。On the Summary page, click Create.
  21. [完了] ページで [閉じる] をクリックします。On the Completion page, click Close.
  22. [ワークフローの構成] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックして、ダイアログ ボックスを閉じます。In the Configure Workflows dialog box, click OK to close it.

ワークフローの作成を検証するにはTo validate workflow creation

  1. [管理] ウィンドウで、[管理][ワークフロー] の順に展開して、[状態] をクリックします。In the Administration pane, expand Administration, expand Workflows, and then click Status.
  2. [状態] ウィンドウの一覧に "割り当てられていない活動を <ユーザー名> に割り当てる" という新しいテンプレートが表示されていることを確認します。In the Status pane, verify that the new workflow template titled Assign Unassigned Activities to the named user is listed.

次のステップNext steps