管理パック概要の Service Manager OLAP キューブのモデリングModeling Service Manager OLAP cubes in management packs overview

重要

このバージョンの Service Manager はサポート終了に達したため、 Service Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Service Manager 2019.

カスタマイズした管理パック要素を定義する機能を使用して、 ( Service Manager に含まれるオンライン分析処理 OLAP キューブ管理パックの要素をモデル化しました ) 。The ability to define customized management pack elements was used to model the online analytical processing (OLAP) cube management pack elements that are included in Service Manager. これらの管理パック要素を使用して、ユーザーはより概要レベルの抽象で OLAP キューブの宣言での定義とカスタマイズを行うことができます。These management pack elements make it possible for the user to declaratively define and customize an OLAP cube at a higher level of abstraction. 定義に基づき、これらの管理パック要素の展開は、OLAP キューブの正しいリレーションシップ、コンポーネント、基本的なビルディング ブロックが、ユーザーが詳細に指示しなくても、より詳細なレベルで作成します。Based on the definition, the deployment of these management pack elements create the correct relationships, components, and fundamental building blocks of the OLAP cube at a greater level of detail, without any further user guidance. 次の 2 つは、OLAP キューブに含まれる主要な管理パック要素です。The following are the two main management pack elements that are included in OLAP cubes:

  • SystemCenterCubeSystemCenterCube

  • CubeExtensionCubeExtension

SystemCenterCubeSystemCenterCube

SystemCenterCube 要素は、必要に応じて、さまざまな詳細度で OLAP キューブを定義します。The SystemCenterCube element defines the OLAP cube to a varying degree of detail, depending on your specific needs. この要素には、次のサブ要素が含まれます。This element contains the following subelements:

  • [MeasureGroup]MeasureGroup

  • 代入Substitution

  • CustomMDXCustomMDX

  • NamedCalculationNamedCalculation

  • メジャーMeasure

  • KPIKPI

  • ただし、現在サポートされているの ( - はドリルスルーアクションのみです)Action (however, only drill-through actions are supported currently)

  • ManyToManyRelationshipManyToManyRelationship

[MeasureGroup]MeasureGroup

各 OLAP キューブには、データ マートに存在するファクトのコレクションが含まれ、コレクションの各メンバーは、メジャー グループに対応します。Each OLAP cube contains a collection of facts that exist in the data mart, where each member in the collection corresponds to a measure group. 各メジャー グループは、OLAP キューブ内に一意の名前を持つ必要があります。Each measure group must have its own unique name within the OLAP cube. ただし、単一ファクトは、OLAP キューブ内の複数メジャー グループに対応することがあります。However, a single fact may correspond to multiple measure groups in an OLAP cube. たとえば、1 つの OLAP キューブ内で WorkItemAssignedToUser 抽象リレーションシップが、 ChangeRequestAssignedToUserIncidentAssignedToUserProblemAssignedToUserという一意のメジャー グループ名を使って 3 回定義されることは可能です。For example, the abstract relationship WorkItemAssignedToUser may be defined three times in an OLAP cube, with the unique measure group names of ChangeRequestAssignedToUser, IncidentAssignedToUser, and ProblemAssignedToUser. ファクトをカスタマイズして、変更要求、インシデント、問題のみが OLAP キューブの各メジャーグループに含まれるようにすることができます。You can customize the fact so that only change requests, incidents, and problems are included in the respective measure group for the OLAP cube.

次の例は、IncidentAssignedToUser メジャー グループの管理パック要素を示したものです。The following example shows the management pack element for the IncidentAssignedToUser measure group:

<MeasureGroup DateDimAlias="IncidentAssignedToUserDateDim" MeasureGroupName-"IncidentAssignedTouser" Fact="DWBase!WorkItemAssignedToUserFact"/>  

OLAP キューブが展開されると、ディメンション、アウトリガー、外部キーのリレーションシップが自動的に計算されて、データ ソース ビューがこれらの新しい要素で更新されます。When the OLAP cube is deployed, the dimension, outriggers, and foreign key relationships are automatically calculated and the data source view will be updated with these new elements. 次の表では、メジャー グループの属性について説明します。The following table describes measure group attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
DateDimAliasDateDimAlias いいえNo StringString このメジャー グループのフィルターとなる日付ディメンションの名前です。The name of the date dimension that will filter on this measure group. 別名が定義されていない場合、date dim role 演奏名は自動的に " ( measuregroupname ) _ DateDim" になります。If no alias is defined, the date dim role playing name will automatically be "(MeasureGroupName)_DateDim"
MeasureGroupNameMeasureGroupName はいYes StringString キューブのメジャー グループ名です。The name of the measure group in the cube. この名前は、キューブ内で一意である必要があります。This name must be unique within the cube.
ファクトFact はいYes リレーションシップまたはカスタム ファクトRelationship or CustomFact メジャー グループのターゲットです。データ ウェアハウスのファクトである必要があります。The target of the measure group, which must be a fact in the data warehouse.

代入Substitution

データ ウェアハウスのリレーションシップ ファクトは、抽象リレーションシップと抽象ディメンションをターゲットにすることがあるため、具象ディメンションに置換して、メジャー グル-プが参照するインスタンスのみを含むようにする必要があります。Because relationship facts in the data warehouse may target abstract relationships and dimensions, you need to substitute in concrete dimensions so that the measure group will contain only instances that you want to browse.

この例を次に示します。This is illustrated in the following example.

<Substitution MeasureGroupName="IncidentAssignedTouser" RelationshipEndpoint="Source" Relationship="Workitem!System.WorkItemAssignedToUser" TargetDimension="DWBase!WorkItemDim" ReplacementDimension="IncidentDW!IncidentDim"/>  

この例では、 IncidentAssignedToUser メジャー グループが WorkitemAssignedToUser リレーションシップを指定しています。In this example, the IncidentAssignedToUser measure group points at the WorkitemAssignedToUser relationship. ただし、このリレーションシップは、インシデントのみではなく、任意のユーザーに割り当てられた変更要求と問題も含みます。This relationship, however, will not only contain incidents, but it will also contain change requests and problems that have also been assigned to any users. このメジャーグループにインシデントのみが含まれるようにするには、Service Manager WorkitemdimIncidentDimに置き換えます。To ensure that this measure group only contains incidents, Service Manager substitutes WorkItemDim with IncidentDim. これは、メジャー グループのデータ ソース ビューに作成されたテーブルが、自動的に WorkItemDim と IncidentDim の内部結合を実行して、EntityDimKey か BaseManagedEntityId に基づいて、結合が有効なインスタンスのみを返すことを意味します。This means that the table that is created in the data source view for the measure group automatically performs an inner join on WorkItemDim with IncidentDim and returns only those instances where a join is valid based on the EntityDimKey or BaseManagedEntityId.

置換を実行するリレーションシップ エンドポイントは必ず定義してください。Remember that you must define the relationship endpoint where you want to perform the substitution. この要素が必要なのは、ソース ディメンションとエンドポイント ディメンションが同一であることがあり、置換するディメンションを一意に特定するメソドロジが必要とされるからです。This element is required because it is possible that the source and endpoint dimensions are identical and a methodology is needed to uniquely identify which dimension to substitute. そのようなリレーションシップの一例が WorkItemRelates to WorkItemです。An example of such a relationship is WorkItemRelates to WorkItem.

Substitution 要素は、キューブにディメンションのエイリアスを定義するのにも使用されます。The substitution element is also used to define alias dimensions for the cube. 言い換えると、ディメンションのエイリアス名を定義できますが、実際にディメンションを置き換える必要はありません。In other words, you can define an alias name for a dimension, but it is not required to actually substitute a dimension. 実際に、このケースはディメンションを置き換えるのではなく、次の例で示すように、キューブ ディメンションまたはディメンションのエイリアス名を置き換えます。In effect, the substitution in this case is not on the dimension but on the cube dimension or alias dimension name, as shown in the following example:

<Substitution MeasureGroupName="IncidentAssignedToUser" RelationshipEndpoint="Target" Relationship="Workitem!System.WorkItemAssignedToUser" AliasTargetDimensionAs="AssignedToUserDim" TargetDimension="DWBase!UserDim"/>  

この例では、キューブ ディメンションのエイリアス名は AssignedToUserDimです。In this example, the alias cube dimension name is AssignedToUserDim. これが、このキューブのフィルターに実際に使用されるディメンションの名前です。This is the name of the dimension that will be used to actually filter on this cube. ユーザーがエイリアス名を定義できるようにすることで、キューブ内で必要な多対多のリレーションシップを有効にするために、名前を特別にカスタマイズでき - - ます。By allowing users to define alias names, names can be specifically tailored to enable the desired, many-to-many relationships in the cube. これによって、より高度なフィルタリングと分析能力が可能になります。This makes more advanced filtering and analytical capabilities possible.

最後にですが、置換はリレーションシップ ファクトだけでなく、カスタム ファクトに対しても有効です。Finally, substitutions are valid not only for relationship facts but for custom facts as well. このシナリオでは、リレーションシップ エンドポイントは Noneに設定されます。In this scenario, the relationship endpoint would be set to None. 次の表では、置換の属性について説明します。The following table describes substitution attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
MeasureGroupNameMeasureGroupName はいYes StringString 置換を実行するメジャー グループ名The measure group name on which to perform the substitution
RelationshipEndPointRelationshipEndPoint はいYes (Target、Source、None)(Target, Source, None) 置換を実行するリレーションシップのエンドポイント。The endpoint of the relationship to perform the substitution. 既定では、カスタム ファクト用の値は None です。By default, the value is None for custom facts.
リレーションシップRelationship いいえNo ManagementPackRelationshipManagementPackRelationship 置換に使用するリレーションシップThe relationship to use for the substitution.
AliasTargetDimensionAsAliasTargetDimensionAs いいえNo StringString 元のターゲット ディメンションのエイリアス名The alias name of the original targeted dimension
AliasReplacementDimensionsAsAliasReplacementDimensionsAs いいえNo StringString 置換ディメンションのエイリアス名The alias name for the substituted dimension
DimensionAliasDimensionAlias いいえNo ManagementPackDimensionManagementPackDimension カスタム ファクトが存在する場合、それからのディメンションのエイリアスThe dimension alias from a custom fact if one exists

CustomMDXCustom MDX

カスタム多次元 - 式 ( の MDX スクリプトを使用 ) すると、OLAP キューブを変更し、ニーズに合った仕様に合わせて調整できます。You can use custom Multi-Dimensional Expression (MDX) scripts to modify and tailor the OLAP cube to the exact specifications that meet your needs. Service Manager はモデルベースであるため、特定のユーザーのドメイン固有のビジネスニーズに対する幅広い要件と厳密な仕様を考慮に入れて、考えられるすべてのセマンティックニーズを特定することはでき - ません。Because Service Manager are model based, it is impossible to determine all your possible semantic needs when taking into account the wide spectrum of requirements and exact specifications for the domain-specific business needs of a particular user. カスタム MDX を使用すると、ユーザーが測定およびインストルメント化を必要とする特定のシナリオを可能にする MDX スクリプトを定義して、OLAP キューブ に適用できます。Custom MDX makes it possible for you to define MDX scripts that will be applied to the OLAP cube to enable specific scenarios that users need to measure and instrument.

名前付き計算Named calculation

名前付き計算を使用すると、ディメンションに新しい属性を定義して、カスタム メジャーが後でターゲットにすることができます。You can use named calculations to define new attributes on a dimension that a custom measure can later target. これによって、ディメンション スキーマを拡張して、ニーズに正確に合わせてスキーマをカスタマイズできます。This makes it possible for you to extend the dimensional schema and customize the schema to fit your exact needs. 次の例は、SystemCenterWorkItemsCube からのものです。The following example is from the SystemCenterWorkItemsCube:

<NamedCalculation ID="IncidentsPastTargetResolutionTime" Target="IncidentDW!IncidentDim" ColumnType="Int">  
<Calculation>(case when ( (([Status] = 'IncidentStatusEnum.Resolved' OR [Status] = 'IncidentStatusEnum.Closed') AND ResolvedDate > TargetResolutionTime) OR (([Status] != 'IncidentStatusEnum.Resolved' AND [Status] != 'IncidentStatusEnum.Closed') AND GETUTCDATE() > TargetResolutionTime)) then 1 else 0 end )</Calculation>  
</NamedCalculation>  

この例では、インシデント ディメンションに、インシデントの状態や目標解決時間などのデータが含まれています。In this example, the Incident dimension contains data, such as the status of the incident and the target resolution time. しかし、目標解決時間を超過したインシデントの数を計算するネイティブ メジャーはありません。この種類のデータは、システム管理者には非常に有用です。However, there is no native measure that calculates the number of incidents that exceeded the target resolution time, although this type of data is very useful for a systems administrator. 名前付き計算を使用してデータを集計し、カスタム メジャーが新しい属性をターゲットにして、エンド ユーザーに情報を表示するようにできます。You can create this scenario using a named calculation and aggregate the data so that a custom measure can target the new attribute and then present the information to an end user.

Service Manager でサポートされるのは NamedCalculation ターゲットディメンションのみであることに注意してください。Remember that Service Manager supports only NamedCalculation targeting dimensions. NamedCalculation は、ファクトをターゲットにできません。NamedCalculation cannot target facts. 次の表では、名前付き計算の属性について説明します。The following table describes named calculation attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
IDID はいYes StringString 名前付き計算の名前Name of the named calculation.
TargetTarget はいYes ManagementPackDimensionManagementPackDimension メジャーのターゲット ディメンションThe target dimension for the measure
[列の型]ColumnType はいYes (Int、Double)(Int, Double) ( ) 列の構造化照会言語 SQL 型The Structured Query Language (SQL) type of the column
TypeType いいえNo (Count、Sum)(Count, Sum) メジャーの型The type of the measure

サブ要素には <Calculation> 、その値として、名前付き計算の定義が含まれます。The subelement <Calculation> contains, as its value, the definition of the named calculation. この値は MDX 式として保存されます。The value is stored as an MDX expression.

メジャーMeasure

カスタム メジャーを使用して、ディメンションからの数値属性に基づいて、データの集計と表示をすることができます。You can use custom measures to aggregate and display data based on numeric attributes from dimensions. Service Manager では、ファクトに基づいたカスタムメジャーはサポートされません。Service Manager does not support custom measures based on facts. 上記の名前付き計算の例を続行すると、Service Manager は次のように Incidentspasttargetresolutiontime ようでカスタムメジャーを定義します。Continuing with the example of he Named Calculation above, Service Manager defines a custom measure on IncidentsPastTargetResolutionTime as the following:

<Measure ID="IncidentsPastTargetResolutionTimeCount" Target="IncidentDW!IncidentDim" Type="Sum" Property="IncidentsPastTargetResolutionTime"/>  

この XML コードを確認すると、メジャーのターゲットは IncidentDimension で、 IncidentsPastTargetResolutionTimeが対象のプロパティです。Reviewing this XML code, the target of the measure is the IncidentDimension and the specific property is IncidentsPastTargetResolutionTime. これは、前に定義されたカスタム プロパティです。This is the custom property that was defined previously. カスタム メジャーは、ディメンションのネイティブ プロパティか計算されたプロパティのいずれかをターゲットにすることができます。Custom measures can target either native or calculated properties in the dimension.

最後に、メジャーの型が Sum になるように定義されています。Finally, the measure type is defined to be a sum. メジャーの型に使用できる値には、Sum と Count があります。Possible values for a measure type include Sum and Count. パフォーマンスに関する考慮事項により、Service Manager Distinct Count メジャーの型は許可されません。Because of performance considerations, Service Manager Distinct Count measure types are not allowed. 次の表では、メジャーの属性について説明します。The following table describes measure attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
IDID はいYes StringString メジャーの名前Name of the measure
TargetTarget はいYes ManagementPackDimensionManagementPackDimension メジャーのターゲット ディメンションThe target dimension for the measure
プロパティProperty はいYes StringString ターゲット ディメンションのプロパティThe targeted dimension property
TypeType いいえNo (Count、Sum)(Count, Sum) メジャーの型The type of the measure

ManyToManyRelationshipManyToManyRelationship

ManyToManyRelationship を使用すると、キューブデザイナーは、 - - 高度な分析シナリオを可能にするために、OLAP キューブにカスタム多対多ディメンションを追加できます。The ManyToManyRelationship makes it possible for you, the cube designer, to add custom, many-to-many dimensions to an OLAP cube, for enabling advanced analytic scenarios. 多 - 対 - 多リレーションシップの定義については、このドキュメントでは扱いません。Defining many-to-many relationships is beyond the scope of this document. ただし、この概念と利点を調べることはできます。However, you can investigate this concept and its benefits. ManyToManyRelationship の詳細については、「 多 - 対 - 多の回転 2.0」を参照してください。For more information about the ManyToManyRelationship, see The Many-to-Many Revolution 2.0.

キューブの展開中に、Service Manager に - - よって、すべての "1 つのホップ" リレーションシップのキューブに多対多ディメンションが自動的に追加さ - れます。ユーザーとのやり取りは必要ありません。During cube deployment, Service Manager automatically adds many-to-many dimensions to the cube for all "one-hop" relationships, without any interaction from you. ただし、Service Manager では、 - - ( - ) 追加できるリレーションシップが指数関数的に増加しているため、複数の階層をカスケードする複数のディメンションが追加されるわけではありません。However, Service Manager does not add many-to-many dimensions for cascading (multi-hop) relationships because of the exponential increase of possible relationships that could be added. これらのリレーションシップのすべてを追加すると、OLAP キューブの参照時にパフォーマンスが著しく悪化する可能性があります。Adding all these relationships can significantly degrade performance when the OLAP cube is browsed. これは、多くの場合、多 - 対多リレーションシップの集計は - 処理中に計算されず、OLAP キューブの参照中に結合が評価されるためです。This is because the aggregations of many-to-many relationships are generally not calculated during processing and because the joins will be evaluated while the OLAP cube is browsed. 特定の、カスケード、多対多のリレーションシップが必要な場合は、 - - 管理パック要素を使用してリレーションシップを定義すると、OLAP キューブに追加されます。If you want a specific, cascading, many-to-many relationship, you can define the relationship using a management pack element and it will be added to the OLAP cube. 逆に、自動的に生成された多対多リレーションシップを上書きして、 - - 複数の中間グループが存在するインスタンスの異なる中間メジャーグループを使用することもできます。Conversely, you can overwrite an automatically generated, many-to-many relationship to use a different intermediate measure group in instances in which multiple intermediate groups exist. この場合、Service Manager は、最初に検出されたグループを自動的に使用します。In this case, Service Manager automatically uses the first group that is encountered. 次に、多 - 対 - 多管理パックリレーションシップ要素の例を示します。The following is an example of a many-to-many management pack relationship element:

<ManyToManyRelationship CubeDimension="ServiceDim" TargetMeasureGroup="AlertAboutConfigItem" IntermediateMeasureGroup="ServiceContainsConfigItem" />  

次の表では、多対多リレーションシップの属性について説明します。The following table describes many to many relationship attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
CubeDimensionCubeDimension はいYes StringString 多 - 対 - 多キューブディメンションの名前Name of the many-to-many cube dimension
TargetMeasureGroupTargetMeasureGroup はいYes StringString 多 - 対多リレーションシップを作成するターゲットメジャー - グループThe target measure group to create the many-to-many relationship
IntermediateMeasureGroupIntermediateMeasureGroup はいYes StringString 多 - 対多リレーションシップを作成する中間メジャー - グループThe intermediate measure group to create the many-to-many relationship

KPIKPI

組織とビジネスは、主要業績評価指標 ( kpi を使用し ) て、事前に定義された目標に対する進行状況を測定することで、企業の正常性を迅速に見積もることができます。Organizations and businesses can use key performance indicators (KPIs) to quickly estimate the health of an enterprise by measuring its progress toward a predefined goal. 各 KPI には、目標値と実績値があります。Each KPI has a target value and an actual value. 目標値は、組織の成功に重要な定量的な目標です。The target value is a quantitative goal that is critical to the success of the organization. 大容量のデータにフィルターを適用して得られた 1 つの個別値を、パフォーマンスと、目標およびベンチマークに対する進捗状況の監視に使用できます。Large amounts of data are filtered to one discrete value that can be used to monitor performance and progress towards goals and benchmarks. Kpi の例としては、大学が4年以内に生徒の90% を卒業したこと、または、対戦チームがゲームのために50% 未満の値を使用するという目標を達成していることが挙げられ   ます。Some examples of KPIs are a college having a goal that 90% of their students graduate within four years or a basketball team with a goal of causing the opposing team to shoot less than 50 percent for a game. KPI のグループを示すスコアカードを使用して、ビジネスのヘルスの全容が一目でわかるスナップショットを提供できます。You can use a scorecard to show a group of KPIs, providing in one instantaneous snapshot the overall health of a business. 次は、KPI の例です。The following is an example KPI:

<KPI ID="IncidentResolutiuonKpi" >  
<Caption> The ratio of incidents resolved </Caption>  
<Value>IIF(([Measures].[IncidentDimCount])> 0,([Measures].[IncidentsResolvedCount]/[Measures].[IncidentDimCount]),null)</Value>   
<Goal>1.0</Goal>   
<GreenThreshold> 0.75</GreenThreshold>  
<YellowThreshold>0.5 </YellowThreshold>  
<Direction>Up</Direction>  
<StatusGraphic>Thermometer</StatusGraphic>   
</KPI>  

次の表では、KPI の属性について説明します。The following table describes KPI attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
IDID はいYes StringString KPI の名前Name of the KPI
CaptionCaption はいYes StringString KPI の説明Description of the KPI
ValueValue はいYes StringString KPI の数値を定義する MDX スクリプトMDX script defining the numeric value of the KPI
目標Goal はいYes StringString KPI の目標値The target value of the KPI
GreenThresholdGreen Threshold はいYes (0.1 ~ 1 の範囲の文字列)String (between 0.1 and 1) 数値がこのしきい値を上回る (方向が Up の場合)、あるいは下回る (方向が Down の場合) と、状態シンボルが緑色でマークされます。Any number that is above or below this threshold, depending on the direction, is marked as green in the status symbol.
YellowThresholdYellow Threshold はいYes (0.1 ~ 1 の範囲の文字列)String (between 0.1 and 1) 数値がこのしきい値を上回る (方向が Up の場合)、あるいは下回る (方向が Down の場合) が、緑のしきい値を満たさないと、状態シンボルが黄色でマークされます。Any number that is above or below the threshold, depending on the direction, but does not meet the green threshold is marked as yellow in the status symbol. 数値が黄色のしきい値に満たないと、状態シンボルが赤色でマークされます。A number that does not meet the yellow threshold is marked as red in the status symbol.
方向Direction はいYes (Up、Down)(Up, Down) 方向が Up であれば、数値が緑あるいは黄色のしきい値を上回ると、対応するシンボルでマークされます。If the direction is up, any numbers above the green or yellow threshold are marked with the corresponding symbol. 同様に Down であれば、数値が緑あるいは黄色のしきい値を下回ると、対応するシンボルでマークされます。Similarly for down, numbers below the green or yellow thresholds are marked with the corresponding symbol.
StatusGraphicStatus Graphic はいYes (図形、TrafficLight、道路標識、ゲージ、ReversedGauge、温度計、円柱、顔、VarianceArrow)(Shapes, TrafficLight, RoadSigns, Gauge, ReversedGauge, Thermometer, Cylinder, Faces, VarianceArrow) KPI と共に表示されるシンボルThe symbol that will represent the KPI.

アクションAction

アクションは、キューブ内のデータにアクセスすると OLAP キューブをトリガーできるイベントです。Actions are events that you can trigger on an OLAP cube when you are accessing data in the cube. -Service Manager では、ドリルスルーアクションのみがサポートされています。Only drill-through actions are supported by Service Manager. 次は、アクションの例です。The following is an example of an action:

<Action ID="DrillThroughOnWICreatedByUser" MeasureGroupName="CreatedByUser" ActionType="DrillThrough">   
<DrillThroughColumns CubeDimension="WorkItemCreatedByUser_UserDim">   
<Property PropertyName="FirstName" />   
<Property PropertyName="LastName" />   
<Property PropertyName="Company" />   
<Property PropertyName="Department" />   
<Property PropertyName="Office" />   
</DrillThroughColumns>   
</Action>  

次の表では、アクションの属性について説明します。The following table describes actions attributes.

属性Attribute 必須Required Values 定義Definition
IDID はいYes StringString ドリルスルーアクションの名前 -Name of the drill-through action
MeasureGroupNameMeasureGroupName はいYes StringString アクションのターゲットとなるメジャー グループTargeted measure group of the action
ActionTypeActionType はいYes (有効化)(DrillThrough) アクションの種類。Type of action. -Service Manager では、ドリルスルーアクションのみがサポートされています。Only drill-through actions are supported by Service Manager.
CubeDimensionCubeDimension はいYes StringString アクションのターゲットであるキューブ ディメンションで、メジャー グループのスライサーである必要がありますThe cube dimension that is the target of the action, which must be a slicer on the Measure Group
PropertyNamePropertyName はいYes StringString ドリル - スルーアクションが実行されたときに表示されるディメンションの属性Attribute of the dimension that is displayed when the drill-through action is executed

CubeExtensionCubeExtension

CubeExtension 要素の第一の目的は、SSAS に展開された後の OLAP キューブを、アンインストールや再インストールせずに変更できるようにすることです。The primary purpose of the CubeExtension element is to make it possible for you to modify the OLAP cube after the cube has deployed onto SSAS, without having to uninstall and reinstall the cube. OLAP キューブで何年分ものデータが完全に処理されている状況でキューブを再作成すると、すべてのパーティションを完全に再処理しなければならないため、時間がかかります。In situations in which the OLAP cube has been fully processed with years of data, recreating the cube is time consuming because all partitions have to be fully reprocessed.

CubeExtension 要素は、次の要素を定義できます。The CubeExtension element can define the following elements:

  • NamedCalculationNamedCalculation

  • ManyToManyRelationshipManyToManyRelationship

  • KPIKPI

  • メジャーMeasure

  • アクションAction

  • CustomMDXCustomMdx

CubeExtension 要素で定義される各カスタマイズは、SystemCenterCube オブジェクトでも定義できます。Each customization that is defined in a CubeExtension element can also be defined in a SystemCenterCube object. カスタマイズが許可されないのは、キューブへのファクトまたはメジャー グループの追加と置換のみです。The only customization that is not allowed is the addition of facts or measure groups and substitutions to the cube.

次のステップNext steps