Service Manager の展開に関する問題のトラブルシューティングTroubleshoot Service Manager deployment issues

重要

このバージョンの Service Manager はサポート終了に達したため、 Service Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Service Manager 2019.

インストールログファイルは、System Center – Service Manager のインストール中にキャプチャされます。An installation log file is captured during the installation of System Center – Service Manager. Service Manager が実行されると、さまざまなイベントが Windows イベントログに記録されます。After Service Manager is running, various events are captured in the Windows Event Log. また、データ ウェアハウス ジョブのトラブルシューティングに役立つ Windows PowerShell コマンドもあります。In addition, there are some Windows PowerShell commands that you can use to help troubleshoot data warehouse jobs. 詳細については、「 データウェアハウスジョブのトラブルシューティング」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Data Warehouse Jobs.

インストールログファイルInstallation log files

SCSMInstall.log というログ ファイルに、インストールの進行状況が記録されます。A log file, SCSMInstall.log, captures the progress of the installation. インストールで問題が発生したときに、このログ ファイルを参考にしてください。You can use this log file to troubleshoot a failed installation. このファイルは、%temp% フォルダーにあります。You can find this log file in the %temp% folder. インストールの問題のトラブルシューティングを行うには、ログファイルを開き、 戻り値 3を読み取る行を検索します。To troubleshoot installation problems, you can open the log files and search for a line that reads Return Value 3. この行より上に、特定の段階で問題が発生したことが記録されていないか確認してください。If you find such a line in the log file, look above this line for any indication that a particular step failed.

イベント ログEvent logs

Service Manager イベントログはイベントビューアーの [ アプリケーションとサービスログ]/[Microsoft]/[Operations Manager ] フォルダーにあります。Service Manager event logs are located in Event Viewer, in the Application and Service Logs/Microsoft/Operations Manager folder.

データベース作成エラーCreate database error

セットアップで Service Manager データベースまたはデータ ウェアハウス データベースを構成する際に、各データベースのディスク領域を割り当てるオプションがあります。During setup, when you were configuring Service Manager or data warehouse databases, you were given the opportunity to specify how much disk space to allocate for each database. このディスク領域の既定の設定は 2,000 メガバイト (MB) (2 ギガバイト (GB)) です。The default setting is 2,000 megabytes (MB) (2 gigabytes (GB)). Service Manager は、データベースに必要なディスク領域に加えて、ファイルグループとログファイル用に追加の領域を確保します。In addition to the disk space that is required for the database, Service Manager sets aside additional space for file groups and log files. このファイル グループとログ ファイル用のディスク領域が、データベースのディスク領域と同じくらい必要になる場合があります。The additional space that is required for the file groups and log files can be equal to the space that is required for the database.

使用可能なディスク領域が不足している場合は、カスタムアクションの実行中にエラーが発生したことを示すメッセージが表示され _CreateDatabase ます。If there is insufficient disk space available, a message appears, indicating that an error occurred during execution of a custom action: _CreateDatabase. セットアップによる変更が確定する前にインストールが中断されます。The installation stops before permanent changes are made. Service Manager セットアップログを調べると、次の文字列が検出されます。If you examine the Service Manager setup log, you find the following string:

Additional Error Description : MODIFY FILE encountered operating system error 112(There is not enough space on the disk.) while attempting to expand the physical file

使用可能な空きディスク領域を増やすか、データベースに割り当てる Service Manager 容量を減らしてから、インストールを再試行する必要があります。You have to either increase the amount of free disk space that is available or reduce the amount of space that Service Manager allocates for the database, and then attempt the installation again. Service Manager を実稼働環境でインストールする場合は、データベースに対して 500 MB を指定することはできません。If you are installing Service Manager in a nonproduction environment, you can specify as little as 500 MB for the database.

次のステップNext steps