Service Manager コンソールで管理パックを使用するWork with management packs in the Service Manager console

重要

このバージョンの Service Manager はサポート終了に達したため、 Service Manager 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Manager has reached the end of support, we recommend you to upgrade to Service Manager 2019.

Service Manager コンソールでカスタマイズを行う場合は、管理パックファイルに保存します。When you make customizations in the Service Manager console, you save them in a management pack file. 最初に、新しい管理パック ファイルを作成しておくことが必要な場合もあります。Sometimes, you have to first create a new management pack file. その後、管理パックのカスタマイズを実装するには、Service Manager コンソールにインポートします。Later, to implement the customizations of the management pack, you import it into the Service Manager console.

Service Manager コンソールで管理パックを作成するときに、管理パックの表示名を指定します。When you create a management pack in the Service Manager console, you provide the display name for the management pack. Service Manager によって、管理パックの内部名として使用されるランダムな ID が生成され、管理パックのファイル名になります。Service Manager generates a random ID that is used as the internal name for the management pack and that becomes the management pack's file name. 管理パックの XML コードを直接変更して、管理パックのオブジェクトをカスタマイズする場合に、変更する管理パック ファイルが簡単に見つからないことがあります。If you need to further customize objects in that management pack by directly modifying its XML code, it might be difficult to locate the management pack file that you want to edit. その場合は、次の方法で、管理パックの内部名をわかりやすい名前に変更して使用できます。In that case, we recommend that you modify the management pack internal file name to be a meaningful name, and use it as follows:

  • 管理パックの XML ファイル自体を編集し、管理パックの内部名を新しい名前に変更します。Edit the management pack XML file itself; change the internal management pack name to the new name.

  • ハード ドライブにある管理パック ファイルの名前を新しい名前に変更します。Rename the management pack file on the hard drive to the new name.