Service Management Automation の新機能What's new in Service Management Automation

この記事では、System Center 2019-Service Management Automation (SMA) でサポートされる新機能について説明します。This article provides the new features supported by System Center 2019 - Service Management Automation (SMA).

SMA 2019 の新機能What's new in SMA 2019

以下のセクションでは、SMA 2019 でサポートされている新機能と機能の更新について説明します。The following sections provide information about the new features/feature updates supported in SMA 2019.

PowerShell 4.0 以降のサポートSupport for PowerShell 4.0+

以前のバージョンの SMA では、PowerShell v2.0 がサポートされていました。Earlier versions of SMA supported PowerShell V2.0. PowerShell v2.0 ではいくつかのスクリプトがサポートされておらず、ユーザーは回避策を適用する必要がありました。PowerShell V2.0 did not support some scripts and users had to apply workarounds. SMA 2019 では、この問題を解決するために PowerShell v4.0 がサポートされています。SMA 2019 supports PowerShell V4.0 to resolve this issue.

SQL 2017 のサポートSupport for SQL 2017

SMA 2019 では、新規インストール用に SQL 2017 がサポートされています。SMA 2019 supports SQL 2017 for fresh installation.

TLS 1.2 のサポートSupport to TLS 1.2

セキュリティで保護された通信を確保するために、SMA 2019 はトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.2 をサポートしています。To ensure secure communication, SMA 2019 supports Transport Layer Security (TLS) 1.2. TLS 1.2 を使用するように環境を設定、構成、実行する方法については、こちらの記事をご覧ください。For information about how to set up, configure and run your environment to use TLS 1.2, Read this article.

バグの修正Bug fixes

SMA のこのリリースには、 sma 2016 の更新プログラムのロールアップ 5までに出荷されたすべてのバグ修正が含まれています。This release of SMA contains all the bug fixes shipped until the Update Rollup 5 of SMA 2016.

注意

SMA 1807 で導入された機能はありません。No features were introduced in SMA 1807.

注意

SMA 1801 では、次の機能と機能の更新プログラムが導入されました。The following features/feature updates were introduced in SMA 1801. パフォーマンスを向上させるために、いくつかのバグ修正が用意されています。It provides a number of bug fixes to improve the performance.

このリリースの SMA には、TLS 1.2 プロトコルの追加サポートと共に、SMA 2016 の更新プログラムのロールアップ 1 までに配布されたすべてのバグ修正が含まれています。This release of SMA contains all the bug fixes shipped until the Update Rollup 1 of SMA 2016, along with added support for TLS 1.2 Protocol. TLS 1.2 を使用するためにご利用の環境を設定、構成および実行する方法の詳細については、こちらの記事をお読みくださいRead this article for more information about how to set up, configure, and run your environment to use TLS 1.2.

このビルドは、1801 リリースに含まれている他の System Center コンポーネントとの SMA 統合シナリオを確認するために使用する必要があります。This build should be used for validating the SMA integration scenarios with other System Center components included in the 1801 release.

重要

このバージョンの Service Management Automation (SMA) はサポート終了に達したため、 sma 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Management Automation (SMA) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to SMA 2019.

SMA には SMA 1801 で導入された機能が含まれ、追加の機能は含まれていません。SMA includes the features that are introduced in SMA 1801, there are no additional features included. 1801 で導入された機能の詳細Learn about the features introduced in 1801.

重要

このバージョンの Service Management Automation (SMA) はサポート終了に達したため、 sma 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Management Automation (SMA) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to SMA 2019.

この記事では、System Center 1801 - Service Management Automation (SMA) でサポートされる新機能について詳しく説明します。This article details the new features supported in System Center 1801 - Service Management Automation (SMA).

SMA 1801 の新機能What's new in SMA 1801

このリリースの SMA には、TLS 1.2 プロトコルの追加サポートと共に、SMA 2016 の更新プログラムのロールアップ 1 までに配布されたすべてのバグ修正が含まれています。This release of SMA contains all the bug fixes shipped until the Update Rollup 1 of SMA 2016, along with added support for TLS 1.2 Protocol. TLS 1.2 を使用するためにご利用の環境を設定、構成および実行する方法の詳細については、こちらの記事をお読みくださいRead this article for more information about how to set up, configure, and run your environment to use TLS 1.2.

このビルドは、1801 リリースに含まれている他の System Center コンポーネントとの SMA 統合シナリオを確認するために使用する必要があります。This build should be used for validating the SMA integration scenarios with other System Center components included in the 1801 release.

この記事では、System Center 2016 - Service Management Automation (SMA) でサポートされる新機能について詳しく説明します。This article details the new features supported in System Center 2016 - Service Management Automation (SMA).

SMA 2016 の新機能What's new in SMA 2016

SMA 2016 では、次の機能が追加されました。SMA 2016 added the following features.

PowerShell スクリプトのサポートSupport for PowerShell script

SMA 2016 では、以前のバージョンでサポートされていた唯一の Runbook 形式であった PowerShell ワークフローに加え、PowerShell スクリプトがサポートされています。SMA 2016 supports PowerShell Script in addition to PowerShell Workflow, which was the only runbook format supported in previous versions. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

PowerShell ISE アドオンPowerShell ISE add-on

SMA PowerShell ISE アドオンを利用すると、ローカル PowerShell ISE 環境で Runbook を簡単に作成し、テストできます。The SMA PowerShell ISE add-on makes it easier to author and test your runbooks in your local PowerShell ISE environment. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

Runbook Worker を指定するSpecify a runbook worker

既定では、Runbook が呼び出されると、ジョブにサービスを提供する Runbook Worker が SMA によって無作為に選択されます。By default, SMA randomly picks a Runbook worker to service a job when a Runbook is invoked. SMA 2016 によって、ある Runbook を実行する特定の Runbook Worker を指定するプロパティが Runbook に追加されます。SMA 2016 adds a property to a runbook that specifies a particular runbook worker on which it should run. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

PowerShell 5.0 のサポートSupport for PowerShell 5.0

SMA 2016 では Windows Management Framework 5.0 がサポートされています。SMA 2016 supports Windows Management Framework 5.0.

PowerShell ISE アドオン v1.1PowerShell ISE add-on v1.1

  • ISE から Runbook の Runbook Worker を指定できるようになりました。You can now designate runbook worker for runbooks from ISE.
  • 指定される Runbook と Runbook の種類のために新しい列が追加されました。New columns added for designated runbook and runbook type.

次のステップNext steps