SPF の展開Deploy SPF

重要

このバージョンの Service Provider Foundation (SPF) はサポート終了に達したため、 spf 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Service Provider Foundation (SPF) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to SPF 2019.

この記事では、System Center-Service Provider Foundation (SPF) をインストールする方法について説明します。This article describes how to install System Center - Service Provider Foundation (SPF).

SPF は System Center-Orchestrator の一部です。SPF is part of System Center - Orchestrator. SPF は、System Center Virtual Machine Manager (VMM) と対話する拡張可能な OData web サービスを公開します。これにより、サービスプロバイダーとホスト側は、IaaS 機能を System Center に統合するマルチテナントセルフサービスポータルを設計および実装できます。SPF exposes an extensible OData web service that interacts with System Center Virtual Machine Manager (VMM) that enables service providers and hosters to design and implement multi-tenant self-service portals that integrate IaaS capabilities into System Center.

始める前にBefore you begin

  • デプロイの前提条件が満たされていることを確認するには、計画に関する 記事をお読みください。Read the planning article, to make sure deployment prerequisites are in place.
  • SPF は、1台のサーバーまたは複数のサーバーにインストールできます。You can install SPF on a single server or on multiple servers.
  • インストール時にカスタマーエクスペリエンスと Microsoft update の設定を構成できるように、を管理者としてインストールすることをお勧めします。We recommend you install as an administrator, so that you can configure customer experience and Microsoft update settings during installation.
  • 同じサーバーまたはリモートサーバー上に SPF 用の SQL Server データベースが必要であることに注意してください。Remember you’ll need a SQL Server database for SPF on the same server, or on a remote server.
  • をインストールする前に、開いているプログラムをすべて閉じて、保留中の再起動がないことを確認してください。Before you install, make sure to close any open programs, and check there’s no restart pending.
  • 同じサーバー上での異なる SPF バージョンのサイドバイサイドインストールはサポートされていません。Side-by-side installation of different SPF versions on the same server isn't supported.
  • SPF は VM にインストールできます。You can install SPF on a VM.
  • Spf をインストールするユーザーの資格情報は、SPF データベースの dbo SQL Server セキュリティオブジェクトのログイン資格情報に使用されます。The credentials of the user who installs SPF are used for the login credentials for the dbo SQL Server security object for the SPF database. T:Microsoft.SysTemcenter T:Microsoft.Sysを使用し、SCSPFConnectionString コマンドレットを使用して、データベースへの接続を管理します。コマンドレットを使用します。Use the T:Microsoft.SystemCenter.Foundation.Cmdlet.Get-SCSPFConnectionString and T:Microsoft.SystemCenter.Foundation.Cmdlet.Set-SCSPFConnectionString cmdlets to manage connections to the database.

証明書を作成するCreate a certificate

SPF には、web サイトバインド用のサーバー証明書が必要です。SPF needs a server certificate for website bindings. SPF web サイトは、REST と OData テクノロジを使用してクライアントとポータルアプリケーションと通信する管理者および VMM サービスのエンドポイントです。The SPF website is the endpoint for the Admin and VMM services that use REST and OData technology to communicate with clients and portal applications. 自己署名証明書を生成して使用することも、既存/新規の CA 証明書を使用することもできます。You can generate and use a self-signed certificate, or use an existing/new CA certificate. 運用環境では自己署名証明書は推奨されません。We don't recommend self-signed certificates in a production environment. 自己署名証明書を生成する場合は、次の点に注意してください。If you generate a self-signed certificate, note the following:

  • 自己署名証明書は、テスト目的でのみ使用してください。A self-signed certificate should be used only for testing purposes.
  • 証明書パスには、"localhost" ではなく FQDN を指定する必要があります。The FQDN should be specified for the certification path instead of "localhost".
  • 自己署名証明書は、個人または web ホスティングストアに配置する必要があります。The self-signed certificate should be located in the personal or webhosting store.

SPF のインストールInstall SPF

  1. SPF をインストールするサーバーで、インストールメディアの SetupOrchestrator.exe をダブルクリックして、セットアップウィザードを開始します。On the server on which you want to install SPF, double-click SetupOrchestrator.exe on the installation media, to start the Setup Wizard.
  2. セットアップのメインページで、[ Service Provider Foundation] をクリックします。In the main Setup page, click Service Provider Foundation.
  3. Service Provider Foundation セットアップで、[インストール] をクリックします。In Service Provider Foundation Setup, click Install.
  4. [ ライセンス条項] で、使用許諾契約書を確認します。In License Terms, review the license agreement. 条項に同意する場合は、[使用許諾契約書の条項に同意します] を選択し > Nextます。If you agree with the terms, select I have read, understood, and agree with the terms of the license agreement > Next.
  5. [ 前提条件] で、ウィザードが前提条件の検証を完了するのを待ち、結果を確認します。In Prerequisites, wait for the wizard to complete the prerequisite verification, and review the results. 前提条件のいずれかが満たされていない場合は、インストールして、[ 前提条件 の再確認] をクリックします。If any of the prerequisites are missing, install them and click Check prerequisites again. 続けて、 [次へ] をクリックします。Then click Next.
  6. [ データベースサーバーの構成] で、SQL Server コンピューター名を指定するか、既定の localhost をそのまま使用します。In Configure the database server, specify the SQL Server computer name, or accept the default localhost. [ ポート番号] で、既定値をそのまま使用するか、設定を変更します。In Port Number, accept the default or modify the setting. 続けて、 [次へ] をクリックします。Then click Next.
  7. [ SPF ファイルの場所の指定] で、web サービスファイルの場所をそのまま使用するか、または変更します。In Specify a location for the SPF files, accept or change the location for the web service files. 必要に応じて、Web サイトとポートの設定を変更します。Optionally, change Website and port settings. サーバー証明書は、IIS で SPF web サイトのサイトバインドを構成するために使用されます。The server certificate is used configure the site bindings for the SPF website in IIS. テスト目的で自己署名証明書を自動的に生成するように選択できます。You can select to automatically generate a self-signed certificate for test purposes. 続けて、 [次へ] をクリックします。Then click Next.
  8. [ 管理 web サービスの構成] で、この web サービスを使用する各セキュリティグループまたはユーザーのドメインとユーザー名を指定します。 "ドメイン \ ユーザー名" の形式で、複数のエントリを区切ります。In Configure the Admin web service, specify the domain and user name of each security group or user who will use this web service, in the format: domain\user name with a semicolon to separate multiple entries.
  9. アプリケーションプールで使用するアカウントを指定します。Specify the account you want the application pool to use. サーバーに変更を加える権限を持つドメインアカウントである必要があります。It should be a domain account, with permissions to make changes on the server. ネットワークサービスではなく、サービスアカウントを使用することをお勧めします。We recommend you use a service account and not Network Service. ネットワークサービスを使用する場合は、アカウントが VMM 管理者である必要があります。If you do use Network Service the account must be a VMM administrator.
  10. プロバイダー、VMM、および使用状況の web サービスの設定を構成します。Configure the settings for the Provider, VMM, and Usage web services.
  11. [ Microsoft Updateで、更新プログラムをインストールする方法を選択し、[ 次へ] をクリックします。In Microsoft Update, select how you want to install updates, and click Next.
  12. [ インストールの概要] で、設定を確認します。In Installation summary, review the settings. 準備ができたら、[ インストール ] をクリックします。Click Install when you're ready.
  13. "セットアップが完了しました" というメッセージが表示されたら、[ 閉じる ] をクリックします。Click Close when you see the "Setup is complete" message.
  14. 必要に応じて、この手順を繰り返します。Repeat this procedure if needed. たとえば、web ファームの場合です。For example for a web farm.

インストールが失敗した場合は、% SYSTEMDRIVE% % TEMP% フォルダーにあるログファイル: Microsoft Service Provider* .log を参照してください。If installation fails, refer to the log files: Microsoft Service Provider*.log”, in the %SYSTEMDRIVE%%TEMP% folder.

次のステップNext steps

SPF の管理Manage SPF