VMM での Azure サブスクリプションの追加Add an Azure subscription in VMM

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

Microsoft Azure サブスクリプションを System Center - Virtual Machine Manager (VMM) に追加し、サブスクリプションの Azure インスタンスで基本的な操作を実行できます。You can add Microsoft Azure subscriptions to System Center - Virtual Machine Manager (VMM), and perform basic actions on Azure instances in the subscriptions.

  • 追加する各 Azure サブスクリプションについては、そのサブスクリプション内のすべての展開グループのすべてのロール インスタンスをコンソールを使用して表示できます。For each Azure subscription you add, you can use a console to see all role instances in all Deployment Groups in that subscription.
  • 既に VMM でオンプレミスの仮想マシンを管理している場合、この機能を使用すれば、VMM コンソールを離れることなく、Azure インスタンスでいくつかの基本的なアクションを実行できます。If you are already managing your on-premises virtual machines in VMM, you can use this feature to perform some very basic actions on Azure instances without leaving the VMM console. 次の操作を行います。You can:
    • VMM コンソールで Azure サブスクリプションを追加したり、削除したりします。Add and remove Azure subscriptions in the VMM console.
    • デプロイ サブスクリプションのロール インスタンスに関する情報を一覧表示します。Get a list view of information about role instances in deployment subscriptions. インスタンスは手動で更新できます。Instances can be manually refreshed.
    • 開始、停止、シャットダウン、再開など、インスタンスで基本的な操作を実行します。Perform basic actions on the instances, including start, stop, shutdown, and restart.
    • RDP 経由の接続Connect via RDP
  • この機能は、Azure ポータルと同等の機能を提供するようには設計されていません。This feature isn't designed to provide feature parity with the Azure portal. 管理を簡単にするための機能を部分的に提供します。It provides a small subset of the features to simplify management. Azure サブスクリプションを管理したり、インスタンスをデプロイしたり、Azure のストレージやネットワークを管理したり、オンプレミス VM を Azure に移行したり、ダッシュボードやパフォーマンス監視のまとめを表示したりすることはできません。You can't manage the Azure subscription, deploy instances, manage Azure storage and networks, migrate on-premises VMs to Azure, or view the dashboard and performance monitoring summaries.
  • 証明書とサブスクリプションの設定情報は、HKEY_CURRENT_USER の下のレジストリに格納されます。Certificates and subscription setting information is stored in the registry under HKEY_CURRENT_USER. この情報はログインに固有であり、コンピューター単位かつログイン単位で表示されます。The information is log in-specific, and visible on a per-machine, per-login basis. 共有アカウントで VMM にログインした場合 (推奨されません)、その共有アカウントの下で追加されたサブスクリプションはすべてのユーザーに公開されます。If you log into VMM with a shared account (not recommended), any subscription added under that shared account will be exposed to all users.
  • 情報がログインに固有であるため、ある 1 人の管理ユーザーによって Azure サブスクリプションが追加された場合、他のすべての VMM 管理者に自動的に表示されることはありません。Because information is log in-specific, Azure subscriptions added by one admin user aren't automatically visible to all other VMM admins. サブスクリプションにアクセスする VMM 管理者ごとにサブスクリプションを設定する必要があります。You need to set up the subscription for each VMM admin that needs to access it.

開始する前にBefore you start

VMM で Azure サブスクリプションを追加するために必要なこと:Here's what you need to add an Azure subscription in VMM:

要件Requirement 詳細Details
Azure サブスクリプションAzure subscription VMM コンソールに追加する Azure サブスクリプションが少なくとも 1 つ必要です。You need at least one Azure subscription to add it to the VMM console.
インターネット接続Internet connectivity この機能をインストールするコンピューターが Azure サブスクリプションに接続できる必要があります。The computer on which you install the feature must be able to connect to the Azure subscription.
サービス管理者Service administrator サブスクリプションのサービス管理者が少なくとも 1 人必要になります。You need to be at least a service administrator for the subscription. 必要な管理証明書情報にアクセスするために必要です。You need this for access to the management certificate information that's required.
管理証明書Management certificate クラシック VM のみを管理している場合は、サブスクリプションに管理証明書を関連付ける必要があります。The subscription must have a management certificate associated with it if you are managing Classic VMs only. それにより、VMM は Azure のサービス管理 API を利用できます。So that VMM can use the service management API in Azure. サービス証明書の詳細はここをご覧ください。Learn more about service certificates. サブスクリプション ID と証明書の拇印をメモします。Make note of the subscription ID and the certificate thumbprint.

証明書は x509 v3 に準拠する必要があります。Certificates must be x509 v3 compliant.

管理証明書は、Azure サブスクリプション機能を追加するコンピューターのローカル証明書ストアに置く必要があります。The management certificate must be located in the local certificate store on the computer on which you add the Azure subscription feature.

証明書は、VMM コンソールを実行しているコンピューターの Current User \ Personal ストアにも置く必要があります。The certificate should also be located in the Current User \ Personal store of the computer running the VMM console.

注意

クラシック VM と ARM ベースの VM の両方の管理を有効にするには、サブスクリプションに Active Directory ベースの認証を関連付ける必要があります。To enable management of both Classic and ARM-based VMs, the subscription must have Active Directory-based authentication associated with it. Azure Portal を使用して Azure AD アプリケーションを作成し、ディレクトリ ID、アプリケーション ID、キーをメモします。Create an Azure AD application using Azure portal and make note of Directory ID, Application ID and Key.

注意

クラシック VM と ARM ベースの VM の両方の管理を有効にするには、サブスクリプションに Active Directory ベースの認証を関連付ける必要があります。To enable management of both Classic and ARM-based VMs, the subscription must have Active Directory-based authentication associated with it. Azure Portal を使用して Azure AD アプリケーションを作成し、ディレクトリ ID、アプリケーション ID、キーをメモします。Create an Azure AD application using Azure portal and make note of Directory ID, Application ID and Key.

Azure サブスクリプションの追加機能を設定するSet up the Add Azure Subscription feature

  1. 前のセクションの要件を満たしていることを確認し、サブスクリプションを追加するためのオプションが [VMM コンソール] > [VM とサービス] > [Azure] > [サブスクリプションの追加] に確実に表示されるようにします。Make sure you've complied with requirements in the previous section, and ensure that the option to add a subscription appears in the VMM console > VMs and Services > Azure > Add Subscription.
  2. 証明書を確認する場合、自分のアカウントで Azure ポータルにログインし、 [設定] > [管理証明書] の順にクリックします。If you want to check for a certificate, log into the Azure portal with your account, and click Settings > Management Certificates. まだ用意していない場合、証明書の拇印をメモします。Note the certificate thumbprint if you've haven't already.
  3. VMM コンソールで [VM とサービス][Azure][サブスクリプションの追加] の順にクリックし、サブスクリプションの詳細を入力します。In the VMM console, click VMs and Services > Azure > Add Subscription, and fill in the subscription details. サブスクリプション ノードでは、サブスクリプションを追加したり、削除したり、VM リストを更新したりできます。In the Subscriptions node you can add and remove subscriptions, and refresh VM lists. VM を起動、停止、シャットダウン、再起動したり、RDP で VM に接続したりできます。You can also start, stop, shut down, and restart a VM, and connect to it over RDP.

Azure VM の管理Manage Azure VMs

既に VMM でオンプレミスの仮想マシンを管理している場合、この機能を使用すれば、VMM コンソールを離れることなく、Azure インスタンスでいくつかの基本的なアクションを実行できます。If you are already managing your on-premises virtual machines in VMM, you can use this feature to perform some very basic actions on Azure instances, without leaving the VMM console. 次の操作を行います。You can:

  • VMM コンソールを使用して 1 つ以上の Azure サブスクリプションの追加と削除を行います。Add and remove one or more Azure subscriptions by using the VMM console.
  • そのサブスクリプション内にあるすべての展開のすべてのロール インスタンスの詳細と状態を示したリスト ビューを表示します。See a list view with details and status of all role instances in all deployments in that subscription.
  • インスタンスの一覧を手動で更新します。Manually refresh the list of instances.
  • インスタンスで次の基本的な操作を実行します。Perform the following basic actions on the instances:
    • 開始Start
    • StopStop
    • シャットダウンShutdown
    • 再起動Restart
    • RDP 経由の接続Connect via RDP

この機能でできないことWhat you can't do with this feature

この機能は、Microsoft Azure 管理ポータルに機能パリティを提供するためのものではありません。This feature is not intended to provide feature parity with the Microsoft Azure Management Portal. この機能の機能性は、 https://manage.windowsazure.com での機能の小さなサブセットですが、インスタンスを表示して、他の基本的な操作を行うことで、日常的なタスクを簡略化し、管理をより簡単にする上で役立ちます。The functionality of this feature is a minor subset of the features at https://manage.windowsazure.com, but you can view your instances and do other basic actions, to simplify everyday tasks and help make management easier.

次の操作はできません:You cannot:

  • Azure サブスクリプションの管理Manage your Azure subscription
  • インスタンスの Azure への展開Deploy instances to Azure
  • オンプレミス 仮想マシンの Azure への移行Migrate on-premise virtual machines to Azure
  • Azure Storage の管理Manage Azure Storage
  • Azure Networks の管理Manage Azure Networks
  • ダッシュボードの概要ビューの表示See the Dashboard Summary view
  • パフォーマンス監視の概要の表示See the Performance Monitoring Summary

Azure プロファイルを作成することによって、Microsoft Azure サブスクリプションを System Center 2019 - Virtual Machine Manager (VMM) に追加することができます。You can add Microsoft Azure subscriptions to System Center 2019 - Virtual Machine Manager (VMM), by creating an Azure profile.

VMM 2019 では、Azure プロファイルを使用して、プロファイルの使用目的を定義できます。With VMM 2019, using Azure profile, you can define the intended usage of the profile. 現時点では、Azure-VMM の統合シナリオでは、次をサポートします。Currently, Azure-VMM integration scenario supports the following:

  • Azure VM Management – VMM コンソールを離れることなく、Azure VM インスタンス上で基本的な操作を実行します。Azure VM Management – perform basic actions on Azure VM instances without leaving the VMM console.
  • Azure Update Management – VMM によって管理されている VM 上に更新プログラムをインストールします。Azure Update Management – install the update on the VMs managed by VMM.

開始する前にBefore you start

以下は、Azure VM Management 用の Azure プロファイルを追加する必要があるものです。Here's what you need to add an Azure profile for Azure VM management:

要件Requirement 詳細Details
Azure サブスクリプションAzure subscription VMM コンソールに追加する Azure サブスクリプションが少なくとも 1 つ必要です。You need at least one Azure subscription to add it to the VMM console.
インターネット接続Internet connectivity この機能をインストールするコンピューターが Azure サブスクリプションに接続できる必要があります。The computer on which you install the feature must be able to connect to the Azure subscription.
AD AuthenticationAD Authentication クラシック ベースの VM と Azure Resource Manager ベースの VM の両方の管理を有効にするには、サブスクリプションに Active Directory ベースの認証を関連付ける必要があります。To enable management of both Classic and Azure Resource Manager based VMs, the subscription must have Active Directory-based authentication associated with it.

Azure portal を使用して Azure AD アプリケーションを作成し、ディレクトリ ID、アプリケーション ID、キーをメモします。Create an Azure AD application using Azure portal and make a note of the directory ID, application ID and Key.

クラシック VM 共同作成者と VM 共同作成者ロールにアプリケーションを割り当てるには、 [サブスクリプション] – [アクセス制御 (IAM)] – [追加] を使用します。Assign application to Classic VM contributor and VM contributor roles by using Subscription – Access Control (IAM) – Add.

以下は、Azure Update Management 用の Azure プロファイルを作成する必要があるものです。Here's what you need to create an Azure profile for Azure Update Management:

要件Requirement 詳細Details
Azure サブスクリプションAzure subscription Update Management ソリューションを有効にした Azure Automation のサブスクリプションが必要です。You need Azure Automation Subscription with Update Management solution enabled.

Automation アカウントを作成し、Update Management ソリューションを有効にします。Create Automation Account and Enable Update Management Solution.
インターネット接続Internet connectivity この機能をインストールするコンピューターが Azure サブスクリプションに接続できる必要があります。The computer on which you install the feature must be able to connect to the Azure subscription.

Azure プロファイルの作成Create Azure Profile

次の手順に従います。Follow these steps:

  1. VMM コンソールで、 [ライブラリ] > [作成] > [Azure プロファイル] に移動しますIn VMM console, go to Library > Create > Azure Profile

    Azure プロファイル

  2. [Profile usage](プロファイル使用率) ドロップダウン メニューで、 [Azure VM Management] または [Azure Update Management] を選択します。Under Profile usage drop-down menu, select Azure VM Management or Azure update management. 選択範囲に基づき、次のページで、入力したサブスクリプション ID の認証情報を探します。Based on the selection, the next page seeks authentication information for the subscription ID entered.

    注意

    • ウィザードでそれらをメンバーとして追加することで、セルフ サービス ユーザー (SSU) と Azure プロファイルを共有できます。You can share Azure profile with Self Service Users (SSUs) by adding them as members in the wizard.
    • [ライブラリ] > [プロファイル] > [Azure プロファイル] から、すべての Azure プロファイルの一覧を表示できます。You can view the list of all Azure profiles from Library> Profiles > Azure Profiles. [一般情報] ウィンドウで、一覧から Azure プロファイルを選択して、このプロファイルの詳細情報を表示します。Select an Azure profile from the list to view detailed information of this profile, under General Information pane.