VMM のバックアップと復元Back up and restore VMM

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) 環境でのバックアップと回復のプロセスについて説明し、いくつかの推奨事項を示します。This article describes the backup and recovery process in a System Center - Virtual Machine Manager (VMM) environment, and provides some recommendations.

開始する前にBefore you start

  • ディザスター リカバリーではチェックポイントを使用しないでください。Don't use checkpoints for disaster recovery. チェックポイントでは、ハード ディスクの内容の完全な複製を作成することも、データを個別のボリュームにコピーすることもありません。Checkpoints do not create full duplicates of the hard disk contents, nor do they copy data to a separate volume.
  • 仮想マシン上のオペレーティング システムを更新する前の一時的なバックアップ機能として、チェックポイントを使用できます。You can use a checkpoint to serve as temporary backup, before updating an operating system on a virtual machine. これにより、悪影響を及ぼすおそれがある場合には、更新をロールバックすることができます。This allows you to roll back the update if it has adverse effects.
  • 致命的なデータ損失の場合は、バックアップ アプリケーションを使用してデータをバックアップおよび回復させる必要があります。You should use a backup application to back up and recover your data in case of catastrophic data loss. オプションの 1 つは System Center Data Protection Manager (DPM) です。One option is System Center Data Protection Manager (DPM).
  • VMM を再インストールする場合は、リモート アクセス承認 (RAA) パスワードやプロダクト キーなどのデータを入力することができます。Data such as Remote Access Authorization (RAA) passwords and the product key can be entered when you reinstall VMM. ただし、仮想マシン ロールなどの一部の暗号化されたデータを再入力することはできません。However, some encrypted data such as Virtual Machine Roles cannot be reentered.
  • VMM のバックアップに、データ保護アプリケーション プログラミング インターフェイス (DPAPI) を使用する場合は、そのようなデータをバックアップおよび復元することはできません。You can't back up and restore such data if you use the Data Protection application programming interface (DPAPI) for backing up VMM.
  • VMM 管理サーバーが失敗した場合、データは失われます。The data will be lost if the VMM management server fails.

バックアップ計画を作成して実装するCreate and implement a backup plan

バックアップ計画の基本的な要素は、バックアップする必要があるもののリストと、環境内で頻繁に変更される (したがって頻繁にバックアップする必要がある) ものの概要です。Basic elements of a backup plan include a list of what needs to be backed up, and an outline of what is changed frequently (and therefore need to be backed up frequently) in your environment.

VMM データベースのバックアップBack up the VMM database

VMM データベースには、構成、サービス テンプレート、プロファイル、仮想マシン テンプレート、サービス、スケールアウト サービス、さらに VMM が正しく機能するために必要なその他の重要データなど、各種の情報が含まれています。The VMM database contains information such as configurations, service templates, profiles, virtual machine templates, services, scale-out services, and other critical data that is required for VMM to function correctly. VMM データベースを定期的にバックアップします。Back up the VMM database regularly.

VMM データベースは、VMM 管理サーバーに格納することも、Microsoft SQL Server を実行している個々のサーバーに格納することもできます。The VMM database can be stored on the VMM management server or on a separate server running Microsoft SQL Server. VMM データベースをバックアップするには、次の 1 つ以上を使用することができます。To back up the VMM database, you can use one or more of the following:

  • SQL Server ツール。SQL Server tools. 詳細については、「 データベースの完全バックアップの作成 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Create a Full Database Backup (SQL Server).

  • 環境内で使用されるその他のバックアップ ツール。Other backup tools that are used in your environment.

  • 後述の手順で説明する VMM コンソールまたは Windows PowerShell コマンドレット。The VMM console or a Windows PowerShell cmdlet, as described in the procedures that follow.

データベースのバックアップに加えて、VMM 管理サーバーのシステム状態のバックアップを作成することをお勧めします。そうしておけば、致命的なデータ損失が発生した場合に、同じセキュリティ識別子 (SID) を使用してサーバーを再作成することができます。In addition to backing up the database, we recommend that you create a system state backup of the VMM management server so that you can re-create the server with the same security identifier (SID) in case of a catastrophic data loss. SID は、仮想マシン ホストで VMM を承認する方法において欠くことのできない部分です。The SID is an integral part of how VMM is authorized on virtual machine hosts.

重要

  • 次のいずれかのバックアップの手順で作成した VMM データベース ファイルを回復するには、いくつかの方法があります。There are several ways to recover the VMM database file that you create through either of the following backup procedures. 1 つの方法では、VMM 管理サーバーが機能していることが必要であり、「 」の説明に従って、 」の説明に従って、 」の説明に従って、 ツールを使用します (ただし、 」の説明に従って、 はコマンドレットではありません)。One way, which requires the VMM management server to be functioning, is to use the SCVMMRecover.exe tool, as described in Backup-SCVMMServer (although SCVMMRecover.exe is not a cmdlet). もう 1 つの方法では VMM 管理サーバーが機能している必要はなく、データベース ファイルの復元やアタッチ用の SQL Server ツールを使用して復元します。Another way, which does not require the VMM management server to be functioning, is to restore by using SQL Server tools for restoring and attaching a database file.
  • 以降の手順を使用するには、管理者ユーザー ロールのメンバーであることが必要です。To use the following procedures, you must be a member of the Administrator user role.

VMM コンソールを使用して、VMM データベースをバックアップするBack up the VMM database by using the VMM console

  1. [設定] ワークスペースの [ホーム] タブ上にある [バックアップ] グループで、 [バックアップ] をクリックします。In the Settings workspace, on the Home tab, in the Backup group, click Backup.

  2. [Virtual Machine Manager のバックアップ] ダイアログ ボックスで、バックアップ ファイルの場所を指定します。In the Virtual Machine Manager Backup dialog box, specify the location for the backup file. ルート ディレクトリではなく、かつ SQL Server がアクセスできるフォルダーを選択します。Select a folder that is not a root directory and that SQL Server can access.

    バックアップの状態は [ジョブ] ワークスペースで確認できます。You can check the status of the backup in the Jobs workspace.

    バックアップを回復する方法については、この手順を行う前に、「重要」注意事項を参照してください。For information about how to recover the backup, see the Important note before this procedure.

Windows PowerShell のコマンドレットを使用して VMM データベースをバックアップするBack up the VMM database by using cmdlets in Windows PowerShell

  1. Windows PowerShell セッションを開始します。Start a Windows PowerShell session.

  2. 次の構文を使用して、Windows PowerShell コマンド プロンプトで Get-SCVMMServerBackup-SCVMMServer コマンドレットを実行します。At the Windows PowerShell command prompt, run the Get-SCVMMServer and Backup-SCVMMServer cmdlets, using the following syntax:

    get-scvmmserver <VMM management server name> | backup-scvmmserver -Path <BackupFileDir>
    

バックアップを回復する方法については、これらの手順を行う前に、「重要」注意事項を参照してください。For information about how to recover the backup, see the Important note before these procedures.

ホストと仮想マシンのバックアップBack up hosts and virtual machines

仮想マシンのホストは、仮想マシンとサービスが展開される Hyper-V ホスト、VMware ESXi ホスト、ホスト クラスターです。Virtual machine hosts are Hyper-V hosts, VMware ESXi hosts, and host clusters on which virtual machines and services are deployed. 仮想マシン ホストとクラスターをバックアップするには、Microsoft System Center Data Protection Manager (DPM) を使用するか、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を利用する他のバックアップ アプリケーションを使用して、ホストと仮想マシンのデータをリモート ファイル サーバーの共有にコピーします。To back up virtual machine hosts and clusters, use Microsoft System Center Data Protection Manager (DPM) or another backup application that takes advantage of Volume Shadow Copy Service (VSS) to copy host and virtual machine data to a remote file server share.

重要

仮想マシンの構成ファイル (.vmc) は、毎日バックアップすることをお勧めします。We recommend that you back up virtual machine configuration files (.vmc) daily.

ホストの目録を作成し、ホストされているすべての仮想マシンをバックアップします。Inventory your hosts, and then back up all of the hosted virtual machines. VMM によって管理されているホストの一覧を取得するには、Windows PowerShell コマンドラインで次のコマンドレットを実行します。To get the list of hosts that are being managed by VMM, run the following cmdlet from a Windows PowerShell command line:

$vmhost = get-scvmmserver <VMM management server name> | get-scvmhost

詳細については、「Get-SCVMMServer」および「Get-SCVMHost」を参照してください。For more information, see Get-SCVMMServer and Get-SCVMHost.

VMM VSS ライターをサポートするバックアップ ソフトウェアを使用して、各 VMM ホストの構成ファイルとリソース ファイルをすべてバックアップします。Back up all of the configuration and resource files on each VMM host by using backup software that supports the VMM VSS writer. VMM をサポートするバックアップ ソフトウェアは、仮想マシンのアーカイブおよび復元に必要な手順数を最小限に抑え、ダウンタイムを最小限に抑え、アーカイブまたは復元するデータの整合性を保証します。Backup software that supports VMM can minimize the number of steps required to archive and restore virtual machines, help minimize downtime, and help ensure consistency of the data that is being archived or restored.

ライブラリ サーバーのバックアップBack up library servers

VMM ライブラリにはファイル ベースのリソースが含まれます。すなわち、ライブラリ サーバーに保存されたバーチャル ハード ディスク、ISO イメージ、スクリプト、ドライバー ファイル、アプリケーション パッケージなどです。The VMM library includes file-based resources, such as virtual hard disks, ISO images, scripts, driver files, and application packages that are stored on library servers. これらのリソースは、仮想マシン、サービス テンプレート、プロファイルなど、ファイル ベースでない VMM データベースのリソースと密接に関連しています。These resources are closely associated with resources in the VMM database that are not file-based, such as virtual machine and service templates and profiles. これらのリソースのすべてをバックアップする必要があります。All of these resources should be backed up.

ライブラリ サーバー上のデータをバックアップするには、System Center Data Protection Manager (DPM) を使用するか、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を利用する他のバックアップ アプリケーションを使用して、ホストと仮想マシンのデータをリモート ファイル サーバーの共有にコピーします。To back up the data on library servers, use System Center Data Protection Manager (DPM) or another backup application that takes advantage of Volume Shadow Copy Service (VSS) to copy host and virtual machine data to a remote file server share. VMM ライブラリ サーバーの一覧を表示するには、Windows PowerShell コマンドラインで次のコマンドレットを実行します。For a list of VMM library servers, run the following cmdlet from the Windows PowerShell command line:

$libraryservers = get-scvmmserver <VMM management server name> | get-sclibraryserver

詳細については、「Get-SCVMMServer」および「Get-SCLibraryServer」を参照してください。For more information, see Get-SCVMMServer and Get-SCLibraryServer.

ライブラリ共有上のすべてのファイル (次の拡張子を持つファイルなど) を、リモート ファイル サーバー上の共有フォルダーにバックアップします。Back up all files on library shares to a shared folder on a remote file server, including files with the following extensions:

  • .vhd と .vhdx.vhd and .vhdx
  • .iso.iso
  • .vmx.vmx
  • .ps1.ps1
  • .vmc.vmc
  • .vsv.vsv

VMM プライベート クラウドのバックアップBack up VMM private clouds

VMM クラウドに配置された仮想マシンのレプリケーションおよびフェールオーバーを調整し自動化するには、Azure Site Recovery Manager を使用できます。To orchestrate and automate the replication and failover of virtual machines located in VMM clouds, you can use Azure Site Recovery Manager. 次の方法でレプリケートすることができます。You can replicate in the following ways:

  • 内部設置型の VMM サイト間で Hyper-V レプリケーションまたは SAN レプリケーションを使用。From one on-premises VMM site to another, using Hyper-V replication or SAN replication.

  • 内部設置型の VMM サイト間で Hyper-V レプリケーションを使用。From an on-premises VMM site to Azure, using Hyper-V replication.

レジストリ キー、暗号化キー、資格情報をバックアップします。Back up registry keys, encryption keys, and credentials

レジストリ キー、暗号化キー、および VMM で管理されない資格情報をバックアップするには、次のガイドラインを使用します。Use the following guidelines to back up registry keys, encryption keys, and non-VMM managed credentials:

  • レジストリ キー:VMM で重要な設定を保存するために、複数のレジストリ キーを使用します。Registry keys: VMM uses multiple registry keys to store important settings. 設定は、次のレジストリ キーおよびそのサブキーに保存されます。HKLM\Software\Microsoft\Microsoft System Center Virtual Machine Manager Server\Settings に保存されます。Settings are stored in the following registry key and its subkeys: HKLM\Software\Microsoft\Microsoft System Center Virtual Machine Manager Server\Settings.

    レジストリのこのセクション全体をバックアップする必要があります。ただし、SQL サブキーには例外がある可能性もあります。You should back up this entire section of the registry, with the possible exception of the SQL subkey. SQL サブキーをバックアップする場合、バックアップ時にデータベース名、場所、およびその他の詳細がキャプチャされます。これらは、回復時に必要な VMM データベースの詳細とは一致しない場合があります。If you back up the SQL subkey, you capture the database name, location, and other details at the time of backup, which might not match the VMM database details that you want at the time of recovery.

    レジストリ キーをバックアップするには、Regedit の [エクスポート] 機能を使用するか、または環境内でレジストリ キーをバックアップするために利用されている他のツールを使用します。To back up registry keys, you can use the Regedit Export function, or any other tool that is used in your environment to back up registry keys.

  • Active Directory Domain Services の暗号化キー:分散キー管理 (DKM) を構成している場合は、VMM に関連する暗号化キーを Active Directory Domain Services (AD DS) で保存することになります。Encryption keys in Active Directory Domain Services: If distributed key management (DKM) is configured, then you are storing VMM-related encryption keys in Active Directory Domain Services (AD DS). これらのキーをバックアップするには、定期的に Active Directory をバックアップします。To back up these keys, back up Active Directory on a regular basis.

  • VMM で管理されない資格情報:VMM に関連付けられた一部の資格情報は、VMM 管理サーバー上の Windows Credential Manager によって管理されます。Non-VMM managed credentials: Some credentials that are related to VMM are managed by the Windows Credential Manager on the VMM management server. 資格情報マネージャーにアクセスするには、コントロール パネルの [すべてのコントロール パネル項目] をクリックし、次に [資格情報マネージャー] をクリックします。To access the Credential Manager, in Control Panel, select All Control Panel Items, and then click Credential Manager. [資格情報のバックアップ] をクリックし、VMM に関係する資格情報をバックアップします。Click Back up Credentials to back up any VMM-related credentials.

Microsoft 以外のユーザー インターフェイス アドインとその他の Microsoft 以外のアプリケーションのバックアップBack up non-Microsoft user interface add-ins and other non-Microsoft applications

Microsoft 以外のユーザー インターフェイス (UI) アドインを使用して、VMM コンソールの機能を拡張できます。You can use non-Microsoft user interface (UI) add-ins to extend the functionality of the VMM console. UI アドインで使用されるデータは、ローカル サーバーに格納される場合も、リモート コンピューターに格納される場合もあります。さらに特定の権限セットを持つように構成される可能性があります。The data that is used by a UI add-in might be stored on the local server or on a remote computer, and it might be configured with a specific set of permissions. 特定の UI アドインのバックアップ ガイドラインを参照する必要があります。Consult the backup guidelines of your specific UI add-in.

その他の Microsoft 以外のアプリケーションについては、アプリケーション固有のバックアップ ガイドラインを参照してください。For any other non-Microsoft applications, refer to the applications" specific backup guidelines.

VMM 環境を復元するRestore the VMM environment

必要に応じて VMM データベースを復元するRestore the VMM database if necessary

VMM データベースを復元する必要がある場合、まず最初に、バックアップ メソッドに対応する手順を使用してこれを復元します。If the VMM database must be restored, restore it first, using the process that corresponds to your backup method. たとえば、SQL Server ツールを使用して復元する場合は、「復元と復旧の概要 (SQL Server)」を参照してください。For example, to restore using SQL Server tools, see Restore and Recovery Overview (SQL Server).

復元する必要のある唯一の要素が VMM データベースであり、SCVMMRecover.exe ツールの情報を取得したい場合は、「Backup-SCVMMServer」を参照してください。If the VMM database is the only element that you need to restore, and you want information about the SCVMMRecover.exe tool, see Backup-SCVMMServer.

同じコンピューター上に VMM サーバーを復元するRestore the VMM server on the same computer

VMM サーバーのために同じコンピューターを使用している場合は、そのコンピューター上でシステム状態の復元を実行します (それ以外の場合は、このセクションを省略することができます)。If you are using the same computer for the VMM server, perform a system state restore on that computer (otherwise, skip this section). これを行う場合、VMM サーバーの SID は変わらないので、VMM 環境の復元に必要な手順は少なくなります。If you do this, the SID of the VMM server remains the same, and fewer steps are required to restore your VMM environment.

VMM サーバーを復元した後、次の手順を実行します。After you have restored the VMM server, take the following steps:

  1. 前回のバックアップ後に削除された任意のホストまたは仮想マシンを、VMM コンソールから削除します。Remove any hosts or virtual machines from the VMM console that were removed after the last backup. 前回のバックアップ後にホストが削除された場合、ホストは「応答なし」と表示され、ホスト上の仮想マシンはすべて「ホストが応答しません」と表示されます。If a host has been removed after the last backup, then it appears as "Not Responding" and all virtual machines on the host appear as "Host Not Responding". ホストは存在するが仮想マシンは前回のバックアップ後に削除されている場合、仮想マシンは「不明」と表示されます。If the host is present but a virtual machine has been removed after the last backup, then the virtual machine appears as "Missing."

  2. 前回のバックアップ後に追加されたホストまたは仮想マシンを追加します。Add any hosts or virtual machines that were added after the last backup.

別のコンピューター上に VMM データベースを復元するRestore the VMM server on a different computer

別の物理コンピューター上に VMM 管理サーバーを復元しようとする場合は、最初にシステム要件のハードウェア要件を確認します。If you plant to restore the VMM management server onto a different physical computer, first review the hardware requirements in System Requirements.

次に、選択したサーバー上に VMM を再インストールし、この VMM サーバーを VMM データベースに指定します。Next, re-install VMM on the selected server, and point this VMM server to the VMM database. このサーバーは元のコンピューターとは異なる SID を持つことになるため、環境で最新の状態にするためにいくつかの手順を行う必要があります。Because this server will have a different SID than the original computer, a few steps are necessary to bring it current with your environment. この手順には、新しい VMM サーバーとホストの再関連付けが含まれます (それ以外の場合には、ホストは元のコンピューターのコンピューター アカウントにマッピングされたままです)。These steps include reassociating hosts with the new VMM server (otherwise, they remain mapped to the original computer's machine account).

ホストを新しい VMM 管理サーバーに更新するUpdate hosts with the new VMM management server

  1. VMM コンソールを開きます。Open the VMM console.

  2. ホストと仮想マシンの一覧を確認し、必要に応じて、これ以降の手順の準備をします。Review the lists of hosts and virtual machines, as needed, to prepare for later steps in this procedure:

    • サーバーの一覧を確認するには、左側にある [ファブリック] ワークスペースで [サーバー] をクリックします。To review the list of servers, in the Fabric workspace, on the left, click Servers.

    • 仮想マシンの一覧を確認するには、左側にある [VM とサービス] ワークスペースで、 [すべてのホスト] をクリックします。To review the list of virtual machines, in the VMs and Services workspace, on the left, click All Hosts.

  3. 前回のバックアップ後に削除された任意のホストまたは仮想マシンを、VMM コンソールから削除します。Remove any hosts or virtual machines from the VMM console that were removed after the last backup. 前回のバックアップ後にホストが削除された場合、ホストは「応答なし」と表示され、ホスト上の仮想マシンはすべて「ホストが応答しません」と表示されます。If a host has been removed after the last backup, then it appears as "Not Responding" and all virtual machines on the host appear as "Host Not Responding". ホストは存在するが仮想マシンは前回のバックアップ後に削除されている場合、仮想マシンは「不明」と表示されます。If the host is present but a virtual machine has been removed after the last backup, then the virtual machine appears as "Missing."

  4. 前回のバックアップ後に追加されたホストまたは仮想マシンを追加します。Add any hosts or virtual machines that were added after the last backup.

  5. [アクセス拒否] としてマークされているマネージド コンピューターを見つけて、それぞれを右クリックし、 [再関連付け] をクリックして、管理者の資格情報を指定します。Identify managed computers that are marked as "Access Denied," right-click each one, click Reassociate, and then provide the administrative credentials.

  6. ライブラリ サーバーでもあった VMM 管理サーバーを復元する場合、新しいコンピューターは元の VMM サーバーを既定のライブラリ サーバーとして一覧表示します。If you are restoring a VMM management server that was also a library server, then the new computer lists the original VMM server as the default library server. [ライブラリ] ビューから元のライブラリ サーバーを削除し、新しいコンピューターをライブラリ サーバーとして追加します。From the Library view, remove the original library server, and then add the new computer as a library server.

次のセクションの説明に従って、境界ネットワーク (DMZ、非武装地帯、およびスクリーン サブネットとも呼ばれる) 内でサーバーを再度関連付けする必要がある場合もあります。You might also need to reassociate servers in the perimeter network (also known as DMZ, demilitarized zone, and screened subnet), as described in the next section.

境界ネットワークでのサーバーの再関連付けReassociate servers in a perimeter network

VMM サーバーを復元した後、最初に境界ネットワーク上のサーバーが [応答なし] と表示されることがあります。After you restore a VMM server, servers on a perimeter network might initially appear as "Not Responding." このような場合には、次の手順に従います。In that case, perform the following steps.

  1. 境界ネットワーク上の各サーバーにサインインし、VMM アカウントを特定します。Sign in to each server on the perimeter network, and then locate the VMM account. VMM アカウントは、10 文字で表される scvmm のユーザー名と、ランダムな 5 文字から成るローカル管理者アカウントです。The VMM account is a local administrator account with a 10-character user name of scvmm plus 5 random characters.

  2. 各サーバー上で VMM アカウントのパスワードを変更します。Change the password of the VMM account on each server.

  3. VMM 管理サーバーで、 [ホストのプロパティ] ダイアログ ボックスの [オプション] タブをクリックし、手順 2. で作成したものと同じパスワードを各サーバーに割り当てます。On the VMM management server, in the Host Properties dialog box, click the Options tab, and then assign each server the same password that you created in step 2.

VMM ライブラリ サーバーを復元するRestore VMM library servers

データ損失後に、ライブラリ サーバーを復元するには、ファイル サーバーの共有を復元し、データを共有に戻して復元します。To restore a library server after data loss, restore the file server shares, and then restore the data back onto the shares.

VMM 管理サーバーおよび VMM データベースを復元した後、ライブラリ サーバーは VMM コンソールに一覧表示されます。After you restore the VMM management server and the VMM database, library servers are listed in the VMM console. 必要に応じて、これらの一覧表を物理ライブラリ サーバーと再関連付けします。As needed, reassociate these listings with the physical library servers.

  1. 新たに復元されたコンピューターが元のコンピューターと同じ名前を持つ場合は、そのコンピューター上に Virtual Machine Manager エージェントをローカルにインストールし、そのコンピューターを VMM 管理サーバーに再関連付けします。If the newly restored computer has the same name as the original computer, install the Virtual Machine Manager agent locally on that computer and then reassociate that computer with the VMM management server.
  2. 新たに復元されたコンピューターが元のコンピューターとは異なる名前を持つ場合は、VMM コンソールを使用して、マネージド コンピューターの一覧から元のコンピューターを削除し、新しいコンピューターを追加します。If the newly restored computer has a different name than the original computer, use the VMM console to remove the original computer from the list of managed computers, and then add the new computer.

レジストリ キー、Active Directory のオブジェクト、および VMM で管理されない資格情報を復元します。Restore registry keys, Active Directory objects, and non-VMM managed credentials

次のガイドラインを使用して、レジストリ キー、Active Directory のオブジェクト、および VMM で管理されない資格情報を復元します。Use the following guidelines to restore registry keys, Active Directory objects, and non-VMM managed credentials:

  • レジストリ キー:以前にバックアップされたレジストリ キーを復元するには、Regedit の [インポート] 機能を使用するか、または環境内でレジストリ キーをバックアップおよび復元するために利用されている他のツールを使用できます。Registry keys: To restore registry keys that were previously backed up, you can use the Regedit Import function or any other tool that is used in your environment to back up and restore registry keys. ただし、レジストリ キーを復元している時点で、SQL サブキーに含まれているデータベースの名前、場所、およびその他の詳細が VMM データベースに必要なものと一致しない場合は、SQL サブキーを復元しないでください。However, do not restore the SQL subkey if the database name, location, and other details that it contains do not match what you want for the VMM database at the time you are restoring the registry keys.

  • Active Directory オブジェクト:VMM 環境内で分散キー管理 (DKM) が有効にされている場合、VMM は、RAA パスワード、プロダクト キー情報、仮想マシン ロール データなど、一部のデータを Active Directory に格納します。Active Directory objects: If distributed key management (DKM) is enabled in your VMM environment, VMM stores some data in Active Directory, such as RAA passwords, product key information, and Virtual Machine Role data. VMM の再インストール後は、必要に応じて、RAA パスワードやプロダクト キー情報など、Active Directory に格納されたデータの一部を再入力することができます。After re-installing VMM, if needed, you can re-enter some of the data that was stored in Active Directory, such as RAA passwords and product key information. VMM の再インストールおよび Active Directory の復元を行った後、必要に応じて、Active Directory 内のデータには VMM から引き続きアクセスできます。After you re-install VMM and (if necessary) restore Active Directory, the data in Active Directory continues to be accessible to VMM.

  • VMM で管理されない資格情報:コントロール パネルの [すべてのコントロール パネル項目] を選択して、 [資格情報マネージャー] をクリックします。Non-VMM managed credentials: In Control Panel, select All Control Panel Items, and then click Credential Manager. [資格情報の復元] をクリックして、既にバックアップされている VMM に関連する資格情報を復元します。Click Restore Credentials to restore any VMM-related credentials that were previously backed up.

復元後のタスクPost-restore tasks

VMM の構成によっては、VMM 環境を復元した後、次のタスクの一部の実行が必要になる場合があります。Depending on your VMM configuration, you might need to do some of the following tasks after you restore your VMM environment:

AlwaysOn 可用性グループの構成Configure Always On Availability Groups

VMM データベースが SQL Server AlwaysOn 可用性グループを使用して構成されている場合は、いくつかのタスクを実行して、データベースが可用性グループで正しく構成されていることを確認する必要があります。If the VMM database was configured by using SQL Server Always On Availability Groups, you must complete a few tasks to ensure that the database is correctly configured with an availability group.

Microsoft Azure Pack の再インストールReinstall Windows Azure Pack

VMM を使用してテナントをサポートするために環境に Microsoft Azure Pack (MAP) が展開されている場合は、VMM 環境を復元した後で MAP を再インストールする必要があります。If Windows Azure Pack (WAP) was deployed in your environment to support tenants by using VMM, then you"ll have to reinstall it after you restore the VMM environment. Windows Server 用 Microsoft Azure Pack の詳細については、「Windows Server 用 Microsoft Azure Pack」を参照してください。For more information about Windows Azure Pack for Windows Server, see Windows Azure Pack for Windows Server.

追加の VMM コンソールのインストールInstall additional VMM consoles

VMM コンソールのインストール先サーバーを交換する必要があった場合、これらのサーバーにコンソールを再インストールします。If you had to replace any servers on which VMM consoles were installed, re-install the consoles on those servers.

仮想マシン テンプレートの更新Update virtual machine templates

復元された仮想マシン テンプレートはすべて、オペレーティング システムを含むバーチャル ハード ディスクを正しく指定する必要があります。All virtual machine templates that were restored must correctly specify the virtual hard disk that contains the operating system.

  1. VMM コンソールで、 [ライブラリ] ワークスペースを開き、 [テンプレート] を展開し、 [VM テンプレート] をクリックします。In the VMM console, open the Library workspace, expand Templates, and then click VM Templates.

  2. [テンプレート] ウィンドウで、更新する仮想マシン テンプレートを右クリックし、 [プロパティ] をクリックし、 [ハードウェア構成] ページをクリックして設定を更新します。In the Templates pane, right-click the virtual machine template that you want to update, click Properties, and click the Hardware Configuration page to update the settings.

Microsoft Azure Hyper-V Recovery Manager の復元Restore Windows Azure Hyper-V Recovery Manager

Microsoft Azure Hyper-V Recovery Manager が VMM 環境に実装されている場合は、いくつかの手順を実行して Microsoft Azure Hyper-V Recovery Manager プロバイダーを復元する必要があります。If Windows Azure Hyper-V Recovery Manager is implemented in the VMM environment, then you must perform a few steps to restore the Windows Azure Hyper-V Recovery Manager Provider.

アドイン、ドライバー パッケージ、証明書を確認するReview add-ins, driver packages, and certificates

VMM を復元した後、アドイン、ドライバー パッケージ、証明書の必要な手順を実行したことを確認するには、次の項目を確認します。After you restore VMM, review the following items to ensure that you have taken necessary steps for your add-ins, driver packages, and certificates:

  • Microsoft 以外のユーザー インターフェイス アドイン:Microsoft 以外のユーザー インターフェイス アドインまたはその他の Microsoft 以外のサード パーティ製アプリケーションを復元するには、それぞれのアプリケーションの復元ガイドラインを参照してください。Non-Microsoft user interface add-ins: To restore any non-Microsoft user interface add-ins or any other non-Microsoft party applications, consult the respective application"s restore guidelines.

  • ドライバー パッケージ:VMM ライブラリにこれまでに追加されたドライバー パッケージについては、復元後、正しく検出されない場合があります。Driver packages: Driver packages that were previously added to the VMM library might not be discovered correctly after a restore. それらを削除して、再追加する必要がある場合があります。They might have to be removed and be re-added.

  • 証明書:ホスト上の VMM に関連する証明書に、新しい VMM 管理サーバーの情報を反映する必要があります。Certificates: Any VMM-related certificates on hosts must be updated with the information of the new VMM management server.

注意

VMM を再インストールすると、エラーが原因で期限切れになったアカウント制御リスト (ACL) が VMM によって更新されます。After you re-install VMM, VMM updates the account control lists (ACLs) that became outdated due to the failure. それ以上の操作は必要ありません。No further intervention is required.