シナリオ:プライベート クラウドを作成するScenario: Create a private cloud

重要

このバージョンの Virtual Machine Manager (VMM) はサポート終了に達したので、VMM 2019 にアップグレードすることをお勧めします。This version of Virtual Machine Manager (VMM) has reached the end of support, we recommend you to upgrade to VMM 2019.

この記事では、System Center - Virtual Machine Manager (VMM) でプライベート クラウドを作成する手順を説明します。This article provides instructions for creating a private cloud in System Center - Virtual Machine Manager (VMM).

ホスト グループまたは VMware リソース プールからプライベート クラウドを作成できます。You can create a private cloud from a host group, or from a VMware resource pool. ホスト グループには、単一の種類のホストのみを含めることも、Hyper-V ホストと VMware ESX ホストを混在させることもできます。Host groups can contain a single host type or a mix of Hyper-V and VMware ESX hosts.

注意

VMM 管理者か、または代理管理者ユーザー グループのメンバーである必要があります (対象範囲にはクラウドに使用するホスト グループが含まれます)。You must be a VMM administrator, or a member of the delegated Administrators user group, with a scope that includes the host groups you'll use for the cloud.

開始する前にBefore you start

  • VMM ファブリックが準備できている必要があります。You need to have the VMM fabric in place. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.
  • ファブリック内に 1 つまたは複数の Hyper-V または VMware 仮想化ホストが存在している必要があります。You should have one or more Hyper-V or VMware virtualization hosts in the fabric. クラウドを VMware リソース プールから作成する場合は、VMware リソース プールを含む VMware ESX ホストかホスト クラスターと、vCenter Server が VMM ファブリック内で使用できる必要があります。If you're creating a cloud from a VMware resource pool, a vCenter Server and the VMware ESX host or host cluster that contains the VMware resource pool must be available in the VMM fabric.
    • 仮想マシンを VMM ライブラリに保管する機能をセルフサービス ユーザーに提供する場合は、ライブラリ共有を作成するか、または記憶域の場所としての役割を果たすライブラリ共有内にフォルダーを作成します。If you want to provide self-service users the ability to store virtual machines to the VMM library, then create a library share, or create a folder in a library share that will serve as the storage location. 詳細については、こちらを参照してくださいLearn more.

      注意

      セルフサービス ユーザーが自分の仮想マシンを保管できるためには、保管と再展開のアクセス許可が必要です。Self-service users must have the Store and re-deploy permission to store their virtual machines.

    • クラウドの作成ウィザードを実行する際に、別に作成したライブラリ共有を VMM の読み取り専用ライブラリ共有として追加することができます。You can add independently created library shares as read-only library shares in the VMM when you run the Create Cloud Wizard. たとえば、VMM の外側で \\VMMServer01\Finance\StoredVMs というパスを作成してから、 \\VMMServer01\Finance ライブラリ共有を VMM ライブラリに追加することはできません。For example, outside the VMM, you cannot create the \\VMMServer01\Finance\StoredVMs path, and then add the \\VMMServer01\Finance library share to the VMM library.

    • セルフサービス ユーザー ロールのデータ パスは、セルフサービス ユーザー ロールの作成時またはセルフサービス ユーザー ロールのプロパティの変更時に指定されます。The self-service user role data path is specified when you create a self-service user role or modify the properties of a self-service user role.

    • 読み取り専用の共有をプライベート クラウドに割り当て、そこにセルフサービス ユーザーが使用できる読み取り専用リソース (.iso ファイルなど) を管理者が保管できるようにするには、読み取り専用ライブラリ共有として割り当てることのできるライブラリ共有が 1 つ以上あることを確認してください。If you want to assign read-only shares to the private cloud, where administrators can store read-only resources such as .iso files that they want to make available to self-service users, make sure that one or more library shares exists that you can assign as the read-only library shares.

      注意

      セルフサービス ユーザーには、リソースにアクセスするための作成者アクセス許可が必要です。Self-service users must have the Author permission to access the resources.

    • 読み取り専用リソースの場所としてプライベート クラウドに指定するライブラリ共有は一意で、保管済み仮想マシンおよびセルフサービス ユーザー ロールに指定されるユーザー ロール データ パスで使用されるライブラリ共有とは異なることが必要です。The library shares that you designate as read-only resource locations for the private cloud must be unique when compared to the library share or shares that are used for stored virtual machines and for the user role data path that is specified for a self-service user role. たとえば、セルフサービス ユーザー ロールのユーザー ロール データ パスが \\VMMServer01\Finance の場合、 \\VMMServer01\Finance\StoredVMs という保管された仮想マシンのパスは作成できません。For example, if the user role data path for a self-service user role is \\VMMServer01\Finance, you cannot create a stored virtual machine path of \\VMMServer01\Finance\StoredVMs. ただし、ユーザー ロール データ パスが \\VMMServer01\Finance\FinanceUserRoleData の場合、 \\VMMServer01\Finance\StoredVMs は一意の完全なパスであるため、これを保管された仮想マシンのパスとして指定できます。However, if the user role data path is \\VMMServer01\Finance\FinanceUserRoleData, you could specify \\VMMServer01\Finance\StoredVMs as the stored virtual machine path, as the full path is unique. また、完全に別個のライブラリ共有を作成することもできます。You could also create entirely separate library shares.

プライベート クラウドをホスト グループから作成するCreate a private cloud from a host group

  1. [VM とサービス] > [作成] > [クラウドの作成] の順にクリックして、クラウドの作成ウィザードを開きます。Click VMs and Services > Create > Create Cloud, to open the Create Cloud Wizard.

  2. [全般] にクラウドの名前と、必要に応じて説明を指定してください。In General, specify a Name and optional description for the cloud.

  3. クラウドでシールドされた VM をサポートするかどうかを指定します。Specify whether the cloud will support shielded VMs.

  4. [リソース] > [ホスト グループ] の順に進み、クラウドに追加するグループを選択します。In Resources > Host groups, select the groups you want to add to the cloud. [次へ] をクリックします。Then click Next.

  5. [論理ネットワーク] で、プライベート クラウドで使用できるようにする各論理ネットワークを選択し、 [次へ] をクリックします。In Logical Networks, select each logical network that you want to make available to the private cloud, and then click Next.

    :選択したホスト グループ内のホストの物理ネットワーク アダプターに関連付けられている論理ネットワークだけが、ボックスの一覧に表示されます。Note: Only logical networks that are associated with the physical network adapters on hosts in the selected host groups appear in the list.

  6. [負荷分散] で、プライベート クラウドで使用できるようにする各ロード バランサーを選択し、 [次へ] をクリックします。In Load Balancers, select each load balancer that you want to make available to this private cloud, and then click Next.

    :選択したホスト グループに関連付けられている負荷分散だけが、ボックスの一覧に表示されます。Note: Only load balancers that are associated with the selected host groups appear in the list.

  7. [VIP テンプレート] で、プライベート クラウドで使用できるようにする各 VIP テンプレートを選択し、 [次へ] をクリックします。In VIP Templates, select each VIP template that you want to make available to the private cloud, and then click Next.

  8. [ポート分類] で、クラウドで使用できるようにする各ポート分類を選択し、 [次へ] をクリックします。In Port Classifications, select each port classification that you want to make available to the cloud, and then click Next.

  9. [記憶域] で、記憶域が VMM で管理されている場合は、プライベート クラウドで使用できるようにする各記憶域分類を選択し、 [次へ] をクリックします。In Storage, if you have storage managed by VMM, select each storage classification that you want to make available to the private cloud, and then click Next.

    :選択したホスト グループに割り当てられている記憶域プールの記憶域分類だけが、ボックスの一覧に表示されます。Note: Only storage classifications for storage pools that are assigned to the selected host groups appear in the list.

  10. [ライブラリ] > [保管済み VM パス] の順に進み、セルフサービス ユーザーが VM を格納するために使用するライブラリ共有を参照して選択します。In Library > Stored VM path, browse and select the library share you want to use for the self-service users to store VMs. [OK] をクリックします。Click OK.

  11. [読み取り専用ライブラリ共有] > [追加] の順に進み、管理者がクラウド ユーザーに対して読み取り専用リソースを提供できる 1 つ以上のライブラリ共有を選択します。In Read-only library shares > Add, select one or more library shares where administrators can provide read-only resources to cloud users. [OK] をクリックして、 [次へ] をクリックします。Click OK and then click Next.

  12. [容量] で、プライベート クラウドの容量の限度を設定して、 [次へ] をクリックします。In Capacity, set capacity limits for the private cloud, and then click Next. 既定の値をそのまま使用することも、 [最大値を使用] チェック ボックスをオフにして次のリソースのクォータを設定することもできます。You can either accept the default values, or clear the Use Maximum check boxes and set quotas for the following resources:

    クォータの種類Quota Type 説明Description
    仮想 CPUVirtual CPUs 指定した数の CPU で提供される容量と同等の処理容量をプライベート クラウドに設定します。Sets a limit on processing capacity within the private cloud that is equivalent to the capacity that can be provided by a specified number of CPUs. 実行中の仮想マシンに対して適用されます。Applied against running virtual machines. CPU のクォータを設定しても容量が持続的に保証されるわけではありません。プライベート クラウド内のホスト間で使用できる CPU の総容量が保証されるだけです。Setting a CPU quota does not guarantee contiguous capacity; it only guarantees total CPU capacity available among hosts in the private cloud.
    メモリMemory プライベート クラウドに展開される仮想マシンで使用できるメモリのクォータをギガバイト単位で設定します。Sets a quota on memory (in gigabytes) that is available for virtual machines that are deployed on the private cloud. 実行中の仮想マシンに対してのみ適用されます。Applied against running virtual machines only. メモリのクォータを設定しても、容量が持続的に保証されるわけではありません。Setting a memory quota does not guarantee contiguous capacity. たとえば、プライベート クラウドがあるホストで使用できるメモリが 2 GB、もう一方のホストで使用できるメモリが 2 GB の場合があります。For example, the private cloud might have 2 GB of memory available on one host and 2 GB of memory on the other.
    記憶域Storage プライベート クラウドに展開される仮想マシンで使用できる記憶域容量のクォータをギガバイト単位で設定します。Sets a quota on storage capacity (in gigabytes) that is available to virtual machines that are deployed on the private cloud. 動的なバーチャル ハード ディスクの場合、クォータは最大サイズに基づいて計算されます。For dynamic virtual hard disks, quota calculations are based on maximum size.
    カスタム クォータ (ポイント)Custom quota (points) 仮想マシン テンプレートを介して仮想マシンに割り当てられる総クォータ ポイントに基づいて、プライベート クラウドに展開される仮想マシンのクォータを設定します。Sets a quota on virtual machines that are deployed on the private cloud based on the total quota points that are assigned to the virtual machines through their virtual machine templates. クォータ ポイントは、仮想マシンの予想サイズに基づいて仮想マシン テンプレートに割り当てることのできる任意の値です。Quota points are an arbitrary value that can be assigned to a virtual machine template based on the anticipated size of the virtual machines. カスタム クォータは、VMM で作成されたセルフサービス ユーザー ロールとの下位互換性用に提供されています。Custom quotas are provided for backward compatibility with self-service user roles that were created in VMM.
    仮想マシンVirtual machines プライベート クラウドに展開できる仮想マシンの総数を制限します。Limits the total number of virtual machines that can be deployed on the private cloud.
  13. [機能プロファイル] で、追加する仮想マシンの機能プロファイルを選択し、 [次へ] をクリックします。In Capability Profiles, select each virtual machine capability profile that you want to add, and then click Next. 選択したホスト グループ内で実行しているハイパーバイザー プラットフォームの種類と一致する機能プロファイルを選択してください。Select the capability profiles that match the type of hypervisor platforms that are running in the selected host groups. 組み込みの機能プロファイルは、サポートされるハイパーバイザー プラットフォームごとに、仮想マシンに対して設定できる最小値と最大値を示します。The built-in capability profiles represent the minimum and maximum values that can be configured for a virtual machine for each supported hypervisor platform.

  14. [レプリケーション グループ] で、プライベート クラウドのレプリケーション グループを選択し、 [次へ] をクリックします。In Replication Groups, select the replication groups for the private cloud, and click Next.

  15. [サマリー] ページで、設定を確認して、 [完了] をクリックします。In Summary page, confirm the settings, and then click Finish.

[ジョブ] に状態を表示し、ジョブが完了していることを確認します。View status in Jobs and ensure the job is complete.

プライベート クラウドが作成されたことを確認するには、 [VM とサービス] > [クラウド] の順に確認します。To verify that the private cloud was created, check VMs and Services > Clouds. また、 [ライブラリ] > [クラウドのライブラリ] の順に確認して、読み取り専用ライブラリ共有を表示することもできます。You can also verify in Library > Cloud Libraries, to view the read-only library shares.

クラウド作成中の記憶域 QoS ポリシーの割り当てAssign Storage QoS Policies while creating a cloud

  1. 上述の手順のステップ 14 までを実行します。Follow the steps until 14 in the above procedure.

  2. [記憶域 QoS ポリシー] で、このクラウドに割り当てたいポリシーを選択します。In Storage QoS Policies, select the policies that you want to assign to this cloud.

  3. 残りの手順を実行して、ウィザードを終了します。Proceed with rest of the steps and complete the wizard.

VMware リソース プールからプライベート クラウドを作成するCreate a private cloud from a VMware resource pool

  1. [VM とサービス] > [作成] > [クラウドの作成] の順にクリックして、クラウドの作成ウィザードを開きます。Click VMs and Services > Create > Create Cloud, to open the Create Cloud Wizard.

  2. [全般] にクラウドの名前と、必要に応じて説明を指定してください。In General, specify a Name and optional description for the cloud.

  3. [リソース] で、 [VMware リソース プール] > [次へ] の順に選択します。In Resources, select VMware resource pools > Next.

  4. [論理ネットワーク] で、プライベート クラウドで使用できるようにする各論理ネットワークを選択し、 [次へ] をクリックします。In Logical Networks, select each logical network that you want to make available to the private cloud, and then click Next.

  5. [負荷分散] で、プライベート クラウドで使用できるようにする各ロード バランサーを選択し、 [次へ] をクリックします。In Load Balancers, select each load balancer that you want to make available to the private cloud, and then click Next. 選択したホスト グループに関連付けられている負荷分散だけが、ボックスの一覧に表示されます。Only load balancers that are associated with the selected host groups appear in the list.

  6. [VIP テンプレート] で、プライベート クラウドで使用できるようにする各 VIP テンプレートを選択し、 [次へ] をクリックします。In VIP Templates, select each VIP template that you want to make available to the private cloud, and then click Next.

  7. [ストレージ] で、 [次へ] をクリックします。In Storage, click Next. VMM では、ESX ホストに割り当てられた記憶域分類の管理または割り当ては行いません。VMM doesn't manage or assign storage classifications assigned to ESX hosts.

  8. [ライブラリ] > [保管済み VM パス] の順に進み、セルフサービス ユーザーが VM を格納するために使用するライブラリ共有を参照して選択し、 [OK] をクリックします。In Library > Stored VM path, browse and select the library share you want to use for self-service users to store VMs, click OK.

  9. [読み取り専用ライブラリ共有] > [追加] の順に進み、管理者がクラウド ユーザーに対して読み取り専用リソースを提供できる 1 つ以上のライブラリ共有を選択します。In Read-only library shares > Add, select one or more library shares where administrators can provide read-only resources to cloud users. [OK] をクリックして、 [次へ] をクリックします。Click OK and then click Next.

  10. [容量] で、プライベート クラウドの容量の限度を設定して、 [次へ] をクリックします。In Capacity, set capacity limits for the private cloud, and then click Next. 既定の値をそのまま使用することも、 [最大値を使用] チェック ボックスをオフにして次のリソースのクォータを設定することもできます。You can either accept the default values, or clear the Use Maximum check boxes and set quotas for the following resources:

    クォータの種類Quota Type 説明Description
    仮想 CPUVirtual CPUs 指定した数の CPU で提供される容量と同等の処理容量をプライベート クラウドに設定します。Sets a limit on processing capacity within the private cloud that is equivalent to the capacity that can be provided by a specified number of CPUs. 実行中の仮想マシンに対して適用されます。Applied against running virtual machines. CPU のクォータを設定しても容量が持続的に保証されるわけではありません。プライベート クラウド内のホスト間で使用できる CPU の総容量が保証されるだけです。Setting a CPU quota does not guarantee contiguous capacity; it only guarantees total CPU capacity available among hosts in the private cloud.
    メモリMemory プライベート クラウドに展開される仮想マシンで使用できるメモリのクォータをギガバイト単位で設定します。Sets a quota on memory (in gigabytes) that is available for virtual machines that are deployed on the private cloud. 実行中の仮想マシンに対してのみ適用されます。Applied against running virtual machines only. メモリのクォータを設定しても、容量が持続的に保証されるわけではありません。Setting a memory quota does not guarantee contiguous capacity. たとえば、プライベート クラウドがあるホストで使用できるメモリが 2 GB、もう一方のホストで使用できるメモリが 2 GB の場合があります。For example, the private cloud might have 2 GB of memory available on one host and 2 GB of memory on the other.
    記憶域Storage プライベート クラウドに展開される仮想マシンで使用できる記憶域容量のクォータをギガバイト単位で設定します。Sets a quota on storage capacity (in gigabytes) that is available to virtual machines that are deployed on the private cloud. 動的なバーチャル ハード ディスクの場合、クォータは最大サイズに基づいて計算されます。For dynamic virtual hard disks, quota calculations are based on maximum size.
    カスタム クォータ (ポイント)Custom quota (points) 仮想マシン テンプレートを介して仮想マシンに割り当てられる総クォータ ポイントに基づいて、プライベート クラウドに展開される仮想マシンのクォータを設定します。Sets a quota on virtual machines that are deployed on the private cloud based on total quota points that are assigned to the virtual machines through their virtual machine templates. クォータ ポイントは、仮想マシンの予想サイズに基づいて仮想マシン テンプレートに割り当てることのできる任意の値です。Quota points are an arbitrary value that can be assigned to a virtual machine template based on the anticipated size of the virtual machines. カスタム クォータは、VMM で作成されたセルフサービス ユーザー ロールとの下位互換性用に提供されています。Custom quotas are provided for backward compatibility with self-service user roles that were created in VMM.
    仮想マシンVirtual machines プライベート クラウドに展開できる仮想マシンの総数を制限します。Limits the total number of virtual machines that can be deployed on the private cloud.
  11. [機能プロファイル] で、 [ESX サーバー] を選択して、 [次へ] をクリックします。In Capability Profiles, select ESX Server, and then click Next. 組み込みの機能プロファイルは、サポートされるハイパーバイザー プラットフォームごとに、仮想マシンに対して設定できる最小値と最大値を示します。The built-in capability profiles represent the minimum and maximum values that can be configured for a virtual machine for each supported hypervisor platform.

  12. [サマリー] ページで、設定を確認して、 [完了] をクリックします。In Summary page, confirm the settings, and then click Finish.

[ジョブ] に状態を表示し、ジョブが完了していることを確認します。View status in Jobs and ensure the job is complete.

プライベート クラウドが作成されたことを確認するには、 [VM とサービス] > [クラウド] の順に確認します。To verify that the private cloud was created, check VMs and Services > Clouds. また、 [ライブラリ] > [クラウドのライブラリ] の順に確認して、読み取り専用ライブラリ共有を表示することもできます。You can also verify in Library > Cloud Libraries, to view the read-only library shares.

プライベート クラウドに記憶域 QoS ポリシーを割り当てるAssign storage QoS policies to a private cloud

System Center - Virtual Machine Manager (SCVMM) 1801 以降では、プライベート クラウドの記憶域 QoS ポリシーをサポートします。System Center - Virtual Machine Manager (SCVMM) 1801 and later, support storage QoS policies on a private cloud.

VMM ファブリック管理者は、クラウドの記憶域 QoS ポリシーを提供できるようになりました。The VMM fabric admin can now offer the storage QoS policies in the cloud. テナント管理者とセルフサービス ユーザーは、VM とサービスの展開中にこれらを使用できます。Tenant admins and self-service users can consume these while deploying the VMs and services. これにより、クラウド プロバイダーはテナントによって選択されたサブスクリプションに従って記憶域のパフォーマンス量を確保または制限できます。This will enable the cloud providers to guarantee and/or limit the amount of storage performance as per the subscription opted by the tenants.

ファブリック管理者は、VMM プライベート クラウドの作成中に、記憶域 QoS ポリシーを提供できるようになりました。The fabric admin can now offer storage QoS policies, while authoring the VMM private clouds. その後に、このクラウドへのアクセスが許可されたユーザー (管理者およびセルフサービス ユーザー) は、クラウドでの VM とサービスのプロビジョニングに使用可能な QoS ポリシーを使用することができます。After which, the authorized users (admin and self-service users) with access to this cloud can consume the available QoS policies for provisioning VMs and Services on the cloud.

注意

少なくとも 1 つの QoS ポリシーがあるクラウドが提供されます。ポリシーのないディスクのデプロイは許可されません。A cloud with at least one QoS policy is offered, will not allow the deployment of disks without a policy. これは、クラウドのコンシューマーが null ポリシーを使用してリソースを無制限に取得するのを防ぐのに役立ちます。This helps in preventing the cloud consumers to pick infinite resources with a null policy. 未承認のパフォーマンスを選択した場合の同じシナリオを回避するために、このリリース後にセルフサービス ユーザーによる IOPS の変更は許可されません。Also, the change in IOPS by self-service users will not be allowed after this release, to avoid the same scenario of selecting unauthorized performance.

ファブリック管理者は [クラウドの作成] ウィザードの [記憶域 QoS ポリシー] オプションを使用して、クラウドのコンシューマーが使用できるようにする必要があるポリシーの一覧を選択できます。Storage QoS Policies option in the Create cloud wizard helps the fabric admin to select the list of policies, which should be made available for the cloud consumers.

次の手順に従いますfollow these steps:

  1. プライベート クラウドをホスト グループから作成する」の手順のステップ 14 までを実行します。Follow the create a private cloud from a host group procedure until step 14.
  2. [記憶域 QoS ポリシー] で、このクラウドに割り当てたいポリシーを選択します。In Storage QoS Policies, select the policies that you want to assign to this cloud.
  3. ステップ 15 に進んで、残りの手順を完了します。proceed to step 15, complete the remaining steps.
  4. サマリーを確認して、 [完了] をクリックします。Review the summary and click Finish.

注意

クラウド ウィザードの [リソース] セクションで選択されたすべてのクラスターのスコープで使用可能なポリシーだけがこの一覧に含まれます。This list contains only those policies that are available in scope of all the clusters selected in the Resources section of the cloud wizard. これにより、VM が配置された後でも、セルフサービス ユーザーは使用可能な計画を選択できます。This helps the self-service user to choose between the available plans, even after the VM is placed .

アップグレードOn Upgrade

  1. アップグレード後に、既存のクラウドの内容には QoS ポリシーがありません。After the upgrade, the existing clouds will not have any QoS policy in their offering. 管理者は、ポリシーの内容に合わせてクラウドを更新する必要があります。Admin needs to update the cloud with the policy offerings.
  2. クラウドの既存の VM は、QoS ポリシーが既に割り当てられているディスクがあると、不整合な状態になります。The existing VMs on the cloud, which have disks with a QoS policy already assigned, will go to inconsistent state. それらのポリシーは、正常な状態ですが、VMM UI に空白として表示されます。Their policy stays intact, but the VMM UI displays it as blank. 管理者はこれらのポリシーを、削除または、影響を受けるクラウドで提供できます。Admins can either remove those policies, or offer these in the affected clouds.
  3. 残りの手順を実行して、ウィザードを終了します。Proceed with rest of the step and complete the wizard.

プライベート クラウドをユーザー ロールに割り当てるAssign private clouds to user roles

作成したプライベート クラウドは、1 つ以上のユーザー ロールに割り当てることができます。After you create a private cloud, you can assign the private cloud to one or more user roles.

  1. [VM とサービス] で、割り当てるプライベート クラウドをクリックします。In VMs and Services, click the private cloud that you want to assign.
  2. 選択したクラウドを右クリックして、 [クラウドの割り当て] をクリックします。Right-click the selected cloud, click Assign Cloud.
  3. 既存のユーザー ロールを選択するか、または [ユーザー ロールを作成してこのクラウドを割り当てる] をクリックします。Select an existing user role, or click Create a user role and assign this cloud to create a new one.